『貞操婦女八賢誌』(一) −解題と翻刻−
高 木   元 

【解題】

江戸読本を代表する曲亭馬琴作『南総里見八犬伝』の享受史を検討するための資料として、様々な抄録本や改作本を紹介してきたが、今回からは為永春水の手に拠る『貞操婦女八賢誌ていそうおんなはつけんし』を紹介する。

物語は、滅亡した武蔵国豊島家に伝来する八体の阿弥陀仏が八人の処女として化現し、豊島家の再興を計るというもの。不思議な縁に繋がれた八賢女、すなわち於梅・於袖・青柳・於竹・於道・於亀・八代・於安等は、お齋の比丘と名告る豊島家に仕えていた老女浅江の神占に拠って捜し出されて八賢女具足し豊島家の再興に尽力する。謂わば「武蔵豊島八賢女伝」とでも呼ぶべき稗史小説である。

もとより作者が春水であること、主人公達が女性であること、会話体の文体や、一帙三冊という構成、さらには造本様式が人情本風であることから、従来は人情本として扱われてきた。しかし、本作を人情本として捉えることは難しい。強いていえば稗史もの中本と呼ぶべきか。読本の如き章回体様式を採用し、筋は五十八回までで完結している。全六輯九編二九冊という長編で、初〜三編は狂訓亭主人(為永春水)作、四〜九編は二世為永春水作。歌川国直・渓斎英泉・歌川貞重画。天保五〜嘉永元年の刊と考えられるが、明治期に至るまで後摺本が出され続けて、貸本屋を通じても良く読まれたようである。

【書誌】初輯〔上帙〕 上・中・下(三巻三冊)

書型 中本 十八・六×十二・五糎

表紙 浅荵色地に小さな意匠を白抜きにする。

外題「婦女八賢誌 上(中下)(十三・三×二・七糎)、上部から枯葉色ぼかし下げ、下部からは浅黄色ぼかし上げを施す。

序 「維時天保五稔甲午孟春\爲永春水識」(序一オ〜序二オ)

再識「天保四癸巳年九月刻成仝五甲午年正月發兌\東都戯作者 金龍山人狂訓亭 爲永春水誌」(序二ウ〜序三オ)

口絵 第一〜三図(序三ウ〜序六オ)重摺りを施す

題 「甲午孟陽 最上羊齋題」

内題貞操婦女八賢誌ていさうをんなはつけんし初輯しよしふ巻之一(〜三)

尾題貞操婦女八賢誌ていさうをんなはつけんし初輯しよしふ巻之三」」

編者 狂訓亭主人著

畫工 柳烟樓國直圖

刊記「天保五甲午年孟陽發版\東都書房\馬喰町二丁目 西村屋與八・夲所松阪町二丁目 平林庄五郎・京橋弥左エ門町 大島屋傳右エ門」

諸本 館山市博・早稲田大・西尾市岩瀬文庫・山口大棲妻・東洋大・東京女子大・三康図書館・千葉市美

翻刻 明治十七年の思誠堂・才子組の洋装本、明治十九年の駸々堂、明治二十年の文泉堂(村上直助)、同年の大川屋などが在るが、同版の再版のほか明らかな異版が見られ、ボール表紙本と洋装本のほかに和装本仕立ても管見に入った。大正四年には人情本刊行会叢書として『廓うぐひす・貞操婦女八賢誌(上)』『貞操婦女八賢誌 (下)・〈深契|情話〉戀の若竹・吉原楊枝』があり、大正十五年に再版が出されている。


【凡例】

一 人情本刊行会本などが読みやすさを考慮して本文に大幅な改訂を加えているので、本稿では敢えて手を加えず、
  可能な限り底本に忠実に翻刻した。〔Web版はShift-JISの範囲内〕

一 変体仮名は平仮名に直したが、助詞に限り「ハ」と記されたものは遺した。

一 近世期に一般的であった異体字も生かした。

一 濁点、半濁点、句読点には手を加えていない。

一 丁移りは 」で示し、各丁裏に限り」1 のごとく丁付を示した。

一 底本は、保存状態の良い善本であると思われる館山市立博物館所蔵本に拠った。

【付記】翻刻掲載を許可された館山市立博物館に感謝申し上げます。

〔表紙〕

 表紙

〔序文〕

序文

序文

初学うひがくひと学問がくもんをさへすれはすみやかに聖智せいちさとりうるとこゝろわが生得しやうとくほかせいいだ日夜にちや書物しよもつにふけりひとにもとひなどしてもいまだこゝろいぬれるときならではさとることかたわが精氣せいきほかつとめぬればうみ退屈たいくつして斈問がくもんおこたりたま/\聖意ひじりのいさとべきときもはじめの巌重きびしき学労がくらうに」 こりてこゝろをおろそかになすゆゑに根本こんほん聖意せいいつひにしらずしてすてともがらおほしとかしこきひとのいへるぞことはりにこそとおもひとりて年來としごろつくれる草紙さうしあさ/\しきはつたなきのみにはあらずやいと甘味あまき二道ふたみちのをしえにもとづくわざなりかしされはこの冊子とぢぶみ児女ひめ童幼とのたち勧学くわんがくはしとも」序1 ならばいかばかりうれしからんとおもふのみつくりざまのつたなきをあげつらふことなくて巻中くわんちうにならべたる孝女かうぢよ節婦せつぷのいさほしをおのがかゞみとよませたまへと烏呼をこがましくも申になん

維時天保五稔甲午孟春

爲永春水識[印]」 

〔再識〕

 再識

しのやままた異方ことかたみちもがなふりぬるあとは人もこそしれ』と兼好けんかう法師はうしこひうたおもひいづれはの中の貴賤たかきいやしきへだてなくこひの山戀慕れんぼやみまよひいりぬる漢子ますらをのかぞへもつきぬことぞかしつゝしみがたきみちなれどおもそめぬるときよりぞ婦女子ふぢよし賢愚けんぐていさうをよく/\たゞしてかたらへばくやしきこともなくなさけふかきことぞあるまた女子によしたちもよくおもたゞその色香いろかあいするものあらしのち桜花さくらばなをいたみてめづるこゝろなしおよそ男女なんによのわかちなく全盛ときめくよりハあはれげなる中にまことなさけはありなんさハいへひと春心はるごゝろまたいましめにしたがふことまれにもかたきわざになん戯友けゆう序2 文亭ぶんてい綾継あやつぐ大人うしうた

 にそはぬはるこゝろとこゝろして見てさへはなにさそはれにけり

にこの一首ひとうた色情しきじやうつゝしむをしへの秀逸しういつなれはれい作者さくしや異見いけんくせ餘帋よしをふさぎてくだ/\しく婦女子ふぢよしをいましむはしとはなせり

 天保四癸巳年九月刻成仝五甲午年正月發兌

東都戯作者 金龍山人狂訓亭         
爲永春水誌[居角金|亀山印]

〔口絵第一図〕

 口絵第一図

続千載集 為教卿\ くもりなき かげもかはらず むかし見し 真間まま入江いりえあきつき豊嶋家としまけ侍女こしもと 櫻木さくらぎ序3

もとこれ真間まま郷士がうし手古那てこな三郎さぶらう秘蔵ひさう處女をとめ艶色えんしよく無双ぶさうにして勇壮ゆうそう丈夫すらをにまさりまたよく舞々まひ/\わざ名誉ほまれあり\ はなの山うりいほあらば いはねふみふみたかくも かひにのぼらん\ 石濱いしはまさと舞子まひこおかめ」

〔口絵第二図〕

 口絵第二図

玉葉集\ 旅人たびゝと行方ゆくへ/\に ふみわけて みちあまたある むさしのゝはらをんな巡礼じゆんれい 青柳あをやぎ序4

俊成卿\ 戀せずは ひとこゝろも なからまし ものゝあはれも これよりそしる\ 神宮かには平左衞門へいざゑもん養女やしなひむすめ於袖おそで

〔口絵第三図〕

 口絵第三図

 おぼつかな いつこなるらむ 土の香を たづねバ草の 露やみだれん」序5

【巻頭・題】

 巻頭・題

從昔傳奇小説膾炙人口始四大\ 奇者皆爲管係名教也這箇幼搆\ 亦名教中之一奇豈可不膾炙哉\ 其可其否乞問諸蜃樓虹宮云

甲午孟陽  最上羊齋題[羊齋]序6

貞操婦女八賢誌ていさうをんなはつけんし初輯しよしふ巻之一

東都  狂訓亭主人編次 

  第一回 〈興醫業秀齋仕豊島いぎやうをおこしてしうさいとしまにつかふ志古郷匕女惱雪中こきやうにこゝろざしてさぢめせつちうになやむ

昔時無偶去そのかみくうなふしてさり 今年還獨歸こんねんかへつてひとりかへる 古人恩既重こじんのおんすでにおもし 不忍更雙飛さらにさうひするにしのびず漢土もろこし姚玉景やうぎよくけいみさほ秀吟ことば燕雀ゑんじやくなほ貞行ていかうぞん人倫ひととして貞心ていしんなくんバ鳥類てうるゐにもおとりぬべしいまむかし應仁おうにん元年ぐわんねんのことゝかや武藏むさしくに江戸えどよりハ西にしにあたりて一里ひとさと農家のうか商人しやうじん雜軒まじはり大塚おほつかといふ一町ひとまちありけり此所こゝ八年やとせすみなれて神宮かにわ後家ごけよびなせし四十才よそぢすぎたる」 寡婦やもめありたゞ一人ひとりむすめをもちて梅太郎うめたらうとそのよびとし九才こゝのつなりけるがかみ結風ゆひぶり衣裳ゐしやうなどよろづ男子をのこごとくせりこハ子育こそだてのゆゑのみならで女主をんなあるじ他聞ひとぎゝをつくろひふせぐ要心ようじんにて幼児をさなけれども男童をのこごひとのあなどりすくなけれバかねて男姿なんしつくりしとぞかゝれバ近隣ちかきひとまでも夲形まこと男子をのこおもふがおほかりそもこの神宮かにわ後家ごけといへるハもと當国たうごく豊嶋としま領主りやうしゆ豊嶋としま判官はんぐわん信國のぶくにつかへたる神宮かにわ秀齋しうさいといふ医師くすしつまにて於匕おさぢといへりしものなるが主家しゆか内乱ないらんときにあたりてそのつま秀齋しうさいつみこうむりて便たよりなきとなりしかバこの大塚おほつかにきたりしなりさてこのさと秀齋しうさい出産うまれいでたる古郷ふるさとにていまも」1 神宮かには平左衞門へいざゑもんとて土地ところ旧名なだかき豪冨がうふありこハ秀齋しうさい實家じつかにて平左衛門へいざゑもんといふもの秀齋しうさい別腹はらがはりいもとなる於踏おふみつまのことにしてはじめそのてだいなりとぞあに秀齋しうさい幼年をさなきより商人あきうどわざきら和漢わかんふみこゝろをよせ詩歌しか連誹れんはいあそびして算勘さんかんのことはみかへらねバ継母けいぼ於奸おかんといひけるがさきの平左衛門へいざゑもん何節いつとてうとませんとぞはかりけるまたなくとも秀齋しうさい仁術じんじゆつをほどこしてすくはんとするあれバひといはずとも商人あきびとわざをバいたくきらふがじつなりまだそのころ秀齋しうさい平吉へいきちよびしとき欲藏よくざうといふ支配人おもてだい風諫ふうかんならでそしりていふやう蛍雪けいせつ勤学きんがくとか貧人まづしきものふみよむ燈油あかりあぶらあたひ」 なきハゆきほたる燈火ともしびにかりて学問がくもんせしよしを功名こうみやうらしくいふめれどかせげバ利潤まうかるなか昼夜ちうやをわかぬ日間ひまつひや空心はらたしにハなりもせぬものほんのみてくらしはてあぶらかふぜにまでつきゆきなりほたるなり燈火あかりかゆおろかさハものよまぬひとにおとるべしまた博識はくしきとか霍乱くわくらんとかになりおほせてもそのよし看出みだしてくれる得意とくゐなけれバくされ儒者じゆしやいやしめられ八算はつさんならふた丁稚でつち小僧こぞう洗濯せんたく老婦ばさま賃高ちんだか寄算よせざんしたるほどハしもれいをいはるゝことあらんやいと/\おぞわざにこそとあくまでそしれど平吉へいきちハこれ天然てんねん君子くんしなりかの欲藏よくざう蔭言かげごときくとハいヘどとがめちゝきらへる文道ふみのみちにていへ老漢おとなあらそはゞこれも不孝ふかうの」2 みちにやならんとすておきながらこゝろにハその無礼なめげなるをにくみつゝげに小人せうじんにのみはしりむさぼることにたけたれバ聖賢せいけん君子くんしをしへみち宇遠まはりどほしとおもふもむべなりさハいへ文学ぶんがくはしくれも出身しゆつしん活業くわつげふならでやハとこゝろ由断ゆだんせざれどもこのころハこれ応永おうゑい二十七八ねんのことにしてとしごと兵乱ひやうらんやむときなけれバ文道ぶんだう武家ぶけにもまれにてたゞさしあたることをもて當世たうせいなりといふめれバ経書けいしよ詩文しぶんのゆゑをもて農商のうしやうともがららるゝよしたえてなかりきされど平吉へいきちなにくれとなくよみあさりてさらにうむことなかりしがある巣鴨すがもへおもむきて骨董こつとうでん差覗さしのぞ救民きうみん良劑りやうざいとか表題ひやうだいせし紙魚〓むしくひぼんをあがなひたるがすきみちとてふところへおさめもやらずくりかへしくりひろげつゝ」 かへかぜはだへ要心ようじんする傷寒論せうかんろん大意たいいより百病ひやくびやう應驗おうげん奇法きほうあつ原病げんびやうしき細密さいみつなりそのほか俗療ぞくりやう即功そくこうまで部門ぶもんをわけてしるしたれバ平吉へいきちハこよなくよろこびこハいと重法てうほうなるものかなわれ夲草ほんざうハよまねども配剤はいざいごとに和語わごをもて薬名やくめいしるしてかたちゑが四季しき栄枯ゑいこ製法せいほうもさてつまびらかなる老婆心らうばしん昨日きのふ今日けふまでらざりし背戸せどはたけ草葉くさびらげに良薬りやうやくとなることをこゝにはじめて自得じとくせりもしこのうち一法いつぽうたりとももちひてやまひこうあらバいさゝか讀書どくしよ奇特きどくにてこれ仁君じんくんたまものなりとハいへ脉症みやくしやうをしらざれバ湯薬たうやくハためしがたかり外科門ぐわいりやうもんにしるされたる膏油かうゆをさきにねりこしらへて奇腫きしゆ異瘡いさうたぐいせんハ自他じたさいはひなるべしと童心わらはごゝろに」3 たのしくて野分のわきかぜ迯水にげみづのうねりをする浪切なみきり縄手なはて漂々びやう/\としてかへりしがかくて神宮かには丁稚でつちなかしらくぼ頭首あたま小憎こぞうあり平吉へいきちこれをなほしてんと外科門ぐわいりやうもん細覧さいらん一膏いつかうねりこしらへまづこゝろみにもちひしがそのこうあたかも神妙しんみやうなりこれよりして平吉へいきち奴婢ぬひやまひハいふもさらなりちかきわたりのまづしきものかろやまひ此方こなたより音信おとづれ施薬せやくすること毎度あまたゝびそのこうなきハあらざれどなほ少年せうねんのなすことゆゑかたはらいたくそしるもありけりされど治療ぢりやうハそのにあたりしば/\全快ぜんくわいせしものどもが信用しんようすること大方おほかたならねバこゝにその頼母たのもしく元来もとよりなれし經書けいしよよりよみもうつれバもなくて和丹わたん両家りやうけ傳書でんしよよりからやまと良法りやうほうをあなぐりもとめて珍藏ちんざうはて五臓ござうやまひさつして六脉ろくみやくともに明弁めいべんせりこのせつ冨家ふか子息しそくなれバ薬礼やくれいとてハもてきたらねど軽少けいせうなるハ菓子くわし折詰をりづめ多腹たふく薬料やくりやう平愈へいゆものみづから神宮かにわいへきた平左衛門へいざゑもんいやのべ上田うへだつむぎ結城織ゆふきおりまたハ平吉へいきちこのむべきものとしきけバたからをおしまず答礼たうれいおろそかならざるのみか古今ここん奇代きたいわらべなりとてかまびすしきまでとりはやされはじめそしりし支配人おもてだいくちをつぐみておそれけりかくて平吉へいきち十六じうろくさいのころにいたりて老医らういもこれをあなどらずその近郷きんがうられけれバ豊嶋としま十條じうでう三ヶみかしま上尾久かみをぐ下尾久しもをぐ待谷村まちやむら荒木田あらきだ下村しもむら稲束いなつか志村しむら神宮かにはとう數郷すがう領主りやうしゆあをがれたる豊嶋としまの判官はんぐわんたいらの信國のぶくに陣営ぢんえいにまで風聴ふいてうせられ芳名かんばしきなたかくきこえて正長しやうちやう元年ぐわんねん九月くぐわつ中旬なかばつひにかのたち召出めしいだされて食禄しよくろくおほくたまはりつ神宮かには秀齋しうさいとハのりしなりこは」4 いまよりハ三十九ねんすぎむかしのことにして秀齋しうさいとし二十才はたちなりさて秀齋しうさい八年やとせ以前さき豊嶋家としまけ内乱ないらんときにあたりて忠直ちうちよくをもちながら逆徒ぎやくとためはかられてはかなくいのちうしなはれ穢名おめい死後しごのこしつゝそのつま於匕おさぢハ三十五才むすめわづか二才ふたつなりしが女子によしなるゆゑに母子おやことも追放おひはなされて詮方せんすべなくこの大塚おほつかへかへり寡婦やもめくらしを八年やとせあひだかくもしてすごせしとぞ

