『烟花清談』 −解題と翻刻−

高 木  元 

 はじめに

江戸(時代)を代表する遊里であった吉原に関わる奇談や伝承を集大成した『烟花清談』(安永五年刊、蔦屋重三郎板)を紹介する。本書は江戸出来の読本(よみほん)としては、やや特異なものであり、それゆえ研究史上でも等閑に付されてきた感がある。しかし、吉原を舞台とした洒落本や黄表紙とは一線を劃する存在であり、蔦屋重三郎がその出板活動の早い時期に出した書物であることを考えても、その研究価値は少なくない。

以下、解題は及川季江に拠り、翻刻の校訂は高木の責に帰す。

 翻 刻

【書誌】

内題「烟花清談」

外題「〈青樓|奇事〉烟花清談 一(〜五)(楷書から次第に崩し四五巻は「煙華」)

書型 半紙本(二二・五×一五・八糎)

巻冊 五巻五冊

見返 なし

序 「烟花清談之序\安永五年申孟春\葦原駿守中識」

匡郭 一八×一三・七糎

構成 巻之一 序(一〜二)・目録(目)・本文(一〜九オ)計一二丁、巻之二 目録(目)・本文(一〜一三オ)計一四丁、巻之三 本文(一〜一五ウ 三丁が二枚で五丁欠)計一五丁、巻之四 目録(目)・本文(一〜一一ウ)計一二丁、巻之五 目録(目)・本文(一〜一三ウ)計一四丁。

作者 葦原守中

画工 鄰松戯画(巻三の一〇オ)

刊記「安永五年申春\耕書堂蔵板」(巻五の一三ウ)

広告「美人合姿鑑(びじんあわせすがたかゞみ) 箱入 全三冊\此書は當時よし原の名君の姿を北尾勝川の両氏筆を揮れにしき繪に〓たて居なから紛黛のおもかけを見るか如くに出板仕候御求御覧可下候\東都書林 日本橋萬町 上總屋利兵衛・新吉原大門口 蔦屋重三郎 梓」(後表紙見返)

諸本 京大(國文學Pf-8)・岩瀬(72-118)・都中央加賀(913-WA-1〜5 / E5059)・国会(188-233)

備考 京大本の尾題「艶花清談之終」、他本は「艶花」を削る。


【凡例】

可能な限り原本に忠実に翻刻した。

助詞の「は」については平仮名の意識で使われたことを承知の上で、読みやすさを鑑みて「ハ」と片仮名の字体のままにした。

明らかな衍字や誤脱を私意に拠って補正した場合は〔 〕で括って示した。

底本は都立中央図書館加賀文庫本に拠った。

本文テキストは、高木吏佳(文学部卒業生)が礎稿を作成し入力したものを、高木元が補訂し、さらに及川季江(大学院博士後期一年)の校閲を経て成ったが、最終的な判断の責任は高木元に帰する。


【表紙】
表紙

烟花清談之序

よの中(なか)は山(やま)の奥(おく)こそ栖(すみ)(よ)けれ。草樹(くさき)は人(ひと)のとかを云(いは)ねハと。獨(ひとり) 燈華(ともしひ)の本(もと)に。冬(ふゆ)(こもる)もいと物寂(ものさひ)しく。問人(とふひと)もなき雪(ゆき)の下菴(したいほ)に。書(かき) ちらしたる。旧章(ほうく)を取(とり)(いた)し。青楼中(せいろうちう)の。奇事(きじ)。雑談(さつたん)。所(ところ)/\。帋(し)(み)の〓(くひ)(のこ)したるを。綴合(つゝりあわせ)て見(み)れハ。昔(むかし)の人(ひと)の面影(おもかけ)をも。今(いま)(み)るか如(こと)し。さハいへとも。其(その)(こゝろ)の変(かはり)(ゆく)(こと)。縦(たとへ)ハ。浄瑠璃(しやうるり)小唄(こうた)もむかしに變(かはり)。義太夫(きたゆふ)(ふし)にハ。豊後(ふんご)松傳(しやうでん)か節(ふし)を加(くわ)へ宮古路(みやこち)富本(とみもと)は」1オ 浄瑠璃(しやうるり)に。竹本(たけもと)。豊竹(とよたけ)か。節(ふし)はかせを付(つけ)たり。去(さ)れハ。義太夫(きたゆふ)か。豊後(ぶんこ)か。唄(うた)か。半太夫(はんたゆふ)か。交(ませ)こせになりぬ。かたり上手(しやうず)(あり)と雖(いへとも)。聴(きゝ)下手(へた)(おゝ)く。今(いま)遊里(ゆふり)に遊人(あそふひと)も。遊(あそ)ひ上手(しやうす)(あり)。聞(きゝ)上手あり。うつり行(ゆく)(よ)の人心(ひとこゝろ)。様(さま)/\なる中(なか)に。心(こゝろ)(かはれ)ハ品(しな)(かたち)。先(まず)近比(ちかころ)の 七細(なゝほそ)とて。髷先(はけさき)(ほそく)。眉(まゆ)ほそく。羽織(はおり)の紐(ひも)。帯(おひ)。脇差(わきさし)の細拵(ほそこしらへ)。艸履(そうり)雪踏(せつた)の鼻緒(はなほ)まても細(ほそく)成行(なりゆき)ぬ。又(また)真先(まつさき)。二軒(けん)茶屋(ちやや)の田楽(てんかく)も。物(もの)の足(たる)を歓(よろこん)て。佳肴(かかう)珍味(ちんみ)に變(へん)して菜(な)1ウ(めし)〓園(きおん)豆腐(とうふ)の古風(こふう)を失(うしな)ひ。いにしの太夫(たゆふ)格子(かうし)ハ。今(いま)の中(ちう)(さん)と變(かはり)。散茶(さんちや)うめ茶(ちや)の古風(こふう)も。付〓(つけまは)惣貮(そうに)と變(かは)りて。伊達(たて)風流(ふうりう)をつくすこと。むかしのおよふところにあらす。目(め)に〓(あか)す聞(きく)にあかす。されとこし方(かた)の人(ひと)の心(こゝろ)のなつかしきまゝ。書(かき)つらねて見れハ。巻(まき)ハ五(いつ)ッになん成(なり)ぬ。穴賢(あなかしこ)。 竹取(たけとり)空穂(うつほ)の類(たくひ)に非(あらて)。金竜山(きんりうさん)下の茶店(ちやてん)に。往來(ゆきゝ)の里語(りご)雑談(さつたん)を聴(きひ)て。書集(かきあつめ)たる旧章(ほうく)より。見出(みいつ)るまゝ書(かき)ちらしぬ。宇治(うぢ)(もの)2オ(かたり)の古(ふる)めかしきに擬(き)して。今昔(こんしやく)の。二字(にじ)を其事(そのこと)の始(はしめ)に冠(かうむ)らしむ而已(のみ)

  安永五年孟春

葦原駿守中識       

[守中][魚[足習]之印]2オ


【序】
挿絵
序文

【序末・目録】
目録 序文

烟華清談一之目録

○ 山本(やまもと)や勝山(かつやま)身放白頭翁(みをかんしてしまひよとりをはなす)

○ 三浦(みうら)や薄雲(うすくも)猫〓奇難(ねこをあいしてあやしきなんをのかるゝ)付タリ

○ 宝井(たからゐ)其角(きかく)猫発句(ねこをよみしほつく)

○ 山桐屋(やまきりや)音羽(おとは) 野狐欲(きつねにばかされんとする)付タリ

○ 狐(きつね)女良買(かい)狂言(きやうけん)之事

○ 角(かと)近江(おふみ)や千代里(ちよさと)幽霊(ゆふれいにせてやりてをあざむく)事」目オ〔白〕」目ウ

烟花清談之一

 山本やかつ山 感身放(みをかんじとりをはなす)

今はむかし。京町二丁目山本やか許(もと)に。かつ山と云つる。遊女(ゆふしよ)有けり。嬋娟(せんけん)たる。両(ふたつ)の鬢(ひん)ハ。秋(あき)の蝉(せみ)(つはさ)をしほめ。宛轉(ゑんてん)たる黛(まゆすみ)の色(いろ)ハ。遠山(とをやま)の。霞(かすみ)を帯(おひ)たるに似(に)たり。姿(すかた)(かたち)の。美(うつく)しき而已(のみ)に非(あらす)心たて又類(たくひ)なし。自(みつから)(かみ)の風(ふう)を結(ゆひ)(いた)して。一郭(いつくわく)(これ)かために容(かたち)を奪(うははる)る。今世(よ)に云(いふ)(ところ)の。かつ山風(ふう)(これ)なり。一(ひと)とせ。此(この)かつ山かもとに去(さ)る貴(き)公子(かうし)の。かよひ給ひしか。遅々(ちゝ)たる春の日も長(なか)しとせす皓々(かう/\)たる秋(あき)の長(なか)き夜(よ)も是か為(ため)に短(みしかし)とす或(ある)(ひ)。かつ山か方へ長崎(なかさき)より来しとて。白頭翁(しまひよとり)を贈(おく)られける其(その)鳥篭(とりかこ)の結構(けつかう)。云斗(いふはかり)なし螺佃(らてん)沈金(ちんきん)の」1オ 細工(さいく)を盡(つく)し。金銀(きんぎん)のかきりいと目覚(めさま)し。真紅(しんく)の打緒(うちを)に篭(かこ)をむすひ。堆(つい)(しゆ)の臺(たい)に乗(の)せたり。其(その)(ころ)ハ。白頭翁(しまひよとり)の日本へ渡(わたる)る事珎(めつら)しき時節(しせつ)なれハ。家内(かない)の人は扨(さて)おき聞及(きゝおよひ)し人ハ。めつらしき見物(みもの)とて打寄(うちより)て詠(なかめ)ける。鳥類(てうるひ)さへ。かゝる美(うつく)しき篭(かこ)の内(うち)に居(ゐる)事。冥加(めうか)に叶(かなひ)し鳥(とり)なりと。或(あるひ)ハ篭(かこ)を誉(ほめ)。鳥(とり)を羨(うらやむ)も。おほし。かつ山。つく/\と鳥(とり)を見(み)て居(ゐ)たりしが。公界(くかい)する身(み)の容(かたち)を。かさりて多(おゝく)の人にもてはやさるゝも。此(この)(とり)に異(こと)なる事なし。其(その)(み)かく。美(うつく)しき篭(かこ)の内(うち)に有(あり)といへとも。さそや。元(もと)の林(はやし)に遊(あそは)ん事を思ふらんとて。自(みつから)(かこ)を開(ひらき)おしけなく是(これ)を放(はな)しぬ。開戸放白〓(こをひらきはつかんをはなす)と賦(ふ)せし。唐(もろこし)人の心にも似(に)ていと尊(とふと)く侍る」1ウ

