『敵討誰也行燈』 −解題と翻刻−
高 木   元 

〈解題〉

前号の『敵討枕石夜話』に引続き、今回は『敵討誰也行燈』を紹介する。本書も曲亭馬琴の中本型読本である。

馬琴読本の研究史上、中本型読本に言及されたものはまだ決して多いとは言えない。周知の事ではあるが、近世文芸に於ける本の形態は内容と不可分な関係を保有している。馬琴の場合も中本型読本八作のうち七作までが所謂「敵討物」であり、黄表紙・合巻との比較も中本型読本を考えていく上で必要だと思われる。又、書肆の思惑を別にすれば、文化四年以後は中本型読本を執筆していない。黄表紙、合巻、中本型読本、半紙本読本等の形態が混在している文化初期の馬琴の文学活動を研究していくに当っての基礎作業として、現在稀覯となってしまった本書の初板本を挿絵と共に翻刻する事は、あながち無意味ではないと思われる。

さて、題名となっている誰也行燈は、見返しに意匠されているが、その名の由来については『古今青楼噺之画有多』(安永九)に見られ、これを利用している。又、『近世江都著聞集』巻九に見られる佐野次郎左衛門と万字屋八橋の話に取材している。この話は並木五瓶によって『青楼詞合鏡』(寛政九年江戸桐座初演)に脚色され、「吉原千人斬」として知られている。更に、講談、実録にもなり、現在では『籠釣瓶花街酔醒』(三代河竹新七作、明治二十一年東京千歳座初演)として良く知られている。内田保広氏は、この籠釣瓶譚と『幡随院長兵衛一代記』とが、権八小紫譚を介して結びつき、本書に利用されていると説かれている。(『近世文芸』二十九号所収「馬琴と権八小紫」)更にこの佐野次・八橋譚は文化九年の合巻『鳥籠山鸚鵡助剣』で再び用いられるのである。一方、後藤丹治氏は『太平記』の「新田義貞が剣を海中に投じて潮を退けるといふ故事」等を典拠として挙げられ(『太平記の研究』三八八頁)又、向井信夫氏は『窓の須佐美』第三巻中の一話を本書第四編で潤色使用している事を指摘されている。(『続日本随筆大成』第五巻付録)典拠ではないが、口絵第一図は振鷺亭の読本『千代嚢媛七変化物語』(文化五・北馬画)の巻之五の挿絵「簗太良北海に挺頭魚を殺す」に酷似している。その上、何故かこの図だけが自筆稿本(天理図書館蔵・上巻のみ)に見られる下絵と全く別の図柄となっている。何らかの関連があると思われる。又、この鰐と闘う趣向も後に『朝夷巡島記』第六編(文政十)で繰り返されるのである。

この様に様々な話を撮合して成る本書は、里見家の御家騒動を多くの犠牲の上に敵討ちをもって解決していくという構成を持つのである。

〈書誌〉
書 型 中本二巻二冊 十八・五糎×十二・九糎
表 紙 栗色無地(原題簽は底本、校合本共に現存せず)
見返し 黄色地。柳下流水と誰也行燈の意匠。「曲亭馬琴戲編/一陽齋豐國画/敵討(かたきうち)誰也行燈(たそやあんどう)」「立とまる土手馬もその柳蔭」「丙寅發兌全二冊」
序 題 「敵討誰也行燈叙(かたきうちたそやあんどうのじよ)
目録題 なし
内 題 「敵討誰也行燈(かたきうちたそやあんどう)(下)巻」
柱 題 「(魚尾)(下)丁付」
尾 題 「敵討誰也行燈(かたきうちたそやあんどう)(下(げのまき)巻 (おはんぬ)(上巻はルビなし)
匡 郭 単辺。十五・八糎×十一・五糎
丁 付 上巻 叙一丁(序一) 目録一丁(一オ・三ウ) 口絵二丁(一ウ二オ・二ウ三オ) 本文二十七丁(四オ〜三十ウ) 計三十一丁。 下巻 本文三十丁(一オ〜三十ウ)  跋一丁(下の三十一)刊記広告一丁(丁付なし) 計三十二丁
行 数 叙七行 本文九行 跋八行
刊 記 「文化三丙寅年春正月發行/書肆 鶴屋金助梓」
その他 「曲亭著述六種中全本二冊乙丑秋七月上旬稿了」「剞〓[厥+刀] 小泉新八郎」と刊記の前にある。又、序一オに、水谷文庫、平林等の印あり。

本書には改題再摺本がある。主な書誌的異同を記しておく。『再栄花川譚(かへりさきはなかわものがたり)(序題)半紙本四冊に分冊。「文化十三年丙子孟春」(序)と入木して直してある。内題「再栄花川譚巻之一(〜四)」、尾題「花川巻之一(〜四)終」(巻之四は大尾)とそれぞれ入木。跋と刊記を欠き、口絵、挿絵の薄墨による彩色も一切省かれている。巻末には「文化新刻目録」が付され「皇都書林 東三条通寺町西入ル町 丸屋善兵衛」とある。丁付は、巻之一(序一オ〜十五ウ)巻之二(十六オ〜三十ウ)巻之三(一オ〜十六ウ)巻之四(十七オ〜三十ウ+半丁)と機械的に分冊した為、文章が途中で分断されている。

また、『改訂・日本小説年表』には「敵討紀念長船 二 曲亭馬琴文化四年」とあり、本書の改題再摺本かとも思われるが未見。又、『再栄花川譚』を底本とし挿絵を書直した活字本が明治十七年六月に、金幸堂(稲垣良助)出版・金栄堂(牧野惣次郎)発売で刊行されている(〈追補参考図版〉参照)。 校訂が杜撰なのは「読み物」としての出版ゆえ致しかたない。

〈凡例〉

一 原則的に原本通りに翻刻したが、以下の諸点に手を加えた。
一 片仮名は特に片仮名の意識で使われていると思われるもの以外は平仮名に直した。
一 右に拘わらず、助詞の「は」に「ハ」が用いられている場合は、これを残した。
一 「叙」に使用されている句読点「、(白)」は、読点と句点とに直した。
一 本文には句読点の区別なく句点が用いられているが、読点と句点とに区別した。
一 衍字や欠字、表記上の誤りと思われる箇所は〔 〕で示した。
一 挿絵は該当箇所に入れ、付された説明も翻字した。
一 内容が転換する箇所で改行した。
一 各丁の区切りに」印を付し、裏には丁付を示した。
一 底本には、故向井信夫氏御所蔵の初板本を使用させて頂いた。又、校合本として、服部仁氏より上巻を拝借した。記して深く感謝致します。

見返

〈翻刻〉

敵討誰也行燈叙 (かたきうちたそやあんどうのじよ)[蕉窗夜雨]

くれ竹(たけ)の世(よ)の物語(ものがたり)に、その名(な)のみ耳(みゝ)に遺(のこ)りて、その事(こと)ハいとおぼろかなるぞおほかる。いでや行水(ゆくみづ)の。ながれの里(さと)の事(こと)とも聞(きこ)えし、蜘手(くもで)に通(かよ)ふ八橋(やつはし)に、二郎(じらう)左衛門(ざゑもん)が浅(あさ)きえにしも、浅茅(あさぢ)が露(つゆ)のきりぎりす、つゞりあはせて隠家(かくれが)の、茂(も)兵衛が勇(たけく)て義(ぎ)ありし事、或(ある)は梅堀(うめぼり)の小(こ)五郎兵衛が、慾(よく)と悪(あく)」 とにあかぬ恋路(こひぢ)を、挾隈(さくま)(とみ)次郎が廓(くるわ)の闇撃(やみうち)、善悪(あやめ)もわかぬ主(ぬし)は誰(た)そ、誰也(たそや)が最期(さいご)のそのころより、燈(とも)し初(そめ)たる行燈(あんどう)の、光(ひかり)めでたき玉(たま)くしげ、今(いま)ふた巻(まき)に述(のぶ)る事(こと)しかなり。

 文化丙寅孟春

曲亭馬琴戯識[馬琴][著作堂] 

目録

上巻(じようのまき)目録(もくろく)
○ 第一編(だいゝつへん)ハ隠家(かくれが)の茂(も)兵衛が生育(おひたち)
  附タリ  〔父(ちゝ)の紀念(かたみ)ハ研済(とぎすま)した長舩(おさふね)の業物(わざもの)・主(しゆう)の使令(つかひ)ハ蹴込(けこん)たる垣越(かきごし)の剪毬(それまり)
○ 第二編(だいにへん)ハ佐野(さのゝ)次郎左衛門が紀行(みちのき)
  附タリ  〔ちからハ量(はか)られぬ〓[虫+再]蛇(うはばみ)の綱引(つなひき)・ゆくへハ定(さだ)かならぬ若殿(わかとの)の遁世(とんせい)

下巻(げのまき)目録(もくろく)
○ 第三編(だいさんへん)ハ芝崎(しばさき)の寺入(てらい)り主従(しゆうじう)

口絵 【口絵第一図】
「第四編(だいしへん)挾野(さの)次郎左衛門(じらうざゑもん)殺鰐圖(わにをころすづ)\あら海の底に入りけり三日の月\法橋吾山」1

口絵 【口絵第二図】
「第五編(だいごへん)挾隈(さくま)闇撃圖(やみうちのづ)\稲つまや闇のかた行五位のこゑ\はせを」2
  附タリ  〔とり迯(にが)されぬ恋(こひ)の癖者(くせもの)・うち返(かへ)したる碪(きぬた)の片袖(かたそで)
○ 第四編(だいしへん)ハ義女(ぎじよ)八橋(やつはし)か事蹟(ことのあと)
  附タリ  〔妻(つま)の首級(こうべ)は祝言(しうげん)のとり肴(さかな)・壻(むこ)の引出(ひきで)は復讐(ふくしう)の頭髻(もとどり)
○ 第五編(だいごへん)ハ誰也行燈(たそやあんどう)の縁故(ことのもと)
  附タリ  〔忠義(ちうぎ)にあへなき敵(かたき)どちの死出旅(しでのたび)・身方(みかた)にむすぶ婚縁(こんえん)のお國入(くにいり)

總目録(そうもくろく)(をはんぬ)3

敵討誰也行燈(かたきうちたそやあんどう)上巻

馬琴戲述

  第一編(だいいつへん)ハ隠家(かくれが)の茂(も)兵衛が生育(おひたち)

(はな)ハさかりに、月(つき)ハ隈(くま)なきのみを見るものかハ。塵(ちり)も流(なが)さすハ泉(いづみ)も涼(すゞ)しからじ。ゆきの降(ふ)らずハ松(まつ)の操(みさほ)もかひなからん。されバ貧(まづし)くなりて、後(のち)のこゝろ清(きよ)く、終(をはり)に臨(のぞみ)てめでたき言(こと)の葉(は)を遺(のこ)すなど、すべて五十年の非(ひ)を贖(あがな)ふに足(たる)ぞかし。むかしハ相州(さうしう)新井(あらゐ)の城主(じようしゆ)、三浦(みうら)義同(よしあつ)入道(にうどう)道寸(どうすん)の小扈従(こごしよう)たりし身(み)も、永正(ゑいせう)十五年七月十五日、道寸(どうすん)父子(ふし)滅亡(めつぼう)のゝちハ、心ならずも武蔵國(むさしのくに)江戸のかたに落(おち)くだり、芝崎村(しばさきむら)の片(かた)ほとりに、幽(かすか)なる棲(すみか)して、三十餘年(よねん)浪人(らうにん)を立(たて)とほし、」 艱難(かんなん)いふべうもあらざれど、二君(じくん)につかへじと思ひ定(さだ)めたれバ、是をしも憂(うれひ)とせず、親子(おやこ)四人尾羽(をは)うちからして、妻(つま)ハ三年(みとせ)已前(いぜん)に世(よ)をさりしが、二人(ふたり)の子どももとしごろになりつれバ、せめてかれらが生(おひ)さきをバ、ともかくもして身(み)を立(たて)させばやと思ひしも、淡雪(あはゆき)の泡(あは)ときえゆく、二月(きさらぎ)のはじめより、こゝちあしとて打臥(うちふ)しけるが、今ハはやたのみすくなく見えしかバ、今茲(ことし)十六才なりし児子(せがれ)長吉、十二才なりし女児(むすめ)八橋(やつはし)を枕(まくら)ちかく招(まね)きよせ、息(いき)の下(した)にかき口説(くどき)けるハ、御身(おんみ)兄弟(きやうだい)ハ、父(ちゝ)が浪人(らうにん)して後(のち)に出生(うまれ)たれバ、ふるき事ハよくも辨(わきまへ)しらざるべし。われもそのむかしは、田津(たづ)4 造酒助(みきのすけ)徳敦(のりあつ)と名告(なの)りて、三浦(みうら)陸奥入道(むつのにうどう)義同(よしあつ)ぬしの家臣(いへのこ)たり。しかるに主君(しゆくん)滅亡(めつぼう)のときハ、われいまだ弱年(じやくねん)なりしかど、ふたゝび仕官(しくわん)を願(ねがは)ずして、既(すで)にその志(こゝろざし)ハ致(いた)したり。されど御身(おんみ)(ら)ハ、父(ちゝ)が志(こゝろざし)を嗣(つぎ)て、生涯(しようがい)浪人(らうにん)せんもよしなし、われなき後(のち)ハ、兄弟(きやうだい)よく心(こゝろ)を合(あは)せ、身を立(たて)(いへ)を興(おこ)すべし。縦(たとひ)(めい)(うす)く運(うん)つたなくして、民間(みんかん)に朽(くち)はつるとも、慾(よく)に惑(まよひ)て人を冤(しへたげ)、義(ぎ)に違(たがひ)て生(せい)を貪(むさぼ)ることなかれ。是(これ)ハ今般(いまは)の紀念(かたみ)也とて、二尺三寸長舩(おさふね)近忠(ちかたゞ)の一腰(ひとこし)を、長吉に与(あた)へつゝ、睡(ねぶ)るがごとく息絶(いきたえ)けり。兄弟(きやうだい)の子共(こども)ハ、僅(はつか)三年の中(うち)に二親(ふたおや)を喪(うしな)ひしかバ、心(こゝろ)ぼそくも悲(かなし)くて、何せんすべも