豊嶋としまいへ内乱ないらん親族しんぞく東西とうざい立別たちわか家督かとくあらそいつ奇談きだん元木もとき木餘きあまりろく阿弥陀あみだすべて八體はつたい如來によらい縁起ゑんぎ八佛はちぶつ感應かんおう利益りやくによりて八賢はつけん女子ぢよし出現しゆつげんとうこと一回いつくわいときがたしよつて發端ほつたん六回ろくくわい一帙いちぢつ近日ちかき発市はつしすべきになんこの初輯しよしふよりだい三輯さんしふ追加つゐがとなすべき内談したさだめハはじめよりして看官みるとくい婦女子ふぢよしあかれぬよう

 挿絵第一図

【挿絵第一図】悪漢わるもの雪夜せつや匕女さぢめをなやます」5

じんにてこれ梓主はんもとのもとめにおうぜり止前説これハさておき同時代こゝにまた應仁おうにんよりハ八年やとせまへ寛正くわんしやう元年ぐわんねん十二月すゑ五日いつか小夜さよふけてふりつむゆき深山みやまのごとく雪吹ふゞきつぶてうつひとしく野末のずゑ村里むらさと白妙しろたへゆきをあかりにたど/\とにしみわたる寒風さむかぜをくひしばり懐中ふところ小児をさなごいだきし一人ひとりをんな大塚おほつかさとにたづねこのさとにてハ第一だいゝち家居いへゐ軒並のきなみゆたかなる幾戸いくとつゞ蒼廩ぬりごめかみといふしるしある大家たいけのきにやう/\と歩行あゆみなやみてたどりつきさもあはれなるこゑをあげをほとほととおとなひつゝ 女「どうぞチトおたのみ申ますたしかこの御宅おうち神宮かにはのお見世みせでございますそうなはやうおあけなされてくださいましモシどふぞおねがひ申ますといへど家内かないしづまりおと沙汰さたなけれバこゑたかもまた」6 つよくうちたゝき 女モシ/\どうぞ面倒めんだうでもおたのみ申ますといふうちなきはだをすかすはゝさへなみだこゑ乳房ちぶさこほりのごとくなれバます/\ないてじれながらもさむさにたえずやふところちゞ不便ふびんさいぢらしさ 女ヲヽ/\さむかろう堪忍かんにんしやだがよ/\とゆりあぐるゑりヒイヤリゆきじまき。ヲヽウつめた。トン/\/\どうぞおたのみ申ます。家内かないハやう/\をさませど邪見じやけんいへ召使めしつかひ丁稚でつちどく奴等やつらにてさもけんどんに寐惚ねほれごゑ  手だいよるせハあきません買物かひものならバあしたになさいまし 女イヱ/\わたし此方こちら親類しんるゐ豊嶋としま陣屋ぢんやからさんじました於匕おさぢと申ものでございますどうぞこゝをおあけなさるやうにおくへさう申てくださいましいひこめバしばらくして 手代モシ女中ぢよちうさん旦那だんなにさやう申ましたが」何分なんぶん物騒ぶつさう時分じぶんがら夜中よなかかどあけられませんたつ御用ごようなら明朝みやうてうはやくおいでなされまし 女ハイ/\左様さやうでハござりませうが乳呑児ちのみこをつれましてこの大雪おほゆきまこと難義なんぎいたします面倒めんだうながらどうぞこのわけを被仰おつしやつておたすけなさるとおぼしめしお家内うちへいれてくださいましヲヽ/\ぼうこほりやうひえきつたさぞさむかろう堪忍かんにんしやいま伯母をばさんにふうをおこしてもらつて温厚あつたいをしましよのふいはけなきちからをつけふるへてのきたゝずめ家内うちにハかさねておともなくともろともに深々しん/\ふりつむゆきにものすごき此方こなた軒端のきばふしたる乞喰こじきさましてつぶやくこゑ  乞じきヤレ/\いま/\しい濁酒どぶろくのおかげで節角せつかくしのぐこの大雪おほゆきやう/\すこし寐入ねいりばなのおまくらもとでそう%\しいどいつじやしらんと起上おきあがゆきを」7 いづる七ッ梅なゝつうめこもをふるつて神宮かにはのきにたゝずむをんなをバゆきあかりにさしのぞき 乞ヤレ/\/\おらァ仲間なかまのかゝァめらがくらよひてもしたのかと思つて小言こことをいふやつさどくなかわいそうに行人たびゞとそふなモシ女中ぢよちうさんこゝの見世みせなんのむしんからねへが夜中よなかなんぞにおこしたといつてかどあけそうにもするふう三年さんねん三月みつき軒端のきばたつてもあは一粒ひとつぶくれねへうちだァそれよりかこの横町よこてうへまがると稲荷いなりさまのやしろがあらァ今夜こんやマア其所あそこいつあかしなせへわしさけかさめたら軒下のきしたにやァゐられねへ同志いつしよにいつてでもたいてしんぜませうサア/\此方こつちなせへ/\どうして其処そこにゐられるものかおまへハかく小児ちいさいのがこゞへなァいはれてをんな乞喰こつじきとしれど途方とほうにくれたる時節じせつ 女「これハ/\信切しんせつなどふぞそんなら」 夜明よあけまでとはだひえわたるさむゆきかぜ焚火たきびといふがうれしさにいやしき非人ひにんともなはれていざゝ邑竹むらたけみし/\とゆきをれきこゆる生垣いけがき横町よこまちさして曲道まがりみち一町いつてうあまりすゝみゆけバいとさゝやかなる小社こやしろもりうちにぞえたりけるかの野伏のぶせりハさきたちみぞ飛越とびこえ二ッ三ッたふれかゝりし鳥居とりゐにすがりあとかへりてこゑをかけ 乞ヲットあぶねへ/\わしがまねをしてとんじやァけがをしやすみぎほう五間ごけんほどゆくとそれ土橋とばしありやすそこからなせへそふだ/\いひながらやしろ格子かうし引明ひきあけつゝ板敷いたじきまい取除とりのぞ 乞「さて居爐裏ゐろり早速さつそく出来できたが穂口ほくちがしめつてつけバいゝが火打ひうちつけだけ取出とりいだいまのつけのことむかしハたけもちゆ〉 サア/\おかみさんマア/\こゝへ這入はいんなせへいまぢき出来できやすドレ/\すり火打ひうちコツチ/\/\ イヤさつそくついたこいつハありがてへしめた/\まづこのかれ8 ゑだへつけてこれからたきゞ工面くめん四方あたりまはしうちわらひイヤァ沢山たくさんにあるぞ/\奉納ほうなうありし絵馬ゑまがく引放ひきはなせバ行人たびをんな  女アヽモシそれはかみさまへあげた信者しんじや願込くわんごめもつたいないことなんほか 乞ハヽヽヽなるほどいへバそんなものだがひとをすくふハ神仏かみほとけのおやくだからさんにんいのちをたすかるこの焚火たきびまんざらばちもあたるめへと押割おしわり踏割ふみわりたきつけて「ヤレ/\/\さむいぞ/\サアモシ女中ぢよちうなんに遠慮ゑんりよハいらねへふみはだかつてまたをしなせへ 女ヲホヽヽヽヽ勿躰もつたいないことをしかしマアおまへのおかげでこの寒氣かんきしのぎますモウ/\/\いましがたハこゞへぬかとおもひました。まことに申さバおまへハ二人ふたりいのちおや明日あすにもこの落着おちついたらバ急度きつとれいをしますぞへいふを非人ひにん高笑たかわら 乞ナニ/\わしらァ」 おめへそのぐらしといひてへが一時いつときぐらしのむしけら同前どうぜんあとれいなんぞとそんなことハあてにやァしやせんモシこれがかたじけねへとおもはつしやらバいますぐにちよつとれいをうけりやァそれでいゝのサ 女「それじやといふてもにはか浪人らうにんたくわへもないのうへまたすこしばかりじやこのれい 乞コレサ/\錢金ぜにかねをもらはふといつてこんな面倒めんだうなことハしやァしねへハナそれより手輕てがるれいのしやうがありやすぜコレおめへもさむさしのぎにやァまんざらでもあるめへと焚火たきびそば抱付いだきつく突倒つきたふして気色けしきたゞ 女「これハしたりめつそうなをんなあなどつて麁相そさうしやるときゝませぬぞ浪人らうにんしても武士ぶしつま  乞アハヽヽヽヽ イヤそんな古風こふうなせりふハいはねへものだいのちおやだといつた口上こうじやう半分はんぶん虚言うそに」9 してもちよつとだかつてるぐれへそんなにはらたつわけもねへ娵入よめいりめへはこいりむすめかなんぞじやァあるめへしコウこもッかぶりだといつてそんなにやすくしなさんな此方こつちはらなかから乞喰こじきじやァねへぜ世間せけんなみよりおごりすきをもちくづしたいろさけそれよくをとこぶりを見直みなほしねへならバこのとしじやァまだ新娘子しんぞつこ恋情いろごとをもませる時分しぶんだァおれからりやァおめへハまたチトしゆんおくれな四月うづきさくらはゞかりながらそんねへに相手あひてをえらむわけもあるめへしかし小意氣こいきおほ年増としまずゐぶん小二才こにせへといろも出來でき局女郎きりでもたゝきやァ長屋ながやのおしよくといはれるかほのすまひだから。サアいつても相模女さがみとちがつてたてにかぶりハふらねへはづだヲヤ」 おめへにうかれてきえらァまた焚付たきつけてしがみつくをんなとしをとりたれど花車きやしやそだちのことなれバなか/\てきたふことならず 女アレサ マア アレヱ無躰むたいなこのにげんとすれど衣類きものすそふまへてちつともうごかさずこゑをたてゝもこゝハはやまちとほざかる裏手うらてみちこと深夜しんやゆきなれバひとよしもなしすでにあやうくくみしくをくゞりぬけつゝゑんよりそとにぐるをやらじとおひかゝる非人ひにんおもてかへりながらゆきをさそくのつぶしもひるまぬがむしやかよはきをんなあなたこなたとにげまはりやしろにつゞく杉垣すぎかきこゆれバこゝハ廣々くわう/\たる墓所はかしよはらにぞいでたりける非人ひにんおなじくをどりをんなうしろとびかゝれどかずをならべし乱塔らんたういしあゆみをへだてられこゝろを」10 せいたるつらたましひいとおそろしきその風俗ありさまをんないしこほりたるあしのおゆびをけあてつゝアットよろめくそのところへちやうどはせよるかの非人ひにんみだれをんな黒髪くろかみをとらへんとしてさしいだすそのしたより突出つきいだ當身あてみむねをいたくつかれてウントたふるゝ惣卵塔はかはらほとりよりして立上たちあがるハ無縁むゑん法界ほうかい墓所むしよ道場たうぜう毎夜まいよさめぐる寒念仏かんねぶつかねうちならす鉦木しゆもくにてかの非人ひにんをバつきしなり墓前ぼぜんおき松明たいまつ〈このころてうちんハなしさしゑに|てうちんをゑがくハ婦女子ふぢよしのみるため也〉ふりてらしてこれかれをとくとかへり仏名ぶつみやうをしづかにとなゆる修行者しゆきやうじや六十余才むそぢをこえし老僧らうそうなりおどろきおそるゝをんなかへり かんねんふつコレ/\女中ぢよちうづかひをさつしやるなわしハこの表町おもてまち隠居いんきよ梶原かぢはらほりうちあん寒中かんちう修業しゆぎやう同心どうしんぼうじやわけへうち」 からもちまへの腕立うでだてこれでも此里辺こゝら若者わかいものがしらひと難義なんぎをすくふのがわしの誓願せいぐわんいまこの宿やどなしめがわるさの様子やうすとほりかゝつてちらりときいたがよもやこれほど無法むほうハしめへとみゝにもとめずこゝへ回向ゑかう最中さいちう此奴こやつめがもくらんだかわしうへををどりすゆゑ殺生せつしやうおもひながらも邪正じやしやうのさかひんでもつみにやァならねへ乞喰こじきいらざる世話せわだがそなたの難渋なんじう此儘このまゝおくもかはいそうだ。ときいをんなあはうれなみだをながすのハものいふよりもまさりけり かんねんぶつサア/\わし同行どうしにござれ我子せがれ住居うち表町おもてまち今夜こんやハそこでやすまつしやれいろ/\わけもあるだろうがこの災難さいなんのやうすでハさだめてつかれもおもひやられる萬端よろづのことハ明日あすきかふござれ/\とうちつれ大塚おほつかまちへつれゆきける」11