 三浦や薄雲(うすくも)(あいしねこ)(わさはひ)を〓(のかれ)し事 付タリ 其角(きかく)発句(ほつく)

今はむかし元禄の始。京町一丁目三浦やに薄雲(うすくも)といへる遊女あり。沈魚(ちんきよ)落厂(らくかん)の姿(すかた)(うつく)しく。楊梅(やうはい)桃李(とうり)の俤(おもかけ)たをやかにして百(もゝ)の媚(こひ)いはんかたなし。いにしえの衣通姫(そとをりひめ)小町(こまち)とも云つへき面影(をもかけ)にして。糸竹(いとたけ)の業(わさ)は更(さら)なり。和哥(わか)俳偕(はいかい)の道(みち)も工(たくみ)にして情(なさけ)のみち又いはんかたなし然(しか)るに此(この)薄雲(うすくも)。猫(ねこ)を愛(あいし)ける事。いにしへの女三宮(によさんみや)にもこえたり。常(つね)に毛(け)なみ美(うつく)しき猫(ねこ)にから紅の首綱(くひつな)を付(つけ)て。禿(かふろ)にいたかせ。揚屋(あけや)に到(いた)れり薄雲(うすくも)(よう)たしに行(ゆく)ときハかならす此(この)(ねこ)(あと)を慕(した)ふ後(のち)には人々不思義(ふしき)をたて。此(この)(ねこ)(うす)(くも)を見いれしと誰(たれ)(いふ)としもなく私語(さゝやき)(あひ)けり。後(のち)ハ三浦の亭主(ていしゆ)も」2オ(これ)を聞。公界(くかい)する身(み)に。かゝるうき名(な)たちてハ。能(よ)からぬ事と彼(かの)(ねこ)をいましめ置(おき)けり。折(おり)ふし薄雲(うすくも)(かはや)へおもむきける。後影(うしろかけ)を見るより此(この)(ねこ)(せ)を立(たて)(は)をむき出してけしきをかへ。忽(たちまち)(つな)をかみ切(きり)料理場(りやうりば)を一走(ひとはしり)に。飛(とひ)おりて行所(ゆくところ)を。料理人(りやうりにん)。〓丁(ほうてう)を持(もち)(ゐ)けるまゝ一打(ひとうち)に切(きり)けるか。あやまたす。猫(ねこ)の首(くひ)。水(みつ)もたまらす打落(うちおと)して。むくろハ爼板(まないた)のもとに残(のこ)れとも。頭(かしら)ハ。いつち行(ゆき)けん見えすなりぬ。然(しかる)るに。薄雲(うすくも)か居(ゐ)たりし厠(かはや)。物(もの)(さはか)しき音(おと)しけれハ。薄雲(うすくも)ハ。此(この)(おと)に驚(おとろ)きはしり出(いて)しか/\と云(いひ)ける儘(まゝ)。男(をとこ)とも立寄(たちより)て。厠(かはや)の踏板(ふみいた)を引放(ひきはなし)見れハ大成(おほきなる)(くちなは)のかしらに。彼(かの)(ねこ)の首(かしら)は〓付(くひつき)て有ける。いつの比よりか。此(この)(へひ)雪隱(せつゐん)の下(した)にかくれ。」2ウ 薄雲を見いれしを。猫(ねこ)のみ知(しり)て。厠(かはや)へともに行(ゆき)。薄雲か身を守護(しゆこ)なしけるともしらすして。猫(ねこ)を殺(ころ)しけるハいと不便(ふひん)なりとて。猫の。亡骸(なきから)ハ。菩提所(ぼたいしよ)へ葬(ほうむり)(つかは)しける。其(その)(ころ)揚屋(あけや)へ到(いた)る太夫(たゆう)格子(かうし)。みな/\猫を禿(かふろ)に抱(いたか)せて道中なしけるとなん。
  京町(きやうまち)の猫(ねこ)かよひけり揚屋(あけや)(まち)  宝晋斎其角
と云(いへ)る句(く)も。此(この)(こゝろ)なるへし。

 山桐(きり)や音羽(おとは)野狐(きつね)に欲(はかされんとする)付リ(きつね)女郎買(かい)狂言(きやうけん)の權輿(はしめ)

今ハむかし享保の比。江戸町二丁目に山桐(やまきり)やに。音羽(おとは)と」3オ 挿絵【挿絵第一図】3ウ4オ

いへる遊女有ける。比しも五月雨(さみたれ)の降(ふり)すさみて。杜鵑(ほとゝきす)の声(こへ)おほつかなく。田(た)(こと)の蛙(かはつ)かしましき折から。みせより。音羽(おとは)を見立て揚る客あり。若い者ハ迷。艸(たはこ)(ほん)。吸物(すひもの)なと出し取(とり)はやすうち。連(つれ)(きた)し茶やの男(おとこ)。あなたにハ。とかく物云事の御嫌(をきら)ひなる故。萬(はん)し。其心/\にて取扱(あつかひ)給はれと云に。客〓しの若い者も差(さし)心へ。女郎へもしか/\と咄(はなし)。盃(さかつき)も数(かつ)かさなりける折に。客茶やの男にはや帰(かへ)れといへとも。初ての客ゆへ。彼是(かれこれ)と座敷(さしき)にきはしに。咄しなと一ッ二ッするうち。客ハ。とかく帰れとたつて云ゆへ。跡(あと)をたのみて帰(かへ)りける。ほとなく膳(せん)なと出。女郎ハ次へたち。若い者禿(かふろ)ハ。御膳を上候へといへハ。よふあらバ手を叩(たゝく)へし支(し)たくの内ハ。座敷に無用と云ける」4ウ まゝ。若い者も合点(かてん)ゆかすたぢ/\とするうち。達(たつ)(て)今の内用事(ようし)を弁(へんす)へしと云つけ。此方用事あらハ手を叩(たゝく)へきまゝ。支度(したく)の内ハ。捨置(すておき)(くれ)よとの頼(たのみ)ゆへ。若い者も立(たつ)振して次(つき)の座敷(さしき)より。密(ひそか)に覗(のそき)見るに。客ハあたりを見〓(まは)し。膳(せん)の上にある物皆(みな)おろし。膳の上へ飯(めし)をあけ。其上に刺身(さしみ)(しる)(なます)(とう)を打(うち)あけて。〓(はし)にて掻〓(かきまは)し。あたりを見る躰。いよ/\怪(あや)しと見るうちに。客ハ顔(かほ)を善の中へ入。狗(いぬ)(ねこ)なとの物〓(くふ)(こと)く。一口〓(くひ)てハあたりを。見〓し/\するてい気味(み)あしく。斯(かく)する内不残(のこらす)〓盡(つく)して後(のち)。鼻帋(はなかみ)を取出(いた)し膳を拭(ふき)。我(わか)(かほ)のよこれを拭(ぬくひ)たる有様(さま)。おそろしともいはん方なし。扨(さて)しはらく過(すき)て。手を叩(たゝ)けハ。誰(たれ)(ゆか)んと云者もなし。今は」5オ 是非(せひ)なく親方(おやかた)へ咄し。今まて連(つれ)(きた)りし茶やへ。人を走らせ。音羽(をとは)へもしか/\と様子(ようす)はなし。斯(かく)するうち。茶やの男(をとこ)も來(きた)りけれハ。音羽(をとは)かたへ。よん所なき客來れりとて。もらはんと云。茶やも〓方(せんかた)なく。客へ右の段(たん)(ことはり)いへハ。然(しか)らハ名代(めうたい)にて今宵(こよひ)ハ遊(あそは)んと云。茶やハ何(なん)の訳(わけ)しらぬ故。名代を出せと若い者に言に。とかく右(みき)の客。かへし呉(くれ)候様にと。たつて頼(たのみ)ゆへ。茶やの男も腹(はら)を立(たち)。いかゝの訳と問(と)へハ。若い者ハこは/\。右のあらまし語聞(かたりきか)せけるに。茶やも膽(きも)をけし。よふ/\と云葉(ことは)を盡(つくし)て客ハかへしけり。是よりして其(その)(ころ)。音羽か方へ。狐(きつね)の女郎買(かい)に来りしと。専(もつはら)評判(ひやうはん)ありし故(ゆへ)。外々(ほか/\)の客もおのつときみはるく。誰々(たれ/\)も」5ウ かよハさりける是ハ音羽にふられし客の意趣(しゆ)かへしなるへし其比。十八公今ようそかと云。狂言に取組。古(こ)(さは)村訥子(とつし)。狐女郎買の仕うち。古今(こん)の名誉(めいよ)を今に残せり。