挿絵
【挿絵】田津(たつ)長吉猟師(りやうし)のわざをきらひ日ごとにちからくらべして劔術(けんじゆつ)をまなばん事をのぞみおもふ5
わきまへず。元來(もとより)しかるべき親属(しんるい)もなくて、淺草川(あさくさがは)の猟師(りやうし)(も)兵衛といふものゝ女房(にようぼう)ハ、彼等(かれら)が外叔母(はゝかたのをば)なれバ、茂兵衛夫婦(ふうふ)芝崎村(しばさきむら)に來りて、後(のち)の事などとりいとなみ、長吉八橋(やつはし)をバわが家(いへ)に引とりて養育(よういく)せり。 さる程に長吉ハ、叔母(をば)の許(もと)に養(やしなは)るゝといへども、猟師(りやうし)の業(わざ)にこゝろをとめず、只顧(ひたすら)武家(ぶけ)に奉公(ほうこう)せん事をねがふがゆゑに、旦暮(あけくれ)の手すさびにも、棒(ぼう)を使(つかひ)(つぶて)を打(うち)、相撲(すまふ)などとるに、力(ちから)(あく)まで強(つよ〔く〕)くして、ひろき浅草(あさくさ)の里人(さとびと)(ら)も、彼(かれ)が相手(あひて)にたつものなし。宣(むべ)なるかな、後(のち)に隱家(かくれが)の茂兵衛と呼(よば)れて、當時(そのかみ)第一(だいゝち)の任侠(をとこだて)と聞(きこ)えしハ、此長吉が」6 事にぞありける。 是(これ)ハさておき、こゝに安房(あは)の里見(さとみ)義弘(よしひろ)の家臣(いへのこ)に、挾隈(さくま)富之進(とみのしん)範光(のりみつ)といふものハ、雙(ならび)なき劔術(けんじゆつ)の達人(たつじん)にて、捕手(とりて)ハ竹内(たけのうち)の極意(ごくゐ)を受(うけ)つたへ、この外(ほか)十文字(もんじ)長刀(なぎなた)〓[金+連](くさりがま)琴柱(ことぢ)など、家(いへ)/\秘奥(ひおう)を究(きはめ)たり。しかれども稟性(うまれつき)柔和(にうわ)にして、技(わざ)に誇(ほこ)る事なかりしに、同(どう)家中(かちう)挾野(さのゝ)太郎左衛門(たらうざゑもん)といふもの、これも富之進(とみのしん)とおなじく、武藝(ぶげい)をもつて高禄(こうろく)を賜(たまは)りながらその技(わざ)は遥(はるか)に劣(おと)りて、動(やゝ)もすれバ他門(たもん)の弱人(わかうど)に侮(あなど)らるゝ事ありしかバ、太郎左衛門ふかくこれを憤(いきどほ)り、所詮(しよせん)富之進(とみのしん)とうち果(はた)して、この恨(うらみ)をはらすべしなど、いとはしたなく詈(のゝし)りけるを、太郎左衛門が弟(おとゝ)なり」 ける次郎左衛門ハ、今茲(ことし)廾四歳(さい)の壯者(わかもの)なれども、天性(てんせい)怜悧(さかしき)男子(をのこ)なれバ、これきのどくに思ひ、御身ハ富之進(とみのしん)どのゝ父御(てゝご)、官太夫(くわんだいふ)殿(との)の高弟(こうてい)にて、彼人(かのひと)の吹挙(すいきよ)にあづかり、家中(かちう)の師範(しはん)を許(ゆる)され給ひし事なれバ、挾隈(さくま)の家(いへ)に對(たい)して、甲乙(こうおつ)を爭(あらそは)んハ義理(ぎり)にたがへり。殊(こと)さら今の富之進(とみのしん)どのも、武藝(ぶげい)は却(かへり)て父御(てゝご)にも勝(まさ)り給ふをもて、それがしも師弟(してい)の礼義(れいぎ)を竭(つく)して敬(うやま)ひまゐらするにこそ、忠義(ちうぎ)の二字(じ)に御(み)こゝろつかバ、はやく偏執(へんしう)の思ひを轉(ひるがへ)して、昔(むかし)のごとく親(したし)く交(まじは)り給へかしと諫(いさむ)れば、太郎左衛門いよ/\焦燥(いらだち)、骨肉(こつにく)同胞(どうほう)の汝(なんぢ)さへ、われを疎(うとみ)て、」7 富之進(とみのしん)をひくものを、もし渠奴(きやつ)を打伏(うちふ)せずハ、他人(たにん)の口(くち)を爭(いかで)か塞(ふさが)ん。再(ふたゝ)び諍(あらそ)ひとゞむるならバ、義絶(ぎぜつ)すべしといひ懲(こら)し、遂(つひ)に一通(いつゝう)の願書(ねがひしよ)をたてまつりて、挾隈(さくま)富之進(とみのしん)と為合(しあひ)(おふせ)つけられ下さるべし、と申出(まうしいで)しかバ、主君(しゆくん)義弘(よしひろ)承引(せういん)あつて、富之進(とみのしん)太郎左衛門の両(りやう)師範(しはん)、御前(ごぜん)に於(おい)て為合(しあい)いたすべきよしを命(めい)ぜらる富之進(とみのしん)ハあへて勝負(せうぶ)を好(このま)ざれども、主命(しゆうめい)黙止(もだし)がたければ、すなはち太郎左衛門と立合(たちあひ)て、立地(たちどころ)に打臥(うちふ)せけれバ、義弘(よしひろ)ます/\挾隈(さくま)を賞美(せうび)し給ひて、當座(たうざ)に百五十貫文(くわんもん)の加増(かぞう)をぞ賜(たまは)りける。 富之進(とみのしん)ハ此よろこびに、」かねて信(しん)じ奉(たてまつ)る、武州(ぶしう)浅草(あさくさ)の觀丗音(くわんぜおん)に、繪馬(ゑま)を奉納(ほうのう)せばやとて、新(あらた)に白木(しらき)の橿(かし)をもつて、木太刀(きたち)二振(ふたふり)を作(つく)らせ、これを三尺あまりの額(がく)に飾(かざり)つけて、従者(ともびと)二人に扛擔(かきになは)せ、門人(もんじん)両三人を召倶(めしぐ)して、浅草寺(あさくさでら)へ参(まゐ)る折(をり)しも、廣沢村(ひろさはむら)の田(た)の〓[田+土+〓](くろ)、きのふの雨(あめ)に樋(ひ)の水(みづ)(あふ)れ、一反(いつたん)あまりが間(あいだ)ハ、草履(ざうり)にてハ渉(わたる)べうもあらず。従者(ともびと)もかくとしらねバ、木履(ぼくり)ハ旅宿(りよしゆく)に残(のこ)しおきたりと申すに、みな/\せんかたなくて、袴(はかま)のそば高(たかく)つまみ揚(あげ)、この行潦(にはたづみ)を渉(わた)らんとす。浩処(かゝるところ)に年紀(としのころ)十七八の壯(わか)もの、馬手(めて)の畔路(あぜみち)よりあゆみ來(き)つ。この光景(ありさま)を見るとやがて、おのれが」8 穿(はけ)る木履(ぼくり)を脱(ぬぎ)て、富之進(とみのしん)(ら)が前(まへ)に跪(ひざまづ)き、この邊(へん)にハ蛭(ひる)(おほ)し、これをめさるべうもやと申しつゝ、彼(かの)木履(ぼくり)をさし出(いだ)せバ、富之進(とみのしん)ハ志(こゝろざし)(かたじけな〔し〕)しと回答え(いらへ)して、木履(ぼくり)を借(か)りて穿(はき)、露(つゆ)ばかりも足(あし)を濡(ぬ)らさずしてこゝを越(こゆ)るに、彼(かの)壯者(わかもの)、裳(もすそ)(ひき)からげて向(むか)ふへわたり、又その木履(ぼくり)を持(もち)かへりて、かはる/\門人(もんじん)(ら)に貸(かし)てけり。富之進(とみのしん)も門人(もんじん)(ら)も、その志(こゝろざし)の信(まめ)やかなるを見て、ふかく感(かん)じ、従者(ともびと)にもたせたる、錢(ぜに)一杖(ひとすぢ)をとらせしかバ、壯者(わかもの)(おし)いたゞきて是(これ)をかへし、さて申すやう、御志(みこゝろざし)をもどくに似(に)たれど、人の為(ため)に履(くつ)を取(と)ること、かゝる報(むくひ)を受(うけ)んとハあらず。願(ねがひ)まゐらせたき事あるによりて、さハ」

挿絵
【挿絵】挾隈(さくま)富之進(とみのしん)浅艸寺(あさくさでら)へ参詣(さんけい)のみちすがら長吉が木履(ぼくり)を借(かり)て行潦(にはたつみ)をわたりそのこゝろざしを感(かん)じて武藝(ぶげい)の指南(しなん)せんと約(やく)9
つかふまつりたりと申。富之進(とみのしん)(きゝ)て、願(ねが)ひとハ何事ぞ、身に應(おう)ぜし程の事ハ、聞(きゝ)とゞけて得(え)さすべし。とく/\申候へといへば、壯者(わかもの)いよ/\身(み)を屈(かゞ)め、かく申せバ嗚呼(おこ)なる者(もの)と思(おぼ)されんが、わが身元來(ぐわんらい)武藝(ぶげい)執心(しうしん)なりといへども、御覽(ごらん)のごとく此あたりハ、草(くさ)ふかき田舎(ゐなか)にて、しかるべき師匠(しせう)もなく、日來(ひごろ)こゝろ憂(うく)思ひたりしに、只今(たゞいま)殿(との)の持(もた)せ給へる繪馬(ゑま)を見るに、房州(ぼうしう)里見(さとみ)の家中(かちう)挾隈(さくま)富之進範光(のりみつ)敬白(けいはく)と記(しる)しあれバ、問(とは)ずして既(すで)にその人なるをしれり。抑(そも/\)殿(との)の武藝(ぶげい)に勝(すぐ)れ給ひし事ハ、近國(きんごく)にかくれなきを、はしなくも行會(ゆきあひ)まゐらせしこそ、思ひも」10 かけぬ幸(さいはひ)なれ。これを三丗(さんぜ)の縁(えん)にして、お草履(ざうり)なりともかいつかみ、殿(との)さまたちの稽古(けいこ)のをり/\、見なれ見まねて太刀(たち)ぬくすべ、捕手(とりて)のはしをも覚(おほゆ)るならバ、此うへもなき御高恩(ごゝうおん)。とかく御家(いへ)へ奉公(ほうこう)の望(のぞみ)にて候、と大地(だいち)にひれふし願(ねが)ふにぞ、富之進(とみのしん)感心(かんしん)し、下〓[不+一+邑](かひ)の〓[土+巳]橋(いきやう)の例(ためし)に效(なら)ふ、彼(かれ)ハ日本(にほん)の張良(ちやうりやう)ならん。かゝるものに教(をしへ)ずハ、弓矢神(ゆみやがみ)の冥利(みやうり)に竭(つく)べし。汝(なんぢ)父母(ふぼ)ありや、年(とし)ハいくつ、名(な)は何といふと問(とへ)バ、名(な〔ハ〕)ハ長吉(ちやうきち)と呼(よば)れて十八才也。親(おや)どもハ往(さき)に身まかりて、浅草川(かは)の上(ほとり)なる、叔母(をば)の許(もと)に養(やしなは)れ候と答(こた)ふ。そハよき路(みち)の序(つひで)也。われとゝもに來(き)よといひてまづ觀丗音(くわんぜおん)に参詣(さんけい)し、それより」 長吉に案内(あない)させて、猟師(りやうし)(も)兵衛が家(いへ)に至(いた)り、しか%\の物がたりして、この壯者(わかもの)をわれに得(え)させよといへバ、茂兵衛夫婦(ふうふ)縁由(ことのよし)を聞(きゝ)ておもふやう、長吉ハとても猟師(りやうし)となり果(はつ)べきものにあらず。殊(こと)に力技(ちからわざ)をこのみて、人に痍(きず)つけなどする事たび%\なれバ、是(これ)よき仕合なりと了簡(りやうけん)し、さつそく得心(とくしん)して進(まゐ)らすべきよしを回答(いらへ)すれバ、富之進(とみのしん)大によろこび、やがて長吉を倶(ぐ)して房州(ぼうしう)に立(たち)かへり、彼(かれ)を草履取(ざうりとり)にして召使(めしつかひ)つゝ、をり/\武藝(ぶげい)を指南(しなん)するに、元(もと)より好(この)むところなれバ、僅(わづか)二三年のうちに、めき/\と上達(しようたつ)し、高弟(こうてい)の徒(ともがら)といへども、却(かへり)て長吉をハ侮(あなど)りがたく」11 ぞおぼえける。 こゝに又佐野(さのゝ)太郎左衛門ハ、過(すぎ)つる年(とし)、晴(はれ)なる為合(しあひ)にうち負(まけ)て、面目(めんぼく)を失(うしな)ひしより、ます/\門人(もんじん)も疎(うと)み離(はな)れしかバ、いとゞ無念(むねん)やるかたなく、富之進(とみのしん)とハ屋敷(やしき)も隣(となり)て、垣(かき)(たゞ)一重(ひとへ)を隔(へだ)つれとも、通路(つうろ)を断(たち)て胡越(こゑつ)のごとく、若黨(わかたう)中間(ちうげん)に至(いた)るまて、互(たがい)に言葉(ことば)をかはす事さへ禁(きん)ずれバ、人みな爪弾(つまはぢき)して太郎左衛門を憎(にく)み、富之進(とみのしん)をひくもののみぞおほかる。元來(もとより)富之進(とみのしん)ハ、風流(ふうりう)の心がけもありて、をり/\鞠(まり)など蹴(け)て、遊ぶを、富之進が弟(おとゝ)なる富次郎といふもの、日來(ひごろ)これを羨(うらや)み、己(おのれ)もかゝる遊(あそ)びをこそとおもへども、富之進(とみのしん)これを許(ゆる)さず、御身(おんみ)ハ今茲(ことし)十八才にて、武藝もいまだ未熟(みじゆく)なる」 に、もし遊藝(ゆうげい)に心を奪(うばゝ)るゝときハ、夲業(ほんぎやう)の害(がい)となるべし。兄(あに)が鞠(まり)をうらやましく思ひ給はゞ、われもこのゝちハ蹴(け)まじといふに黙止(もだ)せしが、一日(あるひ)富之進ハ出仕(しゆつし)して畄守(るす)なれバ、富次郎わざくれに、かの鞠(まり)をとり出し、長吉を相語(かたらひ)つゝ、庭(には)に立出(たちいで)て蹴(け)たりけるに、主従(しゆうじう)その技(わざ)に疎(うと)けれバ、あなたこなたと蹴(け)る程(ほど)に、富(とみ)次郎が蹴(け)る鞠(まり)(それ)て、隣屋敷(となりやしき)へ撲地(はた)と落(おつ)るに、長吉是ハとうち驚(おどろ)き、足(あし)をそらにして慌忙(あはてふためけ)ども、そのかひなけれバ、富次郎以(もつて)の外(ほか)に周章(しうせう)し、隣家(りんか)の挾野氏(さのうぢ)とハ、年來(としごろ)不和(わ)なるに、われよしなき戲(たはぶれ)して、鞠(まり)を彼処(かしこ)へ蹴おとしたれバ、縦(たとひ)乞求(こひもとむ)るとも、輒(たやすく)ハ返(かへ)すまじ〔。〕されバとてこのまゝに」12(すて)おかバ、兄貴(あにき)のかへり給ふて、鞠(まり)をいかにしつる、と問(とは)れんも難義(なんぎ)なり。さて何とすべきとかき口説(くどけ)バ、長吉も共(とも)に愁(うれひ)て申やう、尾(を)を屈(かゞめ)て伏(ふ)す犬(いぬ)にハ、笞(しもと)も撓(たゆむ)とこそ申せ。太郎左衛門様いか程憤(いきどほ)り給ふとも、それがしいく重(へ)にも賠(わび)て、鞠(まり)をうけとり帰(かへ)るべし。御心安くおぼし給へといひつゝ、一刀(ひとこし)(たばさみ)て太郎左衛門が屋敷へ走(はし)りゆき、言葉(ことば)(こまやか)に、礼義(れいぎ)を厚(あつ)くして、例(くだん)の鞠(まり)をぞ求(もとめ)ける。 是(これ)より先(さき)太郎左衛門ハ、庭(には)にたち出て、泉水(せんすい)に咲(さき)そめたる杜若(かきつばた)をながめ居(お)りしに、思ひもよらず一の鞠(まり)、堺(さかひ)の垣(かき)を飛(とび)こして、百會(ひやくゑ)のあたりへ〓[手+堂](だう▼ポン)と落(おつ)れハ、驚(おどろ)き怒(いか)りてその鞠(まり)を踏潰(ふみつぶ)し、」 しばし隣(となり)のかたを白眼(にらみ)つゝ、こなたよりやいひかけん、彼(かれ)が賠(わびる)をやまたんと、とさまかうさま思ふ折しも、下部(しもべ)権平、長吉か口上をとり次(つぎ)て、しか%\の事也と申に、太郎左衛門聞(きゝ)もあへず、其奴(そやつ)はやく庭口(にはぐち)より引ずり來(き)たれと下知(げち)するにぞ、権平切戸を押開(おしひら)き、長吉が肩先(かたさき)(つかん)で、掾頬(ゑんがは)ちかく引居(ひきすえ)たり。時に太郎左衛門大の眼(まなこ)を瞋(いから)し、汝(なんぢ)ハ富之進(とみのしん)が下部(しもべ)よな。汝(なんぢ)が主(しゆう)の足(あし)にかけて、常(つね)に弄(もてあそ)ぶこの鞠(まり)を、わが頂(いたゞき)に蹴(け)つけしうへハ、弓矢(ゆみや)八幡(はちまん)堪忍(かんにん)ならず。殊更(ことさら)みづから来(き)ても賠(わび)る事か、吹(ふけ)バ飛(とび)なん下郎(げらう)をもつて、鞠(まり)を得(え)させよといひ來(こ)すこそ安からね、といきまきあらく詈(のゝし)れハ、長吉頭(かしら)を」13(ち)にほりこみ、仰(おふせ)(こと%\)く御尤(ごもつとも)にハ候へども、主人(しゆじん)ハ嘗(かつて)この事をしらず。下郎(げらう)めがわざくれに、主(しゆう)の鞠(まり)を盗出(ぬすみいだ)し、過(あやまつ)てお庭(には)へ蹴込(けこみ)、剰(あまつさへ)お歴々(れき/\)のお頭(つぶり)へ、落(おち)かゝりしとハ運(うん)の盡(つき)、縦(たとひ)お手討(てうち)になれバとて、恨(うらみ)とハ思はねど、虫(むし)同前(どうぜん)の下郎(げらう)が過(あやまち)、只(たゞ)いく重(え)にも御恕(おゆるし)あつて、故(ゆゑ)なく鞠(まり)を給はらバ、世々(よゝ)生々(しよう/\)の御高恩(ごゝうおん)、と身を謙(へりくだ)る主(しゆう)思ひ、とハ聞(きゝ)わけず太郎左衛門、只顧(ひたすら)に声(こへ)を振立(ふりたて)、やをれ下郎(げらう)、侍(さむらひ)の頭(つふり)へ鞠(まり)を蹴着(けつけ)、賠(わび)たりとも恕(ゆる)すべきや。これハ富之進(とみのしん)がいひつけて、われに恥辱(ちぢよく)をとらせ、潜(ひそか)に興(きやう)を催(もよほ)すとおぼし。覚期(かくご)せよといひも訖(をは)らず、刀(かたな)すらりと抜(ぬき)はなせバ、長吉遙(はるか)に飛(とび)すさり、罪(つみ)あつて首(くび)を剄(はね)ら」

