資料紹介
 『當世八犬傳』−解題と翻刻−
高 木   元 

【解題】

曲亭馬琴作『南総里見八犬伝』を抄録した本の紹介を続けてきたが、今回は読切合巻『當世八犬傳』を紹介したい。

鈍亭時代の魯文が手掛けたもので、上下二巻十丁(一冊五丁)で完結しており、おそらく現存する最短の八犬伝物だと思われる。しかし、さすがに十丁では荒筋を追うことは到底不可能であり、謂わば名場面集という趣きである。取り上げられた場面は、「洲の崎明神の場・滝田城内の場・富山麓の場・同入口の場・同岩室の場・同伏姫自害の場・大塚村の場・圓塚山の場・芳流閣の場・古那屋の場・馬加舘の場・千住堤の場・行徳沖の場」と、発端の伏姫物語から対牛楼までであるが、実に巧みに八犬士全員を登場させている。

前回までに翻刻紹介してきた通り、魯文は安政二年から三年秋に掛けて、原本から抄録(抜き書き)して切附本(末期中本型読本=袋入本)『英名八犬士』全八巻を出しており、間違いなく原文を読んでいるので、八犬伝の構想や筋立てのみならず、行文や口絵挿絵の図柄などについても熟知していたはずである。『當世八犬傳』の序文末には「安政三辰夏\一昼夜急案」と見えているが、これは誇張された表現ではなく『英名八犬士』の付随作として文字通りに「一昼夜」で書き上げたものだと推測することが出来る。

ただし、草双紙には五丁一冊という制約があり、一般に上下巻の境目にあたる五丁裏と六丁表とは見開きには成らないのであるが、本作では金碗大輔が八房を鉄炮を撃つ図と伏姫の洞の図に分けられており、合綴しても図柄が続くように工夫されている。

『八犬伝』は魯文にとっては有用な財産になったと見え、「慕々山人」の戯号を用いて艶本化し『佐勢身八開傳(させみはつかいでん)(全三編三冊)も、この時期(安政三〜四年)に刊行している。この艶本も、全体の構想のみならず使用されている固有名詞や文辞に至るまで逐一性的パロディと成っていて、実に能くできた戯作なのである。

【書誌】

當世八犬傳

書型 中本 上下二巻二冊(各五丁)

表紙 錦絵風摺付表紙(芳流閣の場)

外題 「當世八犬傳」「一松齋芳宗画」(上下冊)

見返 なし

序  「安政三年辰夏\一昼夜急案 魯文戯誌」

改印 [改][辰五]〔安政三年五月〕

板心 「 八犬  一(〜十)

作者 「鈍亭魯文填詞」

画工 「一枩齋芳宗画」

丁数 十丁

板元 「日本橋新右エ門丁 糸屋庄兵衛板」(新庄堂)

底本 神奈川県立図書館蔵(九一三・五五/一五)