 角近江や千代里(ちよさと)幽霊(ゆふれい)に似せて鴇母(やりて)を欺(あさむき)し事

今ハむかし京町二丁目。角近江やと云るに。千代里(ちよさと)と云娼婦(ゆふくん)有。みめ容(かたち)(よく)。往(ゆく)々ハ。家の太夫ともなるへきものなるか薄命(ふしやはせ)にて客もなく来る年の暮(くれ)。魂(たま)(まつる)文月。二季(き)の移(うつり)〔り〕かはりも。え(〔い〕)つとても心にまかせす暮(くら)せしか。風の音にそおとろかれぬる。」6オ 初秋(はつあき)の比。鴇母(やりて)に入用(よう)の事(こと)ありて。金子(きんす)少々かりけるか。約束(やくそく)の日も過て。返(かへ)す事も出來かね。一日と立(たち)二日過。けふそなき魂(たま)の來(く)るといへる夜まて打過(うちすき)けるに。鴇母(やりて)ハはらを立。常々(つね/\)心つよく。鉄心漢(つれなきひと)なれハ。大勢(おゝせい)の人の中にて。千代里(ちよさと)をはししめ。金子を返(かへ)さす延々(のひ/\)にせし事をいきとをり云つのりけれハ。友(とも)傍輩(ほうはい)の女郎も。きのとく身に餘(あま)り。とやかくと鴇母をなため。其座を退(のけ)けるか。千代里ハあるにもあられす。おのか部(へ)やへ帰(かへり)。心易(やす)き傍輩女郎に差向(むかひ)。泪(なみた)にくれ。我身の薄命(ふしやはせ)を語。金子を返(かへ)さす。延々になりしハ此身の誤(あやまり)と雖(いへとも)。あまりといへハ公界(くかひ)するみ。情(なさけ)なき仕方(しかた)。翌(あす)よりハ誰(たれ)に面(おもて)を向(むけ)られん。今ハ此」6ウ(み)も思ひ切(きり)侍ると。泪(なみた)と共(とも)に剃刀(かみそり)取出(とりいた)し。覚悟(かくこ)の躰に。傍輩(ほうはい)女郎も。〔も〕(かれ)是と〓見(ゐけん)して。是(これ)をなため。よふ/\と取鎮(しつめ)けるか。所〓(しよせん)金子(きんす)さへ返(かへ)せハ済事なりと。友女郎の情(なさけ)にて。金子調(とゝのへ)遣しけれハ。千代里(ちよさと)ハ嬉(うれ)しさ身にあまり。悦(よろこふ)にも又泪なり。鴇母(やりて)に早速(さつそく)かへすへしとハ思へとも。あまりとや人中(ひとなか)にて。耻(はち)をかゝせくれし事の口惜(おし)けれハ。返(かへ)すにこそ仕方(しかた)あらんと。工夫をなし。引け四ッも過(すき)彼是と。丑(うし)三つ近(ちか)くなる比。千代里ハ。かもし取出(た)し頭(かしら)に頂(いたゝ)き。白粉(おしろひ)といてまばらにけはひ。白帷(しろかた)(ひら)を身に着(ちやく)し。鴇母の部(へ)やへ心(こゝろ)かけ。明障子(あかりしゃうし)(しつか)に明(あけ)て。鴇母か枕(まくら)もとに〓(かや)(こし)に居(すは)り。聲(こへ)をほそめてもし/\とおこす声に。鴇母」7オ 目を覚(さま)し。見れハ。丈(たけ)なる髪を振(ふり)みたし。顔色(かんしよく)(あを)さめたる女の姿有。はつと斗に夜着引かふり。念仏となへて震ひ居を。千代里ハなを哀れなる聲(こへ)ふるはし。先(さき)比ハこなさんに。よん所なく無心を云金子をかりまいらせしに。不仕合なる我(わか)身の上。返す工面(くめん)もまちかひしゆへ。一日二日と過(すく)るうち。こなさんに耻しめられしハ。無理とハさら/\。そんせねとも。人中と云公界(くかい)のみ。よしなくうらみし面ほくなさ。かん忍(にん)してくんなんせと。二聲三聲しり聲なく。金子をそつと枕もとに差(さし)置つゝ。跡(あと)しさりして障子(しやうし)を建(たて)。傍輩(ほうはい)女郎の寐たる。〓(かや)の内へ。いきをつめて來りつゝ。帷子(かたひら)かもしも取かくし。しらぬ躰(てい)にて寐たりけり。鴇母ハ一心不乱(いつしんふらん)に夜着(き)の内にて。念仏となへ。」7ウ(よ)の明行(あけゆく)をまてとも。秋(あき)の夜(よ)いまた。なかからぬ比(ころ)なから。千(ち)夜を一夜(ひとよ)の心地(こゝち)して。よふ/\〓(とり)の聲(こへ)もきこへけるまゝ。夜着(き)の内(うち)より差覗(さしのそき)。見てあれハ。朝日(あさひ)まはゆき比。よふ/\人心地になり。起(おき)(いて)て見れハ枕本(まくらもと)に金子有(あり)。扨(さて)は梦(ゆめ)にてハなかりけりと。いよ/\きみ惡(わる)く。千代里(ちよさと)か臥(ふし)たるかたへぬき足(あし)していたり見れハ。千代里ハ夜に見し姿(すかた)ハ露(つゆ)もなく。髪(かみ)も取(とり)あけみたれもせす。寐(ね)姿わるく臥(ふし)たる有様に。いよ/\鴇母(やりて)ハおそろしく。彼是するうち千代里も。起出て身(み)こしらへする所へ。鴇母ハ常に事かはり。笑顔(ゑかほ)を作(つく)りしとやかに。時ならぬ今朝(けさ)の涼(すゝ)しさ。烟艸(たはこ)(すい)付出しなから千代里か顔つく/\見て。おまへの器量(きりやう)おしたてなら。太夫様」8オ にもなるへきもの。かく不仕合(しやはせ)にて居給ふゆへ。何卒人並(なみ)に意地(いぢ)を出(いた)させ。太夫様にも仕立んと。わさ/\人中てはぢしめしハ。おまへのみのためを思(おも)ひしゆへ。必(かならす)/\わつかの金故(ゆへ)(かく)申せしと思召も耻(はつ)かしし。此上とても有(ある)事なり。いつとても不自由(しゆふ)なら。必遠慮(ゑんりよ)し給ふなと。夜前(せん)の金子取出し。是ハ時分からおまへのかたにも入用ならん。私かたにハ不自由にもなきまゝ。心おきなく遣ひ給へ。我(わか)身かたへ返(かへ)し給ふハ。いつにでもくるしからず。誰(たれ)しも工面(くめん)のあしき時は。しゆつなきものと此上(このうへ)とても遠慮なく。少(すこし)の事ハの給へと。千代里ハおかしさこらへ泪(なみた)くみ。堪忍(かんにん)してくんなんせ。出來(てき)さへすれハ何か扨(さて)。直(しき)にかへし申ます。未(また)かへさぬとてその樣(よう)にの給へハ。此上ハ死(し)ぬるかせめての云(いゝ)8ウ(はけ)と。泪(なみた)とともにかきくとけハ鴇母(やりて)ハ金子をかへさぬと云一云にそつとしておそろしくなりしか心を取直し。其樣に気の弱事(よはいこと)あるものか公界(くかい)するみハ猶更なり。此上とても必(かならす)/\遠慮(ゑんりよ)なく。不自由(じゆふ)な時ハの給へと。以前の金子さし置つゝいにしへ今の勤(つとめ)の身の。しゆいなき咄(はなし)に座をくろめ。おのれか部やへかえりける夫よりして此鴇母鉄心所(つれなきこゝろ)もいつとなく。慈悲〓一の人となり新造禿に至(いたる)まて。情をかけて恵みける。勿論(もちろん)千代里を我娘のことくいたはり遣しける。
烟華清談之一

烟華清談二之目録

○ 松屋(まつや)(まつ)か枝(ゑ)〓気(きやうき)之事 付タリ 總角(あけまき)(の)助六(すけろく)

○ 〓客(けうかく)介六(すけろく)(の)實事(しつじ)

○ 中万(なかまん)(じ)や玉菊(たまきく)全盛(せんせい) 燈篭(とうろう)(の)權輿(はしまり) 付タリ   河東(かとう)追善(ついせん)〓向(ゑかう)之事

○ 紀伊国(きのくに)や文(ふん)左衛門〓奢挫(きやうしやともをとりひしく)事 英一蝶(はなふさいつてう)浅妻舟(あさつまふね)

○ 三浦(みうら)や小紫(こむらさき)貞操(ていそう)之事 付タリ 平井(ひらゐ)權八(こんはち)比翼塚(ひよくつか)

   八重梅(やへむめ)之詞」目オ〔白〕」目ウ

烟花清談之二

 大松(おゝまつ)や松かえ勇壮(ゆふそう)之事 付リ 総角介六之實説(しつせつ)

今はむかし。江戸町二丁目大松やか内に。松か枝といゝし遊女有けり。其(その)艶色(ゑんしよく)ハ云も更也(さらなり)。繪書(ゑかき)(はな)むすひ。琴三弦にいたるまて。何くらからす。殊(こと)に情(なさけ)の道はもとより。川竹のおきふし繁(しけき)中に。介七と云客に。深(ふかく)馴染(なしみ)。春の夜の梦はかりなる契(ちきり)には。遠寺(ゑんし)の鐘(かね)を恨(うらみ)。冬の夜の長き比(ころ)は。比翼(ひよく)の夜着(よき)に百(もゝ)とせの契をこむ爰に又。湯嶋のほ」1オ とりに田中三右衛門と云者有。此松かえに。心を懸(かけ)しかとも介七かわりなき中にさゑられて。一夜の枕(まくら)たにならへさるをいきとをり。男(おとこ)伊達(たて)をかたらい。介七を闇打(やみうち)にせんと工(たくみ)けるある日。介七を。二丁目にて見かけ。彼(かの)男伊達とも。喧嘩(けんくわ)をしかけ今は互(たかい)にこらへかね。脇差(わきさし)を抜(ぬき)はなし。爰を最期(さいこ)と打合しか。介七は。力量(りきりやう)人に勝(すく)れ。其上(そのうえ)劒術(けんしゆつ)の妙を得しかハ大勢(おゝせい)をさん/\に切ちらし相手ハ手負(おい)かぎりなし所よりハ月(かわち)行事(きやうじ)又は番人(ばんにん)手に手に棒(ぼう)をたづさへて取巻(まき)けるに介七は既(すで)にとりことならんとせし折(おり)松かえハ中の」1ウ(まち)にて斯(かく)と聞(きく)よりはしりつき群集(くんしゆ)を押(おし)分我(わか)うちかけの裳(もすそ)へ介七(すけひち)をかくしさりけなき躰(てい)にて大松やの二階(にかい)へともないあやうき場所(はしよ)を〓(のかれ)しける其(その)(ころ)(みな)松か枝か勇氣(ゆふき)を感(かん)しける正徳(しやうとく)(みの)(とし)山村(やまむら)長太夫(てうたゆふ)か芝居(しはい)にて此(この)(こと)を取(とり)(くみ)大平記(たいへいき)愛護若(あいこのわか)と云(いふ)狂言(きやうけん)せり市川(いちかは)栢莚(はくゑん)介六となりて古今(ここん)の名誉(めいよ)を顕(あらは)し今(いま)(もつて)介六之狂言(きやうけん)ハ市川一家(いつけ)の藝(けい)なり介七は御蔵前(おんくらまへ)にて福貴の人なれハ其(その)名を遠慮(ゑんりよ)して介六と狂言に取組(とりくみ)ぬ此介七男をたてゝ人の知りし者(もの)なり常(つね)に帯(たい)せし脇差(わきさし)をう」2オ す衣(きぬ)と云(いふ)委細(いさゐ)の事(こと)ハ馬(は)文耕(ふんこう)か暁翁(きやうおう)か傳(てん)にゆずりてもらしぬ今(いま)芝居(しはい)にて総角(あけまき)が裳(もすそ)へ介六をかくすハ松かえか事を総角になそらへり