挿絵
【挿絵】長吉剪鞠(それまり)をうけとらん為(ため)太郎左衛門に打擲(ちやうちやく)せられながらいよ/\賠(わび)14
るゝは力(ちから)およばねど、一合(いちごう)とつても富之進(とみのしん)が下部(しもべ)、主人(しゆじん)へ一言(いちごん)の断(ことわり)にも及(およ)び給はず、あなたのまゝにハなりますまい。といふも使(すなはち)(いのち)のをしさ、笞(うち)打擲(ちやうちやく)あそばして、御了簡(ごりやうけん)だになるならバ、手(て)むかひハ仕らず。喃(なう)権平どのとやら、とりなし頼(たの)むと引(ひ)く袖(そで)を、ふり拂(はらつ)て回答(いらへ)もせず、太郎左衛門あざ笑(わら)ひ、口(くち)かしこくもほざいたり。今この鞠(まり)だに返(かへ)すならバ、思ふまゝにならふとな。それ/\権平、其奴(そやつ)が面(つら)を左(ひだ)へ踏(ふみ)にじれ。承(うけ給は)ると権平が、主(しゆう)におとらぬ傍若無人(ぼうじやくぶじん)泥臑(どろずね)蹴出(けだ)して蹴飛(けとば)せバ、まだ手(て)ぬるしとて太郎左衛門、庭下駄(にはげた)穿(はき)つゝ丁(ちやう)と蹴(け)る、額(ひたい)三寸やぶれ口、流(ながる)るハ血(ち)と無念(むねん)の涙(なみだ)、じつと堪(こらゆ)る健氣(けなげ)の壯者(わかもの)、」15 太郎左衛門呆(あき)れ果(はて)、思ひの外(ほか)しぶとい奴(やつ)。それ/\鞠(まり)を受(うけ)とれと、いひつゝ刀(かたな)をとりなほし、寸々(ずん%\)に切裂(さけ)バ、これハと驚(おどろ)く長吉か、片頬(かたほ)へはつしと投(なげ)つくる、その鞠(まり)(つかん)で投(なげ)かへし、一寸(いつすん)の虫(むし)にも五分の魂(たましひ)。手(て)ごめになつたもこの鞠(まり)を、故(ゆゑ)なく貰受(もらひうけ)たいばかり。切裂(きりさか)れてハ鞠(まり)よりも、この場(ば)を丸くハかへられず、と胸(むね)をすえたる一言(いちごん)に、太郎左衛門ます/\怒(いか)り、助(たすけ)て帰(かへ)すをこのうへの、幸(さいわひ)とは思ひしらず、飛(とん)て火に入る夏(なつ)の虫(むし)、汝(なんぢ)が命(いのち)もねぐさつた。たゝんでしまへと目で下知(げぢ)すれハ、點頭(うなつき)ながら権平が、脇指(わきさし)引ぬき切付るを、長吉閃(ひら)りとかい潜(くゞ)り、直(すぐ)に後(うしろ)へかつぎ」 投(なげ)、丼(どんぶり)はまる泉水(せんすい)の、泥(どろ)に塗(まみ)れて濡鼠(ぬれねづみ)、猫(ねこ)にあふたるごとくにて、蠢(うごめ)く権平かひなしとて、太郎左衛門ハ無(む)二無三に、切(きつ)てかゝれバ長吉も、ぜひなく刀(かたな)を抜(ぬき)あはせ、丁々(ちやう/\)はつしと切結(むす)ぶ、手煉(しゆれん)の刀尖(きつさき)めざましき、運(うん)の究(きはめ)か太郎左衛門、飛(とび)石に跌(つまづい)て、よろめく処(ところ)を長吉が、得(え)たりと踏(ふみ)こむおがみ打(うち)、刀(かたな)ハ名(な)におふ長舩近忠(おさふねちかたゞ)、切味(きれあぢ)すつぱとから竹割(わり)、二になつて倒(たふ)るゝとき、やう/\岸(きし)に跂(はひ)つく権平、汝(なんぢ)も冥土(めいど)の供(とも)せよと、頭髻(たぶさ)(つかん)で胸(むな)さかを、つらぬく刀(かたな)に池水(いけみづ)も、血(ち)しほに染(そめ)なす韓紅(からくれなゐ)、楓(もみぢ)を流(なが)すに彷彿(さもに)たり。 この物音(ものおと)をもれ聞(きゝ)てや、太郎左衛門か妹(いもと)の水草(みくさ)、何心なく」16(はし)り來(き)つ、この光景(ありさま)に驚(おどろ)き慌(あはて)、こや喃々(なう/\)と叫(さけ)ぶ声(こゑ)、只事(たゞごと)ならずと若黨(わかたう)中間(ちうげん)、おつとり刀(かたな)に立出(たちいづ)れバ、庭(には)に主従(しゆうじう)あへなき最期(さいご)、敵(かたき)ハ長吉迯(のが)さじとて、弓手(ゆんで)馬手(めて)よりとり巻(まく)を、或(あるひ)は切伏(きりふせ)せ踏(ふみ)たふし、透間(すきま)をうかゞひ長吉ハ庭(には)の築垣(ついがき)跳越(おどりこえ)、ゆくへもしらず迯(にげ)うせけり

  第二編(だいにへん)ハ佐野(さのゝ)次郎左衛門が紀行(みちのき)

この日佐野(さのゝ)次郎左衛門ハ、出仕(しゆつし)して家(いへ)にあらざれハ、甞(かつ)てこの事をしらざりしに、若黨(わかたう)中間(ちうけん)がしか%\の事ありとて、追(おひ)/\に告(つげ)來れバ、且(かつ)(おどろ)き且(かつ)(いか)り、とるものもとりあへす走(はし)り帰(かへ)りしかど、」

挿絵
【挿絵】長吉ハ已(やむ)ことを得(え)ず太郎左衛門主従(しゆうじう)を切伏(きりふ)せ塀(へい)を跳越(おどりこえ)て脱(のか)れ去(さ)る}17
はや長吉ハ、いづ地(ち)ゆきけん、しるもの更(さら)になかりける。この折(をり)しも挾隈富之進(さくまとみのしん)ハ、城中(じようちう)より退(しりぞ)き帰(かへ)る途中(とちう)にて、件(くだん)の風声(ふうぶん)を聞(きゝ)しかバ、忙(いそがは)しく屋敷(やしき)に立(たち)かへりて、弟(おとゝ)(とみ)次郎にまつ縁故(このよし)を問(とへ)バ富(とみ)次郎もつゝむに言葉(ことば)なく、鞠(まり)を太郎左衛門が庭(には)へ踏落(ふみおと)したる始終(はじめをはり)を物(もの)がたり定(さだめ)て長吉ハ、迯(のがれ)がたき手話(てづめ)となりて、已(やむ)ことを得(え)ず、太郎左衛門主従(しゆうじう)を討(うつ)て立退(たちのき)つらんといへバ、富之進(とみのしん)いよ/\驚(おどろ)き、早速(さつそく)人を東西(とうざい)に出(いた)して長吉を追畄(おひとめ)させ、ふたゝび出仕(しゆつし)して縁由(ことのよし)を訴聞(うつたへきこ)え奉(たてまつ)るに、挾野(さのゝ)次郎左衛門も、兄(あに)太郎左衛門が事を訴出(うつたへいで)ぬ。義弘(よしひろ)(つぶさ)に両家(りやうけ)の訴(うつたへ)を聞食(きこしめし)て太郎左衛門事武藝(ぶげい)18 の師範(しはん)たる身(み)をもつて、名もなき下郎に撃(うた)れしこそ言語同断(ごんごどうだん)の越度(おちど)なれ。これによりて、弟(おとゝ)次郎左衛門ハ門戸(もんこ)を鎖(とざ)し、長(なが)く慎居(つゝしみお)りて、重(かさね)ての仰(おふせ)をまつへし、又富之進(とみのしん)ハ長吉が往方(ゆくへ)をたづね、搦(からめ)とつて献(たてまつ)るべしとぞ仰下(おふせくだ)されける。 さる程に長吉ハ、已(やむ)ことを得(え)ず太郎左衛門主従(しゆうじう)を討畄(うちとめ)て、五七里(り)あまり落(おち)たりしが、忽(たちまち)に思ふやう、われ今(いま)(ひと)を殺(ころ)して立追(たちのか)バ、その祟(たゝり)(おん)ある主人(しゆじん)に係(かゝ)りなん。いでや引かへして名告(なのつ)て出、潔(いさぎよ)く死(しな)せんにハと思ひ定(さだ)め、本(もと)の路(みち)へ立(たち)かへらんとしつゝ、又思ふやう、われ立かへりてその本末(もとすゑ)を吟味(ぎんみ)せらるゝときハ、富(とみ)次郎様の難義(なんぎ)とも」なるまじきにあらず。とかく主家(しゆうか)の風声(ふうぶん)をよく聞(きゝ)て、後(のち)に存亡(そんほう)を定(さだめ)ばやとて、二三日ハそのほとりの山里(やまさと)に立(たち)しのびて、外(よそ)ながらかの容子(やうす)を聞(きけ)ハ、主人(しゆじん)ハ何の咎(とがめ)もなしといふに心おちつき、遂(つひ)に故郷(ふるさと)なりける武州(ぶしう)浅草(あさくさ)に赴(おもむ)きて、叔母夫(をばむこ)(も)兵衛が家(いへ)に到(いた)れバ裡(うち)にハ新(あたら)しき位牌(ゐはい)二面(にめん)を居(すえ)て、香花(こうはな)を供(そなへ)、里人(さとびと)あまた會合(つどひ)つゝ、念佛(ねんぶつ)してありけるが、人みな長吉が帰(かへ)り來(き)たるを見て大に、歡(よろこ)びまづこなたへとて誘(いざな)ふ間(はし)に、妹(いもと)(や)ッ橋(はし)も立出て、たえて久(ひさ)しき對面(たいめん)をうれしめど、愁(うれひ)のいろ面(おもて)にあらはれて覚(おぼ)つかなけれバ、長吉もこゝろに猜(すい)しながら、まづその故(ゆゑ)を」19(とへ)ハ、里人(さとびと)(ら)言葉(ことば)を斉(ひとしく)していふやう、こゝの茂(も)兵衛夫婦(ふうふ)ハ、日來(ひごろ)病事(やむこと)もなき人なるに、この月のはじめより、時疫(じえき)を病(やみ)て打臥(うちふ)せしが、あはれなるかや猟舩(りやうせん)を、弘誓(ぐぜい)の舩(ふね)に乗(のり)かえて、夫婦(ふうふ)月も日もかはらず、朝(あした)の露(つゆ)と消(きえ)うせたり。しかるに御身ハ奉公〓[手+上下](ほうこうかせぎ)にとて、いづ地(ち)へかゆきてより、この二三年ハ音(おと)づれもなく、跡(あと)に残(のこ)るハとしわかな妹子(いもとご)ひとり、見るにさへ痛(いた)ましくて、村中(むらぢう)相語(かたらひ)て送葬(そう/\)も賑(にぎ)やかにとり行(おこな)ひ、けふハ初七日(しよなのか)の逮夜(たいや)なれバ、かやうに打よりて回向(ゑかう)しまいらする也。やよ八(や)ッ橋(はし)女郎(ぢよらう)、鬼(おに)のやうなる兄御(せなご)のかへられたれバ、よき後楯(うしろだて)が出來(でき)てめでたし。」

挿絵
【挿絵】長吉故郷(ふるさと)浅草(あさくさ)へ立(たち)かへり妹(いもと)八橋(やつはし)にあふて叔母夫(をばむこ)茂兵衛妻夫(めをと)が丗(よ)をさりしよしを聞(きゝ)ておどろく}20
今よりハ大舩(おほぶね)に乗(の)れるがごとく、心(こゝろ)の碇(いかり)うちおろし給へなど、いとかしましくいひあへるも、浦人(うらびと)のつねぞかし。長吉ハこれを聞て、年來(としごろ)(めぐみ)ふかゝりし、叔母御(をばご)夫婦(ふうふ)が臨終(りんじう)に、あはざる事を悔歎(くひなげ)き、又里人(さとびと)が厚(あつ)き情(なさけ)をよろこび聞(きこ)えて、妹(いもと)八ッ橋(はし)に力(ちから)を戮(あは)せ、仏事(ぶつじ)追善(ついぜん)ねんごろに営(いとな)みける。 かくて忌(いみ)ども果(はて)しかバ、村長(むらおさ)をはじめ、里(さと)人等(ら)打こぞりて、長吉を茂(も)兵衛と改名(かいめい)し、叔母御(をばご)の家(いへ)を立(たて)給へとすゝむるに固辞(もだし)がたく、一旦(いつたん)その意(ゐ)にまかせて、名迹(みやうせき)相續(さうぞく)するといへども、かねてこゝろに思ふやう、われ亡父(なきちゝ)の遺言(ゆいごん)を守り、武士(ぶし)となりて田津(つ)の家(いへ)を引起(ひきおこ)さんと誓(ちかひ)しが、已(やむ)ことを得(え)ず人を殺(ころ)して、忽(たちまち)21 日蔭(ひかげ)の身(み)となれバ、とても仕官(しくわん)の願(ねが)ひかなはず。又太郎左衛門殿にハ、次郎左衛門殿といふ弟御(おとゝご)もあるなれバ、かならずわれを〓[穴+鬼](ねら)ふべし。しかれバわが命(いのち)ハ、けふあつて翌(あす)なき身なるを、何条(なんでう)わづらはしき浦人(うらびと)の業(わざ)をして丗(よ)を貪(むさぼ)るべき。とかく妹(いもと)に壻(むこ)をとりて相續(さうぞく)させんにハ。されど故(ゆゑ)なくしてこの事をいひ出(いだ)すとも、里人(さとびと)(ら)が承引(うけひく)すまじけれバ、まつ身(み)の行(おこなひ)を〓[手+玄](ほしいまゝ)にして丗の人に疎(うとま)るゝやうに謀(はか)らんとて、漁猟の事ハ外にしつ、里(さと)の壯者(わかもの)をあつめて力技(ちからわざ)を事とし、或(あるひ)は喧嘩の腰押(こしおし)、密通の出入(いでいり)、弱(よは)きを助(たす)け強(つよ)きを拉(とりひし)ぎ、邪(よこしま)なるを征(せい)し正(たゞ)しきに方人(かたうど)せしかバ、その下風(かふう)に」 たつ壯者(わかもの)も居多(あまた)出來(いてき)ける程に、敵(かたき)をもつ身(み)ハ、丗(よ)をしのぶといふこゝろにて、みづから隠家(かくれが)の茂(も)兵衛とぞ稱(せう)しける。 その頃(ころ)浅草川(あさくさかは)の南(みなみ)に、梅堀(うめぼり)の小(こ)五郎兵衛といふ溢者(あふれもの)ありけり。手下(てした)の悪輩(あくはい)(す)十人を養(やしな)ひ、近在(きんざい)の宮地(みやち)、都鄙(とひ)の色里(いろさと)を横行(わうぎやう)し、動(やゝも)すれバ喧嘩(けんくわ)をしかけて、人の懐中物(くわいちうもの)を奪(うば)ひとり、半(なかば)ハ侠(きほひ)にして半(なかば)ハ賊(ぞく)をなすといへども、その里(さと)に久(ひさ)しく住(すめ)バ、おほくハ彼(かれ)が手下(てした)に属(つき)て、茂兵衛を侮(あなと)るもの少(すくな)からざりしに、茂兵衛が住(すま)ひする浅草川(あさくさかは)より、姥(うば)が池(いけ)につゞきて、一條(ひとすぢ)の小川(をがは)あり、この処(ところ)西(にし)ハ淺草寺(あさくさでら)の境内(きやうない)、東(ひがし)ハ無戸村(むとむら)〔今の砂利場の辺歟〕也。この川(かは)にハ主(ぬし)ありといひ」22(つた)へて、年(とし)に一二度(ど)ハ、かならず水死(すいし)するものありとぞ。さて一日(あるひ)(かぜ)いたく吹(ふき)あれて、猟舩(りやうせん)も出(いだ)しがたけれバ、茂(も)兵衛ハ雜魚(ざこ)なりとも釣(つら)はやとて、釣竿(つりさを)を携(たづさへ)、この川端(かはばた)をそここゝと立(たち)めぐるに、夏艸(なつくさ)の繁(しげみ)より、小蛇(こへび)一ッ跂出(はひいで)て、茂兵衛が足首(あしくび)へ尾(を)をくる/\と巻(まき)しかバ此(この)愚者(しれもの)何するぞと思ひつゝ、拂(はらひ)も除(のけ)ず打まもり居(お)れバ、この蛇(へび)のちから、形(なり)にも似(に)ず、しやちなどにて締(しむ)るごとくおぼえて、やうやく川へ引入れんとす。こハ癖(くせ)ものごさんなれとて、兩足(りやうあし)(しか)と踏(ふみ)こたへ、引入られじと構(かまへ)し程(ほど)に、穿(はき)たる木履(ぼくり)もろともに、片足(かたあし)ハ五六寸、土(つち)の中(なか)へめりこみて、さながら」