諸本 他本の所在未詳


【凡例】

一、序文をはじめとして基本的に底本の表記を忠実に翻刻した。濁点や振仮名、仮名遣い、
  異体字等も可能な限り原本通りとした。

一、本文は平仮名ばかりで読みにくいので適宜漢字を宛て、原文を振仮名として保存した。

一、本文中の「ハ」に片仮名としての意識は無かったものと思われるが、助詞に限り「ハ」
  と記されたものは、そのまま「ハ」とした。

一、序文を除いて句読点は一切用いられていないが、私意により句読点を付した。

一、底本の破損で読みかねる部分は、推測しうる字数の□で示した。

一、丁移りは見開きの表にのみ 」5オ のごとく丁付を示した。

一、明らかな衍字には〔 〕を付し、また脱字などを補正した時は〔 〕で示した。

一、底本は、知り得た唯一の伝本である神奈川県立図書館所蔵本に拠った。


【表紙】

表紙

【序文】

序文

曲亭(きよくていの)翁丸(おきなまる)〈犬の名〉八犬(はつけん)の形(かたち)に吼(ほへ)てより。吾輩(わがはい)の狗兒(ちんころ)作者(さくしや)。親(おや)(いぬ)の影(かけ)に吼(ほへ)。左(ひた)リ巻(まき)の尻尾(しつほ)にすがり。洗流(あらひなか)しの混雜汁(こつたしる)。干魚(ひもの)の骨(ほね)の喰(くひ)(あま)りに。咽喉(のと)を鳴(なら)し群(むらか)り竸(きそ)ふ。一日(あるひ)暦世(いにしへ)の犬(いぬ)の鼻(はな)より。出(いて)しといへる糸屋(いとや)の主人(やとろく)。予(よ)が茅舎(いぬこや)を訪(とふら)ふて。形(かたち)を吼(ほへ)たる八犬傳記(いぬものかたり)を。合巻(くささうし)にしてよと乞(こふ)。予ハ素人(しろうと)の白犬にて。作者三分(さんふ)のふち斑(またら)。外門(よそ)の黒(くろ)犬たのみ玉へと。固辞(いなむ)を聞(きか)で押(おし)かへし。ワンでも可也(よいから)(て)ヱくれ/\。ヲシキ/\とけしかけられ。例(れい)の鉄皮面(あつかわめん)かぶり。老(おひ)たるむく犬見(み)るやうに。筆(ふて)のあゆみの埒(らち)あかず。腹(はら)に種(み)のない犬張子(はりこ)。書房(ふみや)は尻尾を振(ふり)ながら。噛(かみ)つく如(こと)き催促(さいそく)に。困(こう)じ果(はて)たる次へ」1オ

序文
[つゝき] 手詰の間錢(まちん)。喰(くふ)と喰(くは)ぬの境なれど。佳文段ハ太郎犬(たろいぬ)と。次郎(じろ)どんの犬(いぬ)がいち疾(はや)く。みんな嘗(なめ)たる跡(あと)なれバ。其(その)(かは)むいて太鼓(たいこ)に張(はつ)て。わるい音(ね)を出すどん/\鈍亭(どんてい)。又其影に吼(ほゆ)るになん
   〈安政三辰夏|一昼夜急案〉

魯文戯誌 [菱文]2オ  

婦多川出崎(ふたかはてさき)眺望(てうもう) ○里見(さとみ)義成(よしなりの)五女(こぢよ)濱路姫(はまぢひめ)
ひやうばん 大吉利市 大入叶 大評判八犬 大ひやうばん


序文

(す)の崎(さき)明神(みやうじん)の場(ば)
○安房(あは)の国(くに)の大守(しゆ)(さと)見義実(よしさね)朝臣(あそん)の 御娘(おんむすめ)伏姫(ふせひめ)といへるハ、 いまだいと幼(おさな)きころ病身(びやうしん)にておはしまししかバ、 数多(あまた)の腰元(こしもと)かしづきて、当国(たうごく)(す)(さき)の明神(みやうじん)に 祈誓(きせい)をかけ、役行者(ゑんのぎやうじや)が 岩室(いはむろ)へ詣(もう)で給ひけるに、役行者(ゑんのぎやうじや)の尊霊(そんれい)一人(ひとり)の翁(おきな)と\ 化(け)し、伏姫(ふせひめ)(ぎみ)に水晶(すいしやう)の数珠(じゆず)を授(さづ)け給ふて、 伏姫(ふせひめ)こゝに因果(いんぐわ)の道理(どうり)を撒(ま)いて、里見(さとみ)の家(いへ)の災(わざは)ひ 幸(さいは)ひと変(へん)じ、八人(にん)の勇士(ゆうし)を 生(しやう)ずる発端(ほつたん)の糸口(いとぐち)を拓(ひら)くこととハなりぬ。

○賜(たまは)りたる数珠(じゆず)の八ッの玉(たま)に、 如是(によぜ)畜生(ちくせう)発菩提心(ほつぼだいしん)とありて、のちに仁(じん)(ぎ)(れい)(ち)(ちう)(しん)(かう)(てい)の文字(もんじ)に かはる。