 三浦(みうら)や山路(やまぢ)か客(きやく)月見(つきみ)の事

今はむかし揚屋町ゑひやかもとへ田舎(いなか)(のほ)の客(きやく)(きた)て三浦やの山路(やまし)といへる女郎に〓(あい)ける衣(い)(ふく)も廉相(そさふ)なるを着(ちやく)し人品(しんひん)ハよろしき人からなり比(ころ)しも八月のはしめつかたなりけるかうらやくそくは十五日に來るへしと約束(やくそく)せしかハ揚や夫婦(ふうふ)も」2ウ 十五日は。月見にて。此(この)(さと)の大紋日にて殊(こと)に。彼(かれ)(これ)。物入もおほく侍る段(たん)。くわしく咄(はなし)けれハ。夫(それ)は少(すこ)しもくるしからすとて入用(いりよう)の品聞合(きゝあはせ)金子を揚やへ渡(わた)し帰(かへり)ける。程(ほと)なく十五日にもなりしかハいせんの田舎(い〔な〕か)(きやく)は木綿(もめん)のふるき風呂敷(ふろしき)に。重箱(ちうはこ)(てい)の物(もの)を包。自身(ししん)に提(さけ)て來(きた)りつゝ。ゑひや夫婦(ふうふ)ハ。出迎(いてむかひ)笑顔(へかほ)をつくりて愛想(あいそう)(よく)(もてな)しける。山路(やまち)はとくより来りて待(まち)(ゐ)より座敷(ざしき)ハ何か花/\敷かさり。藝者(けいしや)〓頭(たいこ)も出迎(いてむかひ)。とり/\に〓(もてなし)。盃(さかつき)のかすもかさなりし〓(か)。田舎(いな〔か〕 )(きやく)ハ包(つゝみ)し風呂敷(ふろしき)をとり出し。包ほとけハ内ハ。會津(あいつ)(ぬり)の大重箱(おほちうばこ)を取出し。蓋(ふた)を開(ひらけ)ハ。見るもいふせき団子(たんこ)を。うづ高く入たりける」3オ を二つゝ新造(しんそう)禿(かふろ)。遣りて揚や夫婦をはしめ。内外(うちと)の者へ遣はしける名にしほふ今宵(こよひ)ハ。皆(みな)/\佳肴(かかう)珎味(ちんみ)に飽(あき)みちて。誰(たれ)とり上る者もなく。或(あるひ)ハ。小庭(こには)ゑん側(かわ)へ打捨ける。揚やのてつちも。二まてもらひけるか。臺(たい)所へ持出(もちいて)。しよせんなく一口(ひとくち)(くひ)けるに。かり/\と。歯(は)へさはる物有けるまゝ吐(はき)出して見れハ。小粒(こつぶ)三分有けるまゝ。残る一も噛(かみ)破見れハ。是にも金子弐分ありけるまゝ皆(みな)/\へ見せけれハ。家内ハ急(きう)にさはき出し。爰(こゝ)やかしこと。〓前(さいせん)(すて)し。團子をさかしける。或(あるい)ハ帋燭(しそく)をともす者も有。蝋燭(らうそく)をともして縁側(ゑんかは)。小庭臺所(たいところ)の隅(すみ)/\まてくまなくさかし求(もとめ)ける。欲(よく)にハ変(かはる)と人心。かしこにてハ一見つくれハ。互(たかひ)にあらそひ取けるまゝ忽(たちまち)3ウ 家内群集(くんしゆ)をなし争(あらそ)ふ有様。田舎客ハ露しらぬ顔にて。其夜を明し帰ける

  中万字(なかまんし)や玉菊(たまきく)全盛(せんせい)の事 燈篭(とうろう)の權輿(はしまり) 河東(かとう)追善(ついせん)〓向(ゑかう)之事

今ハむかし正徳享保の比。角町中まんしやに。玉菊といへる遊女有ける。百(もゝ)の媚(こび)自然(しせん)と備(そなは)り。粉黛(ふんたい)の色をからす。さなから楊(よう)(か)の深窓(しんそう)を出し。貴妃(きひ)かむかしも斯(かく)や有けん。人毎(こと)に其愛敬(あいきやう)の餘りあるをや。常/\出る茶やハ勿論(もちろん)。其外の茶や。藝者(けいしや)に至るまて過分の心付をつねになしけれハ。誰あつて玉菊あ」4オ しかれと思ふ者もなく。影(かけ)なから。其(その)全盛(せんせい)をいのらぬ者もなかりけり。或(あるい)ハ〓頭(たいこ)末社(まつしや)に至(いた〔る〕)るまて。其(その)仁愛(しんあい)を感(かん)ししたひけるは。桃李(とうり)ものいはす下(しも)おのつから徑(みち)をなす心地(こゝち)にて。五丁第(たい)一。全盛の名ハとりける。然るに水無月(みなつき)のはしめ。風の心地にてふと打ふしけるか。文月のはしめ。終(つひ)に黄泉(かうせん)の旅(たひ)におもむきける。百藥(やく)。もちゆるかしるしなく。〓鵲(へんしやく)。荊〓(けいきよく)の林(はやし)に遊はす。誠(まこと)に馬塊(ばくわい)一夜の夢(ゆめ)の心地して。おしなめ悲(かなしみ)の泪(なみた)。腸(はらわた)を断(たち)けり。あるへきにあらねハ。終(つひ)にハ。化野(あたしの)の夕(ゆふへ)の煙ほそく。結(むす)ふも嬉(うれ)し。忘(はす)れかたみにと。霍(つる)のはやしの霜(しも)おけるさまとて。人々のかなしみ。云(いふ)もさらにして。」4ウ(おや)。はらからにあらねとも。子(こ)をうしなひし思ひをハなしける。玉菊(たまきく)か。亡跡(なきあと)の追福(ついふく)に。心易(こゝろやすき)茶や。軒(のき)(こと)に挑灯(ちやうちん)をともして。冥闇(めいあん)を照(てら)しける。有様(ありさま)。小松(こまつ)の大臣(おとゝ)。四十九院を表(ひやう)し。ともさしめ給ひし。燈籠(とうろう)の俤(おもかけ)にかよひ。又(また)初秋(はつあき)の物淋(ものさみ)しき。夕暮(ゆふくれ)の。景色(けしき)を増(まし)けれハ。見物(けんふつ)の。貴賎(きせん)おひたゝしかりける。よつて。翌(よく)。享保(きやうほう)(ぐわん)の初秋(はつあき)ハ。中之町家(いへ)(こと)に。しまの挑灯(ちやうちん)をともしけるに。去年(きよねん)にまさりて。見物(けんふつ)もましける。破笠(はりつ)と云(いへ)る者。はしめてからくりの。燈篭(とうろう)を工出(たくみた)してより。年(とし)(こと)に。互(たかい)に燈花(とうくわ)の精妙(せいめう)を盡(つく)して。今に至(いた)りぬ。扨(さて)5オ 玉菊。三回忌(さんくわいき)には。水調子(みつてうし)と云(いふ)。河東節(かとうふし)の編(あみ)て。一郭(いつくわく)(これ)かために悲(かなしみ)をそへける。

  紀伊国(きのくに)や文左衛門強奢(きやうしや)(とも)を挫(とりひしく)付リ 英一蝶(はなふさいつてう)浅妻舟(あさつまふね)之事

今はむかし。紀伊国(きのくに)や文左衛門と云(いへ)る者(もの)あり。もとハ賎(いやし)き身(み)なりしか山事(やまこと)受負(うけおい)にかゝり百万両(ひやくまんりやう)の餘(よ)。金銀を〓(もふけ)。後(のち)所々(しよ/\)の普請(ふしん)に又数万両(すまんりやう)の〓(もふけ)て。榮花(ゑいくわ)の身(み)となり。遊里(ゆふり)に遊(あそ)んて金銀を蒔事(まくこと)。土瓦(つちかわら)の如(こと)し。誠(まこと)に。玉(たま)を礫(つふて)とし。金(こかね)を塊(つちくれ)となせし秦人(しんひと)の。むかしも」5ウ おもひ出(いて)られぬ。其比(そのころ)(こく)町に。貸座鋪(かしさしき)して京(きやう)大坂(おふさか)の大(だい)(しん)。江戸見物(けんふつ)に來(きたり)かねて。紀文(きふん)とハ。かわせのとりやりにて知(し)り知(し)られたる中なれハ。紀文(きふん)か。深川(ふかかは)の宅(たく)へ三人を招(まねき)ける。其(その)(もてなし)ハ。珍膳(ちんせん)美食(ひしよく)を盡(つく)し。一蝶(いつてう)。式部(しきふ)。梁雲(りやううん)。貮朱(にしゆ)(ばん)なと云者(もの)(いて)て。酒宴(しゆえん)の席(せき)に興(きやう)を催(もよを)しける。其(その)(うち)に京(きやう)の大盡(たいじん)。文左衛門にむかひ。遊ひの咄(はなし)になり惣(そう)して。女郎と云者(いふもの)ハ恋(こい)の出来(てき)(あい)。金(かね)の光(ひかり)につくハ。江戸も上方も。同し事なりとの咄(はなし)。紀文ハ胸(むね)に障(さはり)しか。さわりぬ躰(てい)にてめつらしく明日は。吉原へ同道申さんとて。其(その)(よ)ハ紀文か方(かた)に。夜(よ)と共に遊ひ」6オ あかしける。紀文ハ。都(みやこ)大盡(たいしん)か一言(いちこん)(にく)しと思ひ。四人の末社(まつしや)を呼(よひ)。この事をかたり。かよふ/\と教遣(おしえつかは)し。直(しき)によし原へ遣(つかは)しける。四人の者は直(しき)さま。よし原へいたり。大津や重郎かたへ行て。吉原惣仕舞(そうしまい)にし。茶や揚(あけ)や。遊女屋まて外(ほか)の客(きやく)ハ馴染(なしみ)とても断(ことはり)可申。其(その)(ほか)菓子(くわし)や肴(さかな)や。八百やまて。買(かい)きりけり。三人の客ハ。かゝる事ハ夢(ゆめ)にもしらす。いつ方へ行ても。金銀さへ遣へハ。用(よう)のたる事と思ひ。屋かた舩(ふね)にて面白(おもしろく)。酒宴(しゆえん)に乗しつゝ。深川(ふかかは)より棹(さほ)さし。今戸橋(いまとはし)へほとなく船(ふね)も着けれハ迎(むかい)として舟宿ハ云に不及。茶や。藝者(けいしや)。〓頭(たいこ)。紀文か定紋の羽織(はおり)6ウ 小袖を一ように着しつゝ。出むかへハ紀文ハ舟よりあかり。三人の客をいさなひ。中の町へ至りける。其日ハ常の物日より。めさましき吉原の惣揚とて五丁の遊女のこりなく。中の町の両側(りやうかは)の。茶やに〓(すたれ)を巻(まか)せて並居(なみゐ)つゝ。新造禿に至〓ひとり/\に。紀文へあいさつなせハ。茶やの夫婦は両かはより。出迎(いてむかい)。おはやい御出とのあいさつに。京大坂の大(たい)しんハ。目を驚(おとろかし)紀文か茶や。大津やへ上り。夫よりして揚屋尾張やへ到(いた)りけれハ。揚屋夫婦も立むかいかれ是とするうち。五丁の女郎皆々揚やへ來り。酒宴(しゆゑん)を催(もよを)し三人の客を〓(もてな)しける」7オ
挿絵 【挿絵第二図】7ウ8オ

