切附本『英名八犬士』と改竄本『里見八犬伝』

鈍亭魯文の手掛けた『南総里見八犬伝』を抄録した切附本は、後に改竄され、
文字題簽に「曲亭馬琴著」と記し、見返序文口絵を省いて、新刻した口絵半丁
を加え、内題に象眼して「里見八犬伝 曲亭馬琴識[印]」とした上で、刊記を
削っている。しかし、手間を惜しんでか尾題を残しているのが御愛嬌。   
双方とも中本八巻八冊 初板は伊勢屋板、のち品川屋を経て、文江堂に拠って
改竄されたものと思われる。詳しくは拙稿参照。             


英名八犬士三編表紙      里見八犬伝
  英名八犬士三編表紙         里見八犬伝三編表紙  

見返      口絵
  自序   見返            新刻された口絵  

口絵第一図                   
口絵第一図                 

口絵第二図                  
口絵第二図                 

巻頭     巻頭
    本文冒頭          内題と内題下署名に入木

巻末     巻末
    尾題と刊記        刊記を削る 尾題はそのまま



【参考】                           
二編巻末     巻末
 二編巻末(品川屋広告)          八編刊記   



Lists Page