  第二回〈依仁侠景浄翼寡婦じんけうによつてけいじやうやもめをすくふ論親疎荘官正宴席しんそをろんじてしやうくわんえんせきをたゞす

再説さても修行者しゆぎやうじや於匕おさぢ我子わがこいへともな終夜よもすがら介抱いたはらせその翌日あけのひにやうすをきけバ神宮かには秀齋しうさいがことよりはじめ此度このたび古郷こきやうかへりしこゝろざしまで一十くわしくかたりて一向ひたすらたのみけれバ元來もとよりよはきたすつよきをくじく仁侠をとこぎ同心どうしんじや梶原かぢはらぼりうちかくめどもいまなほ此近辺こゝら人々ひと%\源太げんだ同心どうしん景浄けいじやうとて活気くわつきしやうする壮心そうしんもの合点うなづきつゝきゝはてしがうでをさすりてわがどもにむか 「なんとマアどくなわけじやァねへかおらァこんなわけきく半時はんときすてちやァおかれねへいまからすぐに神宮かにはいつこの女中あねご立行たちいきのなるやうにはなしをして」 るから今朝けさハなんぞあつたかなものでもこしらへて朝飯あさめししんぜろよドレいつてこやうと立上たちあがれバそのよめ言葉ことばをそろへ 子嫁ヲヤまだあんまりはやいじやァございませんかおまへも御膳ごぜんをあがつてから おさぢ「ひよんなことでお年寄としより不時ふじ苦労くらうをかけ申ますマア朝飯おしたくでもなさつてどうぞ イヤ/\/\ゆふべのゆきあけねへといふ神官かには強慾がうよくどもそのもとをたゞしてりやァ秀齋しうさいどのがとるべき身上しんしやう惣躰そうたい不断ふだんにくはねへさるまつめら理道りみちでいかざァうでづくでもこのしゆうかたをもつてしかけた世話せわをしてせるどうですなほツイちよつと得心とくしんするやつらじやァねへことによつたら村中むらぢうをあつめて評義ひやうぎもしざァなるめへそのいま勘太かんた孫三まごさえたらバわけを」12 あら/\はなしておきやまだとけやらぬ雪道ゆきみち木履ぼくりあとをつけさせて出行いでゆきけるが半日はんにちあまりまてどくらせどかへらねバかくあんじてうわさするその門口かどぐち荘官しやうや杢兵衛もくべゑ  源三げんざうどのハおうちかな 「{これハ/\荘官おやくとうさまこのあひだ無沙汰ぶさた申ましたなんぞ御用ごようでござりますか イヤほかのことではないがいまのはなし親父おやぢどのハおくにかな イヱ/\親父おやぢ神宮かには今朝けさほどまゐつてまだうち ハアそれでハ何處どこへか寄道よりみちしたかそんならいまもどるであろ一服いつふくしてまちましよとづから居爐裏ゐろり渋茶しぶちやくむ 「これハしたりいまあげますその茶椀ちやわんハよごれてある なんの/\かまはつしやるなとハいふものゝ麁朶そだでもあらバこゝへ一くべおごらつしやれ支配しはいしゆうへ」 ねだりのやうじやが降止ふりやんでもこの大雪おほゆき手足てあしひえてたまらんはいの 「ほんにひどいさむさでございます よめお鳥サア/\出來できましたさし火鉢ひばちもく兵衛べゑ打笑うちわら イヤアこれハ/\ゑだですむものを川越かはごえずみ馳走ちさうハどうでも堅木かたぎ内福しんしやうじやはへ 「あんまり堅木かたぎでもござりませんあひかはらず親父おやぢ氣性きしやうそれからあと引請ひきうけ若者わかいもんどもの世話せわやきもおもひのほか氣兼きがねなものでございますなんのかのともの入も ハテそれも功徳くどくになるはいの念仏ねんぶつばかり申ても看経かんきんうしろ蚊遣かやりのしゆらもやすさまの回向ゑかうなににもならぬ此方こち親御おやご寒中かんちう修業しゆぎやういつでもひと難義なんぎといふとまるあたまかどたてゝもあとへハひかぬ」13 男氣をとこぎゆゑすてながらすてられぬおやぶんかぶマアほまれじやまたいりあはせもあるはいのしかし荘官しやうや工面くめん兎角とかくむら損毛そんもうをかけるやうなことがあつて面目めんぼくないことでハあると役義やくぎにほこらぬ村長むらをさだてハどこかおくゆかしをりから帰宅かへる景浄けいじやう法師ほうし  源太ヤレ/\/\がつかりしたイヤ荘官しやうやさんいつの イヤわしがいつのよりおまへハマア何所どこみちよりさしつたぞい 源太「されバいまのおはなし。たとへ以前いぜん當所とちものでも帰住きぢう手形てがたがないとき住所おくにもおかれぬところおきてわし當惑たうわくしましたがそうして見ると神宮かには夫婦ふうふのやつらがのぞみのとほりかはいそうにかの女中ぢよちう 「されバわしもさまのたのみゆゑなにとか其所そこ理屈りくつをつけてどうか」 仕方しかたもあらふかとあとおひついでこゝなうちたのじやがシテマアはなしの女中ぢよちう様子やうす ハイたゞいまおく小児ちいさいのをかしつけてゞございますといふうちおくよりおさぢ立出たちいで  「いろ/\と介抱かいほうあづかりましてまことありがたふございます 源太イヤ/\まだマアれいをいはれるやうにハなりかねますといふわけハマアかうじや當所たうしよ人別にんべつちやうにもれたひと他所たしよても年々とし%\とゞけるかまた當所とうしよ立退たちのくとき後々のち/\帰村きそん手形てがたむら役人やくにん荘屋しやうや連印れんいんとりかはしておいたものでもなけれバ一軒いつけんぬしとハなられぬさだめそれでなけれバ當座たうざ店借たながりなにかにつけて遠慮えんりよがちそうしてるとす/\に神宮かには血脉しやうとうでゐながらあいつらに馬鹿ばかにされるもくやしいわけたとへ」14 たうでもこの坊主ぼうずたのむといつたら一人ひとり半分はんぶん食客ゐそうろうにもおくはづを眼前がんぜんあによめりつゝあにんだをさいはひによりもつかれぬ無法むほうのあいさつ不実ふじつ仕方しかたとおもひながらもこれぞといふ證古しようこ此方こつちにもないわけゆゑきいておさぢふところよりとりいだしたる證古しようこかきもの おさぢ「さやうならバこの書付かきつけやくたちもいたしませうか義理ぎりあるいもといへつい一人ひとりめいいま難義なんぎよもや見捨みすてはいたすまいとぞんじましたがそれハマアといひつゝいだせし一通いつつう荘屋せうやハとつておしひらき ムヽ ナニ/\一札いつさつこと ひとつ 此度このたび御領主ごれうしゆさまのめしによつて夲家ほんけ豊嶋としまぢん披出いでられおもむき承知せうち仕候依之これによつて後年こうねん御用ごようずみとき勝手かつて次第しだい當村たうむら帰住きぢう被致いたさるべく侯もつとも百性ひやくしやう席順せきじゆん以前いぜんとほ相違さうゐある間敷まじく

 挿絵第二図
【挿絵第二図】神會まつりのせき梅太郎うめたらう災難さいなんかうむる」 15

にちため證文しやうもん如件くだんのごとし 神宮かには平吉へいきち殿どの 庄官しやうや杢兵衛もくべゑ むら役人やくにん孫三郎まごさぶらうとよみをはつてもく兵衛べゑ源太げんだ同心どうしんにうちむかひ コレ/\こりやァわし親人おやびと手跡しゆせきこと孫三まごさ證人しようにんなれバもいらぬ神宮かには 源太いへ此方こつちへとりかへして おさぢイヱ/\そのやうなことハのぞみませんどうぞおぼえたこと手習てならひはりごとでもいたしまして小児ちいさいのをそだてますれバそれが此身このみ夲望ほんもうでございます 源太「なるほどそれも意地いぢづくだナア荘官せうやさんむら入用いりよう積金つみきんすこかりたり頼母敷たのもしでもしてもらふたらいへ一軒いつけん阪田やせだまいや三枚さんまい女中ちよちう合力かふりよくされさうな アヽ出來できるとも/\ばん早速さつそく集會よりあいして談合だんかふしたらいなやハあるまいノウ女中ぢよちう此処こゝ親父おやぢ請合うけあふたら無理むりでもかす男氣をとこぎじや安心あんしんしてさつ」16 しやれドリヤそのつもりで集會よりあひ村中むらぢうへふれませうと荘官せうやかへ景浄けいじやうもおのがいほりかへりしがこののち村中むらぢう談合だんかふ調とゝのひさゝやかなるいへをしつらひおさぢすまはしてことならひそのほかをんな重宝記てうほうき指南しなんをなして八年やとせこのかたこの大塚おほつかすみけれど夲家ほんけへハたちいらず神宮かには匕女さぢめ家札やふだをいだしうめ太郎たらうそだてしゆゑところのものもいたはりて神宮かには夲家ほんけといふべきいへすぢなりととりはやしへい左衛門ざゑもん強欲がうよくをにくみて折々をり/\そしりしかバへい左衛門ざゑもん夫婦ふうふのものハいとむやくしく思ひしがとき應仁おうにん元年くわんねん九月くぐわつの廾八日なりけん浪切なみきり不動ふどう夲祭ほんまつり久々ひさ%\にて興行こうぎやうなりとてはなをかざりし屋躰やたい引出ひきだそろい衣裳いしやう練子ねりこどもおもひ/\の出立いでたちしてにぎはひいとも仰山ぎやうさんなりこの祭礼さいれいすみのち郷中ごうちうの」 人々ひと%\荘官せうやたくまねあつこのときにこそ家柄いへがら次第しだいをわけてをさだめ神酒みき頂戴てうだいしき作法さほうさも嚴重げんぢうになしけるゆゑ草分くさわけ村役むらやくあれバ由緒ゆいしよいへとほこるもありまた軍用ぐんようつとめしなりと帯刀たいたうなんどなすものありこゝにおさぢ源太げんだ法師ほうし荘官せうやをバおやとしうやまひまじはりしが今日けふ荘官せうやたのまれて勝手かつてわざ手傳てつだひけりさて村中むらぢう人々ひと%\おちなく荘官せうや座敷ざしきあつま村役むらやく年寄としよりのさしによりてそれ/\のなほりしにうめ太郎たらうちや給仕きうじして大勢おほぜいきやくあしらひをなしけれバむら人々ひと%\口々くち%\に「イヤ神宮かには息子むすことのさすが由緒ゆいしよ浪人らうにんしゆといはれるはゝそだてがらまだ九才こゝのつ十才とをぐらゐのどもの行義ぎやうぎといふべきかノウみなのしゆう人品ひとがらといひきりやうよし」17 平左へいざどのゝお内義ないぎ伊達たて衣裳いしやうかざらせひきずりまはすむすめよりはるかにまさるうつくしさアヽこれどうぞうめぼうにも立派りつぱものをせさせてそこらでりきむ金持かねもちはなをひしいでやりたいものとわらへバ此方こなたにたれかハらずにしきてもいぬ同前どうぜん丁稚でつちあがりハやつぱり丁稚でつちおのれがすきゆきすてごろしにしたうめぼうがかう成長せいちやうをしてたらバざめがわるいことであろ秀齋しうさいらうがござられたらあたまのあがるハあるまいに丁稚てつちつらおほきさよとさけがいはする悪言あくたいよはきをあはれむ判官はうぐわんびいきげに人情にんじやうつねなりかし上座かみざりしへい左衛門ざゑもん村中むらぢうよつてうめ太郎たらうをほめそやすことおほかたならねバ無念むねんおもふそのうへにしかといはねどあて言葉ことばいぬ同前どうぜんといはれ」 たるときにハぐつとせきこみしが喧嘩けんくわあと財用ものいりとこらへてきかぬふりをせりところへはこぶ吸物すいものぜん取次とりつぐうめ太郎たらうかしこけれどもをさなけれバ足踏あしふみそんじてもち配膳はいぜんむかふのかたへあやまつてすべらかせバ吸物すいものわんハひるがへり今日けふをはれぞとくるみしへい左衛門ざゑもんかたさきよりひざへざぶりと味噌汁みそしるをあびせかけれバへい左衛門ざゑもんはびつくりし アツヽヽヽヽヤイ/\/\このがきめがうぬァわざとしおつたナ アツヽヽヽヽいひながら生爪なまづめへがすしはんぼう衣類いるゐのしみかやけどよりおほいたごとゝはらたゝしくうめ太郎たらう白眼にらみかゝれバ ヲヤどういたそうこれハマアどうぞ堪忍かんにんなされてくださいましッィあしがすべりましたからおろ/\なみだでわびるをきかず 麁相そさうといへバすむとおもふか」18 コレヤイ今日けふハたれしもいはひとあらたに仕立したて着初きぞめ衣裳いしやうコレ來年らいねんからまた祭年まつりどしまでの吉凶きつけうさだめとむかしからいひつたへたこの座敷ざしき産神うぶすなまつりでこんなあつてハ他人ひとさまにいはれぐさだうぬァおほかた母親おふくろいひつけでかういふわざをしおつたろうといふよりはやくひきよせて今年ことしわづかに九才こゝのつうめ太郎たらうこぶしをかためててう/\/\これハとおどろく百性ひやくしやう町人てうにんはせつてわびるもきかうちすゆる非道ひだうのしかたに人々ひと%\うめ太郎たらうおしかこひ平左へいざ相手あひてにならんとするうしろ隔紙ふすまおしあけはしいでたる荘官せうやもく兵衛べゑへい左衛ざゑもん踏倒ふみたふ ャィこゝなばちあたりいかに少年ちいさいどもでもしゆうのかたみのうめ太郎たらううちてうちやくしてすまふとおもふか故人こじん名代みやうたい秀斎しうさいどのにかはつて」 かうするかうたゝくとこぶしをかためしかへしハいつにかはりし荘官せうやのありさままた大勢おほぜいそのなかにハへい左衛門ざゑもんについせうしてとくとるこゝろのたわけもありて「モシ庄屋せうやさんそりやァあんまりでござりませうたとへなにごとがござろうとも平左へいざどのも當所たうしよ村役むらやく  むら役人やくにんでも年寄としよりでも理非りひたゞすが荘官せうや役目やくめうめ太郎たらうためにひいきすると思はつしやるかしりませぬがみなしゆうきかッしやれまご三郎さぶらうどのが證人しようにんじやうめ太郎たらう身分みぶんといふハじつ夲家ほんけたちかへつて相續さうぞくもするはづを勝手かつてについていまのうへ當時たうじへい左衛門ざゑもんどのハもと手代てだい内儀ないぎいへむすめでも下女けちよからなほつたおかんはらより出生しゆつしやうせられたおふみどのそれにハ一ッひとつになしがたいこのうめ太郎たらうせんへい19 衛門ゑもん惣領そうりやう平吉へいきち成長せいちやうのち名医めいいとなられ御領主ごりやうしゆさまのおたのみでしまゆかれた秀斎しうさいどのようすんたちかへらバ以前いぜんのとほりといふ證文しようもんこのもく兵衛べゑおや印形いんぎやうむら役人やくにん孫三まごさどのハそのとき連印れんいんすゑひとサアこのとほりたしかなことゆゑ八年はちねん以前いぜんいま平左へいざ掛合かけあいつめて身代しんだい半分はんぶんうめ太郎たらうわたさせやうといふたれど後家ごけどのハおとなしく夲家ほんけのぞみハいたしませぬ不仕合ふしあはせないまうへをつと秀斎しうさい古郷ふるさとうめ太郎たらう成長せいちやうさせ神宮かにはといふ名跡みやうせきをたてさへすれバ秀斎しうさいどのへ義理ぎりハたつと欲心よくしんならぬていじつなくなつ源太げんだ法師ほうしが三年まへにせりとぞ感心かんしんして村中むらぢうよせた評義ひやうぎせき一同いちどう承知しようち一軒いつけんあるじとさだめたうめ太郎たらういかに小禄こまいなくらしでもへい左衛門ざゑもんがぶん」 ざいでうちたゝいたハ無法むほうでござる無法むほうなゆゑにもく兵衛べゑ無法むほうでいたすこのしかた小児こども麁相そさう仰山げうさんにとがめだてして悪口あくこうむらしゆうへも無礼ぶれいでござる神酒みき頂戴てうだい席順せきじゆんをたゞしてれバうめ太郎たらうへい左衛門ざゑもんより上座かみざおくじゆんでござるをどもとあなどり只今たゞいままで給仕きうじをさせたハわしもあやまりなにとそうでハあるまいかかたよるひいきハしませぬぞいふをきくより一同いちどう コリヤァなるほど荘官せうやさんのいはつしやるのが御尤ごもつともびんぼうしても神宮かには正統しやうとうじつすぢといふものハうめ太郎たらうどのでござることおや秀斎しうさいどのにハおらが親父おやぢもばァさまもくすりをもらつて五年ごねん十年じうねんいきのびおんもあり 「また後家ごけどのにハどもが手夲てほんよみかきのお師匠しせうさまそのほかことだの針業はりわざじやのとをしへて」20もらふ大事だいじひと村中むらぢう調宝てうほうかるうめ太郎たらうどの家柄いへがら今日けふから梅太うめた正座しやうざにして平左へいざ親父おやぢよくばりめハぼいくだしてしまはつしやいとみな口々くち%\のやかましさよはきをすくふやまとたましひげに頼母たのもしきひな人情にんじやうそれ冨貴ふうきハたれもこのめども不義ふぎにしてとみ不仁ふじんにてたれかハこれうやまふべき巨萬きよまんたからをつみたりともなさけらず強欲がうよくにて子孫しそん繁昌はんしやうすることあらんや鳴呼ああ金銀きんぎんたつとけれども小人せうじんため非通ひだうをおこさせ愚人ぐにんまよひをおこさするの毒物どくぶつ也とさとりてハこゝろたゞしく慈悲じひをほどこしなさけをもつてたゝバたとへ貧苦ひんくにくらすともこれ徳行とくかう長者ちやうじやといふべし