三人の客ハ。相應(そうおう)なる女郎あぐへしと。おの/\か茶やへ申けれとも。今日は紀文様の惣揚(そうあけ)ゆへ。此五丁町に女郎とてハ一人も無て。其外御肴(さかな)。御菓子(くわし)等にても。差上たくハ候へとも。皆(みな)不残(のこらす)紀文様に買上られ。何一。さし上へきよう無之(これなし)と。氣毒(きのとく)なから茶やの亭主ハ断いへハ。三人の大盡(たいじん)ハおゝきにせきのほせ。いかに紀文かそうあけなれハとて。金子さへ出しなハ。其働(はたらき)の出來ぬと云事。有べからすと以の外にはら立ける。茶やハとかく金銀ハ山に積(つみ)ても。今日ハ紀文様へ御断おゝせられされハ。私(わたくし)ともとても御客にハ仕かたし。御金ハほしく候へとも。紀文様のかいきり」8ウ なれハ。是非(せひ)もなし。宝(たから)の山に入て空(むなしく)かえるとハ。かゝる事をや申らんと。氣毒(きのとく)あまりて申けれハ。三人の客ハ。是非なく。其(その)(よ)(むなしく)。貸座敷(かしさしき)へ帰(かへ)らんと立(たち)(いて)しか。竹輿(かご)を申付へしと。茶やへ言付(いゝつけ)候へども。是(これ)(また)紀文様の御(お)買上(かいあけ)ゆへ。田町。山谷(さんや)。聖天(しやうてん)町。みのわ。金〓(かなすき)。小塚原(こつかはら)。すべて浅草(あさくさ)十八丁に。駕(かこ)と申ハ一丁も無之(これなく)といへハ。三人ハいよ/\きもをつぶし。今(いま)ハ是非(せひ)なく堀(ほり)に行(ゆき)。舟(ふね)を出(いた)せと言付(いゝつけ)れとも。今日は紀文様の買上(かいあけ)ゆへ。一〓(そう)も出(いた)しがたしと言により。三人の客ハ〓方(せんかた)つき。顔(かほ)を見合。紀文にしつけられ。思ぬ目(め)に合(あい)し口(くち)おしさ。いかゝせんと云(いゝ)つゝ。我家(わかや)へ帰(かへり)ける。」9オ(さ)るにても此(この)(し)かやしに。何(なに)かせんと。工夫(くふう)をなしけれと。いかほと金銀まくとも。是につゝくへきよふなけれハ。三人の大盡(たいしん)は。いそぎ京(きやう)大坂(おゝさか)へ登(のぼ)りける。一蝶(いつてう)ハ。多賀(たが)長湖(てうこ)といへるものにて百人(ひやくにん)(おとこ)と云(いふ)(こと)を画(ゑかき)けり。後(のち)(しま)より帰(かへり)。英(はなふさ)一蝶(いつちやう)と。改名(かいめい)し。浅妻舟(あさつまふね)と云(いふ)(ゑ)をかきける。其(その)(ことは)に。
  浅妻(あさつま)(ふね)のあさましやアヽ又の夜(よ)はたれに契(ちきり)をかわして
  ほんに枕(まくら)はづかし我(わか)(とこ)の山よしそれとても世(よ)の中(なか)
今世(よ)に弄(もてあそふ)。道中(とうちう)双六(すころく)は是(これ)も一蝶の作(さく)(なり)

  三浦(みうら)や小紫(こむらさき)貞操(ていそう)之事 付リ 平井(ひらゐ)氏悪逆(あくきやく) 比翼塚(ひよくつか)(およひ)八重梅(やえむめ)之事

今ハむかし延宝(ゑんほう)の比(ころ)。京町一丁目三浦やか内に。小紫(こむらさき)と云し松位(たゆふ)(あり)しに。其(その)(ころ)(また)平井(ひらゐ)氏と云(いふ)ゑせ者有(あり)。彼(かれ)ハもと中(ちう)(ごく)(すじ)の家中(かちう)にて。歴々(れき/\)の子息(しそく)なりしか。いさゝかの事(こと)にて人を討(うち)。国(くに)を立退(たちのき)。其(その)(み)。十七の年(とし)江戸(ゑと)へ北下(にけくだ)り。もとよりも知音(ちいん)近付(ちかつき)もなけれハ。幡随院(はんづゐん)長兵衛(てうべい)と云(い)へる男伊達(おとこたて)と因(ちなみ)。もとより。美少年(ひしやうねん)の事(こと)なれハ彼(かれ)が弟(おとゝ)ぶんとなりて。あまたの男伊達(おとこだて)を友(とも)として暮(くら)しけり。或日(あるひ)唐犬(とうけん)(ごん)兵衛。真(ま)(むし)次兵衛(しへい)。放駒(はなれこま)四郎兵衛と。連立(つれたち)(はしめ)てよし原見物(けんぶつ)に來(きた)けるに。」10オ(おゝ)かる遊君(ゆふくん)の中(なか)に。いかなる悪縁(あくゑん)にや。此(この)小紫(こむらさき)を見(み)(そめ)てより。思(おも)ひのほむら。胸(むね)を焦(こが)し。煩脳(ぼんのう)の犬(いぬ)の打(うて)とも去(さら)ぬ心(こゝろ)いやまし。初(はしめ)て枕(まくら)をかわしまの。流(なかれ)によどむうたかたのかつきえ。かつむすふ。契(ちきり)のむつ言(こと)も数(かず)つもり平井ハ浪人(ろうにん)の身(み)。世(よ)に立交(たちまじ)る人だにも遊所(ゆふしよ)の金にハつまる習(なら)ひ。據(よんところ)なく今(いま)ハはや。土手(どて)八丁(はつちやう)ハ云(いふ)に不及(およばす)。本郷(ほんがう)丸山(まるやま)。御茶(おちや)の水(みず)。小日向(こびなた)牛込(うしこみ)法眼坂(ほうげんさか)。金〓(かなすぎ)(へん)にて往来(ゆきゝ)の人を切殺(きりころ)し。奪取(うばひとつ)たる無間(むけん)の金。年(とし)(たち)に順(したかひ)馴染(なしみ)かさなる小紫(こむらさき)。光(ひか)る源(げん)(じ)と呼(よば)れつゝ。日夜(にちや)に通(かよふ)(あげ)や町。切取(きりとり)したる金銀(きんぎん)も。心にまかせぬ身(み)の奢(おごり)。熊谷(くまがへ)(つゝみ)にて絹賣(きぬうり)を切殺(きりころ)し。奪取(うばひとつ)たる」10ウ 三百両(さんひやくりやう)。跡(あと)をくらまし失(うせ)にける。去(され)とも天(てん)の網(あみ)退(のかれ)かたく終(つい)に其(その)(み)ハ網代(あしろ)の魚(うを)鈴ヶ森(すゝかもり)の朝(あした)の露(つゆ)と消(きへ)にけるを幡随意(ばんずい)院長兵衛ハ昔(むかし)のよしみを思(おも)ひつゝ鳶(とび)(からす)のはみ残(のこ)したるしゝむらを拾(ひろ)ひ集(あつめ)て目黒(くろ)なる何寺といへる風呂(ふろ)やへ葬(ほうむり)(つかは)しけるしかるに平井が初(しよ)七日にいとやさしき女性(によしやう)一人供(とも)(ひとり)を召連(めしつれ)(きたり)みつからハ小紫(こむらさき)と申者也平井とのとハ訳(わけ)(ある)身去年(こぞ)の秋中(あきぢう)年季(ねんき)も明(あけ)箕輪(みのは)の親(おや)の許(もと)にさむらいしが承(うけ給れ)ハ平井殿のなきからハ御寺(おんてら)におさめられ御(おん)とむらい被下候よし難有(ありかたき)御事(おんこと)なり墓(はか)もふてのため参(さん)(けい)申候とて岩(いは)つゝしと云(いふ)名香(めいかう)一包(ひとつゝみ)香奠(かうでん)として金十両」 11オ 差出(さしいた)し御(こ)〓向(ゑかう)ねかへハ彼寺(かのてら)の住職(しうしよく)隨川(すいせん)和尚(おしやう)ハおとろかれ誠(まこと)に奇特(きどく)千萬(せんばん)なりいさ/\御(こ)〓向(ゑかう)なさるへしと墓所(はかしよ)へ同道(とう/\)し給ひけるいかなれハ斯(かく)(れき)々の人の子の誰(たれ)〓向(ゑかう)する人もなくかわり果(はて)たる一掬の塚(つか)まだ石塔(せきとう)も建(たて)ざりけるに香炉(かうろ)をかり敷物(しきもの)しかせしばらく爰(こゝ)にて御經(きやう)讀誦(どくじゆ)(つかまつり)御〓向申手(た)(むけ)たく候へハ師の坊(ぼう)様にハ御退窟(たいくつ)も候はんと断(ことはり)言ハ隨川(ずいせん)(お)(しやう)ハ箕(みの)輪とやらん〓(まで)ハ遥(はるか)の道(みち)何なしとも出來(てき)(あい)の斎(とき)しんずべしとて寺(てら)へ入れける扨召連(めしつれ)たる供(とも)の男にハ我身(わかみ)御經(きやう)どくしゆの内ハ御(お)寺へ行て休(やす〔む〕)むへしと暇(いとま)とらせ其(その)身ハ閼(あ)伽の」11ウ(みつ)を手向(たむけ)普門品(ふもんほん)を高(たか)/\とよみける其(その)(のち)はおともなしほとなく隨川(ずいせん)和尚(おしやう)(たち)(いて)こなたへ來(きた)り給へと墓所(はかしよ)の方(かた)を見てあれハ小むらさきハうつむせに臥(ふし)て居(ゐ)けるまゝ立寄(たちより)見れハいつの間(ま)にか懐釼(くわいけん)のんとにつきたてあけに染(そみ)てぞふしにけるにぞきもをけしいそぎ供(とも)の男(おとこ)を呼(よび)て是(これ)を見せ早速(さつそく)箕輪(みのわ)の親(おや)もと幡隨意(はんすい)院長兵衛がもとへ人をはしらせ云(いゝ)(や)りけるにふた親(おや)(ならひ)に長兵衛もはせ來(きたり)和尚(おしやう)に様子(よふす)をきゝかえらぬ事(こと)をくりかいし子(こ)を先立(さきたて)し悲(かなしみ)よきにとむらい給れとの願(ねかひ)に長兵衛ハすゝみ出小むらさきか心(しん)てい末代(まつたい)の咄(はなし)の種(たね)12オ 貞女(ていちよ)のみさほありかたし権八と一所(いつしよ)に葬(ほをむり)つかはさは互(たかい)に成仏(てうふつ)うたかひなしとて印(しるし)に連理(れんり)の橘(たちはな)を植(うへ)(あを)めの石(いし)に笹(さゝ)りんどう丸(まる)に井(ゐ)の字(じ)の二ッ紋(もん)二人か俗名(そくめう)(かき)しるし末世(まつせ)に残(のこ)す比翼(ひよく)(つか)とて目黒(めくろ)行人坂(きやうにんさか)の西(にし)の方(かた)冷光寺(れいかうし)といへる虚無僧( もそう)(てら)に印(しるし)を今に残(のこ)しける扨(さて)(その)(ころ)世上(せしやう)はやりし八重梅(やえむめ)と云はやり唄(うた)ハ二人がうたい出しけるなり因にこゝに記おき侍る   八重梅(やえむめ)   我(われ)ハ野(の)に咲(さく)つゝしの花(はな)よ折(おら)ハとくおれちらぬ間に   我(われ)ハ野にすむ蛍(ほたる)の虫(むし)よ土(と)手の松明(たいまつ)火をともす」12ウ   〓(あい)た見たさハ飛(とひ)たつばかり篭(かこ)の鳥かやうらめしやさんさ   よしなの思ひ 是を八重梅と号(なつけ)(その)(ころ)人々唄し也」13オ