挿絵
【挿絵】長吉ハかくれ家(が)の茂兵衛と改名(かいめい)してのち一日(あるひ)枝川(えだがは)のほとりにて〓[虫+〓](うはばみ)に足(あし)をまつはれ大に勇力(ゆうりき)をあらはしける}23
(ち)より生(はへ)たるごとく、茂兵衛ちからや勝(まさ)りけん、この蛇(へび)(なか)よりふつゝと切(き)れ、川水(かはみづ)ざは/\と逆巻(さかまく)と見えけるが、水ハ忽(たちまち)(ち)に変(へん)じ、今まで小蛇(こへび)と思ひしも、廾尋(はたひろ)あまりの大蛇(だいじや)にて、首(かしら)のかたハ川むかひなる、松(まつ)に必死(ひつし)と巻着(まきつき)つゝ、二ッに切(き)れて蠢(うごめ)き居たれバ、流石(さすが)の茂(も)兵衛も仰天(ぎやうてん)し、しばし呆(あき)れてありける処(ところ)へ、里人(さとびと)四五人來かゝりて、この光景(ありさま)にうち驚(おどろ)き、やがて茂兵衛に力(ちから)を戮(あは)せ、やうやく彼(かの)〓[虫+〓]蛇(うはばみ)を打ころしぬ。 さてこの事一郷(いちごう)の美談(びだん)となりて、ある日そのちからを試(こゝろみ)んとて、太(ふと)き縄(なは)を茂兵衛が足首(あしくび)へ結(むす)び着(つけ)、究竟(くつきやう)の壯者(わかもの)十人ばかりして、その縄(なは)をひく」24 に、いまだ引(ひき)やう弱(よは)しといふ。次第(しだい)に人を増(ま)し加(くはえ)て、およそ三十人あまり、ちからを穹(きはめ)て引しかバ、その時茂兵衛莞尓(につこ)と笑(わら)ひて、彼(かの)〓[虫+〓]蛇(うはばみ)か引たりしハ、斯(かく)の如(ごと)(おぼえ)たりといふにみな/\ます/\感伏し〔、〕はじめ侮(あなど)りし壯者(わかもの)も、兄と稱(せうし)、親(おや)とたのみて、その手にぞ属(しよく▼○ツク)しける。 是ハさておき安房(あはの)國にハ、里見義弘(よしひろ)の御舎弟}、冠者(くわんじや)次郎義廉(よしかど)、ある夜(よ)近従(きんじゆ)の侍(さむらひ)挾隈(さくま)(とみ)次郎只一人を召倶(めしぐ)して、舘(やかた)をしのび出給ふ。その故いかにと尋(たつぬ)るに、義廉(よしかど)の妾(おもひもの)に佐江(さえ)の方といへる女房あり。その容儀(ようぎ)丗にたぐひなかりし程に、こよなく寵愛(ちやうあい)し給ひて.比翼(ひよく)連理(れんり)の契(ちぎり)(あさ)からざりしに、はからずも持病(ぢびやう)の痞(つかへ)」 とりつめて.名花(めいくわ)一朝(いつちやう)の嵐(あらし)に散(ち)りぬ。かゝる歎(なけ)きの折しもあれ、豫(かね)て婚縁(こんえん)の沙汰(さた)ありける、小弓(をゆみ)の御所(ごしよ)、義明(よしあきら)の息女(そくぢよ)、近日(きんじつ)輿入(こしいれ)と聞(きこ)えしかバ義廉(かど)ます/\物うき事に思ひなし、終(つひ)に遁丗(とんせい)の志(こゝろざし)ふかく潜(ひそか)に舘(やかた)を脱出(ぬけいで)て、浦人(うらびと)に便舩(びんせん)して、武州(ぶしう)品革(しなかは)の濱(はま)に着(つき)給ふ〔。〕舩中(せんちう)里見(さとみ)の重宝(ちやうほう)小槻形(こつきかた)の劍(つるぎ)をバ、みづから海底(かいてい)へ沈(しづ)め給へり〔。〕是すなはち今より佛門(ぶつもん)に入りて〔、〕ふたゝび故郷(こきやう)へかへらじと誓(ちかひ)給ふによつて也。かくて義廉(よしかと)主従(しゆうじう)ハ、聊(いさゝか)の由縁(ゆかり)に就(つき)て、芝崎村(しはさきむら)の道場(どうしやう)に走(はし)り入り、剃髪(ていはつ)の事をたのみ聞(きこ)え給へハ住持(ぢうぢ)の聖人(せうにん)かひ/\しく舎匿(かくまい)まゐらせ、祝髪(しくはつ)の事ハいまだ遅(おそ)きにあらず」25 とて、学寮(がくりやう)のかたはらに別室(べつま)を修理(しつらひ)、義廉(よしかど)主従(しゆうじう)を居(おき)まゐらせけり。 さる程に里見(さとみ)義弘(よしひろ)ハ、義廉(よしかど)逐電(ちくでん)の事を聞(きゝ)て大に驚(おどろ)き給ひ、小弓(をゆみ)の義明(よしあきら)ハ、京都(きやうと)将軍(せうぐん)の庶流(しよりう)足利(あしかゞ)政氏(まさうぢ)の二男(じなん)にして、年來(としごろ)の方人(かたうど)なるに、わが弟(おとゝ)婚姻(こんいん)を嫌(きらひ)て、出奔(しゆつぽん)せしと風聞(ふうぶん)あらバ、晋秦(しん/\)の親(したしみ)(たちまち)に破(やぶ)れて、縡(こと)大事(じ)に及(およ)ぶべし。いかにも穏便(おんびん)のはからひを以(もつ)〔、〕冠者(くわんじや)次郎を召(めし)かへすへしとて、やがて挾隈(さくま)富之進(とみのしん)を潜(ひそか)に招(まね)き給ひ、汝(なんぢ)か弟(おとゝ)(とみ)次郎事、義廉(よしかど)が供(とも)して〔、〕(やかた)を立退(たちのき)たれハ、汝(なんぢ)も内々(ない/\)その行方(ゆくへ)ハしりつらん〔。〕いそぎ義廉(よしかど)を追畄(おひとめ)て召(めし)つれ参(まゐ)るべし〔。〕もし等閑(なほざり)の沙汰(さた)におよはゞ〔、〕(なんぢ)とても罪科(ざいくわ)(のがる)べからず。」

挿絵
【挿絵】冠者(くわんじや)次郎(じらう)義廉(よしかど)ハ佐江(さえ)の方(かた)をうしなひて愁歎(しうたん)のあまり挾隈(さくま)富次郎(とみじらう)只一人をめし倶(ぐ)して〔、〕ひそかに武蔵(むさし)へ立(たち)こえ給ふ舩中(せんちう)小槻形(こつきがた)の宝劍(ほうけん)を海(うみ)へ沈(しづ)〔、〕ながく仏門(ぶつもん)に入らんと誓(ちか)ひ給ひける26
と厳(きび)しく命(めい)じ給ひしかバ、富之進(とみのしん)おそれ入て仰(おふせ)を承(うけ)、あへて心當(あて)(とて)ハなけれども、次(つぎ)の日鎌倉(かまくら)を望(さし)て旅(たび)だちぬ〔。〕義弘(よしひろ)ハ事の序(ついで)をもつて、佐野(さのゝ)次郎左衛門に仰(おふせ)下されけるハ、汝(なんぢ)が兄(あに)太郎左衛門、下郎(げらう)の手にかゝりて相果(あひはて)し越度(おちど)によつて、汝(なんぢ)にハ久しく蟄居(ちつきよ)申つけおくところ、今般(こんはん)思ふ旨(むね)あるをもつて、追放(ついほう)せしむる也。もし一ッの功(こう)を立(たつ)るならバ、召(めし)かへさるゝ事もあるべしと命(めい)じ給へバ、次郎左衛門有(あり)がたしと御請(うけ)申て、その日俄頃(にはか)に屋敷(やしき)を引はらひ、妹(いもと)水草(みくさ)を伴(ともな)ひて〔、〕武蔵(むさし)のかたへ赴(おもむ)きしが、道(みち)すがら思ふやう、主君(しゆくん)の厳命(げんめい)に、一ッの功(こう)を立よとあるハ、敵(かたき)を索(たづぬ)る序(ついで)をもつて、義廉(よしかど)(きみ)の行方(ゆくへ)を知(し)らバ、伴(ともな)ひ」27 まゐらせよとある御心(みこゝろ)なるべし。しかれバ立地(たちどころ)に仇(あた)をむくひ、冠者(くわんじや)どのに索(たづ)ねあひまゐらせて、殊(こと)なる忠節(ちうせつ)をあらはし、兄(あに)が死後(しご)の耻(はぢ)を雪(すゝが)んものをと思ひ定(さだ)め、ゆく/\下總(しもふさ)なる國府(こふ)の臺(だい)まで來たりし日、六十六部の行者(ぎやうじや)に行あひしが、この六部(ろくぶ)、次郎左衛門を、と見かう見て、こハわか殿(との)次郎左衛門様、従者(ともびと)をもつれ給はす、御兄弟(ごきやうだい)只二人にて、いづ國へ赴(おもむ)き給ふといふに、次郎左衛門も熟視(よくみ)れバ、彼(かの)六部(ろくぶ)ハ、舊(もと)めし使(つか)ひし若黨(わかたう)佐一(さいち)兵衛といふものなれバ、互(たがい)にうち驚(おどろ)きて、まづ彼(かれ)がうへを問(とふ)に、佐一兵衛答}(こたへ)て、それがし年來(としごろ)の奉公(ほうこう)首尾(しゆび)よく勤(つとめ)(おふせ)〔、〕故郷(ふるさと)鎌倉(かまくら)へ引籠(ひきこもり)しハはや十年のむかし也」 されど身の幸(さいわひ)もなくて妻(つま)に後(おく)れ、加之(しかのみならず)、最愛(さいあい)の一子(いつし)をも喪(うしな)ひつれバ、丗の中を味氣(あぢき)なく思ひなし、日本國中の霊場(れいじやう)を巡拝(じゆんはい)して、なき人の後世(ごせ)を弔(とふ )ひ、五年にしてやうやく念願(ねんぐわん)成就(じようじゆ)したれバ一たび鎌倉へ立かへるべうおもひ、東國(とうごく)に杖(つえ)を曳(ひく)折しも、こゝにてあひまゐらせしハ、竭(つき)せぬ主従(しゆうしう)の縁(えん)なるべし。君(きみ)ハ又いかなる故(ゆゑ)ありて、かく竒(あやし)げなる旅(たび)をバし給ひつると問に、次郎左衛門ハ兄(あに)が横死(わうし)の事、わがうへまでもおちもなく、事細やかに物がたれバ、佐一兵衛ハます/\驚(おどろ)き、しからハ足弱(あしよは)を伴(ともな)ひて、敵(かたき)を索給はんハ便(たより)なきわざ也〔。〕まづそれがしと共(とも)に鎌倉(かまくら)へ立越(たちこえ)給へ〔、〕水草(みくさ)様をバわれら預(あつか)りまゐらせて、」28 よきに勦(いたは)り候べしといふに、次郎左衛門も彼(かれ)が志(こゝろざし)の信(まこと)あるをよろこび、しからバ妹(いもと)が事をハ汝(なんぢ)にたのむべし。鎌倉(かまくら)ハ東國(とうごく)第一(たいゝち)繁昌(はんじよう)の地(ち)なれバ、敵(かたき)長吉も、彼処(かしこ)などにあるまじきにあらされど、われハまづ常陸(ひたち)下野(しもつけ)の兩國(りやうごく)を索(たづね)て跡(あと)よりぞ赴(おもむ)くべき。汝(なんぢ)いよ/\故郷(こきやう)へかへるならハ、水草(みくさ)をバ直(すぐ)に伴(ともな)ひくれよといふに、佐一兵衛一議(いちぎ)にも及(およば)ず承(せう)引して〔、〕この処(ところ)より水草(みくさ)を伴(ともな)ひ葛飾(かつしか)のかたへ立帰(たちかへ)れバ、次郎左衛門ハ只ひとり東北(うしとら)をさしてわかれける。 されバ佐一兵衛ハ水草(みくさ)を倶(ぐ)して名にしおふ、武蔵(むさし)下總(しもふさ)の堺(さかひ)なる、墨田川(すみだかは)まで來たりしに〔、〕この時日もやゝ向暮(くれなん)とすれバ、この渡(わたり)を過てこそ宿(やどり)

挿絵
【挿絵】挾野(さのゝ)の次郎左衛門ハ兄(あに)の仇(あた)を報(むくは)ん為(ため)(いもと)水草(みくさ)を伴(ともな)ひて下總(しもふさ)のかたへ立こゆるみちにて旧(もと)のわかたう佐一兵衛〔に〕あづけ〔、〕その身ハ常陸(ひたち)のかたへおもむきけり〔。〕しかるに梅堀(うめほり)の小五郎兵衛この容子(やうす)を見て水草(みくさ)をうばい立のく29
をも求(もとむ)べけれとて、只顧(ひたすら)(みち)をいそぐ折しも、傍(かたはら)の藪蔭(やぶかげ)より〔、〕さもいかめしき大男(おほをとこ)忽然(こつぜん)とあらはれ出、行(ゆき)ちがひさま足(あし)を揚(あげ)て、佐一兵衛を撲(はた)と蹴(け)たふし、水草(みくさ)を小腋(こわき)にかいこんで、跡(あと)をくらまし迯(にげ)うせけり。佐一兵衛ハ〓[月+害](わきばら)をいたく蹴(け)られ、しばし絶入(たえいり)てありけるが、やうやくに人ごゝちつきて身を起(おこ)せバ、水草(みくさ)ハ既(すで)に奪(うばひ)とられて、夜(よ)もはや初更(しよや)のころなるにぞ、こハ何とせんと慌忙(あはてふためき)、只(たゞ)狂人(きやうじん)のごとく走(はし)りめぐりつゝ、夜(よ)すがら彼此(をちこち)を呻吟(さまよへ)ども、水草(みくさ)がゆくへハしれざりける。かの梅若(うめわか)を索(たづね)たる、野上(のがみ)の班女(はんぢよ)がいにしへも、かくやとおぼえてあはれなり。 敵討誰也行燈上巻 敵討誰也行燈(かたきうちたそやあんどう)下巻 馬琴戲編   第三編(だいさんへん)ハ芝崎(しばさき)の寺入(てらい)り主従(しゆうじう) 墨田(すみだ)川原(かはら)にて佐一(さいち)兵衛を打(うち)たふし、水草(みくさ)を奪(うば)ひとりて立去(たちさり)し癖者(くせもの)ハ、梅堀(うめぼり)の小五郎兵衛(こゞらうひやうゑ)なり。此(この)(こ)五郎兵衛、水草(みくさ)が容色(ようしよく)の勝(すぐ)れたるを見(み)て、俄頃(にはか)に慾心(よくしん)(おこ)り、かく非道(ひどう)の行(おこな)ひをなして、わが家(いへ)に伴(ともな)ひかへり、威(おど)しつ賺(すか)しつ、さま%\いひこしらへて、次(つぎ)の日元吉原(もとよしはら)とかいへる傾城町(けいせいまち)につれゆきて、おのれが妹(いもと)なりといつはり、年季(ねんき)七年の身價(みのしろ)、六十兩をうけとり、その金(かね)をバみな淫酒(いんしゆ)の爲(ため)につかひ果(はた)せしとぞ。妓院(ぎいん▼○ユウヂヨヤ)のあるじも、水草(みくさ)が殊(こと)さら」 艷(みやび)やかなるを見(み)てふかく歓(よろこ)び、禿(かぶろ)だちよりこゝに生育(おひたつ)ものハ、おのづから見(み)なれ聞(きゝ)なれて、手煉(てれん)手管(てくだ)に怜悧(さかし)けれど、これハ十七才のきのふまで、かゝる世(よ)わたりせんとも思ひかけざる女子(をなご)なれバ、糸竹(いとたけ)の調(しらべ)、香花(こうはな)、茶(ちや)の湯(ゆ)ハさらなり、廓(さと)の諸譯(しよわけ)をものみこませ、そののち突出(つきだ)しといふものにして、客(きやく)にも會(あは)すべけれとて、芝崎村(しばさきむら)の道場(どうじよう)に隣(となり)て、所持(しよぢ)の別荘(べつそう)あれバ、老女(おうな)ひとり、女(め)の童(はらは)ひとりを傅(つけ)て、しばしこのところに養(やしな)ひおく程に、光陰(くわういん)はゆく水(みづ)よりも委(よどみ)なく、はやくも三五月をぞ經(へ)たりける。 こゝに芝崎(しばさき)の道場(どうじよう)にハ、冠者(くわんじや)次郎義廉(よしかど)ぬし、挾隈(さくま)(とみ)次郎とともに、しば」1 しうき世(よ)をしのび給ふに、折(をり)しも七月七日の夜(よ)なれバ、端(はし)ちかうたち出(いで)て、牽牛(けんぎう)織女(しよくぢよ)の故事(ふること)など語(かた)り出(いで)、秋(あき)のはつ風(かぜ)まちがほに、萱(かや)が軒端(のきば)に飛(とび)かふ蛍(ほたる)も、二星(じせい)の天降(あまくだ)るかと竒(あやし)まれ、更(ふけ)ゆくまゝいも寐(ね)られず、只顧(ひたすら)(うそぶき)ておはしけるに、忽地(たちまち)隣堺(となりさかい)の生垣(いけがき)を切破(きりやぶり)て、こなたへしのび出(いづ)るものあり。こハまつたく盗人(ぬすびと)ならん。追遺(おいやら)ひて驚(おどろか)さばやとて、主従(しゅうじう)(て)ごろの棒(ぼう)を携(たづさへ)、木陰(こかげ)に窺(うかゞ)ひ給ふともしらず、癖者(くせもの)は牆(かき)を潜(くゞ)りて、輙(たやす)く脱(のが)れ出るところを、待設(まちまうけ)たる義廉(よしかど)主従(しゆうじう)、兩足(りやうそく)(はら)ひて打仆(うちたふ)せバ、癖者(くせもの)〓[手+堂](だう)と顛(まろ)びつゝ、反起(はねおき)るを起(おこ)さじと、富(とみ)次郎飛(とび)かゝり、」