貞操婦女八賢誌ていさうをんなはつけんし初輯しよしふ巻之一

貞操婦女八賢誌ていさうをんなはつけんし初輯しよしふ巻之二

東都  狂訓亭主人編次 

  第三回〈罵親族毒婦怨荘官しんぞくをのゝしりてどくふしやうくわんをうらむ告婚情老婆説匕女こんじやうをつげてらうばさぢめにとく

されバ神宮かにはへい左衞門ざゑもん荘官しやうやもく兵衞べゑ酒宴しゆゑんせき衆人しゆうじんなかにてはぢをさらし無念むねんやるかたなけれども里人さとびと九分くぶうめ太郎たらうをひいきしておのれをひくものまれなれバすご/\としてわがいへかへきたれバ女房にようばうのおふみはやがていでむかひさもいぶかしげにへい左衞門ざゑもんをうちなが ふみヲヤおまへさんマアどうしたのでございますヱかみみだれて顔色かほいろといひ合点がつてんのいかない喧嘩けんくわでも」なされたのでございますかヲヽ/\/\このマア衣類きものかたからひざへかけてマア/\どうしたのだかなんでもたゞごとでハあるまいはやくわけをおきかせなさいけしからねへ仕立したておろしの小袖こそでをこんなになさるとハあんまりなことだこりやァモウこのしみハあらつてもきれいにハなりハしないどうしたらよかろうやらとくちやかましきおふみがさわぎたもの夫婦ふうふへい左衛門さゑもんひとのみうら愚智ぐち短才たんさいせきたつつまのいきほひにおもひだしたる口惜くちをしなみだ  マア/\わけをかつしやれさけのあげくによひたをれてこんなざまかとおもはれてハうまらねへホンニ/\いま/\しいこのしまつんでもすててハおかれぬわけときいいておふみハひざすりよせ  ふみサアそのわけをはやく披仰おつしやれ相手あいてハたれじやどうしたことゝたきゞあぶらの」1 はらたちがほへい左衛門ざゑもんハおのがでおのれがむねをさすりながら荘官しやうやたくいつけんのこらずはなしておふみがおやのおかん下女げちよよりなりあがりしことその丁稚でつちでありしことおよそ神宮かには古事こじ來暦らいれき諸人しよにんなかもく兵衛べゑがならべたてたることまでを一々いち/\つまものがたりはぢ清書せいしよおもはぬたわけおふみハこれをきくよりもぎりをかみてくやしなきあをくなりまたあかくなるはん狂乱きちがひいきどほりとがなき下女げぢよをしかりつけ喧嘩けんくわすぎてのぼうとやらたとへにもれぬびいきにたけりたちしがしばらくしてやう/\こゝろをおししづめ ふみモシわたくしやァあしたうめ太郎たらうところ自身じしんいつてこのわけをたゞしますョ そうかしかし庄屋しやうやたくでおこつたわけを後家ごけいふても返答とりあふまいぜ ふみナニ/\さけせきのことハも」 かくうめ太郎たらうはうへしりをやらねへけれバならないことがございます ィャ/\それでもなまなかなこといひしてハ ふみイヱ/\ほかのことハどうでもじつ夲家ほんけつぐだの血脉ちすぢだのといふことハたゞさなけれバなりません血脉ちすぢをいへバわたし伯母おばうめ太郎たらうハわたしがおひ何所どこまでも目下めした兄嫁あによめじやといつてもおさぢ他人たにんなにアノ後家ごけにりきまれてなるものか明日あしたぢうにわけをつけてあやまり證文しやうもんでもとる神宮かにはといふ名氏みやうじとりあげるかせねバなりませんおまへもまたをとこらしくもないなぜそのせきでおもいれ理屈りくつはないのだねへ勝手かつてについてあにあとじついもとつい他人ひとにかれこれ非点ひてんをうたれてなるものかモウ/\わたくしやァそんなことをいはれるとくやし」2 くつて/\てもつかれやァしませんいつそいまからすぐにいこふかしらんまことにモウ/\不吉ふきつなことだまつりだといふのに此様こんなことゝいふがあるものかと智恵ちゑありがほにしやべりたていとはしたなきそのありさま他目おかめればおふみがごときをたれかハよしとおもふべきおよそ女子をなごさいありともよろづ男子なんしのするわざくちさしいだすハさがなきわざぞたゞ何事なにごともおとなしくいはぬハいふにまさるべきことゝつゝし用心ようじんあるべしさてかのおふみハのあくるをいともおそしとまちわびてとりのうたふと諸共もろともにおきて手水てうづぬか物見ものみ遊山ゆさんゆくごとくさもはでやかによそほひて四十才よそぢうへをこゆるぎのいそのさゞなみひたひしは玉子たまご白味しろみ引延ひきのば衣類いるゐかへしりをなべ下女げぢよ丁稚でつちともに」 つれたゞ一町ひとまちにたらざりしさと軒端のきば遠慮ゑんりよなく勿躰もつたいつくる新造しんぞがほはなおごめかして立出たちいでしは浅々あさ/\しくもおかしけれかくてうめ太郎たらういへゆきをつとのはぢをそゝがんと廣言くわうげんはらひしおふみが風情ふぜいさもありなんかとへい左衛門ざゑもん心待こゝろまちしてたのしかりしがやゝしばらくしてかへるおふみハこゝろにせくことありけん逆上のぼせかほ白粉おしろいのまだらをせるあつ化粧げしやうはげていまさら面目めんぼく泣出なきだしそうなつらふくらしせよりれバ支配人ばんとう手代てだいソレおかみさまのおかへりとさゞめきわたるあいさつもみゝにハいれどにいらぬつねからくせ機嫌きげんかへわだをねぶりしおしのごとくむぐ/\としておくへゆくへい左衛門ざゑもん立向たちむか ホヽおもひのほからちあきしかとんだかへりがはやかつたといへど」3 すぐにハ返事へんじもせず下女げぢよ丁稚でつち勝手かつておひやりいきほぬかしてがつかりと投首なげくびしたるおふみが風情ふぜいづかはしけれバへい左衛門ざゑもん  ナゼ其様そんな元氣げんきのねへかほをしてるのだマア着物きものでもかへてやすみなせへな ふみ「やすむどこじやァねへモシ大変たいへんだョうか/\してると彼奴あいつにどんなにあはせられるかもしれないョ ナゼ/\なに大変たいへん ふみなにがといつていままでわたしつかなんだが田地てんぢ地面ぢめんかぶ證文しやうもん家内うちにハないかね ヱヽナニなに入用いりようもなし近頃ちかごろ賣買うりかひした田畑でんはた地面ぢめんありハせずむかしからのまゝだものを古券こけん手形てがた入用いるものかなぜそれがどうした ふみ「どうしたといつておとッさ゜んの遺言状ゆいごんじやう大切たいせつ書物かきもの圓塚まるづかさまの用金ようきんから平塚ひらつかさまへしたこめの」 手形てがた證文しやうもんなんでもこゝのうちついてなくつてハならない大事だいじのものをのこらずうめ母親おふくろもつてゐますョ ナニ/\そりやァマア大変たいへんなはなしだそれじやァじつにこまつたわけだがそしてマァ後家ごけなんいつ ふみナニなんともいひハしないがこのとほりの書付かきつけもございますといはれたからわたしもぎよつとしてかへろうとするとおさぢがいふにハなにいまこれをしてものをいふもないがまさかのときハどうかしておもらひ申ますまづそれまでは此方こちら勘弁かんべん夲家ほんけ夲家ほんけすておくがことによれバといふくちぶりハ是非ぜひ/\始終しじういひ了簡りやうけんそれにやァまた庄屋せうやをはじめ源太げんだ坊主ばうず息子むすこ源三げんざうなんぞがこしおすからいまにもかゝつてるかもれないョモウ/\4 くやしさもくやししむねいたくつてなりませんとさすが奸智かんち悪婆あくばでもいへ血脉ちすぢ正統しやうとうこと證文手形しやうもんてがたまでそろへてもち神宮かにはのおさぢうめ太郎たらうといふ二人ふたりにハあたまのあがらぬわけなれバへい左衛門ざゑもん途方とはうにくれにはかむねとゞろかすおのがほのふくるまもゆるおもひの夫婦ふうふ溜息ためいきあきれて見合みあはつらつきをぬふりの下女げぢよ婢女はしたしゆうとハいヘど非道ひだうものとうら底意そこいのものなれバさもありなんといふつらえてもはらをたつことならはんまつまきいぶる竃土かまどをつけやれといふよりほか小言こごとさへいひそゝくれてどぎまぎとこゝろをなやますなかむすめそでハおとなしく そでハイ母人おつかさんたゞいま ふみヲヤならひからかおそかつたの そでハイ氷川ひかはさまに十二しうに