烟花清談之三

 山本や秋篠敵打の始末之事

今はむかし。京町貮丁目山本やかもとに。秋篠(あきしの)といへる遊女有其(その)人となり端正(たんせい)にして瞼(かんはせ)の美(うつく)しき事。蓮蕋(はちす)の鮮(あさやか)なるか如(ごと)し眼(まなこ)は秋水(しうすい)のうるほへるか如く。常娥(じやうか)月宮(けつきう)を離(はなれ)。飛燕(ひゑん)新粧(しんそう)に倚(よる)。面影(おもかげ)もかくや有けん。おゝかる客(きやく)の中(なか)に四國(しこく)の大守(たいしゆ)の御(み)(うち)に。宮津(みやづ)何某(なにがし)とかや云し人有(あり)けるか。代々(たい/\)(ろく)をかさねていと目(め)(で)たく栄(さかへ)(とき)めきけるに。比(ころ)しも空(そら)さへ暑(あつ)きと詠(ゑい)せし水無月(みなつき)のはしめ家内(かない)の人々は聊(いさゝか)(こゝろ)さしの日(ひ)とて。近(ちか)き邉(ほとり)の山寺(てら)へ」1オ 仏参(ぶつさん)せり。何某(なにかし)ハ壱人の若黨(わかとう)要介(ようすけ)といへるを相手(あいて)として。今日(けふ)ハ幸(さいわい)家内(かない)も畄守(るす)にて静(しつか)なれハ。家(いへ)の重(てう)(き)を虫干(むしほし)せんとて具足(くそく)(ひつ)取出(とりいだ)してかさり。自(みづから)は珍箪(ちんたん)の上に一(いつ)(はい)の冷酒(ひやさけ)に三伏(さんふく)の暑(あつさ)を忘(わすれ)。おもわす一睡(すい)をもよをしけるうち。雲(くも)(あかり)(かぜ)(おこつ)て迅(とく)(かみなり)の音(おと)しきりに鳴(なり)ける。何某(なにかし)ハもとより雷(かみなり)をおそれ平日(へいじつ)雷鳴(なる)時ハ怖(おそれ)おのゝき小児(こども)のおそるゝか如し。况(いわん)や家内(かない)の畄守(るす)なれバ一しほ心細(こゝろほそく)要助に〓(かや)(つら)せ。夜着(よき)(ひき)かぶり。枕本(まくらもと)にハ要介に宿直(とのゐ)させ。日比(ひころ)(ねん)する観音(くわんおん)の妙(めう)智力(ちりき)をそ祈(いのり)ける。此(この)要助といへる若黨(わかとう)。年比(としころ)正直(しやうじき)実躰(じつてい)なる生質(むまれつき)ゆへ。何某(なにかし)も一しほ目をかけ召仕(めしつかい)1ウ けれハ。雷(かみなり)の霽(はれ)を念(ねん)し居(ゐ)ける猶(なを)(ふり)しきる白(いふ)(たち)の雷(いかつち)いよ/\つよく。雷(でん)(かう)(まなこ)をさへきり。空(そら)(おそろし)き折(おり)から。いかなる天魔(てんま)の所為(しよい)にや。又(また)ハ下郎(けろう)の悲(かな)しさハ。床(とこ)にかさりし具足(くそく)(ひつ)にたしなみ入置(いれおき)し。軍用(くんよう)(きん)を〓前(さいせん)ちらと見しに欲心(よくしん)きざし烈(はけし〔き〕)き雷(らい)の響(ひゝき)を幸(さいわい)と抜足(ぬきあし)して。具足(くそく)(ひつ)へかゝりける折(おり)から何某(なにかし)ハ一心(いつしん)に観音經(くわんおんきやう)を夜着(よき)の内(うち)にて。讀誦(とくしゆ)なし外(そと)の様子(ようす)を夜着(よき)の内(うち)よりうかゞふとハ。要介(ようすけ)は心付(こゝろつか)す既(すて)に金子(きんす)を奪(うはい)とらんとせし時(とき)。夜着(よき)の内(うち)より聲(こゑ)をかけけれハ心得(こゝろへ)たりと云まゝ。枕夲(まくらもと)の主人(しゆじん)の刀(かたな)(ぬく)よりはやく〓(かや)の釣手(つりて)を切放(きりはな)し。返(かへ)す刀(かたな)に何某(なにかし)をたゝみかけて切倒(きりたを)しけるか。何某も」2オ 枕本(まくらもと)の脇差(わきさし)ぬきはなし。〓(かや)の内(うち)より突(つき)けるか。耳(みゝ)の脇(わき)三四寸斗きつ先(さき)はづれに突(つき)けるか。要介(ようすけ)は事(こと)ともせす。猶(なを)(ふん)(こん)て打(うつ)太刀(たち)に終(つい)にはかなく也にける。要介ハとゝめもさゝす。軍用(くんよう)(きん)を盗取(ぬすみとり)。あとをくらまし失(うせ)にける然(しか)るに白(ゆふ)(たち)のならいなれハ雨(あめ)もおやみ。雷(かみなり)も霽(はれ)家内(かない)の人々ハ梦(ゆめ)にもしらす。寺(てら)より帰(かへ)り座敷(さしき)にいたり見れハ。主人(しゆしん)ハあけに染(そみ)て打(うち)たをれ。ぬきし刀(かたな)も其(その)(まゝ)に有(あり)けれハ。これハ/\と斗にて。誰(たれ)に様子(よふす)をとふべきやうもなかりけり。内室(ないしつ)ハ狂氣(きやうき)のことく早速(さつそく)死骸(しがい)に抱付(いたきつき)。こハそも誰(たれ)か仕業(しわさ)そや。敵(かたき)ハいつくの人なるそや。要介ハいつくにぞと。尋(たつね)ても見へされハ。〓方(せんかた)なくとやせんかくやと。」2ウ 家内(かない)の。男女(なんによ)ハあとや先空しき。骸(から)にいたきつき泣(なく)より外(ほか)のことそなきかくてあるへきにあらされハ。死骸(しかい)かたつけんとせし折から。幽(かすか)に通(かよ)ふ呼吸(こきう)の様子(よふす)に。皆々(みな/\)(よろこひ)氣付(きつけ)をあたへ呼(よび)いけけれハ。眼(まなこ)をひらきくるしきいきをほつとつき。妻子(さいし)の顔(かほ)を打守(うちまもり)(さて)々むねん口おしや。我(われ)幼少(ようしやう)より雷(かみなり)をおそれ。生得(しやうとく)未練(みれん)の心(こゝろ)ゆへ斯(かく)やみ/\と要介(ようすけ)めに討(うた)し事(こと)の。心外(しんくわい)さうと有(あり)し次〓(したい)を。つく/\に語(かたり)きかせ。無念(むねん)の泪(なみた)にしつみけるか。鳥のまさに死(し)なんとするとき。其(その)鳴声(なくこゑ)(かなし)み。人の死(し )んとする時(とき)(その)(いふ)ことよし。幼(おさな)けれとも世伜(せかれ)(かん)次郎能(よく)(きく)べし。我(われ)おもわすも運(うん)(つき)下郎(けろう)の手(て)にかゝり。空(むなしく)なりなハ。汝(なんじ)さそ力なかるへし。去(さり)なから母(はゝ)を頼(たのみ)に。成長(せいてう)3オ なし。要介(ようすけ)めを尋出(たつねた)し。討(うつ)て我忘執(わかもうしう)を晴(はら)すべし。おまきも今より随分(すいふん)(かん)次郎を大切(たいせつ)にそたて。敵(かたき)を討(うた)せ給らハ。我(わか)なき跡(あと)のとひ〓(とむらい)に。百倍(ひやくはい)まさる追善(ついせん)そと。言(いゝ)(おく)(こと)も跡(あと)や先今は頼(たのみ)も切果たり。是非(せひ)もなく/\無骸(なきから)ハ。夕(ゆふへ)の煙(けむり)となしにける。然(しか)るに太守(たいしゆ)此よし聞(きこし)し召(めし)。ふかいなき何某(なにかし)か有様(ありさま)とて。家内(かない)ハ闕所(けつしよ)になり。おまきハおさなき勘次郎を引連(ひきつれ)。奈良(なら)の邉(ほとり)にしるへの有しまゝ。立越(たちこへ)てならわぬ賃苧(ちんそ)に御車(おくるま)の〓(めく)る月日(つきひ)を暮すうち。勘次郎十六歳(さい)の春(はる)。おまき持病(ちひやう)の癪(しやく)つよく發(おこ)り。色(いろ)/\と養生(やうしやう)するうち。年比(としころ)日頃の労(つかれ)にや。段々と差(さし)(をこ)。今ハの際に成にける。時。勘次郎を枕本(まくらもと)3ウ へよひ。泪(なみた)とともに云けるハ。何某(なにかし)殿(どの)にわかれまいらせてより。そなたを人となしぬるを。神や仏(ほとけ)に祈(いのり)つゝはやく敵(かたき)を討(うた)せんと。明(あけ)(くれ)(いの)り侍(はんへ)しに。ことしハもはや十六の前(まへ)髪とらせ。敵(かたき)の行(ゆく)(へ)も尋(たつね)んと思ひの外(ほか)。我身(わかみ)の命もかけろふの。あしたをまたぬ此(この)(やまい)。長(なか)き別(わかれ)となりぬへし。是(これ)も定(さた)まる世(よ)の約束(やくそく)。悔(くやみ)てかへらぬ事なから。我(わか)なき跡(あと)の〓(とむら)ひより。早(はやく)(この)(ち)を立去て前髪(まへかみ)とりて人となり。遠(とを)き東(あつま)の果(はて)まても。敵(かたき)の有家(ありか)を尋(たつね)(だ)し。本望(もう)とけて亡父(なきちゝ)の。しゆらの忘執(もうしう)はらし給へ。是(これ)孝行(かう/\)の〓一そや。必々(かならす/\)(はゝ)に別(わかれ)を悲(かなし)みて。未練(みれん)の心を起(おこ)しつゝ。諸(しよ)人にうとまれ給ふまし。伝聞(つたへきく)(もろこし)の何某(なにかし)ハ。父を悪(あつ)(こ)にとられつゝ。何卒(とそ)敵を討(うつ)へしと。」4オ
挿絵 【挿絵第三図】4ウ5オ