しもべ「天狗(てんぐ)(さま)にしちやァ、格別(かくべつ)(はな)が高(たか)くもなく、 足駄(あしだ)の高(たか)いのを履(はい)てゐるから、居合抜(ゐあひぬ)きの免許(めんきよ)がゑゝ」

伏姫 役行者3オ

序文

滝田城内(たきたじやうない)の場(ば)
伏姫(ふせひめ)十六才(さい)の時(とき)、御父(おんちゝ)義実(よしざね)朝臣(あそん)ハ滝(たき)田に在城(ざいじやう)あつて、麻呂(まろ) 安西(あんざい)の敵(てき)を引(ひき)(う)け 合戦(かつせん)ありしに、城中(じやうちう)兵粮(ひやうろう)に乏(とぼ)しく、籠城(ろうじやう)なすこと 能(あたは)ざれバ、今宵(こよひ)(かぎ)りと見へたるが義実(よしざね)手飼(がひ)の八房(やつぶさ)と 云(い)へる犬(いぬ)に敵将(てきしやう)の首(くび)を\ □□□□□にハ姫(ひめ)を与(あた)ふへし、と戯(たはむ)れ給ひしに、犬(いぬ)ハ やがて敵将(てきせう)安西(あんざい)景連(かげつら)の首(くひ)を咥(くは)へ来(き)たる

〔木曽介〕「此(これ)ハ恐(おそろ)し、感心(かんしん)/\」
八房(やつぶさ)「わんと、とうた、きついものたらう。これてハ伏(ふせ)(さま)をしめた/\」

杉倉木曽介 里見義實 伏姫4オ

序文

富山麓(とみやまふもと)の場(ば)
○御(おん)いたはしや伏姫(ふせひめ)(きみ)、手飼(かひ)の犬(いぬ)の八房(やつふさ)が功(いさほ)の賞(しやう)に、御(おん)身をハ犬(いぬ)にまかせて山籠(やまこも)り、されとも身をバ汚(けか)されて、明(あけ)(く)れ御経(おんきやう)(とく)(じゆ)なし、しんにを清(す)まして法(のり)の道(みち)、仏(ほとけ)に花(はな)を供(そな)へん為(ため)、立(たち)(い)で給ふ。 折(をり)からに、草(くさ)(か)る童(わらは)か牛(うし)の背(せ)に笛(ふへ)(ふ)きすさみ来(き)たりしか、姫(ひめ)を見るより声(こゑ)を掛(か)け「御身(おんみ)ハ犬(いぬ)の妻(つま)にして既(すて)に懐妊(くわいにん)\し給ふ。」 これを云(い)はれて姫(ひめ)ハ\うち腹立(はらた)ち「身をバ汚(けが)さで居(ゐ)るものを懐(くわい)(にん)したとハ僻事(ひがこと)ならん」と云(い)ふを打(うち)(け)し彼(かの)(わらは)イヤとよ、御(おん)身を汚(けが)されずとも、姫君(ひめぎみ)御経(おんきやう)読誦(どくじゆ)の御声(みこゑ)に犬(いぬ)もしんにを清(すま)しつゝ煩(ぼん)(のう)を発(はつ)せねど、姫(ひめ)ハ犬(いぬ)の経文(きやうもん)に耳(みゝ)を傾(かたむ)く心(こゝろ)を感(かん)じ如々入帰(によ/\につき)の友(とも)なりと思(おぼ)す御心(みこゝろ)あるにより、犬(いぬ)と合体(がつたい)し給はねど心(こゝろ)が和合(わがふ)した故(ゆへ)に、その気(き)を感(かん)じて孕(はら)みしなり。」と云(い)はれて姫(ひめ)ハ涙(なみだ)に暮(く)れ、如何(いかゞ)ハせバ良(よ)からんと顔(かほ)(ふり)(あ)げてうち見るに\草刈童(くさかりわらは)ゝ何処(いづこ)へ行(ゆ)きけん形(かたち)ハ失(う)せて無(な)かりけり。