 挿絵第三図
【挿絵第三図】口入くちいれ老婆らうば匕女さぢめをすゝめてうめ太郎たらう養子やうしにすゝむ」 5

ありましたからすこておりましたといひつゝたつゆく姿すがたおくりながら母親はゝおやおもひつゝひと手段しゆだんむねにうかんでやう/\とかほいろさへなほりしがそのへい左衛門ざゑもんさゝやきてなにらねどおのれらが用心ようじん由断ゆだんなくまづそのとしすごしけるがこゝにそのころ大塚おほつかさと裏手うらて住居すまゐするおわらといひし口入くちいればゞあるときさぢいへきた活業しやうばいがらとて世事せじもよくかとあそびし梅太郎うめたらうるよりにこ/\わらひかけ わらヲヤ/\うめさん竹馬たけうまかへどもしゆといふものハ兎角とかくあぶないことが面白おもしろいものそうなホンニいつてもきれいなおだぞこれでをんなのおだと圓塚まるづかさまのおひめさまにしても煉馬ねりまさまのおくさまといつてもはづかしくない容才きりやうだけれどどうも殿御とのごでハしかたがない。ハイ今日こんちは」6師匠ししやうさんきげんようございますかおにはうめモウさかりになりましたねへ九月くぐわつのおまつり昨日きのふのやうにおもひましたにモウ去年きよねんになりました おさぢヲヤ/\おばさんおめづらしい サァ マァ チットおあがりななにをおいひだかがつかなんだョ わらイヱサ不動ふどうさまのおまつりうめ造花つくりばななんぞが出來できましたつけがモウぢき三月みつき四月よつきたちましてほんとううめさくやうになりましたと申こと おさぢ「ほんにねへ月日つきひのたつハはやいものしかしどもの手足てあしはやくとおもへバさてなんだかじれつたいやうでまへのとしよることハおもはぬものサネ サア/\こつちへおあがり わらハイ/\ありがたふぞんじます左様さやうならすこし御免ごめんなされませわたくしハちィッとあなたにおきゝ」 申たいことがあつてさんじましたがどうでございますか おさぢヲヤなに わらイヱサほかのことでハございませんがこちらのうめさんをひどくほしがるとこがありますが養子やうしにおやりなさるおぼめしハございませんかもつとも一人ひとりといふことハさきさまでも承知しようちゆゑあなたを隠居いんきよさせ申てすこしも不自由ふじゆうさせ申さないと被仰おつしやるまた年頃としごろにおなりなされバあちらのおぢやうさまとぢきこんれいもなさると申すことでございますがまこと内福ないふくでございますからどうぞお世話せわを申たいとぞんじまして おさぢ「それハ/\信切しんせつモウありがたふしかし御存ごぞんじのとほりのいたづらもの中々なか/\モウ他人ひとさまなかへまゐつて半日はんにちをることでハございませんことにどうもいへつがせてハ」7 亡人なくなつた亭主つれあい遺言ゆいごんせられたわけもありまして養子やうしにハどうも わら「もしまたそれがならぬと被仰おつしやるわけならバさきさまの娘御むすめごをこちらへよめにおもらひなされてハわるうございますか おさぢヲホヽヽヽヽおばさんとしたことがうめマア何才いくつだとおおもひだ改年あけてやう/\十才とをにしかならないものをよめどころでもございますまいいまもいま竹馬たけうまのるかとおもへバおとなりこだのおかみさんだのといつてをんなどもとあそんでまゝごとのあげくにハおほ喧嘩げんくわ。やれ若衆わかしゆ亭主ていしといふハおかしいといへバまたこちらでハいやなおかみさんだ芥子けし坊主ぼうずのおかみさんとハはじめてたのなんのといひやつてなくやらわらふやらおほさわぎモウ/\どうしてさつぱりらちハあきませんよそのおモウ十才とをにもなるとすこしは」 きゝわけがあるけれど梅太郎うめたらうと申たらまことに小児ねんねへてこまりますそしてマアそのやうに被仰おつしやつくださるさきさまハどなたでございます わらイヱサじつ此方こなたとのがれぬなかアノ神宮屋かにはやさまでございます おさぢヲヤ/\それじやァどうして此方こちらとハ敵同士かたきどうしのやうにおもつてござるそうだから わらイヱ/\/\それがおほきな間違まちがいまじやこちらをどのやうにか大事だいじにおもつておいでなされますと申ても一とほりでハなか/\承知しようちもございますまいがくわしく申せバマァかういふわけでございますとしりをすゑたる口入くちいればゝその道々みち/\たのんだるかの神宮屋かにはやのおふみが内心ないしんぜんあくかはらねどもまづそのよしきかんとておもはずひざをすゝめつゝにいくたびか」8 つぐすみ愛相あいそうぶりとえにけるおわらハやう/\むねうち記憶きおくをしらべてしたなめまはしはなしあいだまねするかたもくせありとしるべし わらマァくわしくと申たところながいことでございますからうろおぼえなこともございませうがまづ神宮屋かにはやのお内室かみさま被仰おつしやるにハ八年はちねん以前いせんゆきにおまへさんが。たづねておいでなされたときかどあけぬハせのもののしわざまた翌日よくじつ源太坊げんだばうさんがござつたをりもまんざら無法むほうなあいさつをしたわけでハございませんとさたゞうたがはしいとおもふからどうぞよく実正じつしやうきいてくださいといふとぢきはらたつて。だれだとおも馬鹿ばかなつらな梶原村かぢはらむらげんさんが請合うけあつ一件いつけんいさもくさもあるものかコレヱおれがいまじやァあたまを」 まるめてるからこれなりでけへるぞそのかはりうぬらへ面當つらあて神宮かにはといふ名跡みやうせき立派りつぱたてさせるからやァがれとそのほかいろ/\の悪態あくたいをならべてかへんなさつてそれぎりにおまへさんのはうからもなんともいつてつかはされないからマア申にくいがしつかりとしたわけでもないかとそれなりけりにすておいたわけでございますとそれにハまた他人たにん中口なかぐちきくゆゑとう/\てき味方みかたやうにくらしてござッたが段々だん/\様子やうすがわかつてれバすてておかれぬといふ内室かみさんの〈おふみをさして|いふことばなり〉内心ないしん。ところで去年きよねん不動ふどうさまのお神酒みきせきでいざこざのあつたのがかへつて物怪もつけさいはひとやら證古しようこ書物かきものまでおまへさんのはうにあつてれバ正統しやうとうをとこのお調度てうどあちらに娘御むすめごもあつて9 とし十一才しういちうめさんにハ一ッまし世間せけんで一ッましハ仕合しあはせがよいとむかしから申ますかくもさきさまでマア後悔こうくわいしてはやくいへバおくれながらあやまつて同前どうぜんとハ申ますものゝ表向おもてむきひとさまをたのんでハまた間違まちがひのたねにでもされてハます/\不和ふなかをまねくやうなわけそうなつてもならないからと彼是かれこれ心配しんぱいをなされてわたくしのやうなかずなりませんものをおたのみなされたわけでございますどうぞこれまでのことはなにもかもみづにしてうめさんと縁組ゑんぐみをなされバ始終しじうあのおのおため何事なにごとどもしゆ御繁昌ごはんじやうおぼめしてよく了簡れうけんをなされましと過越すぎこしかたまでなが/\とときかへしたる弁舌べんぜつにまどひハせねど我子わがこため老少らうせう不定ふぢやうなかにわれのみこゝろつよくしても皆々みな/\他人たにん西東にしひがしいつそのことに梅太郎うめたらうをんなじやといふことをあかしてたのみたよりとせんかとおもひつきしがまてしばしゑみうちやいばをかくし真綿まわたはりたくみある人情にんじやうハはかりがたしと思案しあんさだめておわらにむかひ おさぢ「まことにそういふおこゝろならバなによりかおうれしいわけだけれどこれまでなが荘官しやうやさんや源三げんざうさんのお世話せわもありひとのおかげで八九年はつくねん手足てあしのばした梅太郎うめたらうまさか一存いちぞんでお返事へんじ出來できませんいづれおふみさんのおこゝろざしのところをバよくまたうめにも言聞いひきかせましておまへまでおれいにまゐりませうほどによろしく申て被下くださいましとそのハおわらかへしける」10

  第四回 〈伏病床慈母示遺訓びやうせうにふしてじぼゐくんをしめす悼憂苦里人翼孝子ゆうくをいたみてさとびとかうしをたすく

光陰くわういんのはやきことたとふるにものもなしされバ於匕おさぢ寛正くわんしやう元年ぐわんねんこの大塚おほつかさとていく春秋はるあきゆめすぎ今年ことしすでにはやはなかほる梅太郎うめたらう十一じういつさいとなりにける応仁おうにんはたゞ二年ふたとせにして改元かいげんあり文明ぶんめい元年ぐわんねんあらたまりぬ此時このとき足利あしかゞ将軍しやうぐん八代はちだい義政よしまさこう御代みよにして文正ぶんしやう元年ぐわんねん山名やまな細川ほそかは合戦かつせんより天下てんか兵乱ひやうらんやむときハなけれども武藏むさし國中くぬちハしづかにていと閑日うらゝか如月きさらぎ下旬すゑつかたなるはるそら貴賤たかきいやしき差別へだてなく漫遊行そゞろあるき日和ころなるに神宮かにはさぢハたれこめてやまひとこ伏芝ふししばつゆいのち覚束おぼつかなくこゝろぼそさハ言葉ことばにもつき」 せぬおやになりてハとしゆかねども梅太郎うめたらう孝心かうしんゆゑにひるほとりをはなれず看病かんびやうのいとまにいづる庭面にはもせはなはゝへのなぐさめとのぼりをして一枝ひとゑだもゝ手折たをりあしふみはづしおつ物音ものおとさぢきゝつけ おさぢうめぼうかへ怪我けがをしてハならないなんともないかへどうしたのだ竹馬たけうま梢登きのぼりモウよしな アィ ナニけがをいたしハしませんよあんまりもゝはながよくさいたから母人おつかさんにせやうとおもつてツイからおちたけれど衣類べゝなにもよごしハしませんきいておさぢむねせまりおもはずなみだをはら/\/\こゝろうちおもふやうかへらぬことでハあるけれどこのおとなしい生立おひたちをつと存生ながらへたまはゞさぞよろこびのことならんに人並ひとなみよりはうるはしくそだつその荒業あらわざをさせて木綿もめん男衣をとこぎぬ人目ひとめつくろふとり11 なりになれていまでハ児心こごゝろにも男童をとこわらべ真似まねをしておらねバならぬことゝのみおもふてかたちをつくるやらたけをもつて太刀たち片刀かたな菖蒲しやうぶいはひの小幟このぼりはたさしものとなぞらへしあそびハ武家ぶけうまれたるもとあらはす自然しぜんかとはいふものゝいつまでかをのこ姿すがたでおかるべきそれこれともにこのはゝ生存ながらへがたき今度こんど大病たいびやう一世いつせわかれにちかづくとハりもせまいが無始むし血脉ちすぢのゆゑかひるほとりをはなれぬ看病かんびやう大人おとなもおよばぬ介抱かいほうつかれやすめにかど友達ともだちしゆうとあそびでもするかとおもへバさくはなにもこゝろをつけてはゝのことわすれぬがねにいたみもせぬ着物きものもよごしはしませぬとすこしもおやをさせまじき風情ふぜいもしれていぢらしやとなきふすはゝ枕元まくらもと 母人おつかさんこれおこんなに」 きれいにさきましたチヨツとおなといはれてもさすがなみだにあげかねしかほのぞいて梅太郎うめたらう 母人おつかさんまたたんとわるいかへといひながらたち湯煎ゆせんにしてあたゝまりたる煎薬せんやく茶碗ちやわんにわけて アイおつかさんおくすりサア我慢がまんしておあが母人おつかさんわちきからおちおと動氣どうきがおこつたのかへわるいことをしましたモウ今度こんどからいたづらもせずしづかにするから堪忍かんにんしておくれサァくすりがさめるからおあがはゝ脊中せなかなでながら薬茶碗くすりぢやわんをさしよせられこらへずワアツトむせかへるおやなげきにびつくりしてそのもおもはずなきいだ ヨウ母人おつかさんかんにんおしヨウわたしがわるいからあやまるモウはななにをらないから堪忍かんにんして氣色きしよくをよくしておくんなさいヨウこゑあげたる梅太郎うめたらうさぢ引寄ひきよせだきよせて おさぢなんの」12 そなたがわるかろうコレサなかずと機嫌きげんをなほしな 「それでもおまへかおなきだものを おさぢモウ/\おいらもなかないヲヽ/\むねがどき/\するむしがおこるといけないサァ菓子くわしでもたべてあそびなよ 「それじやァおまへもモウ氣色きしよくはわるくハないのかへ おさぢ「わるくハないがおまへがあんまり孝行かう/\におとなしくしてくれるからうれなみだがこぼれたいひつゝぬぐふうちたもちかねてやはらはら/\梅太郎うめたらうかほつめなかじと奥歯おくばをかみしめて おさぢ「おもへバどふもかわいそうに甲斐かひないはゝがそだてゆゑ十年じうねん以来このかたなにひとつうれしがらせるあそびもさせずをとこ姿すがたさいはひに使歩つかひあるきの遠走とほはし親父おとつさんがおいでなら豊嶋としま御舘ごてん奥様おくさまのお側仕そばづかひ出來できがやくそくごとでもあらふけれど」 不自由ふじゆうばかりさせとほしたま/\はる持遊もちやそびのたこいとさへこのはゝ手業てわざあは二枚にまいいと ァィなくしハしませんほとけさまのしたへしまつておきました おさぢヲヽそうかへどものあんまり丹念たんねんなのハ始終しじう病身びやうしんだといひますチットなにかをなげやりにしてをつめなさんないひながらさしこむつかへを我手わがてにておさへてかほをしかむれバ梅太郎うめたらう脊中せなかをさすり 「お医者いしやさまへいつよんませうか おさぢナニ/\いまおちつくからあんじなさんなしかしうめぼうやおまへにいつおくことがあるがまたなかずにきいてよくおぼえておいで ァィなくまいとおもふけれどもかなしいことならおいひでない おさぢ「それでもひよつとわたしがぬとおまへがきうにこまるから アレ母人おつかさん其様そんなことならいはずとよい13 今朝けさくすりをもらひにいつとき医者いしやさまにおつかァハ死にハいたしませんかといつきいたら医者いしやさまがわたしのかほナニ/\しにハしないからなんでもおつかァのすきものをたべさせなそれが孝行かう/\だとおいひ おさぢアノ医者いしやさまにそういつきいたのかへむねギックリあたれどもさすがどもハもつかずおさぢハとてもたすからぬぞとおもへバすてものといはぬばかりの医者いしや言葉ことば此間こないだうちからことわりをいはれたくすりをもらふともらぬわが不便ふびんさをれバおもへバ四苦しく八苦はつく生者しやうじや必滅ひつめつ會者ゑしや定離ぢやうりとをしえハあれどいまさらにいと/\をしきいのちぞと覚悟かくごみだるゝ煩脳ぼんなうなげきハさこそとおもひやるべしやゝありて おさぢノウうめやお医者いしやさまが其様そうおつしやつたらバにもしまいがひとと」 いふものハいつ何時なんどきどういふことがあるかもれないものそれだからいつか藤沢ふぢさはいくさとき中村なかむら重頼しげよりといふおひとわか武者むしやくびとつ巨田道灌おほたどうくわんさまにおにかけたらかゝるときさこそいのちのをしからめかねてなきおもらずハよみなされたといふうわさそなたもたしかこのあいだ大勢みんなよつてはなしたをりきいたでハなかつたかマアそのことハかくもだん/\としとるときハぜひぬものとかくごしてゐないとかへつてまごつきますいまもそなたがからおちたといふのをきいてわたしがむね萬一まんいちわしんだらハそれこそからおちたといふましらよりなほたよりなくかなしかろうとおもふゆゑとしはのゆかぬそなたをとらへてながこといふもあとのためよゥくおぼえてわすれなさんなアレアノほとけさまのしたの」14 くろはこもつて來な ァィ返事へんじハしなからもちからなく/\梅太郎うめたらうとりいだ小文庫こぶんこなかゑりわけて大切たいせつ書物かきもののこらずとりそろへつど/\にいひきかせこの書付かきつけあるゆゑに去年きよねんよりして色々いろ/\をかへしなによそへつゝ梅太郎うめたらう養子やうしにせんといひこみしより時節ときをり使つかひまことこゝろよりいでたる縁者ゑんじやのよしみにあらずすきうかゞ證古しようこしなにいれんとする下心したごゝろつてハゐれど父上とゝさまおな血脉ちすぢひとなれバ其方そなたためにハまこと伯母おば麁畧そりやくにしてハみちたゝずとおもへバこのほどへだてなく親類しんるゐらしきあいさつもうちとけがたい伯母おば底意そこいとハいふものゝ神宮屋かにはやいへ其方そなたつぎなどして町家ちやうか一生いつしやうくらしてハになきとゝさんのこゝろにかなはずその遺言ゆいごんハこの書置かきおきいまよまずとも」