ある夕暮(ゆふくれ)の事なりしに弓矢(ゆみや)たつさへ遠近(おちこち)のたつきもしらぬ山中を父をくらいし悪(あつ)(こ)を尋(たつね)。爰(こゝ)やかしこ
と見まわせしに。木陰(こかけ)に臥(ふし)たる虎(とら)のかたち。待(まち)もふけたる梓弓(あつさゆみ)。しはしかためて放矢(はなすや)の。羽(は)ぶくらせめて立(たち)けるまゝ。立寄見れハ大石(たいせき)なり。是(これ)孝行(かう/\)の一心(いつしん)そや。其心をハよみ歌(うた)に石にたつ矢もあるものを。なと念力(ねんりき)のとゝかさるへきと。よみしも人のおしえなり。思へハ/\我(わか)身ほと。果報(くはほう)つたなき者ハなし七ッの年に父に別(わかれ)人の情(なさけ)に母(はゝ)(もろ)とも。國(くに)を離(はなれ)て奈良(なら)(さか)やこのてかしわのふたおもて。とにもかくにも父母に。薄(うすき)き縁(ゑん)この行(ゆく)すゑを随分(すいふん)と仏や神に祈(いのり)つゝ本望(ほんもう)とけて捨(すた)れし宮津の家(い〔へ〕)を起(おこ)し」5ウ(この)(かなしみ)を。むかし語(かたり)となし給へ。必(かならす)/\母(はゝ)か別(わかれ)を悲(かなしみ)て。くに病煩(やみわつらい)給ふなよ。さわ去(さり)なからあすよりハ。誰(たれ)を力(ちから)に暮(くら)すらんとおもき枕(まくら)をもたけつゝ。泪(なみた)と共(とも)に語(かたる)うち。痰火(たんくわ)に咳入(せきいり)(むね)くるしみ。次〓(しだい)/\にたのみなく。さしこむ癪(しやく)にあへなくも眠(ねむ〔る〕)る如(こと)く引(ひき)とるいき。勘次郎ハ只(たゝ)(ほう)(ぜん)と。泣(なく)もなかれす悲(かなしみ)に。母(はゝ)の死骸(しかい)にすがりつき。共(とも)に死んと思ひしか。又思ひ直し母の教訓(おしへ)亡父(なきちゝ)の。遺言(ゆいごん)かた/\ならぬ身(み)の上(うへ)と。親(したし)き人々頼(たのみ)つゝ。母の亡骸(なきから)(けむり)となし。七日/\の〓(とむらい)も。心斗(こゝろはかり)の供〓(くよう)をとげ。扨(さて)しも母の教(おしへ)にまかせ。自(みつから)前髪(まへかみ)〓落(そりおとし)。今〓(いままて)(ちなみ)し劔術(けんしゆつ)の師(し)荻原(おきはら)一角(いつかく)か本(もと)へ立(たち)(こ)へ。今(いま)(まて)ハ彼(かれ)(これ)と幼(いとけなき)より」6オ 御世話(おせは)になり。御(ご)(おん)はさら/\忘(わすれ)ハ置(おか)じ去(さり)なから。母(はゝ)の今(いま)はの教(おしへ)にまかせ。吾妻(あつま)の方(かた)へ立(たち)(こへ)(すこし)のしるへ候えは。是(これ)を頼(たのみ)奉公(ほうこう)を〓(かせき)申たく候へハ御暇乞(おいとまこい)に参(まいり)しと。云(いへ)ハ一角(いつかく)も年月(としつき)馴染(なしみ)し不便(ふびん)さに。未(いまた)(とし)はもゆかぬ身(み)の。海(うみ)山越(やまこへ)ての長(なが)の旅(たひ)。其上(そのうへ)あてなき奉公(ほうこう)(かせき)。きとくにも候へハ。我家(わがいへ)に傳(つたふ)陰陽(ゐんよう)二ッの太刀(たち)有。當年(とうねん)ハ免(ゆ)(るす)へしと。兼(かね)てハ思ひ居(い)たる内(うち)。母御(はゝご)の忌(いみ)にて延引(ゑんにん)せり。今日(こんにち)(さいわい)免許(ゆるす)へしとて身(み)を清(きよめ)め。二ッの太刀(たち)(すじ)おしえつゝ。汝(なんち)か門出(かとで)を餞別(はなむけ)せんとて。卜筮(ぼくぜい)とり出(だ)し卦(け)を〓(もふけ)。横手(よこで)を打(うつ)て申よう。今筮(いまぜい)し得(え)たる所(ところ)の卦(け)ハ。雷地豫(らいちよ)雷ハ百里(ひやくり)を轟(とゝろか)し」6ウ(ぐん)を行(やる)に利(り)(あり)。是(これ)(しよく)の諸〓(しよかつ)孔明(かうめい)。南蠻(なんばん)を征(せい)せし時(とき)。筮(せい)し得(ゑ)たる卦なり。目(め)出度(てたき)旅行(りよこう)の門出(かといて)そや。とく/\用意(ようい)(ある)へしとて。盃出し寿(ことぶき)をなし。門(かと)(おく)して別けり。夫よりして勘(かん)次郎。我家(わがや)に帰り見くるしきもの取(とり)片付(かたつけ)。心(こゝろ)(やすき)(ひと)々にいとま乞(こひ)つゝ鶏(とり)が鳴(なく)(あつま)の方へいそきける。日数(ひかす)つもりて名にしおふ。花のお江戸や日本橋。浅草寺(あさくさてら)のこなたなる。猿屋(さるや)町と云(いふ)(ところ)に。少(すこし)のしるへを頼(たのみ)つゝあやしきはにふをいとなみて釼術指南夜(よ)講釈(かうしやく)に其(その)(ひ)の煙をたてにける。夫よりして敵(かたき)の様子(よふす)(こゝ)やかしこと伺(うかゝ)うち門〓(もんてい)もおゝく付(つき)(ひ)に随(したかつ)て繁昌(はんじやう)せり。しかりとハいへとも敵の様子もしれされ。」7オ ハとやせんかくと。案(あん〔し〕)し煩(わつらひ)いつとなく。煩出し枕(まくら)にハふさねとも。常(つね)/\煩かち也けり。とり分(わけ)心易(やすき)門〓(もんてい)中集(あつめ)て。先生(せんせい)の斯(かく)煩かちなるハ。未(いまた)壮年(そうねん)にもなり給わて。武術(ふじゆつ)に心をゆだね給ふゆえなるへし。心なくさめ申さんと。一両(いちりやう)(はい)もよをしつゝ。近(ちか)き浅(あさ)(くさ)観世音れいけんあらたに侍(さむら)へハ。いさまいらせ給へやと。よきなく誘(さそ)ふに〓方(せんかた)なく。ともに連立(つれたち)(もふて)つゝ。南無帰命(なむきめう)大悲(だいひ)(そん)ねかわくハ敵要介に。めぐり合せたひ給へと。丹誠(たんせい)無二(むに)に祈(いのり)つゝ。猶爰かしこ巡礼(しゆんれい)し裏門(うらもん)(とを)へいたりつゝ。明王院の姥(うば)か池(いけ)。是(これ)一ッ家の旧跡と。人のおしえに立寄(たちより)て夫よりいそく花川戸。」7ウ たれか待乳の山ちかく。夕(ゆふ)越て行ハ忽(たちまち)に。あふさきるさのかしあみ笠(かさ)。あるひハ頭巾(つきん)(まゆ)(ふかく)く。堤(つゝみ)八丁ゆくとなく。あゆむとなしに。衣紋坂(さか)。大門口に入相の。かねてハかゝるへしそともおもわすしらす。さそはれて中の町まち合の〓(つぢ)に至(いた)りて見てめ(〔あ〕)れハ。おゝくの女郎の揚屋(あけや)入。空も花(はな)に酔(よふ)心地にて。勘次郎ハ只(たゞ)(ぼう)(ぜん)と。桃原(とうげん)に入しむかしかたり。張(てう)文生(ふんせい)か仙女に〓(あい)しことく。始(はしめ)て見たる花街(くるは)のよふす。門〓(もんてい)(ぢう)ハそれ/\に馴染(なじみ)の遊君ありけれハ。いさこなたへとすゝむれと。一きは目たつ八文(はちもん)(じ)。此山本の秋篠(あきしの)か。はでならぬおもかけに。心をうつしたゝすむを無理(むり)にいさなひ。とある茶やへ同道し。こよひのやとりハ」8オ 先生(せんせい)のおこゝろまかせと進(すゝむ)れとも。さすか心にはち紅葉(もみち)。色(いろ)に出にける秋篠や。外山の里にあらねとも。かの山本かもとへならハ。一夜の契をハかはしてほしき風情をつゝむとすれと。糸薄(いとすゝき)ほにあらわるゝ面影を。むりに進て初恋の。渕とやならんみなの川。けふの〓瀬(あふせ)をみなかはに。はやくみかはす盃(さかづき)の。かすかさなりて床(とこ)の山雲となり。雨(あめ)となる楚(そ)(わう)の梦をそむすひける。秋篠(あきしの)も勘次郎か面さしに。心をうこかし明行鐘(かね)を恨(うらみ)つゝ。心ならすも勘次郎ハ。皆々(みな/\)にもよをされて猿(さる)や町へ帰(かへり)しか。猶秋篠(あきしの)か面影(おもかけ)の。わすれやられす。其夜ハ独(ひとり)ひそかにおもむき。夫(それ)よりしてハ門〓の。人目の関(せき)もつゝましく。來(くる)8ウ 夜も忍ふあみ笠に姿をかくしかよひける。今ハ中/\秋しのがまことの心に引されて。有にし父の敵(かたき)のことも露おもはて。一とせほとハかよひしに。ある夜の梦(ゆめ)に過去し。母の姿を幻(まほろし)の打うらみたる顔はせにて。やよ勘次郎故郷(こきやう)にて誓ひし事ハ忘(わす)れしと。さもあり/\と見しゆめにおとろかされておき上り。見れハまさしき俤(おもかけ)の幻のとくおもはれて。燈火(ともしひ)かすかに三更(かう)の鐘(かね)の。響(ひゝき)かすかに聞ゆ。勘次郎ハ忽に手水うかいにみを清め。燈明照し両親(りやうしん)の位〓(はい)に香をてんしつゝ。いますかことくかうへをたれて放蕩(ほうとう)を侘奉不孝(ふかう)の罪(つみ)をさんけせり明(あく)れハさつそく山本かかたへ行。秋篠(あきしの)9オ
挿絵 【挿絵第四図】9ウ10オ