挿絵
【挿絵】よし廉(かど)芝崎(しばさき)に閑居(かんきよ)のとき富(とみ)次郎ともに賊(ぬすびと)を追(おひ)ちらし給ふ2
(みぎ)の腕(かひな)を楚(しか)と採(と)る。もの/\しやとふり拂(はら)ふ、袖(そで)ハ断(ちぎ)れて手(て)に残(のこ)り、闇(やみ)ハあやなし癖者(くせもの)ハ、跡(あと)をも見ずして迯(にげ)てゆく、いづちまでもと追蒐(おひかく)るを、義廉(よしかど)しばしと呼(よび)とめ給ひ、やよ富(とみ)次郎、迯(にぐ)るものをバ遠(とほ)くな追(お)ひそ。跡(あと)にもひとりの癖者(くせもの)あり。と宣(のたま)ふ声(こゑ)をしるべにて、富(とみ)次郎撈(さぐ)りよれバ、虚焼(そらだき)の薫(かほり)えならずして、妙(たへ)なる膚(はだへ)ハ正(まさ)しく女子(をなご)、こハこゝろえずともろともに、わが住(すむ)部屋(へや)に引立(ひきたて)かへり、さて火(ひ)を照(て)らしてよく見れバ、年紀(としのころ)ハ十七八とおぼしき未通女(をとめ)の、雪(ゆき)はづかしき姿(すがた)らうたけしを、物(もの)いふ事のならぬやうに、布(ぬの)にて口(くち)を括(くゝ)りしめたれバ、やがて銜(はま)3 せたる手拭(てのごひ)をとらせて、義廉(よしかど)つく%\見給ふに、その顔色(がんしよく)声音(こはね)まで、往(さき)に世(よ)を去(さ)りし妾(おもひもの)、佐江(さえ)の方(かた)に露(つゆ)たがはざれバ、こハなき魂(たま)のあこがれて、しばし見(まみ)ゆるものなるか。わが爲(ため)に人(ひと)あつて、返魂香(はんごんかう)や焼(たき)けん、と今さら心ときめきつゝ、まづそのうへを問(とひ)給へバ、女子(をなご)(こたへ)て申すやう、わらはは元(もと)安房(あは)の國(くに)のものなるが、惣領(そうりやう)の兄(あに)、太郎左衛門といふものを人に討(うた)れ、その仇(あた)を報(むくは)ん為(ため)、次(つぎ)なる兄(あに)に伴(ともなは)れて、武藏(むさし)のかたへ旅(たび)たちけるに、路(みち)にて舊(もと)の若黨(わかたう)佐一(さいち)兵衛といふものにめぐりあひ、その人に倶(ぐ)せられて鎌倉(かまくら)へ赴(おもむか)んとて、墨田(すみだ)川原(かはら)〔と〕とかいふ処(ところ)まで来(き)たる折(をり)しも、いとむく」 つけきあら男(をとこ)が、佐一兵衛を打(うち)たふし、わらはを奪去(うばひさ)りておのれが妹(いもと)なりといつはり、元吉原(もとよしはら)とやらんいふ色里(いろざと)に賣(うり)わたしぬ。されバこの身(み)ハ思ひもかけず、河竹(かはたけ)のながれに沈(しづみ)て、袖(そで)に涙(なみだ)の乾(かはか)ねバ、あるじいまだ客(きやく)にハ會(あは)せず、この御寺(みてら)のあなたなる、別荘(べつそう)に養(やしなひ)おきて、しばし物学(ものまな)びさせたりしに、彼(かの)あら男(をとこ)が名(な)ハ小(こ)五郎兵衛とやらんいふ悪(わる)ものにて、折(をり)/\彼処(かしこ)にしのび来(き)つ、わりなく口説(くどき)よるといへども、たえて返事(へんじ)もせざりしが、彼(かれ)いかなる伎倆(たくみ)ありけん、今宵(こよひ)(ふけ)てしのび來り、わらはに手拭(てのごひ)を銜(はま)せ、肩(かた)に引(ひき)かけて走(はし)り出しを、老女(おうな)も女(め)の童(わらは)も、うまくねふりてこれを」4 しらず憂(うき)がうへなる耻(はづか)しめを、うけもやせんと淺(あさ)ましくも、又悲(かな)しくも覚(おぼえ)しに、はからず救(すく)ひ給はる事、うれしといふもあまりあり、と物(もの)がたりつゝ掌(て)を合(あは)せ、あなたこなたを伏拝(ふしおが)めバ、富(とみ)次郎聞(きゝ)とがめて、安房國(あはのくに)の人にて、兄(あに)太郎左衛門といふものを、人に討(うた)せしとあるからハ、さてハ挾野(さのゝ)次郎左衛門の妹(いもと)水草(みくさ)どのにハあらずやといへバ、女(をんな)も大にうち驚(おどろ)き、こハ何(なに)としてわがうへを、くはしくもしり給ひし。いかにも水草(みくさ)なりといへバ、義廉(よしかど)も思ひかけずとて、今はた竭(つき)ぬ主従(しゆうしう)の、縁(え)にしをあやしみ給ひけり。 時(とき)に富(とみ)次郎がいふやう、挾野氏(さのうぢ)とわが家(いへ)とハ、このとし来(ごろ)不和(ふわ)なる故(ゆゑ)に、軒(のき)をならべて住(すみ)ながら、」 御身(おんみ)にも面(おもて)を會(あはせ)たる事もなけれど、太郎左衛門に水草(みくさ)といふ、季(すゑ)の妹(いもと)ありし事はよくしりたり。かくいふ某(それがし)ハ挾隈(さくま)(とみ)之進が弟(おとゝ)(とみ)次郎、これなるハ舘(やかた)の御舎弟(ごしやてい)、冠者(くわんじや)次郎(じらう)義廉(よしかど)(ぎみ)にて在(おは)する、と御身の上を物(もの)がたれバ、水草(みくさ)ハ遙(はるか)に坐(ざ)を去(さつ)て、こハ/\いかに、とばかりに、歓(よろこ)びつ又悲(かなし)みつ、夢(ゆめ)に夢(ゆめ)見るこゝちせり。富(とみ)次郎ハ、次郎左衛門が、仇(あた)を〓[穴+鬼](ねら)ふと聞くにさへ、家隸(けらい)ながら義理(ぎり)ある長吉、彼(かれ)をやみ/\討(うた)せじ、と思へど更(さら)に色(いろ)にも出さず。冠者(くわんじや)次郎ハなき人に、似(に)たる水草(みくさ)を憐(あはれ)みて、われもし昔(むかし)の身なりせバ、請出(うけいだ)してこの女子(をなご)に、苦界(くがい)の勤(つとめ)ハさせまじきに、憖(なまじい)に世(よ)を厭(いとひ)てし、朽(くち)をしさ」5 よと情(なさけ)ある、言葉(ことば)に恋(こひ)のあらはれて、思ひつめたる遁世(とんせい)も、うはのそらなる氣色(けしき)なれバ、これ幸(さいはひ)と富(とみ)次郎、わか殿(との)にもこの日来(ひころ)、徒然(つれ%\)かちにましませバ、水草(みくさ)どのハこゝにありて、しばし慰(なぐさ)めまゐらせ給へ。われらハ殘(のこ)る暑(あつさ)あたりか、俄頃(にわか)に頭痛(づゝう)(たへ)がたし、と此(この)(ざ)を外(はづ)ず頓作病(とんさくびやう)、障子(せうじ)(ひき)たておくまりたる、一室(ひとま)に入りて休(やす)らひける。 秋(あき)とハいへど短夜(みじかよ)の、次第(しだい)/\に更(ふけ)まさり、星(ほし)の契(ちぎ)りをかは竹(たけ)も、まだ名(な)のみして初恋(はつこひ)の、睦言(むつごと)(よそ)にもらさじと、鴛鴦(をし)の衾(ふすま)を烏鵲(かさゝぎ)の、はしなき夢(ゆめ)をむすべる折(をり)しも、梅堀(うめぼり)の小五郎兵衛ハ、住持(ぢうぢ)同宿(どうしゆく)(ひき)つれて、手燭(てしよく)さしつけ部屋(へや)の戸(と)を、」

挿絵
【挿絵】梅堀(うめほり)の小(こ)五郎兵衛ハ義廉(よしかど)水草(みくさ)が密通(〔み〕つゝう)見あらはし金(かね)にせんと較計(もくろむ)6
あらゝかに引(ひき)あくれバ、裡(うち)にハ驚(おどろ)く義廉(よしかど)水草(みくさ)、迯出(にげいで)んにも〓[虫+尉](かや)の中、帶(おび)さへとけて面目(めんぼく)も、捺落(ならく)の底(そこ)へ入りたき風情(ふぜい)。小(こ)五郎兵衛ハ用捨(ようしや)なく、〓[虫+尉](かや)の釣手(つりて)を切(きり)おとし、二人(ふたり)の襟髪(えりがみ)かい掴(つかみ)て、膝下(しつか)へくつと引居(ひきすゆ)る。この物音(ものおと)に富(とみ)次郎も、一室(ひとま)を走(はし)り出(いづ)れども、はや密夫(みそかを)と露顕(ろけん)せし、この為体(ていたらく)に救(すく)ふべき、方便(てだて)なけれバ拳(こぶし)を握(にぎ)り、歯(は)を切(くひしば)りてひかへたり。小(こ)五郎兵衛ハいきまきあらく、只今(たゞいま)もいふ通(とほ)り、これなるハわが妹(いもと)、據(よんどころ)なき金(かね)に手(て)づかへ、近曽(ちかごろ)(くるわ)へ奉公(ほうこう)させしが、親方(おやかた)(かれ)を別荘(べつそう)に養(やしなひ)おきて物学(ものまなば)するを、この真男(まめをとこ)が相語(かたらひ)て、人もなげなる轉(ころ)び合(あひ)。外(よそ)から洩(もれ)7 てハ親方(おやかた)へ、義理(ぎり)も缺(かく)れバ男(をとこ)もたゝずと、宵(よひ)からつけて押(おさへ)た出入(ていり)。畢竟(ひつきやう)(てら)ハ揚屋(あげや)同前(どうぜん)、そら念仏(ねぶつ)する坊主(ぼうず)もなれ合(あひ)、これにてもなほ寺法(じほう)や立(たつ)、と詈(のゝし)りくるふ伎倆(たくみ)の土圭(とけい)、曲(まが)るこゝろの撞木(しゆもく)より、かねにする氣(き)と見てとる住持(ぢうぢ)、さわぎたる氣色(けしき)もなく、この仁(じん)ハ故(ゆゑ)あつて、當寺(たうじ)に寓居(ぐうきよ)(いた)さるれど、出家(しゆつけ)ならねバ仏(ほとけ)の教(をしへ)を、守(まも)るべきやうもなし。されど淫奔(いんほん)を事として、霊場(れいじよう)を汚(けが)せしうへハ、早々(さう/\)(てら)を追放(ついほう)すべし。又女子(をなご)ハ御身が妹(いもと)といへど、既(すで)に廓(くるわ)へ賣(うつ)たれバ、これ又其許(そこ)のまゝにもならじ。殊(こと)さらこの女子(をなご)を抱(かゝへ)たる妓院(ぎいん▼ユウジヨヤ)の主(あるじ)何某(なにがし)ハ、當寺(たうじ)の檀那(だんな)にてあるなれバ、女子(をなご)ハこゝより送(おく)るべし。しかれば御(おん)」 身(み)が義理(きり)の缺(かく)る事もなく、男(をとこ)のすたる事もなし、といはせもあへず小(こ)五郎兵衛、から/\と打笑(うちわら)ひ、口かしこくもいはるれど、石佛(いしぼとけ)をたふしたやうに、寐(ね)こんだおの/\をよび起(おこ)し、たま/\押(おさへ)た盗人(ぬすびと)を、このまゝにおくべきか。ぜひこの男(をとこ)ハ貰(もら)ひ受(うけ)、心(こゝろ)のまゝに計(はから)はんと、岌(かさ)にかゝるを住持(ぢうぢ)かさねて、人のさがハ見ゆれども、わが身(み)の善悪(さが)ハ見えぬやら。達(たつ)て此(この)(じん)を心(こゝろ)のまゝにせんとあらバ、其許(そこもと)をも又かへしがたし。凡(およそ)(よ)ふけて人を訪(とふ)にハ、門外(もんぐわい)よりおとなひて、門守(かどもり)を呼(よ)び起(おこ)し、案内(あない)させて入るべきに、さハなくして牆(かき)を潜(くゞ)り、塀(へい)を越(こえ)て来(き)たりしからハ、とりもなほさず盗人(ぬすびと)同前(どうぜん)。まづこの事(こと)より糺明(きうめい)せんや。といはれて流石(さすが)の小五郎兵衛も、」8 それハとばかり口(く)ごもれバ、富(とみ)次郎すゝみ出、最前(さいぜん)しのび来(きた)れるに癖者(くせもの)、とり迯(にが)せども手(て)に残(のこ)る、その片袖(かたそで)とさし出すを、住持(ぢうぢ)それをバ見(み)もやらず、物(もの)とられねバ盗人(ぬすびと)を、放(はなち)て遣(やる)も出家(しゆつけ)の役(やく)。小五郎兵衛たにいひぶんなくハ、事(こと)明白(めいはく)に糺(たゞ)すに及(およ)ばず。いざ/\梅堀(うめぼり)退参(たいさん)あれ、と寄(よら)ずさはらぬ挨拶(あいさつ)に、伎倆(たくみ)のうらをかくばかり、理(り)の當然(たうぜん)に横紙(よこがみ)も、破(やぶ)りかねたる立(たち)しほあしく、しからバ渠奴(きやつ)(ら)ハ此(この)(てら)を、忽地(たちまち)に追(お)ひ出(だ)し給へ。もし一日も畄(とめ)おかバ、吃度(きつと)出入(でいり)を致(いた)すべし。その時(とき)後悔(こうくわい)し給ふな、とほざきにほざいて小五郎兵衛ハ、小門(こもん)の潜(くゞり)ひらかせて、やがて家路(いへぢ)にかへりける。 住持(ぢうぢ)の上人は義廉(よしかど)主従(しゆうじう)にうち對(むか)ひ、わか氣(げ)とハはいひな」 がら、遁世(とんせい)の望(のぞみ)に引(ひき)かへ、驚(おどろ)き入たる不義(ふぎ)放蕩(ほうとう)。かゝるうへはちから及(およば)ず。御痛(おんいたは)しくハ候へども、明(あけ)なバいづ方(かた)へも御越(おんこし)あれ。又女子(をなご)が事(こと)ハ、親方(おやかた)を呼(よ)びよせて、引(ひき)わたし遣(つかは)すべし。と委細(いさい)に命(めい)じ給ふにぞ、役僧(やくそう)(うけたまは)り、天明(しのゝめ)のころ人を走(は)せて、彼(かの)親方(おやかた)を招(まね)きよせ、水草(みくさ)を逓与(わた)したりけれバ、冠者(くわんじや)次郎主従(しゆうじう)も、身(み)の誤(あやまり)に耻入(はぢいり)て、しほ/\寺(てら)をたち出給ひ、いづくに當(あて)ハなけれども、心(こゝろ)筑紫(づくし)の神垣(かみがき)を、いく世(よ)うつして上久(かみさび)し、湯嶋(ゆしま)のかたへ赴(おもむ)きて、繁(しげ)き小松原(こまつはら)を過(すぎ)給ふに、待設(まちまうけ)たる小五郎兵衛、手下(てした)の悪(わる)もの十人あまり、大路(おほぢ)せましと立(たち)ふさがり、形状(かたち)にも似(に)ぬ押着(わうちやく)もの、以後(いご)の」9 見懲(みごら)し棒(ぼう)くらへ、と打(うつ)てかゝれバ富次郎、主(しゆう)を後(うしろ)に立向(たちむか)ひ、抜(ぬき)あはせても多勢(たせい)に無勢(ぶせい)、閃(ひらめ)く棒(ぼう)ハ肩腰(かたこし)の、わかちもなく打居(うちすえ)られ、主従(しゆうじう)(いき)もたえ%\に、そのまゝ撲地(はた)と倒(たふ)れけり。 小五郎兵衛声(こゑ)をかけ、是奴(こやつ)(ころ)すも罪(つみ)つくり、みなひけ/\と〓[思+頁](あご)で下知(げち)、富(とみ)次郎が懐(ふところ)に、手(て)をさし入て断(ちぎ)られし、わが片袖(かたそで)をとり復(かへ)して、立(たち)かへらんとする折(をり)しも、思ひもかけず松蔭(まつかげ)より、小五郎兵衛且(まづ)(まて)と、呼(よび)とゞめて立出(たちいづ)るハ、隠家(かくれが)の茂(も)兵衛なり。これハと驚(おどろ)く小五郎兵衛、手下(てした)の徒(やから)も氣味(きみ)わるく、一ッところへよりこぞれば、富(とみ)次郎起(おき)かへり、こハめづらしや長吉(ちやうきち)。われ/\が難義(なんぎ)の筋(すぢ)を、しつて」