神童 伏姫5オ

序文

同入口(いりくち)の場(ば)
○此処(こゝ)に里(さと)見の家臣(かしん)金碗(かなまり)八郎孝吉(たかよし)が一子大輔(すけ)孝徳(たかのり)と云(い)へる者(もの)、君(きみ)の使(つか)ひの途中(とちう)にて敵(てき)の為(ため)に取(と)り囲(かこ)まれ、召(め)し具(ぐ)したる士卒(そつ)(ら)を皆(み)な失(うしな)ひしかバ、面(おも)なさに安房(あは)へハ帰(かへ)らで上総(かづさ)に至(いた)り\身を忍(しの)びて時節(じせつ)を待(ま)つに、「今度(こんど)主君(しゆくん)の姫君(ひめぎみ)手飼(がひ)の犬(いぬ)に見入れられ給ひし」と聞(きゝ)き、密(ひそか)に鉄砲(てつほう)(たづさ)へて富山(とやま)の彼方(あなた)へよぢ登(のぼ)り、川を隔(へだ)てて岩屋(いはや)を窺(うかゞ)ひ、八房(やつぶさ)目当(めあ)てに狙(ねら)ひを固(かた)め、火蓋(ひぶた)をどうと切(き)つたりける。

金碗大助5ウ

序文

同岩室(いはむろ)の場(ば)
○時(とき)に大輔(すけ)が撃(う)ち放(はな)せし鉄砲(てつほう)の弾(たま)、鋭(するど)く八房(やつぶさ)の犬(いぬ)を撃(う)ち抜(ぬ)いて、余(あま)れる弾(たま)にて姫(ひめ)(ぎみ)の乳(ち)の下深(ふか)く撃(う)ち込(こ)んだり。大輔(すけ)ハ手ごたへせしかバ、「いで姫(ひめ)(ぎみ)を救(すく)ひ参(まい)らせ、これを功(こう)に帰参(きさん)せん」と、岩室(いはむろ)に来(き)て見れバ、八ッ房(ぶさ)のみかハ姫君(ひめぎみ)まで撃(う)ち殺(ころ)したりしかバ、「過(あやま)ちなれども、主(しゆう)を撃(う)ちし身の罪科(つみとが)ハ脱(のが)れ難(がた)し」と、既(すで)に腹(はら)を切(きら)んとなし [つぎへ]

伏姫6オ

序文

同伏姫(ふせひめ)自害(じがい)の場(ば)
[つゞき](かたな)逆手(さかて)に取(とり)(なを)す折(をり)から、誰(たれ)とも白羽(しらは)の矢、ひやうと来(きた)つて大輔(すけ)が右(みぎ)の臂(ひぢ)に立(たち)しかバ、思はず刀(かたな)(とり)(おと)すところへ、里見(さとみ)義実(よしざね)朝臣(あそん)弓矢(ゆみや)(たづさ)へ来(き)たり給(たま)ひて、姫君(ひめぎみ)を介抱(かいほう)ありしに、血筋(ちすち)の縁(えん)の通(つう)じてや姫君(ひめぎみ)(たちま)ち\息(いき)(ふ)き返(かへ)し、因果(いんぐわ)の道理(どうり)(あき)らかに述(の)べ給ひて、また懐剣(くわいけん)を我(われ)と我(わが)(はら)に突(つき)(た)て引(ひき)(まは)せバ、その傷口(きずぐち)より一道(いちどう)の白気(はくき)いん/\と立(たち)(のぼ)り、役行者(ゑんのぎやうじや)に賜(たまは)りし水晶(すいしやう)の数珠(じゆず)の八ッの親玉(おやだま)(そら)に飛(と)び、仁義(じんぎ)八行(はつかう)の文字(もんじ)(あざ)やかに八方へ分(わか)れて飛(とび)(さ)りける。姫上(ひめうへ)これを見給ひて「嬉(うれ)しや腹(はら)に何(なに)も無(な)し、いでおさらば」と引(ひき)(まは)し、あへなく息(いき)ハ絶(た)へ給ふ。義実(よしざね)朝臣(あそん)\御(おん)太刀(たち)を引(ひ)き抜(ぬ)き給ひ、「大輔(すけ)覚悟(かくご)」と金碗(かなまり)が髻(たぶさ)を切(き)つて捨(す)て給へバ、金碗(かなまり)これより\出家(しゆつけ)して法名(ほうめう)をヽ大(ちゆたい)と名告(なの)り、八ッの玉(たま)の行(ゆ)き方(がた)を尋(たづ)ねながらに立(た)ち出(い)でけり。