 挿絵第四図
【挿絵第四図】慈母じぼ遺訓ゐくんして後事のちのことをはかる」 15

成人せいじんしてひとなみ/\にとしとらバおのづからして得心とくしんすべし若このはゝなきのちにこゝさん四年よねんすごすにハ伯母おばにそのをまかすともまた荘官しやうくわん源三げんざうどのゝ思案しあんよせ成長せいちやうこゝろをさだめて父上とゝさまきよめんとおもたゝ金瘡きんさう妙薬めうやくつてもがたき「ヘイサラバサラ この良薬りやうやく異国いこくより泊來わたりてたしなき血止ちどめ即功そつこう周防すはうくに大内家おほうちけへハ勘合舩かんがふせん毎度たびごとみつぎとしておくるとぞとハいふものゝひとつてなんどににいれんことおもひもよらずをとこ姿すがたそだつをさいはひ武家ぶけ出立でたちかのにおもむきその妙薬めうやくにいれなば古主こしゆう帰参きさんたねともならん始終しじう其方そなたをたてる雑費ざつぴハもとよりまさかのとき主人しゆじんすく手當てあてとハ未然みぜんさつせし親父てゝごたまものもちゆるときに」16 取出とりだしたまへその有所ありどころ氷川ひかはもりといひつゝ四方あたりこゝろをつけ梅太郎うめたらうが耳にくちいと細密こまやかさゝやきけりさて後年のち/\のことくりかへしわすれさせじといひをしえ おさぢ「よくおぼえたかへわすれておしまひでないたとへ母人おつかアんでもおまへの蔭身かげみついてゐるからかならずちからおとしなさんな アイ/\それハわすれないやうにしませうが御父おとつさ゜んもなしおつかさんもないとどうもかなしいからおまへハどうぞなずにておくんなさい おさぢヲヽ/\よくきゝわけハありながらもさすがハとしのゆかないこゝろなずにてくれよとハなさけないほどいぢらしいねといふてもしにたくないわしこゝろあさましさつねにハひとかれこれとものゝ道理だうりをおしへたのうへチト他人たにんにハいひにくいがそなたも」 よその十六七のむすめにおとらぬ智惠ちゑ才覚さいかくすゑ頼母たのもしいとおもふほど愚痴ぐちなことじやがこのとうげ〈やまひのおもきを|いふことばなり〉をこしてどうぞと幾度いくたびこゝろのやたけもかなはぬくるしさとてものがれぬこの大病たいひやうアイタヽヽヽヽ ヲヽせつないアヽくるしいたふるれバうろたへまはる梅太郎うめたらう今日けふハあやにく隣家きんじよもの問來とひきたらねバ何事なにごとこゝろまかせぬおやなげきはいはんかたもなしこのせつよりしてはゝさぢいふべきこともいひはてこゝろゆるみのしたりけん漸々しだい/\よはりゆきたのみすくなくなりけるが源三けんざう夫婦ふうふほどちかけれバ日々ひゞ音信おとづれせわすれどおさぢれいさへいひかねて時々をり/\両手りやうてあはするが無量むりやうれいおもはるれ昨日きのふ今日けふまでほめられてをとこまさりといはれたる氣性きしやういま何所どこへやらものいひさへも」17 わかりかねきゝとれがたきことのみなれど梅太郎うめたらうハよくきゝわけいたはりかしづく孝行かう/\るものなかぬハなかりけるかゝりしほど定業ぢやうがふとききたりけん弥生やよひ上旬はじめ彼岸ひがんさくらにあらなくもいとうらめしきはな七日なぬかその夕暮ゆふぐれ入相いりあひかねもろともとちりてゆくあはれにはかなきことぞかし梅太郎うめたらう消入きえいるばかりはゝとりつきゆりうごかしなみだかぎなきつくす孝子かうし愁情しうじやうなか/\におろかふでにハ編述かきとりがたしされバこのよしきゝつけてしたしきうとへだてなくよりつどひ衆人ひと%\ゐなかかたぎのたのもしくたのまぬこともたれかれとわけをなして立働たちはたらきひきうけてものすれバ野邊のべ葬式おくりのいとなみもことおほかたに調とゝのひけりこのとき荘官しやうや杢兵衛もくべゑ風邪ふうじやにおかされきたみな源三げんざうに」 まかせしがかの神宮屋かにはやへい左衛門ざゑもん夫婦ふうふはこゝにそろ手代てだい小者こものよびせおき不断つねとハちがひしたから小禄こまいものにも會釈ゑしやくをなしさも信切しんせつにまかなひつゝこの一件いつけん物入ものいりこがねををしまずとりいだしさて源三げんざうむかひていふやう トキニ源三げんざうさんだん/\みなさまお骨折ほねをりでまづなにもかもさしつかへもなくほとけもさだめて満足まんぞくいたしませうたゞ不便ふびんなハ梅太郎うめたらう御存ごぞんじのとほりそのはじめハ素生すじやうをうたがひまして疎遠そゑんにもいたしましたがよく/\たゞしてれバいへ血脉ちすぢおふみがためにハじつおひむすめそでハもらひました養子やうしそうしてると神宮屋かにはやとくをつがせますにハねがふてもない梅太郎うめたらうそれゆゑ亡人ほとけ達者たつしやなうちからぜひむすめとめあはせてらく隠居いんきよをさつしやれ」18度々たび/\こみましたがまだとしゆかないからとこれまできめもいたしませんがまづかうなつてれバこれからさきどもばかりこゝへおかれもしませず。と申ておまへさんはじめ隣家きんじよしゆうもそう/\ながく厄介やつかいになさるといふも迷惑めいわくとぞんじますからみなさまさへ承知しようちならバ只今たゞいまからでも梅太郎うめたらうひきとりましておよばすながら世間せけんのおかたばれごゝろせいをいれて成長せいちやうさせたふございますがとうぞよろしくおきゝすみをといふを人々ひと%\もつともとおもふもあれど思慮しりよあるものハつね似氣にげなき神宮屋かにはやこゝろのそこをはかりかねかほ見合みあはせてありけるが源三げんざうをこまぬききゝをはつて由断ゆだんせず 源三「それハ/\信切しんせつにまづなによりか梅太郎うめたらう安堵あんど仕合しあはせでございますがマアて」 れバこのいへ村中むらぢうよつてこしらへたうちのこといづれみなさんと相談さうだんのうへ多分たぶん貴方あなた了簡りやうけんにしたがひますでございませうがせめて亡人ほとけ七七日なゝなぬかはこゝで法事ほうじいたさせたくまた村里むらさとしゆうとても十年じうねん以来このかたとほした世話せわのこと弟子門弟でしこおほいことじやによつてまづしばらくハこのまゝかはり/\の持合もちあひ身上しんしやう追善ついぜん回向ゑかう立派りつぱにせずとも一日いちにちもよけいにこのいへをにぎやかにするが功徳くどくとやらにもなりませうかなんみなさん左様さやういたしてハどうでござりませういへバ人々ひと%\一同いちどうになるほどこれハ源三げんざうどのゝお言葉ことば御尤ごもつともとぞんじますとこたへに神宮屋かにはやへい左衛門ざゑもん夫婦ふうふ道理どうり得心とくしんして四十九日がたちたらバ梅太郎うめたらう養子やうしとせんとあら/\評議ひやうぎさだまりてもさだめがたなき浮世うきよの」19 ありさまはかなきゆめのうつゝなき名殘なごりなみだ梅太郎うめたらうをいたはりすかして諸人もろびと亡骸なきがらおくる鳥辺山とりべやまかへらぬみちはなさくらもよるあらしくぞとハおもへどさすがさとられぬ無常むじやうかぜひとつとおもひなやみし花曇はなぐもりはれぬなげきにそでぬれてたどりかねたる梅太郎うめたらうひきこゝろなぐさめて連立つれだつさとならひあはれをそへおくりにぬれぬたもとハなかりける

貞操婦女八賢誌ていさうをんなはつけんし初輯しよしふ巻之二

〔広告〕

 広告ウ 広告オ

楊太真遺傳やうきひのつたへしくすり  精製くはしくせいしきり箱入はこいり
むすかう  〈一廻|百二十文〉

そも/\この御薬おんくすり本朝につほん無類むるい妙方めうはうにて男女なんによかぎらずかほつやをうるはしくしてうまかはりても出来できがたきほどいろしろくし肌目きめこまかになるこうのうあり しかしながらこのたぐひくすり世間せけんおほ白粉おしろい 洗粉あらひこ 化粧水けしやうみづ そのほかあぶらくすりなとをせいしてみなこと%\くかほくすりになるおもむきを功能こうのうがきにしるしてあれどもその書付かきつけ半分はんぶん功能こうのうなし依之これによつてこの御披露ごひろうらうじてもひさしいものゝひろめ口上こうじやうなど看消みけなし給ふべきことならんがこれハなか/\左様さやう麁末そまつなるくすりにてハこれなくたゞ一度ひとたびもちひ給ふてもたちまちに功能こうのうあらはれる妙薬めうやくなり一廻ひとまはもちひ給ひてハおんかほの」いろ自然しぜんさくらのごとくなり二廻ふたまはもちひ給はゞ如何様いかやう荒症あれしよう肌目きめ羽二重はぶたへきぬのごとき手障てざはとなるのみならずにきびそばかす腫物はれものあとしみのたぐひすこしもあとなくなほりてうるはしくなる事請合うけあいあさおきかほあらひこの玉粧香ぎよくしやうかうをすりこみたまはゞちつと白粉おしろいつけたるやうなる気色けしきもなくたゞ自然おのつから素皃すかほしろくうるはしきやうになれバ娘御むすめごかたハいふに不及およはず年重としかさね御方おんかたもちひ給ひてもたゝずしてうつくしくなる製法せいほふゆゑおんうたかひなく御もちあそばされまこと美人びじんとなり給ふべし

為永春水精剤  

かみつやいだし|髪垢ふけをさる〉 妙薬めうやく はつみどり 〈このくすりハかみあらはずに|あらひしよりもうつくしくなる|こうのう有  代三十六文〉
書物繪入讀本所  江戸数寄屋橋御門外弥左エ門町東側中程   文永堂 大嶋屋傳右衞門丁付なし

貞操婦女八賢誌ていさうをんなはつけんし初輯しよしふ巻之三

東都  狂訓亭主人編次 

  第五回 〈依痴念継母説處女ちねんによつてけいぼおとめにとく翼戀情張女偽於袖れんじやうをたすけてはりめおそでにいつはる

をんなしやうハひがみておろかなるものとハいヘどあに一概いちがいさだむべき閨房けいばうしうとていにしへより賢婦けんふ良妻りやうさい徳行とくかう倭漢わかんにためしいとおほかりいはんや眞如しんによしやうなかにハ男女なんによ別相わかつさうなしとあへかろんじいやしむべからずそも大塚おほつか梅太郎うめたらう才徳さいとく乙女おとめなれどそのとしわづか十一才じういつさいはゝにおくれて孤児みなしごとなりていまさらなにごともわきまへがたき久後ゆくすゑおもかねつゝなきあかすかずもこゝに七七日なゝなぬか里人さとびとたすけによりて」 いとにぎはしき追善ついぜんなげいやますそであめ卯の花うのはなくだふりつゞくそらにもなく時鳥ほとゝぎすをはくおも孝子かうし愁傷しうせうはてしなみだあはれさをことわりなりとさつしつゝちからをつくる人々ひと%\なぐさめられて菩提所ぼだいしよまうづる時日とき神宮屋かにはや夫婦ふうふもこれにともなひけりかくて七七しち/\すごしたれバひつぎおくるそのころより衆人もろびと談合だんかふしておきしごとく今日けふより梅太郎うめたらうへい左衛門ざゑもんかたひきとらんとおふみはあさよりおさぢいへきたりてよろづをさしづせりこの文明ぶんめい元年ぐわんねん四月うづき廾六日なりさてこのよし源三げんざうもとつげけれバ近隣きんりんもの五七人つどひてふたゝびかたらはんと梅太郎うめたらういへきたれバはやへい左衛門ざゑもんがはからひにて家財かざい雜具さふぐとり片寄かたよすでにこの引払ひきはら用意ようい大畧おほかた調とゝのひし風情ふぜいれバ里人さとびとハいと/\」1 夲意ほいなきおもひをなせりまた梅太郎うめたらうすみなれし宿所やど名殘なこりとものかなしく眺望ながむのき庭面にはもせはな青葉あをばかはりゆくこずゑなか青梅あをうめゑだたはむまでむすぶこれさへはゝ愛樹あいじゆぞと見下みおろみきにハたはむれにたてたるうめ制札せいさつあり天永てんゑい紅葉こうえふれい不知しらずまた江南こうなん法度はつとまかせじ うぐひす羽風はかぜもいとふこのはなのたゞ一枝ひとゑだゆびもさゝせじ。つく%\なかくちずさむはな法度はつとにしおふ此身このみうめのそれならであらかぜさへいとはれし十年ととせあまりの養育やういくハいかに辛苦しんくのわざなりけんとおもひぞしげる八重葎やえむぐらには草木くさき亡母なきおやのかたみとれバいまさらに昨日きのふむかししのぶぐさはしらなゝめかべおち藁屋わらやもいとゞをしまれてたまうてなこゝちハせねどたままつりなす家廟ぢぶつにハ位牌ゐはい手向たむけ香花かうげまでとりおさ」 むるの用意よういしてこれもうれひのかずなりきされバ先刻さきより寄集よりつどひし衆人もろひとなか源三げんざうへい左衛門ざゑもんにうちむか 「さてたゞいま使つかひをくださいましたがまゐつて見ると最早もはや當所たうしよ引拂ひきはらひとなされますお支度したく勿論もちろんこれまでおはなしのあつたことでハこざいますが イヱなるほどまだ五日ごんち三日さんちすごしてもおそからぬことをとりいそいだ為体ていたらくともおぼめしませうがなにを申も梅太郎うめたらう幼年ようねんのことはや昨日さくじつ四十九日も相済あひすみましたにこのすゑかぎりなくみなさまの厄界やくかいにいたすも夲意ほんいでないとぞんじますしまた梅太郎うめたらうもこゝにかうしてれバはゝのことをわすれるまぎれもございませんゆゑにといへバそばから女房にようばうのおふみもくちをさしいだし ふみイヱモウこれまでみなさんのおせわでくらしたあねのこといづれ梅太郎うめたらうを」2 引取ひきとりまして御存ごぞんじのむすめそで一對いつついにすゑハ夫婦めうと。いたすつもりまづそのまへに貴方あなたがたへしゆの一ッもあげまして永々なが/\のおれいをバ梅太郎うめたらうにいたさせますといへバさすがに源三げんざうはじめ里人さとびと愚直ぐちよくゆゑにそのもと親族しんみなりみなしごとなる梅太郎うめたらう伯母おばもとにて生長せいちやうせバこれにすぎたることあるまじとすで承引しよういんなしけるにぞ不用ふよう雜具ざうぐ沽代うりしろなしはやらちあけんとたちさはぐかど板戸いたどおしあけてこゝ荘官しやうや杢兵衛もくべゑ病中びやうちうながら強氣がうき我慢がまんむら衆人もろびとにあいさつし上座しやうざなほれバへい左衛門ざゑもんおふみもなにやらそこ氣味きみわろくしよげていきほひくぢけたり荘官しやうや四隅あたり見廻みまはして イヤうめぼうやかはることもないかモウ/\そのやうなきがほしやんなかへつて母御おつかアのために」 ならぬぞよさて源三げんざうどんコリヤなにするとてこのやうしよ道具どうぐとりちらしたじや  ヱヽこれハ此間こないだおはなし申たとほりへい左衛門ざゑもんどのゝかた梅太郎うめたらう引取ひきとつ世話せわをしてそのうへ家督かとくもゆづられると申相談さうだん みなしゆ得心とくしん 大ぜいヱヽマアどうやらもつともらしくぞんじますゆゑ イヤ/\それハ了簡違りやうけんちがまたそれでよいにもしろナゼ荘屋しやうやにハ得心とくしんさせず四十九日がたつかたゝぬに此家このやをしまふとさだめさしつたモシへい左衛門ざゑもんどのむかしをいふも面倒めんどうじやからいまさらなにいひませぬが合点がてんのゆかぬおまへがたたとへ叔父おぢでも伯母おばでもマアこの庄屋せうやハのみこまぬそれともじつ後悔こうくわいしてしんからうめ家督かとくをゆづり娘御むすめご嫁合めあはならバまだおそからぬこの婚礼こんれいいま一二年いちにねん杢兵衛もくべゑかたをいれて世話せわをします」3 いづれそちらの内心ないしんぬいたうへでかくもまづ今日けふからハ梅太郎うめたらうわしうちそだてます マアこのうちをつけずこのまゝにして近処きんじよしゆう寄合よりあいじよとしておきまするうつたといふてもゑきないこと多寡たくわのしれたる身代しんだい邑里むらさとぢう丹誠たんせいでこれまですぎ神宮かにはいへことわざにいふ小糠こぬか三合さんがふもと血脉ちすぢにもせよマアいりむこの梅太郎うめたらうとなるになつても里方さとかたいへがなけれバ肩身かたみもせましうつてハにそく三文さんもんでもかうしておけ久裏くり客殿きやくてん質堂しちだうとしてむらあづかりがらんだうともいはゞいへ活拂うりはらふにハおよびませぬ彼是かれこれいふも病上やみあがモウ退屈たいくつでござるから御免ごめんねがふておさき帰宅きたくうめぼうやれ立上たちあがれバ里人さとびともまたこれにしたが源三げんざう萬端よろづとりしらべて當用たうようしな庄屋せうやにおくり不用ふよう道具だうぐハ」 封印ふういんをつけて邑人むらびとこれをあづか書物かきものなんどれたりし文庫ぶんこうめもたせつゝすぐ荘屋しやうやつかはせしかバおふみがはら目算もくさんちがひ田園でんぱた家敷すまゐ沽券こけん證文しようもんゆびさすこともならざれバ心苦こゝろぐるしくおもヘども詮方せんかたなけれバおめ/\と荘屋しやうやためづめとなり手持てもち不沙汰ぶさたにそこ/\とかへゆくこそおかしけれかゝりしのち梅太郎うめたらう荘官しやうくわんやしなはれ手習てならひ讀書とくしよおこたりなくまた杢兵衛もくべゑ一人ひとりありその於竹おたけよびなして梅太郎うめたらうとハ三才みつおとりにて八才はつさいにこそなりにけるをさなどちとてなかもよく兄弟はらからのごとくむつましく生立おいたつさまをものよき一對いつつい夫婦ふうふぞとのちのことまで推察あてずいうらやむこそ道理だうりなれかく四年よとせすごせども荘官しやうやよりして神宮屋かにはやなにともいふてかゝらねバさてハ荘官しやうや梅太郎うめたらう沽券こけんしよ4 しておるよしらぬものにてありつらめかくてハなか/\うしろやすしうめ今年ことし十五じうごさい於竹おたけ十二才じうにになりつれバたしかにかれとめあはして夫婦ふうふになさん存念ぞんねん両三年りやうざんねんうちなるべしともらざれハこの年頃としごろひとにハいはぬかくこゝろづかひをなせしことおぞましかりしとおもひけりかゝるところに領主りやうしゆ知縣ちけん先役せんやく立身りつしん新職しんしよく知縣ちけんたる戸塚とつか大六だいろくといへるものあらた職役しよくやくこうたてんと思慮しりよをめぐらし村里むらさと町家てうか差別わかちもなくその旧事きうじ詮穿せんさくいま乱世らんせいときなれバ領所りやうしようち胡乱うろんものあるまじきにもあらざれバたとへ旧縁きうゑんものなりとも由緒ゆいしよ傳來でんらい沽券こけんとうたしか所持しよぢものならずハ安堵あんど住居ぢうきよをゆるすべからずおよそ平塚ひらつか殿どの御領ごりやう住者すむもの此度このたび券跡けんせき免状めんでうねがひその」