挿絵
【挿絵】茂兵衛しかへしして冠者(くわんじや)主従(しゆうじう)をすくひまゐらす10
こゝへハ来(きた)りしか。思ひかけずと歓(よろこ)べバ、茂(も)兵衛ハ土(つち)に兩手(りやうて)を着(つき)、多年(たねん)の御恩(ごおん)を仇(あた)にして、故郷(ふるさと)浅草(あさくさ)へ迯(にげ)かへり、しばしうき世(よ)をしのぶ身(み)の、名(な)も隠家(かくれが)の茂(も)兵衛と更(あらた)め、わがまゝに日は送(おく)れども、主君(しゆくん)の惠(めぐみ)ハ片時(へんし)も忘(わす)れず。しかるに此(この)(ほど)わか殿(との)にハ、やんごとなき御方(おんかた)の御供(とも)(あつ)て、芝崎(しばさき)の道場(どうじよう)に御坐(ござ)ある事を、子(こ)かたのものが聞出(きゝいだ)し、今朝(こんちやう)未明(みめい)に走(はし)り来(き)て、小五郎兵衛が較計(もくろみ)まで、委細(くはしく)(つぐ)るに心(こゝろ)もとなく、路(みち)をいそぎて参(まゐ)りしに、今一足(ひとあし)(おそ)くして、彼等(かれら)が打擲(ちやうちやく)にあはせまゐらせしこそ悔(くや)しけれ。されど茂(も)兵衛が参(まゐ)れるからは、何事(なにごと)も打(うち)まかせ、それにて見物(けんぶつ)し給ふべし、といひ慰(なぐさ)めて」11 小五郎兵衛が、ほとり近(ちか)くあゆみより、単衣(ひとへ)の袖(そで)を肩(かた)までかき揚(あげ)、長(なが)き脇指(わきざし)の刀(かたな)を、〓[金+當](こじり)(みじか)にして、身(み)をひたと立(たち)ならび、彼処(かしこ)なる二方(ふたかた)ハ、茂(も)兵衛が恩(おん)ある人(ひと)なるに、何(なに)(とが)あつて打擲(ちやうちやく)せし。その訳(わけ)(きか)んと問(とひ)かくれバ、小五郎兵衛あざ笑(わら)ひ、科(とが)なきものを打(うつ)べきか。其奴(そやつ)ハわが妹(いもと)と密會(しのびあひ)、兄(あに)が面(おもて)へ泥(どろ)を塗(ぬ)る大盗人(おほぬすびと)、以後(いご)の戒(いましめ)(なさけ)の笞(しもと)、痛(いたい)めハしうちぞ、とそら嘯(うそぶけ)バ茂(も)兵衛聞(きゝ)て、否(いや)盗人(ぬすびと)の宛名(あてな)がちがふ。汝(なんぢ)日外(いつぞや)(たび)の女子(をなご)を拐挈(かどはか)し、妹(いもと)と偽(いつは)り廓(くるは)へ賣(うり)て、許多(あまた)の身價(みのしろ)を貪(むさぼ)れども、なほ飽(あか)ずして色(いろ)に假托(ことよせ)、再(ふたゝ)び女子(をなご)を盗出(ぬすみいだ)して、遠(とほ)き縣(あがた)へ八重賣(やへうり)の、較計(もくろみ)ちがふた意趣(ゐしゆ)かへし。證据(しようこ)ハこれぞと」 いひもあへず、小五郎兵衛が懐(ふところ)より、引出(ひきいだ)したる以前(いぜん)の片袖(かたそで)、それハと慌(あはて)てさし出(いだ)す、腕首(うでくび)(とらえ)て投(なげ)つくれバ、手下(てした)の悪棍(わるもの)(さは)きたち、打(うち)てかゝる六尺棒(ぼう)を、一ッによせて引手(ひきた)くり、中(あた)るをさいはひ打(うち)すゆれバ、算木(さんき)を乱(みだ)すに異(こと)ならず。茂(も)兵衛ハかく打伏(うちふ)せて〓[勹+言](のゝし)りけるハ、廓(くるわ)の恋(こひ)ハ賣物(うりもの)買物(かひもの)、彼(かの)女子(をなご)が客達(きやくたち)と、新枕(にひまくら)するその夜(よ)にハ、この方(かた)さまのお供(とも)して、茂(も)兵衛が會(あは)せ進(まゐ)らする。妨(さまたげ)んものハ誰(たれ)にもあれ、息(いき)の根(ね)(とめ)るを合点(がてん)なら、かならず出入(でいり)をもつて来(こ)よ、と飽(あく)までに廣言(くわうげん)し、白眼(にらみ)(つく)れバ小五郎兵衛、許多(あまた)の手下(てした)(もろ)ともに、點頭(うなづく)ばかり腰(こし)(たゝ)ず。こゝちよかりし光景(ありさま)也。 かくて茂(も)兵衛」12 ハ義廉(よしかど)主従(しゆうじう)を伴(ともな)ひかへり、兩三日ハわが家(いへ)におきまゐらせしが、こゝハ人(ひと)出入(でいり)(しげ)くして、世(よ)をしのび給ふに便(たより)あしけれバとて、近(ちか)き辺(ほとり)の借屋(しやくや)に移(うつ)し入れ奉(たてまつ)り、おのれハ日ごとに行(ゆき)かよひて、よろづ乏(とぼ)しからず賄(まかな)ひまゐらせしかバ、冠者(くわんじや)次郎はさら也、富(とみ)次郎も只管(ひたすら)(かれ)が信(まこと)ある志(こゝろざし)を感悦(かんゑつ)し、主従(しゆうじう)(さら)にちからを得(え)て、十日あまりを過(すぐ)せしに水草(みくさ)ハ誰也(たそや)と改名(かいめい)し、近日(きんじつ)(きやく)を迎(むか)ふるといふ風聞(ふうぶん)(あれ)バ、茂(も)兵衛その日より郷導(しるべ)して、誰也(たそや)を義廉(よしかど)にあはせ進(まゐ)らせしに、小五郎兵衛か徒(ともがら)も、向(さき)の爲返(しかへ)しに手懲(てごり)して、これを阻(こばま)んとすることかなはず、却(かへりて)(よ)の胡盧(ものわらひ)にぞなれりける。

 第四編(だいしへん)ハ義女(ぎぢよ)八橋(やつはし)が事蹟(ことのあと) 冠者(くわんじや)次郎(じろう)義廉(よしかど)ハ、隠家(かくれが)の茂(も)兵衛が郷導(しるべ)にて、突出(つきだ)しのその日より、誰也(たそや)に會馴(あひなれ)給ひしかバ、誰也(たそや)も義廉(よしかど)ハ古主(こしゆう)なるに姿(すがた)も殊(こと)さら雛(ひな)び給へバ、この殿(との)ならで他(あだ)し客(きやく)に、身(み)をまかせじと契(ちぎ)る程(ほど)に、金(かね)に穹(つま)るハ廓通(さとがよひ)の生平(つね)なり。茂(も)兵衛ハ所持(しよぢ)の猟舩(りやうせん)を沽却(うりしろな)し、或(あるひ)ハ利足(りそく)過分(くわぶん)の金(かね)を借受(かりうけ)などして、遊興(ゆうきやう)の雜費(ざつひ)を調(みづき)まゐらせしに、近曽(ちかごろ)誰也(たそや)がかたへ、黄金(こがね)あまたもてる田舎客(ゐなかきやく)のありて、只(たゞ)一度(いちど)坐敷(ざしき)を勤(つとめ)しに、身受(みうけ)せんとて、その事既(すで)に整(とゝの)ふよし聞(きこ)えけれバ、義廉(よしかど)ハいふも更也(さらなり)、茂(も)兵衛も」13(かの)女子(をなご)を、他(あだ)し人に逓与(わたし)てハ、富(とみ)次郎へ義理(ぎり)たゝず、且(かつ)小五郎兵衛が徒(ともがら)に、笑(わらは)れんも朽(くち)をしとて、只管(ひたすら)に焦燥(いらだて)ども、指(さし)あたりて身價(みのしろ)の、とゝのふべきよすがもなけれバ、妹(いもと)八橋(やつはし)を廓(くるわ)へ賣(う)らばやと思ひしが、又思ひ回(めぐ)らせバ、縦(たとひ)手結(てづめ)の金(かね)なりとも、只(たゞ)一人の妹(いもと)を賣(うつ)て、他(た)人の遊興(ゆうきやう)を助(たすく)るなど、縁由(ことわけ)しらぬ世の人ハ、爪弾(つまはぢき)して〓[心+里](あざけ)るべし。とかく布(しき)金ある壻(むこ)をえらみて、その金を誰也(たそや)が手附(てつけ)にわたし、しばし身受(みうけ)の事を阻(こばま)バ、そのうちにハ、別(べつ)に金(とゝの)の調ふべき手段(しゆだん)もありなんと思案(しあん)し、所持(しよぢ)の猟舩(りやうせん)五艘(そう)の外(ほか)に、如此(しか)々々(/\)の田地(でんぢ)ありなど、よきに誑(いつは)りこしらへて、八橋を妻(めあは)すべき、」 壻(むこ)をがなと索(たづぬ)るに、無戸村(むとむら)の南(みなみ)なる、舟川戸(ふなかはど)〔今いふ花川戸〕の三五右衛門といふもの媒(なかだち)して、男態(をとこぶり)こそ二の町(まち)なれ、百兩の布(しき)金にて、壻入(むこいり)すべしと望(のぞむ)ものあるよしを告来(つげき)たれバ、茂(も)兵衛大によろこびて八橋(やつはし)にもいひ聞(きか)せ、速(すみやか)に熟談(しゆくだん)して、既(すで)に婚礼(こんれい)の夜(よ)にもなりにけれバ、三五右衛門ハ短袴(みぢかばかま)を、跨(またげ)るやうに穿(はき)なして、彼(かの)(むこ)を伴(ともな)ひ来り、是ハ癩(なり)の鰐藏(わにぞう)とて、元(もと)ハ鎌倉(かまくら)にて、いと冨(とめ)りし商人(あきんど)の二男(じなん)也。見給ふごとく容貌(かほかたち)ハ葛城(かつらぎ)の神(かみ)に似(に)たれど、心さまハ活(いけ)る佛(ほとけ)にて候なる。常言(ことわざ)に馬(うま)にハ乗(のり)て見よ、人にハ添(そひ)てしれといふこともあれバ、只玉椿(つばき)の八千代(やちよ)かけて、夫婦(ふうふ)(むつま)しく相語(かたらひ)給へなど、信(まめ)だちて引合(ひきあは)するにぞ、茂兵衛」14 同胞(はらから)燈燭(ともしび)をさし向(むけ)て、その人をよく見るに、癩(なり)といへるもことわりや、髪(かみ)の毛(け)ハ耳(みゝ)の脇(わき)と、項(うなじ)のあたりに斑(まだら)に残(のこ)り、鼻(はな)の穴(あな)はつかに明(あき)て、眼汁(めしる)(おびたゞ)しく流(なが)れ出(いで)、眉毛(ゆみげ)ハ一條(ひとすぢ)もなくて、膚(はだへ)ハすべて猿滑(さるすべり)といふ樹(き)のごとく、又覇王樹(さぼてん)に〓[衣+上]〓[衣+下](かみしも)(き)せたるに異(こと)ならねバ、八橋(やつはし)ハ呆(あきれ)に呆(あき)れて、二目(ふため)とも見もやらず、かゝるべしともしらざりし。茂(も)兵衛も妹(いもと)が便(びん)なさと、世(よ)の聞(きこ)えさへうしろめだく、しばし回答(いらへ)もせざりしが、たま/\調(とゝの)ふ今宵(こよひ)の布金(しきかね)、疥癩(かつたい)にもせよ餓鬼(がき)にもあれ、一旦(いつたん)(むす)びし婚縁(こんえん)を、破(やぶら)んハ男子(をのこ)にあらず、と志(こゝろざし)を励(はげま)しつゝ、みつから立(たつ)て盃(さかづき)を、とり出(いだ)す折(をり)しもあれ、外面(とのかた)よりはら/\と、うちし礫(つぶて)ハ男(をとこ)の髻(もとゞり)、ひとつ/\」