里見義實 伏姫 金碗大助
仁 義 礼 智 忠 信 孝 禎
7オ

序文

大塚村(おほつかむら)の場(ば)
此処(こゝ)に犬(いぬ)川荘(そう)介ハ 伊豆(いづ)の堀越(ほりこし)の荘官(せうくわん)(いぬ)川衛二(ゑじ)が子にて、父(ちゝ)に遅(おく)れ母(はゝ)と倶(とも)に大塚(つか)村へ来(き)たる。

犬川母 犬川荘助義任

圓塚(まるつか)山の場
○此処(こゝ)に網乾(あほし)左母(さも)次郎といへる悪者(わるもの)、犬塚(いぬつか)信乃(しの)が許嫁(いひなづけ)浜路(はまぢ)を奪(うば)ふて円塚(まるつか)山にて奪(うば)ひ取(と)つたる村雨丸(むらさめまる)を抜(ぬ)きて浜路(はまぢ)を脅(おど)し、己(おの)が心(こゝろ)に随(したが)へんと挑(いど)む折(をり)から、火定(くわちやう)の穴(あな)より寂寞(じやくまく)道人(どうじん)(おと)り出(いで)て左母(さも)次郎を切(きり)(す)て、手負(お)ひの浜路(はまぢ)を介抱(かいほう)して「我(われ)ハそちの兄(あに)\犬(いぬ)山道節(だうせつ)なり」と名告(なのり)(き)かす。

額藏 後に犬川荘助 ○様子を窺(うかが)
犬山道節忠知 濱路 網干左母次郎8オ

序文

芳流閣(はうりうかく)の場
犬塚信乃(いぬつかしの)戍孝(もりたか)犬飼(いぬかひ)見八信道(けんはちのふみち)と古我(こか)の御所(ごしよ)なる芳流閣(はうりうかく)と云(い)へる高殿(たかとの)にて闘(たゝか)ひ組討(くみう)ちして行徳(きやうとく)の小舟(ふね)の中(なか)へ落(お)ちたりける。
犬飼見八 犬塚信乃

古那屋(こなや)の場(ば)
○下総(しもふさ)の行徳(きやうとく)の旅籠屋(はたこや)、古那屋(こなや)\文五兵衛(ぶんごべゑ)の伜(せがれ)(いぬ)田小文(ぶん)吾ハ、犬塚(いぬづか)犬飼(かひ)の二人リを匿(かくま)ひ置(お)きしを、妹壻(いもとむこ)山林(  ばやし)(ふさ)八これを知(し)りて小文(ぶん)吾に難題(なんだい)を云(いひ)(かけ)て、小文(ぶん)吾が手に掛(かゝ)る。これ実(しつ)ハ信乃(しの)が身代(がは)りに立(たゝ)ん為(ため)なり。この喧嘩(けんくわ)の折(をり)、房(ふさ)八が女房(にようばう)沼藺(ぬひ)ハ中(なか)へ割(わつ)て入(い)り手を負(おつ)て、夫(をつと)ゝ倶(とも)に冥土(めいど)の旅(たび)へ赴(おもむ)くにぞ、二人(ふたり)が\中(なか)の忘形見(わすれがたみ)大八といふ小伜(せかれ)を守(もり)(た)てゝ\これを後(のち)に犬江(いぬえ)新兵衛(しんべゑ)\仁(ひとし)と名告(なのら)せ、八犬士の随(すい)一とハ成れり。