 挿絵第五図
【挿絵第五図】處女おとめらずして乙女おとめ梅太郎うめたらうをいどむ」 5

由來ゆらい證文しようもん陣所ぢんしよ持出もちいでかつ證状しようでうにいさゝかもあやしきことのあらんにハそのいへ闕所けつしよたるべしとふれいださるゝ評義ひやうぎありとかのたちへしたしく出入でいり医師いしや何某なにがしへい左衛門ざゑもんかたきたりてひそかつげらせけれハそバ心得こゝろえをるべしと何氣なにげなきてい返答へんとうせしがこゝろにおどろきおそれつゝわすれてすごせし梅太郎うめたらうがことをまたもやおも夫婦ふうふひたひあはせつゝ閑談かんだんときをうつせしがやう/\くるしきはかりこともこゝろいそげバとりあへず荘官しやうやもとかのおふみハいたりておそで梅太郎うめたらう婚義こんぎのことを催促さいそくして是非ぜひ神宮屋かにはやひきとりたし亡母なきはゝさぢとやくそくなれバこれまでのことを遺恨ゐこんとせずうちとけられて荘官しやうくわんゆるしをねがひ申たしおそで今年ことし二八にはち處女をとめはやなまごゝころつくころなれバこゝろづかひも」6 ひとしほなり家督かとく二人ふたりにゆづりてのち母屋おもやへとてハゆきもせじひとへにうたがひはらされてきゝすみたまへと幾度いくたびたのめど荘官しやうやこゝろうちまだとけやらぬその風情ふぜいかくて時日じじつをうつしなバ由緒ゆいしよしらべの沙汰さたきこえておほやけたゞしとならバたちまいへ梅太郎うめたらうおしとられんことうたがひなしこのいへといヘど十五じうご年來ねんらい里人さとひとがひいきのつよき梅太郎うめたらういづれ わが負方まけかたなり由断ゆだんハならじとこゝろからつくる地獄ぢごくせめつゞみむねとゞろかしていそがしくもくろみけるがまたひとッの方便てだてかんがへてあるそでをかたはらへまねきてこれにいひきかすおやはづかしきをしえごとおろかといふもあまりなり ふみノウそでわたしがくちからいひしてハどうやららしいことでハあるけれど十二才じうにとしからやくそくして夫婦ふうふおもつた梅太郎うめたらうとしモウ十五才じうごになるしそなたハはずとしれたことだが十六才じうろくなり是非ぜひ婚礼こんれいをさせて私等わたしらはや隠居いんきよおもひのほか杢兵衛もくべゑどのゝ意地いぢわるから兎角とかく延引ゑんいんさせるのハむかふにも於竹おたけといふむすめあるゆゑあのうめ一對いつしよにする丁簡りやうけんかもれないけれど左様そうしてたらバ其方そなたはぢさん四年よねんまへおやおやとが相談さうだんきめ大事だいじをつとサアといふ時節じせつになつてきらはれて他人たにん夫婦ふうふになられてハどうもくやしいことでハあるまいかとハいふものゝ其方そなたマアうめ夫婦ふうふになられぬのをよいさいはひとおもやるかそれじやァあんまりじやうなしだろうしかし相縁あいゑん奇縁きゑんとやらこの町中まちぢうでハいふにおよばず他村たむらものまでうわさする梅太郎うめたらう美男よいをとこ其方となたこゝろにかなはぬならバ是非ぜひもないけれど私等わたしらには随分ずいぶん7 亭主ていしゆにしてはづかしくハないとおもふがさつぱりそうハおもはぬかへならべたてたるはゝ言葉ことばをつく%\きいてはづかしくまたかなしくもおもひやるをとここゝろをはかりかねきらはるゝかハらねどもおやゆるせし妹背いもせなか指折ゆびをりかぞへし昨日きのふ今日けふまだ添臥そひぶしもせぬさきをとこおもすてられてなに面目めんぼくにうか/\とあだ月日つきひすぐされふいま母人はゝびといひたまふこゝろのそこハこのわしがふつゝかゆゑにきらはれてむすびしゑんらるゝをはぢとハおもはず安閑あんかんとくらしててハおろかなことどうぞ夫婦ふうふになれかしとおぼめしてのとひじやうかと推量すゐりやうしても娘氣むすめぎなん返事へんじのなら團扇うちわたゝみにとまるはいうちかほあからめてうつむけバおふみハわざとこゑはげまし ふみモウ十六才じうろくにもなつたらバすこしハなにかにつきそうなものだ大人おとな」 しいばかりがのうでもないまことにおへないらちあかずだいひつゝたつようありげにゆくこゝろおく二階にかいあとにおそでハおのがたもとひざうちかさねむすにしをいまさらにとかれまじとハおもへどもそのゆゑよし梅太郎うめたらうにつぐる便よすが荒磯海ありそうみなみのよるべやなぎさこぐあまの小舟をぶねかぢをたへおやもゆるせし恋人こひびとをよそのみなとへよらせハせじとむねのみさはぐ磯馴松そなれまつまつに時雨しぐれそめかねしそのにほとり夏衣なつごろもかへに部屋へやゆくあとよりつゞいてきた針妙しんめうのおはりハおそでたもとひき  おはりモシぢやうさんおまへさんハマアあんまりといへバおとなしすぎます何処どこくににか色道いろごと催促さいそく母御おやごにされるやうなむすめといふがありませうか第一だいゝちいひなづけをした亭主ていしゆほかへとられるとハをんなはぢのこのうへなしおこゝろよしでも貴人うへつがたでもこればつかりは」8ぢやうさん意地いぢさねバなりませぬはゞかりながらそのくだがれずハわたし傳受でんじゆいたしてあげませうとかね手筈てはづさだめたるおふみ下知げぢはかりこと信切しんせつらしくさゝやきけり

  第六回 〈詠月光賢女訪美人げつくわうをながめてけんぢよびじんにとはる辨瓦玉良智与沽券ぐわぎよくをべんじてりやうちてがたをあたふ

於袖おそで部屋へやにハかのおはり夕風ゆふかぜそよぐまどのもとに團扇うちわをとりてさしむか おはりイヱモシちやうさんおまへさんハマアなんおぼめしますあのやうに母御おつかさんのおをおもみなさるのをおうれしいとハ思召おぼしめしませんのかへ そで「そうだけれどわたしにハどうも仕方しやうがないものをまことにかなしい はりサア其様そうおもひなさるならあなたのおこゝろざしのとゞくやうにしてたとへ邪广じやまのしてがあろうとも此方こつち一念いちねん夫婦ふうふにおなり」 なされぬといふことハございません そで「それでもうめさんのおそばではなしどうしたらよかろうやういろ/\かんがへても思案しあんないどうぞよい智惠ちゑあるならをしえておくれな はりよい智惠ちゑと申てほか仕方しようハございませんなんでもおまへさんがぢきうめさんにおあひなされてわけをおつしやるがよろしうございます そで「どふしてはづかしいそのやうなことが はり出來できないと被仰おつしやるのかへなんにもおはづかしいわけがありますものかぢかにおはなしをなされたとて色恋いろこひのわけじやァなしいはゞ夫婦ふうふのことだものをだれがなんとまうすものでございますものか そで「ヲヤ/\それでもうめさんのおそばにハ荘官しやうや伯父おぢさんやおたけさんがお出だものを はりナニ/\それハお気遣きづかひなされますな そでイヽヱそれでも荘官しやうや伯母おばさんが存生いきておいでときまゐつた」9 まんまいかないおうちへいかれるものかねへ おはりイヱ/\それにハよいことがございます今度こんど杢兵衛もくべゑさまハ御領主ごりやうしゆさまの御用ごよう越後ゑちご長尾ながをさまへ陣屋ぢんやしう同道どう%\御出立ごしゆつたつなさるとまうすことよしや左様さうなくてもうめさんのつね御座おいでなさるところ荘官しやうやさまの隠居所いんきよじよあと母屋おもやよりハ余程よつぼどへだつ建仁寺けんにんじがきむかふでございますし入口いりくちうらはたけきはから這入はいられます御存ごぞんじのとほりわたくしの宅とハ隣合となりあはせも同前どうぜんをり見合みあはしてわたくしがお手引てびきをいたすから是非ぜひうめさんになきついてわけ被仰おつしやいましそれともにうめさんが庄屋しやうやさまにだきこまれてどふあつても貴孃あなた夫婦ふうふになつてこの夲家ほんけ相続さうぞくなさるのがいやだとおつしやるやうならバみゝくち  そて「そんならその沽券こけんとやらいふ書物かきものを」 おだましまうしてとつたらバそれにひかされてわたし一所いつしよにおなりあそばすだろうかねへ おはり「それハモウこのはりがお請合うけあひまうしますじつ庄屋しやうやさまのほううめさんを抱込たきこんだのハその沽券こけん證文しようもんまたハこゝのいへ由緒書ゆいしよがきがあるからのことでございますといまこれなりにしておおきなさるとこの身代しんだいうめさんをおさきにして庄屋しやうやさまに押領おうれうされてしまひますとのおはなしそうしてると貴孃あなたのおハ申におよばず両親りやうしんさままでつまらないわけでございますから是非ぜひともわたくしがおすゝめ申とほりになさいましな そでヱアイ おはりアレサなま返事へんじでハいけません貴女あなたのおうつくしいおかほうめさんの一人ひとりでいらつしやるところへおいであそばしてひざにもたれてしみ%\と恋語ころし文句もんくをならべて」10 口説くどいらんあそばせうめさんハおろかなこと業平なりひらさまでも源氏げんじきみでも夢中むちうにならいでなんといたしませうそれこそモウをとこたましひとを十五じうご天上てんちよこへとばしてしまはせるハなんのぞうさもございませんわたくしがおぢやうさんの半分はんぶんほどの容儀きりやうだと色道いろごと千人せんにんぎりでもいたしますのにモウ/\/\もどかしいあッたら艶色きりやうもちぐさらしモシマアすこ色氣いろけをおだしあそばしてをとこまよはしておりなさいましな そでアレサそんなことをいつておなぶりでハいやだ おはり「あなたがいやと被仰おつしやつてもうめさんがひつたりとかういふ塩梅あんばいにおよりそひなされて そでアレあつ おはりヲホヽヽヽヽわたくしが太肉ふとつてうだからおあついけれどアノやさかたなうめさんがかわいらしいおかほであなたのおかうとつてモシそでさんわたしもとふからほれて」 どうぞこれから和合なかよくしてかわいがつたりがられたりしておくれヨウそでさんアレマアわたしのいふとほりにおなりヨト引寄ひきよせられてらんあそばせそれこそモウ/\おはづかしいもおいやも何処どこへかいつてしまつてそのしろいおかほへまた仙女香せんぢよかう白粉おしろい昼夜ちうやたやさずおつけなさるおにおなりなさるでございませう そで「いやだモウはりどん おはり「ヲヤじやうだんハ退のけてどうも仙女香せんぢよかうほどかほ美艶きれいになる白粉おしろいハございませんなんでもたえずあれをつけるとをんな顔色きりやう十倍しうだんもよくなりますとそのせへかこのおはりもこのごろさんつけましたらきういろ出來できそふになりましたハ。まだしつかりとハれませんがマア三人さんにんばかりハ請合うけあつ出來てきるつもりでございますもし取次とりつぎので出來できないけれバ坂夲氏ほんけのをとつてつけると」11 ぜひ/\出來できると申ます。ヲヤそれよりかマア肝心かんじんのおはなしハ庄屋しやうやさまがお留主るすになると鍬八くわはち老漢おやぢといふ田畑支配さくだいしやうとおいも老女ばあざまばかりおたけさんハまだ十二才じうになんにもこわいことハございませんからわたくし同志いつしよにおいであそばせへ そでアイそれハうれしいがどふうもこわいやうでそうおもつたばかりでもぶる/\ふるへるものを おはりナニ/\わたくしうち垣根かきねづたひにはたけきはからかた折戸をりどあけるとぢきうめさんの一人ひとりいでとこでございますかならず左様さやうあそばせかねてかたらはれしおはり差圖さしづハおそでゑばとし梅太郎うめたらうつりよせるか沽券こけん手形てがたうばはせるか両事ふたつ一條ひとつ調とゝのはんともくろみたりし奸計かんけいなりされどおそでハすかされてしのこゝろになりけるもこひしとおも梅太郎うめたらうがことにしあれバ無理むりならずときのいたるをまちけるがかくてそのとし七月ふみづき初旬はじめの」 夜半よはのことになんかの梅太郎うめたらうたゞ一人ひとりわが座敷ざしき端居はしゐしつひるあつささりやらねバさやけきつき秋草あきくさつゆをてらすをながめつゝなほ涼風すゞかぜのいたるをまち過越すぎこしかたをおもいでそゞろにものかなしくもあはれをそゆるむしこゑ二ッふたつ三ッみつ四ッよつとぶほたる亡魂なきたまかともやりてハなみださしぐみ父母かぞいろのかへらぬうへをしたはしとたれにかたらんよすがもなく短夜みぢかよなれバふけゆきて丑満うしみつかね幽陰かすかきこ浙瀝せきれき簫颯しやうさつたるあき悚然しやうぜんとしてかへれバさもいさぎよきつきかげ銀河あまのがはら明朗ほがらかかの述異記じゆついき織女しよくぢよ古事こじ牽牛ひこほしならねどおのが男姿をとこすがたなにとやら婦女子ふぢよしじやうおもひやり歎息たんそくしつゝ立上たちあがときしもには柴折戸しをりどをほと/\とおとづれてわがをひそかに喚者よぶものありみゝそばだててこれをきくにさもやさしげなるをんなこゑなりかくふけし」12 ときなれバつね女子をなごならんにハあなやとこゑもたつべきに天性てんせい奇代きたい女丈夫ぢよぢやうふにてのち豊嶋としま再興さいこう八賢女はつけんぢよとなる一人いちにんにて神官かには梅女うめぢよあぐ勇婦ゆうふ心氣しんき烈然れつぜんとはだへたゆまぬ梅太郎うめたらうがつく%\とおもふやうかゝる夜中やちう耕地かうちよりこゝへをんなべきやうなしきつねたぬきわざならんよしさありとも何程なにほどのことあるべきやとおどろかずこゝろつよくもには下駄げたをはいてひそかにしの足引あしひきとらへて打倒うちたふさんとうかゞよつ柴折戸しをりどうちよりさつと押開おしひらかくもちたる木釼ぼくとうにてうちすゑくれんと振上ふりあぐ姿すがたにおそれてたふるゝおそでまづまたしやんせとこゑかけつゝとゞむるひと梅太郎うめたらうつきあかりによくれバ隣家となり寡婦やもめおはりなり おはりマア/\おせきなさいますなこのおぢやうさんハおまへさまの御新造ごしんぞさんおそでさまでございますいかに」