挿絵
【挿絵】八橋(やつはし)鰐藏(わにざう)婚姻(こんいん)の夜(よ)何ものともしらずあまたの髻(もとゞり)をなげこむ15
に札(ふだ)(つけ)て、七人が名(な)を記(しる)したれバ、茂(も)兵衛大に怒(いか)り罵(のゝし)り、われよく是(これ)を猜(すい)したり。今宵(こよひ)の婚姻(こんいん)を妨(さまたげ)して、過(すぎ)つる遺恨(ゐこん)を復(はら)さん爲(ため)、小五郎兵衛が徒(ともがら)の奸計(かんけい)に究(きはま)れり、いで引捉(ひきとらへ)て被(き)せられたる、ぬれ衣(ぎぬ)を乾(ほ)させん、といひかけて立(たち)あがるを、三五右衛門引とゞめ、兄貴(あにき)こそさハおぼせ、わかき女子(をなご)の事なれバ、外(ほか)に契(ちぎ)りし男(をとこ)ありて、恨(うらみ)の髻(もとゞり)(きり)はらひ、赤(あか)き心を示(しめ)せしもの歟(か)。しかれバわれら壻(むこ)どのを預(あづか)り帰(かへ)り、いよ/\妹御(いもとご)に他心(あだごゝろ)なきに於(おい)てハ、又別(べつ)に日をえらみ、盃(さかづき)さするも遅(おそ)からじ、といはせもあへす声(こゑ)ふり立、かくまで結(むす)びし婚縁(こんえん)を翌(あす)へも延(のば)す茂(も)兵衛ならず。よしや八橋(やつはし)に密男(みそかを)あらバ、首(くび)を並(なら)べる天下(てんか)の掟(おきて)、壻(むこ)の心(こゝろ)16 にまかするに、何(なに)(はゞかり)のあるべきや、と言潔(こといさぎよ)くいひはなせバ、鰐藏(わにそう)聞てうち點頭(うなづき)、舅(しうと)の仰(おふせ)いとたのもし。人づてならで八橋(やつはし)が、密男(みそかを)ハわれ正(たゞ)すべし。誘(いざ)給へとて泣沈(なきしづ)む、妻(つま)の手をとる夫より、壻(むこ)の腰(こし)(お)す媒(なかうど)も、襖(ふすま)引あけ奥(おく)まりたる、背(せ)戸屋のかたへ赴(おもむ)きける。 鐘(かね)の音(ね)も物おもへとや夕ぐれて、路(みち)くらけれど富次郎ハ、頓(とみ)の事とて挑灯(ちやうちん)も、ともさでひとり廓(くるわ)より、小(こ)もどりして裡(うち)に入り、茂兵衛に對(むかひ)ていへりけるハ、誰也(たそや)が身受も翌(あす)の夜(よ)に、はや事迫(せま)ると聞(きこ)ゆれバ、義廉(よしかど)ふかく憂(うれ)ひ給ひ、もしわが方に根(ね)引ならずハ、共(とも)に死(しな)んと悶(もたへ)つゝ、今宵(こよひ)も又帰(かへ)り来まさず。いかに諫(いさむ)れども聴(きゝ)入なければ、この事汝(なんぢ)に」 告(つげ)んため、潜(ひそか)に来(きた)れりと物がたれバ、茂(も)兵衛聞て声(こゑ)を低(ひく)うし、こゝろ安くおぼし給へ。身受の金も少(すこ)しく調(とゝの)ひたれバ、翌(あす)ハかならず事成(なる)べし。なほくはしくハ廓(くるわ)にゆきて申さめなど、回答(いらへ)もいまだ果(はて)ざるに、手づから持(もて)る小挑灯(こちやうちん)、野袴(のはかま)(き)たる侍(さむらひ)が、外面(とのかた)よりさし覗(のぞ)き、茂(も)兵衛にあはんとおとなふハ、これまがふべうもなき、挾隈(さくま)富之進(しん)にてありけれバ、富次郎大に慌(あはて)、かくるゝ隙(ひま)も納戸(なんど)の押(おし)入、戸棚(だな)へ跂(は)入る後影(うしろかげ)を、それと見れども富之進(しん)ハ、しらずがほして裡(うち)に入れバ、茂(も)兵衛もうち驚(おどろ)きつゝ坐(ざ)に請(しよう)じ、思ひがけずとばかりに、頭(かしら)を席薦(たゝみ)にすり着れバ、富之進(しん)自若(じじやく▼○ツネノゴトク)として、めづらしや長吉、劔術(けんじゆつ)の」17 一流(いちりう)を極(きはめ)たる挾野(さのゝ)太郎左衛門を討(うつ)て立退(たちの)きし働(はたらき)(ほむ)べき事にあらねども、男子(をのこ)の意氣地(ゐきぢ)是非(ぜひ)に及(およば)ず。それに引(ひき)かへ憎(にく)むべきハ、わが弟(おとゝ)富次郎冠者(くわんじや)殿(どの)の御供(おとも)して舘(やかた)を逐電(ちくてん)し、〓[月+貝+〓](あまつさへ)元吉原(もとよしはら)の遊女(うかれめ)、誰也(たそや)とやらんが方(かた)へかよひ給ふを、一言(いちごん)の諫(いさめ)をも申さず、千金の御身を悪處(あくしよ)へ誘(いさな)ひ奉(たてまつ)るハ、言語同断(ごんごどうだん)の愚人(しれもの)なり。われハかゝる事ともしらず、主君(しゆくん)の内意(ないゐ)を承(うけ給は)り、京(きやう)鎌倉(かまくら)を索(たづね)めぐり近曽(ちかごろ)この江戸に来りて、遠近(をちこち)を徘徊(はいくわい)し、世(よ)の風声(ふうぶん)にて主従(しゆうじう)の、ゆくへもその身の行(おこな)ひも聞て仰天(ぎやうてん)せざるべき歟(か)。この沙汰(さた)故郷(こきやう)へ洩(もれ)ざるうち、彼(かの)誰也(たそや)を受出(うけいだ)し、ともかくも計(はか)らばやと思ひ定め潜(ひそか)に」

挿絵
【挿絵】挾隈(さくま)富之進(とみのしん)(も)兵衛家(いへ)へたづね來る折しも悪徒(わるもの)とも酒樽(さかたる)を荷(になひ)こむ18
(くるわ)に赴(おもむ)きて誰也(たそや)に對面(たいめん)し、わが身(み)の上(うへ)をもうち明(あか)して、彼(かれ)が素性(すじよう)を尋(たづぬ)れハ、挾野(さのゝ)次郎左衛門が妹(いもと)水草(みくさ)といひしもの也、とみづから名告(なのる)にます/\當惑(たうわく)、抑(そも/\)かの水草(みくさ)事ハ、先君(せんくん)の御落胤(おとしたね)なりけるに其(その)ころ奥方(おくがた)の妬(ねたみ)ふかきをもつて、産(うま)ざる以前(いぜん)に彼(かれ)が母(はゝ)をハ、次郎左衛門か父(ちゝ)太惣(たそう)兵衛に下(くだ)し給ひぬ。この事穏便(おんびん)なるがゆゑに、しる人絶(たえ)てなしといへども、冠者(くわんじや)次郎と水草(みくさ)とハ、兄弟(きやうたい)にておはするを、しらぬ事とハいひながら、富(とみ)次郎が誘引(いざなひ)て、この世(よ)から畜生道(ちくしようどう)へ堕(おとし)まゐらする不義(ぎ)不忠(ふちう)、いにしへにもその例(ためし)を聞(きか)ず。元来(もとより)(なんぢ)が彼(かの)主従(しゆうじう)を、舎匿(かくまひ)おく事よく知(しつ)て索(たづ)ね来(きた)れる事(こと)なれバ、義廉(よしかど)(ぎみ)ハいふも更(さら)也、」19 富次郎にはやく會(あは)せよ、手討(てうち)になさんと鞆(つか)に手(て)を、かゝるべしとハ思ひきや、茂兵衛ハ針(はり)の席(むしろ)にも、坐(ざする)がごときこゝちして、身(み)より出(いで)たる錆刀(さびがたな)(むね)を挾隈(さくま)に返答(へんとう)も、しかねてためらふ門口(かとくち)より、小(こ)五郎兵衛が手下(てした)の悪(わる)もの、七人揃(そらふ)てさんばら髪(がみ)、菰裹(こもづゝみ)の酒樽(さかだる)を、擔(かつぎ)つれて裡(うち)に入り、思ひ思(おも)ふた八橋(やつはし)に、壻(むこ)どりすると聞て本意(ほゐ)なく、男(をとこ)を棄(すて)てみな發心(ほつしん)、精進酒(しようしんざけ)なと祝(いはゝ)んとて、もて来(き)た酒(さけ)に肴(さかな)ハなし、いざ/\馳走(ちそう)になるべし、といと囂(かしま)しくどよめけバ、思ひもかけぬ彼処(かしこ)より、その肴(さかな)(まゐ)らせん、といひつゝ出来(いでく)る壻(むこ)の鰐藏(わにざう)。八橋(やつはし)が首(くび)引提(ひきさげ)て、酒樽(さかだる)の上(うへ)にかき居(すえ)、女児(むすめ)一人(ひとり)に壻(むこ)八人、摩(なびき)しか」 靡(なびか)ざるかハしらねども、けふよりハわが妻(つま)なるに、不義(ふぎ)の汚名(おめい)あらせてハ、舅(しうと)の名(な)までくださん事、壻(むこ)になつたるかひなけれバ、是非(ぜひ)を論(ろん)ぜす八橋(やつはし)が、首(くび)うち落(おと)して當座(たうざ)の肴(さかな)。かく手料理(てりやうり)を振舞(ふるまふ)からハ、其処(そこ)へならびし密夫(みそかを)たち、相伴(しようばん)あれといひもあへず、飛(とび)かゝりて丁(ちやう)と切(き)る、真向(まつかう)梨割(なしわり)車切(くるまきり)、きり剿(つく)されて悪棍(わるもの)ども、一人(ひとり)も残(のこ)らず死(しん)でけり。茂(も)兵衛思はずあふぎたて、遖(あつぱれ)(むこ)どのでかされし、と誉(ほむ)れど勇(いさ)む氣色(けしき)もなく、刀(かたな)を拭(ぬぐひ)て鞘(さや)に納(おさめ)、誉(ほめ)らるゝハわれならで、みな八橋(やつはし)が兄(あに)をおもふ、信義(しんぎ)と其許(そこ)の精忠(せいちう)に、猛(たけ)きこゝろも身(み)を耻(はぢ)し、かひなきわが名(な)を告(の)るべしとて、富之進(とみのしん)に目礼(もくれい)し、言(こと)をあらためていへりけるハ、」20 われ實(まこと)ハ汝(なんぢ)に討(うた)れたる、太郎左衛門が弟(おとゝ)なる、挾野(さのゝ)次郎左衛門常正(つねまさ)也。過(すぎ)つる年(とし)(あに)を討(うた)れしその日(ひ)より、復讐(ふくしう)に思ひを焦(こが)すといへども、蟄居(ちつきよ)の仰(あふせ)を蒙(かうむ)りしかバ、徒(いたづら)に月日(つきひ)を過(すぐ)し、そのゝち身(み)を放(ほしいまゝ)にする事(こと)を許(ゆる)されてより、関(せき)の八州(はつしう)を〓[彳+扁]歴(へんれき)して汝(なんぢ)を索(たづね)しに、ある時(とき)下総(しもふさ)の銚子口(ちやうしぐち)より便舩(びんせん)して、相模(さがみ)のかたへ赴(おもむか)んとせしに、その舩(ふね)に類(あやかし)つきて、既(すで)に覆(くつがへり)なん/\とす。こハ鰐(わに)の所爲(わざ)也とて、舩人(ふなびと)(ら)戦慄(おぢおのゝく)にぞ、われその時(とき)思ふやう、とても本望(ほんもう)を遂(とげ)ずして、むなしく溺(おぼ)れ死(しな)んより、その鰐(わに)を刺(つき)とめて、運(うん)を天(てん)にまかせんものをと、みづから舷(ふなばた)に跳出(おどりいづ)れハ、高浪(こうらう)左右(さゆう)にさとわかれて、千石(せんごく)を積(つむ)(ふね)よりも、なほ大きやかなる」

挿絵
【挿絵】次郎左衛門八橋(やつはし)が義心(ぎしん)を感(かん)じて茂兵衛を見迯(みのが)21
悪魚(あくぎよ)、忽然(こつぜん)と浮(うか)み出、口(くち)を開(ひら)きて逆来(むかへき)たるを、こゝろに神佛(しんぶつ)を祈念(きねん)しつ、短(みじか)き刀(かたな)を握(にぎ)りもち、鰐(わに)の〓[思+頁](あぎど)に飛入(とびい)りつゝ〓[月+亢](のんど)のあたりをかき破(やふ)り、その痍口(きづくち)より脱(のが)れ出(いで)、辛(からう)じて悪魚(あくぎよ)ハ爲(し)とめしが、吾(われ)も立地(たちどころ)に絶入(たえいり)て、更(さら)に生(いく)べうもあらざるを、舩人(ふなびと)(ら)が介抱(かいほう)にて、数月(すげつ)のゝちやうやく本復(ほんふく)すといへども、一旦(いつたん)(わに)の咽喉(のんど)に入りしかバ、肉(にく)(たゞ)れ毛髪(かみのけ)(ぬけ)、さながら癩人(らいびやうやみ)のごとくなりぬ。むかし唐山(もろこし)(しん)の豫讓(よじよう)ハ、灰(はい)を呑(のみ)、身(み)に漆(うるし)し、姿(すがた)を窶(やつ)して仇(あた)を〓[穴+鬼](ねら)ふ、われハ求(もとめ)ずして斯(かく)ばかり、形状(かたち)(むかし)に異(こと)なれバ、仇(あた)を索(たづぬ)るに究竟(くつきやう)なりと歓(よろこ)びつゝ、遂(つひ)に鎌倉(かまくら)に赴(おもむ)き、舊(もと)の若黨(わかとう)、佐一(さいち)兵衛を訪(とふ)て、妹(いもと)水草(みくさ)21 が安否(あんひ)を問(とへ)バ、彼(かれ)ハ其(そ)の日(ひ)、墨田(すみだ)川原(かはら)にて、野人(やじん)に奪(うば)ひとられしと、聞(きく)(こと)(ごと)に憂(うき)をかさね、佐一兵衛とともに武蔵(むさし)に来(きた)りて、水草(みくさ)がゆくへを索(たづね)しに、元吉原(もとよしはら)にて誰也(たそや)と呼(よば)るゝ遊女(うかれめ)は、その人なりと灰(ほのか)に聞(きく)。行(ゆき)て見ばやと思ふ折(をり)しも汝(なんぢ)が在処(ありか)しれたるうへ、壻(むこ)をえらむと風聞(ふうぶん)あれバ、佐一兵衛を媒(なかうど)とし、輙(たやす)くこれを謀課(はかりおほ)せて、討果(うちはた)さんと思(おも)ふ間(ま)もなく、降(ふつ)て涌(わい)たる宵(よひ)の騒動(そうどう)、計(はかりこと)にもせよ、妹背(いもせ)の縁(えん)を結(むすび)つる八橋(やつはし)に、わがうへを明(あか)さずハ、色(いろ)に迷(まよ)ひて彼(かの)女子(をなご)を、陥(おとしい)るゝに似(に)たりと思(おも)ひ、告(つぐ)るに實(まこと)をもつてせしかバ、八橋(やつはし)ふかく悲(かなし)みて、何(なに)とぞわらはが首(こうべ)を剄(はね)、こよひの仇討(あだうち)」 を延(のべ)てたべ、と舎兄(いろね)を思ふ真實(しんじつ)の切(せつ)なる托(たのみ)黙止(もだし)がたく、打(うつ)たる首(くび)ハけふ一日、われから恕(ゆる)す身がはりぞや。人の賢愚(けんぐ)(ひと)しからずとハいへど、讐人(かたき)ながらその行(おこな)ひ、兄(あに)ハ忠(ちう)あり妹(いもと)ハ義(ぎ)あり。それに引かへ吾儕(われわれ)ハ、人倫(じんりん)の道(みち)に疎(うと)く、兄(あに)ハうき世(よ)の人に憎(にくま)れ、妹(いもと)ハ又河竹(かわたけ)の流(ながれ)に沈(しづ)むのみならず、獣(けもの)に似(に)たる過(あやまち)あり。忠(ちう)ある茂(も)兵衛を討(うち)とつて、兄(あに)が冤(うらみ)ハ雪(すゝぐ)とも、妹(いもと)が悪名(あくみやう)ハ雪(すゝぎ)がたし。こゝをもて八橋(やつはし)が志(こゝろざし)を空(むなし)うせず、その首(くび)(うつ)て小五郎兵衛が、手下(てした)の奴原(やつばら)切剿(きりつく)す、壻(むこ)と舅(しうと)の因縁(いんえん)縁故(えんこ)、斯(かく)のごとしと物語(ものがた)れバ、富之進(とみのしん)もうち驚(おどろ)き、実(げに)も今(いま)(わる)ものどもを討畄(うちとめ)し手(て)のうち、只人(たゝびと)ならずと思ひしに、扨(さて)ハ」22 挾野(さのゝ)次郎左にてありつるかな。声音(こはね)ハ昔(むかし)にかはらねど、その人とも思はれず、といひも果(はて)ざるその處(ところ)へ、媒(なかうど)の佐一兵衛一室(ひとま)より立出(たちいで)て、近曽(ちかごろ)舩川戸(ふなかわど)に住(すま)ひして、敵(かたき)へ手引(てびき)の媒(なかだち)ハ、挾野(さの)の若黨(わかたう)佐一兵衛、わが爲(ため)にハ主(しゆう)の仇(あた)、茂(も)兵衛いかにと詰(つめ)よせたり。茂兵衛縁由(ことのよし)を聞(きゝ)て、驚(おどろ)くといへども更(さら)に騒(さわ)がすして、次郎左衛門がまへに坐(ざ)を卜(しめ)、男(をとこ)を磨(みが)く隠家(かくれが)の茂(も)兵衛が、妹(いもと)八橋(やつはし)に助(たすけ)られ、面(つら)押拭(おしぬぐう)て存命(ながらふ)べき歟(か)。いざ立(たち)あがつて兄(あに)の仇(あた)、首(くび)(うち)おとして手向(たむけ)給へ、といひつゝ頸(うなじ)さし伸(のば)せバ、いふにや及(およ)ぶと次郎左衛門、刀(かたな)すらりと抜放(ぬきはな)して、茂(も)兵衛が髻(もとゞり)(きり)はらひ、冠者(くわんじや)どのをかくまひし、罪(つみ)ある」 茂(も)兵衛を次郎左衛門が、私(わたくし)にハ討(うち)がたし。この事殿(との)のお聞(きゝ)に達(たつ)し、敵討(かたきうち)ハ後日(ごにち)の沙汰(さた)。空衣(くうい)を刺(さし)たる例(ためし)にならひ、首(こうべ)に換(かゆ)る髻(もとゞり)ハ法(のり)の郷導(しるべ)の吾妹子(わきもこ)が、寐(ね)くたれ髪(かみ)の一睡(ひとねぶり)ねぶれハ善悪(あやめ)もわかなくに、世(よ)にハあれどもなしの本(もと)、隠家(かくれが)の茂睡(もすい)入道(にうとう)と法号(ほうごう)し、妹(いもと)かなき跡(あと)(とむらは)れよ、といふに茂兵衛も感伏(かんふく)し、命(いのち)を惜(をし)むにあらねども、しばしハこゝにすみだ川(かわ)、ながらふる身(み)を哀(あは)れとハ、ゆふこえて行(ゆく)(ひと)も見よ。待乳(まつち)の山(やま)の草(くさ)の戸(と)に、なほ再會(さいくわい)を期(ご)すべしと、誓(ちかひ)ハ堅(かた)き碑(いしぶみ)の、一首(いつしゆ)ハこれとしられたり。 富之進(とみのしん)も感激(かんふく)し、一旦(いつたん)の義(ぎ)に仗(よつ)て、次郎左(ざ)ハ仇(あた)を見迯(みのが)せども、見迯(みのが)しがたきハ富(とみ)次郎。最(さい)24(ぜん)在所(ありか)ハ見(み)おきし、といひつゝ戸棚(とだな)に手をかくるを、明(あけ)させじと隠家(かくれか)が阻(へだて)つ、攘(はらひ)つ、あらそふ程(ほど)に、戸(と)を引(ひき)たふせバ押入(おしいれ)の、後(うしろ)の壁(かべ)を切抜(きりぬき)て、裡(うち)にハ更(さら)に人(ひと)もなし。さてハ委細(いさい)に聞(きゝ)しつて、面目(めんぼく)なさに迯(にげ)うせしか。但(たゞ)し心(こゝろ)あつての事か。ゆくへハ正(まさ)に元吉原(もとよしはら)。冠者(くわんじや)次郎の御身(おみ)の上(うへ)も、おぼつかなしとて富之進(とみのしん)、おつとり刀(がたな)に走出(はしりいづ)れバ、茂(も)兵衛ハさらなり次郎左衛門、佐一兵衛も諸(もろ)ともに、裳(もすそ)を〓[塞-土+足](かゝげ)て追行(おひゆき)ける。