山林房八 房八妻縫 犬江親兵ヱ 犬田小文吾禎順9オ

序文

馬加舘(まくはりやかた)の場(ば)
朝開野〈実ハ〉犬坂毛野

○武蔵(むさし)の国(くに)石浜(いしばま)なる千葉(ちは)自胤(よりたね)が老臣(らうしん)馬加(まくはり)大記(たいき)ハ、その昔(むかし)、犬坂(いぬさか)毛野(けの)が父(ちゝ)粟飯原(あいばら)胤度(たねのり)を討(う)ちたる者(もの)(ゆへ)、その子毛野(けの)(ちゝ)の仇(あだ)を討(う)たんと\旦(あさ)毛野(の)と云(い)へる女(をんな)、田楽(でんかく)に身をやつし馬加(まくはり)の館(やかた)へ入(いり)(こ)みぬ。

(ちん)ころ曰「アヽ日が長(なげ)へ/\と欠伸(あくひ)をすると、 口(くち)からこの様(やう)なものを吐(はき)(だ)した。 ハテ(なん)だらうか。龍宮(りうぐう)なら蛤(はまぐり)でなけれハ 吐(はか)ない筈(はづ)だか、とんたものを吐(はき)(だ)して、 画工(ゑかき)や板木(はんぎ)(し)の厄介(やつけへ) ものだ。きまりに一(ひと)つ鳴(ない)てやれ。キヤン/\/\。 おきやきやんのキヤンイヤお目出度(めでた)い。

千住堤(せんじゆつゝみ)の場(ば)
犬村大角禮儀

○犬村(いぬむら)大角(だいかく)ハ上野(かうづけ)の国(くに)赤岩(あかいは)(むら)なる赤岩(あかいは)一角(いつかく)が子にて、当(とう)(こふり)犬村(むら)の郷(ごう)(し)犬村(むら)蟹守(かもり)が養子(やうし)となり、実父(じつふ)が仇(あだ)たる庚申山(かうしんやま)の化猫(ばけねこ)を討滅(うちほろぼ)し、千住(せんじゆ)河原(がはら)にて強盗(ごうとう)を取拉(とりひし)ぎ、後(のち)に余(よ)の七犬士(しちけんし)と共(とも)に里見公(こう)に仕(つか)へて武勇(ぶゆう)の誉(ほま)れを現(あらは)しぬ。又(また)この人ハ文学(ぶんがく)にも熟(じゆく)したりとかや。

千客万来大々叶 千住堤の場10オ

序文

行徳沖(ぎやうとくおき)の場(ば)
(か)くて犬坂(いぬさか)毛野(けの)ハ対牛(たいきう)(ろう)にて、年来(ねんらい)の父(ちゝ)の仇(あだ)馬加(まくはり)大記(だいき)を討取(うちと)りて小舟(ぶね)の船頭(せんどう)踏据(ふみす)へながら、あと白波(しらなみ)チヨン/\/\と柝(き)の頭(かしら)を切(き)つ掛(か)けに、日の出が上(あが)つて、
目出度(めでた)し /\/\/\ /\/\
大塚毛野胤智

鈍亭魯文填詞
一枩齋芳宗画
   日本橋新右エ門丁
      糸屋庄兵衛板10ウ


#「當世八犬傳 ―解題と翻刻―
#「人文研究」第40号(千葉大学文学部、2011年3月)所収
# Copyright (C) 2011-2012 Gen TAKAGI
# この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNUフリー文書利用許諾契約書ヴァー
# ジョン1.3(もしくはそれ以降)が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変する
# ことを許可する。変更不可部分、及び、表・裏表紙テキストは指定しない。この利
# 用許諾契約書の複製物は「GNU フリー文書利用許諾契約書」という章に含まれる。
#               千葉大学文学部 高木 元  tgen@fumikura.net
# Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU
# Free Documentation License, Version 1.3 or any later version by the Free Software Foundation;
# A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".

Lists Page