 挿絵第六図
【挿絵第六図】荘官しやうくわん後園こうゑんにはからず烈女れつぢよくわいす」 13

殿御とのごのおづよでもおかわいそうにこひこがれ人目ひとめをしのんでやう/\とおいでなさつた今宵こよひ仕義しぎづよいことをなされますなサアぢやうさんうめさんのおそばうらみ被仰おつしやれとなみだぐみたるおそでをとつてかこいうちおしやり「うめさんあんまり邪見じやけんになさいますとをんなみやうりにつきますぞへなん貴方あなた美男いろをとこでもおそでさんもまんざらまけもなさいません今夜こんやマアゆるりッと一席いつしよにおよつておたのしみなされましおそでさん此間こないだうちからの苦労くらうをおもいれうらんで被仰おつしやいましあしたあさまたわたくしがおむかひにまゐりますかならずともにうめさんがづよいことをおつしやつてもこわがつてにげておいでなさいますなおやたちのゆるした夫婦ふうふなに遠慮ゑんりよなさるところはございませんと梅太郎うめたらうにもかする言葉ことば小夜さよふけたれバよそ14 ほかきゝてハはなれいへおのが住居すまゐ切戸きりどよりかへつて雨戸あまどしめきるおはり此方こなたゆめかとうたがひのとけぬ縁者ゑんじや梅太郎うめたらうさすが内心ないしんをんなじやうそでつきもいだされず思案しあんをさだめにはをしめてしきにともなひけれバおそでハうれしくはづかしくむね動氣どうきしよ對面たいめんたがひにおもてりながらかうほどちかくよりそひてものいはざりしゑんいとやゝとけかゝれどおぼこなに言葉ことばいひそめんそのついでさへなか/\にかほをそむけてむかあふこの一對いつゝいはなかほよるにしき心持こゝちせりやゝしばらくして梅太郎うめたらう  モシそでさんおまへハマアどうしてこゝへおいでなさつたのだへよもや母御おつかさんなんぞハ御存ごぞんじのことでハありますまいどういふわけで夜中やちうにおいで出來できたねへ そでハイ今晩こんばんまゐつたのハ さだめてふか容情ようすあることでござい」 ませうよくマアいま時分じぶんいでなさつたねへとはれてそれぞといははしの渡越わたりこへても瀧津瀬たきつせ道行みちゆきなやむこけ清水しみづぬれなんものと寄添よりそへどたゞはづかしさにごもりてふりたもとむすんだりといたりすれどとけかねしこひ糸口いとぐちおだまきのはてしなけれバ梅太郎うめたらう  折角せつかくかうしておいででももの一言ひとこといひでないからなんだかさつぱりわからないねへ そで「あのねいつて完尓につこりわらひ「どふぞわちき夫婦いつしよになつてくださいましと申ことサおもひきつてもうい/\しくたにいでしうぐひすのやゝなきそむるうめならですいなゆかりと梅太郎うめたらうもたれかゝりし女郎花をみなへしひざにひだとるふぢばかま美少年びせうねんとハゆれどももとこれ女子によしのことなれバ當惑たうわくこのうへなけれどもとしにハませし才發さいはつ利弁りべん形容かたちたゞして於袖おそでむか モシそでさんかずならぬわたくしを」15 よく/\ふか信切しんせつなれバこそがね苦労くらうをなさいましてたれしもかういひにくいこひごとのしのあひをんなくちからツイちよつと被仰おつしやるまでの心尽こゝろづくしおさつし申てうれしいとおもひながらもすゑとげぬこひ浮名うきなハおたがひに親々おや/\までののけがれおこゝろざしハわすれませぬがどふもおまへと一ッひとつ そで「ならないとおつしやるのはこゝろよからぬわたくし親達おやたちゆゑでございませうがまさかにわちき親達おやたちおんなじことでもございませず世間躰おもてむきハよいやうでも内心そこいあは継母まゝかゝさますゑ%\苦労くらうにぞんじましたにねんまへからおまへさんといつしよにするといひきかされてひとにハなんともいひませぬが世間中せけんぢうほめそやす貴方あなた夫婦ふうふになられるとハまことうれしいこの仕合しあはせとハぞんじましたがふつゝかなわたくしどうでおにハいるまいからそのときハ」 御内室おかみさんにならずともおそばようをたしてあげてそれを一生いつしやうたのしみにいたそうとまで覚悟かくごをしてまつかひもなく夲家ほんけへいらッしやるのがおいやだときいてかなしく朝晩あさばんともないてばつかりをりましたを隣家となりのおはりさんが推量すいりやうしてわちきこゝろをきいたうへ今夜こんややう/\しのぶのも内外うちと人目ひとめ嘘偽うそいつはりたとへまゝでもおんふかはゝまでだましてまゐつたをかわいそうだとおぼめしておいやであろふがどふぞ夲家ほんけへいらつしやるやう 「だん/\のおこゝろざしハなか/\あだにハぞんじませんとハ申すものゝそれだけのおれいのしやうハないけれど今夜こんやいでのぞみをバかなへてあげるわたしが寸志すんしきいうれしさはづかしさ梅太郎うめたらう納戸なんど後姿うしろすがた視送みおくりながらたしなみもち畳紅たとふべによひ化粧けはひ白粉おしろいのむらもこゝろにかゝれどもせんかた」16 なけれバ掾面ゑんがはいで見上みあくつきかげうつれるには手水鉢てうづばち。もしやとのぞ水鏡みづかゞみくもらぬそらむねくも乙女心をとめごゝろにあどなくもうつらぬかみゆひ風俗ぶりをまたいまさらにおもくせつけるつまぐしやびなんかづらのつやあぶらびんのほつれを掻上かきあげていそ/\したるそのところたち出來いできた梅太郎うめたらう寐床ねやしつらふかとおもひのほかたづさへし小文庫こぶんこ色氣いろけ梨子地なしぢ高蒔絵たかまきゑ諸方ところばげせし時代むかしものふた取除とりのけてそのなかより取出とりいだしたる書面かきものをおそでまへにさしおきて 「おそでさん信切しんせつのおれいをと申ても幼稚ちいさいときから薄命ふしあはせ他人ひとにそだててもらひハせねど他人ひとのおかげで母子おやこのくらしもちつたへたものハないけれど今夜こんやおまへが折角せつかくのおいであげこのしなハおまへさんより御両親ごりやうしん六年ろくねん以来このかたこひこがれた神宮かにはの」 いへ由來ゆらいがき田地でんぢ地面ぢめんいへ屋敷やしきつい大事だいじ沽券こけんでうこれをおまへにあげますから御両親ごりやうしんさまへおあげなさい左様さやうなされバこのしな三国一さんごくいちむこ引出ひきでむこのこのハまゐらずともおをやすめるわたしがはからひ伯母おばへの義理ぎりだて最上さいじやう吉日きちにち媒人なかうどいらずこのやう両人ふたりよつてもはかないゑんかわいそうにおまへさんハなんにもらず親御おやごたちにたばかられた今夜こんや仕義しぎこのやうすでハ末々すゑ%\まで苦労くらうをなさるがえすくやうでおいとしいことでハあるほろりとこぼすひとしづく女子をなごじやうをあらはしたりしらぬおそでもまたこぼすもらひなみだひざのうへはぎつゆそふその風情ふぜいされどそのをげしがたくうたがひながらうらめしげに そでねがひをかなへてくださいますと被仰おつしやるゆゑにうれしいとぞんじましたにこのしなハどういふ」17 わけでございますかどうも合点がてんがまゐりませぬたらはぬこの得心とくしん出來できますやうにくわしい理義わけ如斯かう/\とおはなしなされてくださいまし 「なるほどたゞわたくしのことばかり思召おぼしめしてくださるおこゝろからハわからぬことゝおおもひだろうがこの道理わけこれより神宮かには夫婦ふうふ梅太郎うめたらう養子やうしにせんといひいだせし前後あとさきのこといち/\くわしくとききかみななにごともこの證文しようもんがあるゆゑにおこりしわけにてその実心じつしん梅太郎うめたらうをいみにくむおふみ内意そこいそで今宵こよひしのばせしも推量すいりやうのさたながらおはりをかたらひおそでをそゝのかして證文しようもんうばひとらせんとするはかりことにてむすめじやうをたてさせんためにせしにハあらざることまでかゞみにかけてるごとくよく/\おそでにはなしけれバおそでハこれをきくよりもしばしあきれて」 ありけるがやう/\に前後あとさきのことをかんがへて そで「まことにマアおそろしいことでございますなるほどこれまでのことをくりかへしてますとだん/\やうすがわかりましたたゞわたくしこひしいとおも貴方あなたのことゆゑはゝの申ことやおはりどんのいふことを信実しんじつのこととばかりぞんじましたもしも貴方あなた得心とくしんなさらずハこの證文てがたをおだまし申てとりさへすれバ貴方あなた夫婦ふうふになられることゝばかりぞんじましたに左様さうせよと申たおはりどんハ母人おつかさんと云合いひあはしたことでございましたかいまのおはなしでやう/\とがつきましたになにからなにまで視透みどほしのかみさまもおよばないやうにごぞんじとハどふしたことでございませうしかし貴方あなたわたくしおやこゝろ同断ひとつでハないだまされてゐる欲心よくしんゆゑでハないのだと実正ほんとうにおほし」18 めしてくださいますか ハテそうおもへバこそうちあけ親御おやご理非りひをも申たことちつともおまへをにくいとハぞんじません そで「そうおぼしめしてくださるならバこの證文しようもんハいりませぬどうぞそれよりわたくしをこれからこゝのうちおいてくださいますやうにこゝの伯父おぢさんへおねがひなすつておすてなく ちからになつてくださいましな サアわたしも便たよりすくないのうへどふぞとおもつてもそればつかりハどうも そで「ならないとおつしやるのハやつぱりおうたがひなさるからのことしかしそれも無理むりとハぞんじませんモウ/\/\なにもおねがひ申ますまいまたうちかへりましてもたのみすくないすゑ始終しじうたゞさへはゝ機嫌きげんかへ今度こんどのことをきゝましてハなさけ慈悲じひもない奸計たくみこゝろの」 たよりとこの年來としごろおしたいまうした貴方あなたにハふことならぬ因果いんぐわんでしまつて未來みらいとやらでこゝろをつけて何事なにごともたらはぬことのないやうにたしなんでおまち申ますからそのときハどうぞかわいがつてくださいましそれも貴方あなたがこれからのちたんと長命ながいきあそばしてこのさかへをなさりつくしたはてのことどふぞおねがひ申ます口説くどきたてられ梅太郎うめたらうにひきくらぶるをんなじやうおもひつめてハそれほどにもしたふこゝろになるものかいつそのことにをとこでハないとあかしてあきらめさせなげきをさせじしたはせじとおもひつきしがこの年月としつきかくしおほせたをんな姿すがたねがひあるをかる%\しくひとらすハおろかなりと思案しあんにくれてくみつゝまなこをとぢて仰向あをむきながらなみだのみ」19 こむくるしさをらねバおそで泪聲なみだごゑ  そで「こんなことならなまなかにおにかゝらずなふものみれんなやうでございますがおわかれ申すがかなしいといヘど此方こなたかへらずこゝろ覚悟かくこ渕川ふちかはしづめんとやおもひけんワット一聲ひとこゑなきながらゑんよりとんいつさんにかけにはかた折戸をりどはやあけちかき有明ありあけつきおもてのかた負摺おひずりかけし女順礼をんなしゆんれいずッくとたてバおそでアットおどろきたふるゝそのところへあととむ梅太郎うめたらうはからずこれに行當ゆきあたおもひがけねバ驚然ぎやうせんかほ見合みあはせて要慎みがまへたり必竟ひつけうこれハ何者なにものぞそハだいはつくわい評解ひやうかいせりつゞいて高覧かうらんをねがふのみ

貞操婦女八賢誌ていさうをんなはつけんし初輯しよしふ巻之三

 刊記

編者  狂訓亭主人著[金龍山人]
畫工  柳烟樓國直圖[歌川]

貞操婦女八賢誌ていさうをんなはつけんし第二輯だいにしふ 全三冊〈引つゞき出|板遅滞なし〉

天保五甲午年孟陽發版
       馬喰町二丁目   西村屋與八
 東都書房 夲所松阪町二丁目  平林庄五郎
       京橋弥左エ門町  大島屋傳右エ門20

〔後ろ表紙〕

 後表紙


#『貞操婦女八賢誌』(一) −解題と翻刻−
#「大妻女子大学文学部紀要」49号(2017年3月31日)
#【このWeb版は活字ヴァージョンとは小異があります】
# 2017-6-11 校正漏れを訂正しました。ご指摘下さった高橋明彦氏に感謝致します。
# Copyright (C) 2017 TAKAGI, Gen
# この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNUフリー文書利用許諾契約書ヴァー
# ジョン1.3(もしくはそれ以降)が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変する
# ことを許可する。変更不可部分、及び、表・裏表紙テキストは指定しない。この利
# 用許諾契約書の複製物は「GNU フリー文書利用許諾契約書」という章に含まれる。
#               大妻女子大学文学部 高木 元  tgen@fumikura.net
# Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU
# Free Documentation License, Version 1.3 or any later version by the Free Software Foundation;
# A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".

Lists Page