 第五編(だいごへん)ハ誰也行燈(たそやあんどう)の縁故(ことのもと) 挾隈(さくま)(とみ)次郎ハ、戸棚(とだな)の中(うち)にかくれ居(ゐ)て、兄(あに)富之進(とみのしん)が物語(ものがたり)を、」 一五一十(いちぶしじう)(きゝ)とゞけ、大に驚(おどろ)きて悔耻(くひはづ)るといへども、今ハそのかひなかりし程(ほど)に、せめて誰也(たそや)を刺殺(さしころ)して、義廉(よしかど)の汚名(おめい)をすゝぎ、腹(はら)かき切(き)らんと思(おも)い定(さだ)め、潜(ひそか)に壁(かべ)を切破(きりやぶ)りて、その夜(よ)元吉原(もとよしはら)に走(はし)りゆき、誰也(たそや)を呼出(よびいだ)していへりけるハ、御身(おんみ)か根引(ねびき)の事(こと)につきて、冠者(くわんじや)さまにもしらせませず、茂(も)兵衛が申べき事(こと)ありとて、只今(たゞいま)彼処(かしこ)の揚屋(あげや)にあり。誘(いざ)給へ、よき左右(さう)あらんと誑(たばか)るにぞ、誰也(たそや)ハこれを實(まこと)とし、うれしきまゝに心忙(こゝろいそが)しけれバ、禿(かむろ)のみを携(つれ)て走(はし)り出、富(とみ)次郎とともに賢蔵寺町(けんそうじまち)のかたへ赴(おもむ)くに、廓(さと)の子四(ねよつ)もはや過(すぎ)て、いと闇(くら)き夜(よ)ハ常(つね)よりも、往(ゆき)25(き)ハはやく迹絶(とだへ)たり。時分(じぶん)ハよしと富(とみ)次郎、抜手(ぬくて)も見せず後(うしろ)より、誰也(たそや)を撲地(はた)と切伏(きりふ)せて、起(おこ)しも立すとゞめの刀尖(きつさき)、魂消(たまぎる)(こへ)ともろとも〔に、〕わつと泣出(なきだ)す禿(かぶろ)が周章(しうしよう)。ひとり聞(きゝ)(つけ)ふたりが見つけ、すは人殺(ひとごろ)しといふ程(ほど)こそあれ、手に/\桿棒(よりぼう)長楷子(ながはしご)、搦捉(からめと)らんと鬩(ひしめけ)バ、自害(じがい)する間(ま)もあら物/\し、と多勢(たせい)を相手(あいて)に切(きり)たて/\、思ひ究(きはめ)し死(しに)もの狂(ぐる)ひ。こゝを最期(さいご)と戦(たゝか)へバ、この勢(いきほ)ひに辟易(へきゑき)し、みなむら/\と逃散(にげちつ)たり。いでこの隙(ひま)に腹(はら)(き)らん、と持(もつ)たる刀(かたな)をとりなほせバ、手下(てした)の仇(あた)を復(かへさ)ん爲(ため)、茂(も)兵衛が跡(あと)を慕(した)ひつゝ、走(はし)り来(き)たる小五郎兵衛、思ひもよらぬ後(うしろ)より、楚(しか)

挿絵
【挿絵】挾隈(さくま)(とみ)次郎誰也(たそや)を切害(せつがい)し比類(ひるい)なきはたらきして小(こ)五郎兵衛をころす26
と組(く)むを振(ふり)ほとき、〓[月+害](わきばら)ふかく丁(ちやう)と刺(つけ)バ、〓[手+堂](だう)と倒(たふ)るゝ小(こ)五郎兵衛が、胸(むね)のあたりへ乗(のつ)かゝり、刀(かたな)逆手(さかて)にわれとわが、腹(はら)へぐつと衝(つき)たつる。 浩処(かゝるところ)へ富之進(とみのしん)(ら)、四人斉(ひとし)く走(はし)り来(き)つ。かくと見てこハいかに、と人々驚(おどろ)くその中(なか)にも、富之進(とみのしん)(こゑ)をかけ、やをれ弟(おとゝ)、その刀(かたな)、しばし引廻(ひきまは)さずして兄(あに)が今、いふことをよく聞(きけ)よかし、といふに茂兵衛がさし寄(より)て、抱(いだ)きとゞめて勦(いたは)れバ、富之進(とみのしん)(ことは)をあらため、向(さき)にわれ外(よそ)ながら、冠者(くわんじや)どのと誰也(たそや)とハ、兄弟(きやうだい)なりと物(もの)がたりしハ、元来(ぐわんらい)(あと)なき空言(そらごと)にて、汝(なんぢ)に誰也(たそや)を殺(ころ)させて寸忠(すんちう)を立(たて)さすべき、謀(はかりこと)にてありけるなり。その故(ゆゑ)ハ義廉(よしかど)(ぎみ)、佐江(さえ)の方(かた)の」27(いろ)に溺(おぼ)れ、小弓家(をゆみけ)の婚姻(こんいん)を固辞(いなみ)給ふのみならず、彼(かの)愛妾(あいせう)が世を去(さつ)たる愁歎(しうたん)のあまり、遁世(とんせい)の望(のぞみ)ありとて、舘(やかた)を逐電(ちくてん)し給ひながら、ふたゝび誰也(たそや)が色に迷(まよ)ひ、放蕩(ほうとう)の聞(きこ)えあるときハ、両家(りやうけ)の和親(したしみ)(つひ)に破(やぶ)れて、君家(くんか)の御一大事(じ)となりなんハ眼前(がんぜん)なり。いかにもして思ひきらせ進(まゐ)らせ、故(ゆゑ)なく帰舘(きくわん)あらせまほしく、誰也(たそや)にハ先(さき)だつて、潜(ひそか)に存念(ぞんねん)をかたり聞(きか)せ、先君(せんくん)の御落胤(おとしだね)なりと偽(いつは)りて、死(し)ねよ殺(ころ)せと人ならぬ、心を鬼(おに)になしたりし、この身の劬労(くろう)ハ数(かず)ならず。誰也(たそや)と汝(なんぢ)が一命(めい)を捨(すて)たれバこそ浪風(なみかぜ)もたゝで治(おさま)る兩家(りやうけ)の大幸(たいかう)。外(よそ)にハ誰也(たそや)が非(ひ)

挿絵
【挿絵】富(とみ)次郎誰也(たそや)を殺(ころ)してわか殿(との)の汚名(おめい)をすゝぎ自害(じがい)する28
(めい)の死(し)も、挾隈(さくま)が戀(こひ)の意趣切(ゐしゆぎり)といひもて傳(つた)へバおのづから、主君(しゆくん)の浮名(うきな)も消(きえ)ぬべし。とうち明(あか)したる胸(むね)の闇(やみ)、真如(しんによ)の月にあへるがごとく、只(たゞ)手を合(あは)す富(とみ)次郎が、今般(いまは)の本望(ほんもう)次郎左衛門も、はじめの恨(うらみ)(ひき)かへて、妹(いもと)が最期(さいご)もなか/\に、忠義(ちうぎ)のはしとなりつるか、とこゝろに誉(ほめ)ていへばえに、いはぬ歎(なげ)きを身(み)ひとつに、思ひ迫(せま)りて冠者(くわんじや)次郎、物蔭(かげ)より立出(たちいで)給ひ、わが色慾(しきよく)の迷(まよひ)より、罪(つみ)なき人を殺(ころ)せし事(こと)、顧(かへりみ)れバ面目(めんぼく)なし。さりながら、とても舘(やかた)へ帰(かへ)りがたきハ、前頃(さきつころ)故郷(ふるさと)より、武藏(むさし)へ赴(おもむ)く舩中(せんちう)にて、小槻形(こつきかた)の宝劔(ほうけん)を海底(かいてい)へ沈(しづめ)たれバ、先祖(せんぞ)へ不幸(ふこう)兄上(あにうへ)に、いひわけなし」29 と宣(のたま)へバ、次郎左衛門すゝみ出(いで)、その義(ぎ)ハ御こゝろ安(やす)かるべし。それがし日外(いつぞや)(し)とめたる鰐(わに)の腹(はら)を、浦人(うらびと)(ら)に裂(さか)せ見れハ、内(うち)に一振(ひとふり)の劍(つるぎ)ありて、まがふべうもあらぬ御家(おいへ)の重宝(ちやうほう)、小(こ)つきがたの名劔(めいけん)なれバ、もしや義廉(よしかど)(ぎみ)にハ入水(じゆすい)ましませしかと〓[阜+占](あやぶ)みながら、身(み)を離(はな)さず所持(しよぢ)いたせり。いざ/\返(かへ)し進(まゐ)らせん。といひつゝ腰(こし)なる刀(かたな)を取(とつ)て、冠者(くわんじや)次郎に獻(たてまつ)れバ、義廉(よしかと)はいふもさらなり。みな/\不思議(ふしぎ)の忠節(ちうせつ)ぞ、と次郎左衛門を賞美(せうび)して、本領(ほんりやう)安堵(あんど)の吹挙(すいきよ)せり。かゝる上(うへ)ハ冠者(くわんじや)(さま)の御供(おとも)して、わか住家(すみか)まで帰らせ給へ跡(あと)ハ茂(も)兵衛が請取(うけとつ)て、」 廓(くるは)の出入(でいり)ハよきやうに、執(とり)おさめんと申にぞ、しからバ汝(なんぢ)にまかせんとて、帰路(きろ)を促(うなが)す富(とみ)之進(しん)。見おくる弟(おとゝ)ハ死出(しで)の旅(たび)、冥土(めいど)の闇(やみ)を照(て)らすなる、手向(たむけ)ハたそや行燈(あんどう)を、五(いつ)ッの町(まち)におく事(こと)ハ、この因縁(いんえん)としら鞆組(つかぐみ)。挾野(さのゝ)次郎左(じろざ)に八橋(やつはし)も、廓(くるは)にかゝる物(もの)がたり、妻恋(つまこ)ふ雉子(きじ)も浅草(あさくさ)に、その隠家(かくれが)ハかくれなき、色(いろ)の里見(さとみ)と小弓御所(をゆみごしよ)、故(ゆゑ)なく婚禮(こんれい)(とゝのひ)て、めでたく栄(さかへ)給ひしとなん。
敵討誰也行燈(かたきうちたそやあんどう)下巻(げのまき)(おはんぬ)

跋

(それ)詩人(しじん)にあらずんバ、詩(し)を呈(てい)する事なかれとハ、むだ骨(ぼね)をらせぬ古人(こじん)の金言(きんげん)。げにや知音(ちいん)にあらざれバ、伯牙(はくが)が琴(こと)も三絃(さみせん)ほどハ、とつちりとんと聽(きく)ものなし。されバこの書(しよ)の事たるや、物(もの)しりくさいしやらくさい、威(おど)し文句(もんく)はさらりと已(やめ)て、子(こ)どもによまする八文字(もんじ)、ちよつと撮(つまん)だ揚衿(あげづま)は、いづくのたそや誰也(たそや)が道中(どうちう)、長(なが)い話(はなし)ハ九(く)さつまでも、行(ゆく)べきものを二冊(にさつ)にて、五日限(かぎ)りに請合(うけあい)し、川畄(かわどめ)なしの上下物(じようげもの)、たしか画工(ぐわこう)ハ一陽斎(いちようさい)、歳々(さい/\)(ねん)々相似(あいに)たる、花(はな)の江戸(ゑど)作人(さくひと)の樹々(きゞ)、本屋(ほんや)の山(やま)とて桜木(さくらぎ)に、鏤(ちりはめ)られて面目(めんもく)も、なしの本(もと)とか聞(きこ)えてし、事蹟(じせき)を筆(ふで)に操(あやつり)の、狂言綺語(きやうげんきぎよ)に執(とり)なして、今茲(ことし)もかはらぬ評判(ひやうばん)を、まつ乳(ち)の山(やま)の朝参(あさまい)り、百度参(ひやくどまい)りの催促(さいそく)ハ、いくめぐりして三圍(みめぐり)の、土手(どて)を机(つくえ)に向嶋(むかふじま)、離(はな)さぬ硯(すゞり)と墨田川(すみだかは)、その名(な)どころに近(ちか)く住(す)む、個(この)板本(はんもと)が需(もとめ)に應(おう)じて、跋(ばつ)さへ人(ひと)の手(て)を借(か)らず、かさねてこゝに題(だい)する而已(のみ)

簑笠軒[簑笠][曲亭之印]

刊記
曲亭著述六種中全本二冊乙丑秋七月上旬稿了

  画工   一陽齋歌川豐國
  剞〓[厥+刀]      小泉新八郎

十返舎一九著
 〔復讐奇談〕  天 橋 立
一陽齋豊國画        全二冊

鏡池植女物語(かゞみがいけうへめものがたり) 〔曲亭主人戯作・中本二冊來卯出板〕
名ハそれとしらずともしれと詠したる遊女うへ女がふかき言の葉をたづね人のまことの切なるを述この書序文に述懐のことばを吐かず編中に悪しやれを出ず人を警するにたらずといへども見るものに害なし出板の日四方の高評希のみ

文化三丙寅年春正月發行

書 肆  鶴屋金助 梓


刊記

〈附記〉 本稿を成すに当り、向井信夫氏には貴重な資料の使用を許されたばかりでなく、様々の有益な御教示をいただいた。末稿ながら記して、厚く御礼申上げます。また、機械可読化に際しては神田正行氏のお手を煩わせた。併せて感謝致します。

〈追補参考図版〉

活字本

活字本

活字本

活字本

活字本


# 「研究実践紀要」第5号(明治学院中学校・東村山高等学校、1982年6月20日) 所載。
# Copyright (C) 1982-2012 Gen TAKAGI
# この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNUフリー文書利用許諾契約書ヴァー
# ジョン1.3(もしくはそれ以降)が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変する
# ことを許可する。変更不可部分、及び、表・裏表紙テキストは指定しない。この利
# 用許諾契約書の複製物は「GNU フリー文書利用許諾契約書」という章に含まれる。
#               千葉大学文学部 高木 元  tgen@fumikura.net
# Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU
# Free Documentation License, Version 1.3 or any later version by the Free Software Foundation;
# A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
Lists Page