にあい今まてハふしきのゑんにてかく馴染(なしみ)をかさぬるも宿世(しゆくせ)のゑにし有ゆへなりさハさりなからわかみハ願(ねかい)のある者ゆへこれよりおくのかたへたちこゑんまゝ亦の〓(あふ)よもはかりかねこよひはかりの名こりなりいつをかきりのなきみのねかひみらいハかならす一ッはちすの契(ちきり)をハかならすたかはせ給ふなとしほ/\とかたりけれハ秋篠ハきもをけしなくもなかれぬおもひのたね勘次郎か顔つく/\とうち守りかりそめにまみへしより互につもる枕(まくら)のかす未来(みらい)をかけて契らんとおもひの外なる御おしへとてもそなた様に別(わかれ)てハ何たのしみになからへんさるにても御みのねかひとおゝせられんは」10ウ いかなることにて侍らふそや。年月(としつき)なじみしわか身に今まてつゝみおわせしハうらめしく侍らふとかきくとけハ。今さら何をかかくし侍はん。我か父ハ宮津(みやつ)何某(なにかし)とて。四國(しこく)の太守(たいしゆ)にみやつかひして有しか。我身(わかみ)七ッのとしあへなく討(うた)れしむかし語(かたり)。かたるも今さら口おしく。其(その)上敵(かたき)の面(めん)ていハ幼(おさな)心に覚(おほ)へ侍はねと。むこふ歯(ば)かけて額(ひたい)の黒子(ほくろ)。右のこびんに刀(かたな)の突(つき)きず有と。母のおしえとし月尋(たづね)さむらへとも。似(に)た俤(おもかげ)の人にもあはす。無念(むねん)の月日を暮(くら)す内。いかなるゑんかそなたに〓(あい)(そめ)かゝる別に及こと。過去(くわこ)宿執(しゆくしう)の因縁(いんゑん)なるへし。必/\我運(うん)つよく敵(かたき)にめくり合(あひ)。首尾(しゆび)よく敵を」11オ(うち)おゝせハ又の契を結(むすふ)へし。もし又かへり討(うち)にもなりしときかハ。一へんの〓向(ゑかう)もたのむと斗に泪(なみた)くみての物語(ものかたり)秋篠もなきいりしが。おとろきいりし御身の上爰(こゝ)に一ッのはなしあり。此一二年この方聖天町(しやううてんてう)より來。醫師(いしや)に徳嶋(とくしま)泰庵(たいあん)といふ者あり。つね/\内證へ來り給ふか今御はなしの向歯(むこふば)かけて額(ひたい)の黒子(ほくろ)。右(みぎ)の耳(みゝ)わき二三寸きずの見へ侍ふか。今ハ四方(しほう)かみにて或(あるい)ハ十種(じしゆ)(かう)はいかいに折(おり)/\内へ見へ給ふ。もし是にても侍ふやとはなせバ。勘次ハ飛(とび)たつことく。浮木(うきき)に〓(あへ)る盲(もう)(き)のおもひしからハそなた手引して其かつかうを見せ給へとたのめハ幸(さいわい)11ウ 明日は口切にて。大勢(おゝせい)(きやく)(しゆ)も侍へは泰庵(たいあん)とのもまいるへし。必/\明晩と契(ちきり)て其(その)(よ)ハかへりけり。扨勘次郎ハ我家へ帰り其夜のあくるをまち居たるに。千夜(ちよ)を一夜(ひとよ)の心地(こゝち)にて明れハはやく支度(したくし)山本へおもむき。秋篠に〓(あい)かたきのよふすをうかゝゐけるに。山本かかたにハけふハ自門(しもん)(た)門の両三(りやうさん)(はい)を招(まね)き。初座の鱠炙(くわいせき)より。中立(なかたち)(ご)座の點茶(てんちや)まてこと/\く畢(おわ)る比(ころ)。秋篠は勘次郎を連(つれ)たち内證(ないしよう)の厠(かはや)へともなふ躰(てい)にて。障子(しやうし)に穴をあけ敵のよふすを伺(うかゝは)せけり。勘次郎ハ一目見るより飛(とび)たつことく思ひしか。無念(むねん)のむねをおさへつゝ秋篠諸とも二階(にかい)へ上。いよ/\かたきに相違(そうゐ)なしと。」12オ 明朝のかえるさを付(つけ)(ゆき)。名乗(なのり)あい勝負(せうふ)をせんと。其夜おあかし泰(たい)(あん)か帰(かへる)さを跡(あと)より付て行けるに。所ハ待乳山(まつちやま)の麓(ふもと)にて。聖天(せうてん)(てう)の。表(おもて)ハ格子(かうし)(つく)なる内へ〓入(はいる)を。押續(おしつゝい)て入。いかに泰(たい)(あん)見忘(わす)れしか。我こそ宮津(みやづ)勘次郎汝(なんし)父を討(うち)しより。無念のとし月尋(たつね)くらし漸(よふ/\)夜分見出し故(ゆへ)。是まてしたひ來たり。いざ尋常(しんしやう)に勝負(せうふ)あれと。身こしらへして詰(つめ)かくれハ。泰庵(たいあん)ハさしたる脇差(わきさし)投出(なけいた)し。勘次郎か顔を。見あげみおろし。つく/\見て。孝(かう)なる哉(かな)(ゆふ)なる哉(かな)おもひ出せハ。二(ふた)むかし自(みつから)若気(わかけ)の不了簡欲(よく)に眼(まなこ)もくらやみて。御主(おしう)を害(かい)し奉り。奪(うは)ひし金ハ水の淡(あは)12ウ なすことする事左まへ〓方つきて東(あつま)へ下(かたち)をかへて鍼醫(はりい)となり漸(よふ/\)月日を送るうち我ハ忍ふとおもへとも天命のかれす今君に奉〓(あいたてまつる)ハ即(すなはち)主人の御罸(はつ)御心せかすと御手にかゝりせめてハ罪障(さいしう)消滅(しやうめつ)せん扨々わすかの年月にいとけなけなる御成長(せいてう)(こゝ)ハ市中(しちう)の事なれハ是より近き邉(あたり)に浅茅(あさじ)か原と申所の侍へハこよひそれへ御供なし御手にかゝり侍はんといとおとなしやかに答(こたへ)けるまゝ勘二郎ハさるや町へ人をやり門弟両(りやう)人呼寄(よひよせ)泰庵(たいあん)を守護(しゆこ)させ其身ハさるや町へかへり支度(したく)をなしてよし原へ立寄秋篠に〓(あい)敵要介に名乗(なのり)(あい)こよひ浅茅か原にて敵を討(うつ)につけて」13オ いとま乞(こひ)に來たり何かとそなたの真實(しんしつ)ゆへ思ふ敵にめくり合本望とくるハ案(あん)のうちさりなから若(もし)(うん)(つき)て返討にもなりしときかハ無跡(なきあと)の〓向(ゑかう)を頼(たのむ)と言けれハ秋篠ハもつての外にはらをたて(〔けしきをかへ〕)扨々ふかいなき御心かな親(おや)の敵を見出しなからみつからへいとま乞とハみれんなる思召かなとても其心にてハ敵も大かた討(うち)(へ)給ふまし是非(せひ)もなき御事と泪にくれて恥しむれハ勘次郎は今更(いまさら)にかへすことはも泪(なみた)なから立帰(かへり)浅茅か原へいたりて見れと敵の影もなしとしやおそしと待うちに日も西山(せいさん)にうすつく比敵泰庵ハ二人の〓子(てし)にいさなはれつゝ出來(いてく)れハ勘次郎ハ声」13ウ をかけ支度(したく)も能ハとく/\と言ハ泰庵ももゝ引たすきに身をかため互(たかい)に別て西東(にしひかし)まいりそふと声かけ合互に手練(しゆれん)の太刀先に勝負(せうふ)もいまたつかさりしにいかゝハしけん勘二郎請太刀になりてたしろけハ思ひもかけぬ松陰(かけ)より黒装束(くろしやうそく)にあみ笠着(き)たる若侍後(うしろ)の方へ〓ると見へしか抜(ぬく)よりはやく泰庵(たいあん)か右のかいなを打おとしけれハ勘次郎ハ踏込(ふんこん)て大袈裟(けさ)に切たをしとゝめをさし父生〓(しやうれう)頓生(とんしやう)菩提(ほたい)かたき要介か首(くひ)請取給へと〓向(ゑかう)をなして手向(たむけ)けりかくて人々ハ悦いさみ介(すけ)太刀(たち)打し人に向いかなる方なれハ思ひもかけぬ御介太刀に預忝し去るにても御名ゆかしく候と」14オ いんきんにてをつけハいせんの侍近々とあみ笠とるを見てあれハ山本やの秋篠なり是ハ/\と皆々おとろきふしんをなせは先ほと勘次郎様いとま乞(こい)に見へ給ひしをはちしめまいらせしも心をはけまし申さんため心の外のあいそつかしを申せしなり夫よりしてみつからハ親かたへ寺まいりとて暇(いとま)をもらい心安き茶やを頼中宿をこしらへ身こしらへして是(これ)〓参侍しに心とゝき首尾(しひ)よく年月の本望をとけさせ候何よりめてたふ侍ふと悦いさむ其中に勘二郎ハ秋篠にむかい只今の心さしと云はたらきと云武士も及はぬけなけのふるまい流(なかれ)に〓(しつみ)し川竹(かはたけ)のうきふししけき其中にたくひ」14ウ まれなる志さるにても御身の上からばしくわしくかたり給へと云へハ秋篠ハ顔うち赤め恥しなからみつからか父上ハさるやんことなき御方に世々禄をかさねて侍りしに傍輩(ほうはい)のさんにより思はすいとま給りて二君(じくん)に仕へぬ市中の閑居(かんきよ)年月をくる其中に母の大病(たいひやう)せんかたなくみつからか十二のとしこの荊〓(くるは)林に賣れしにはしめハ父母の事のみ思ひ出し明暮恋しかりしか稚(おさな)き心のおろかさハ日毎に媚(こひ)に馴(なれ)花やかなる人の出入たち振舞(ふるまい)も羨(うらやま)敷いつしか芝蘭(しらん)の室(しつ)ならぬ荊〓(けいきよく)の林に棲(すん)て其(その)(か)に染(そま)ぬるそ浅ましき一夜を限(かきり)に去てふたゝひ來らさるも多(おゝ)き中にいかな」15オ る宿(しゆく)世の奇縁にやそもし様にふと馴(なれ)そめまいらせ御身の上を聞に付いとゝいやます思ひのたね扨こそ斯ハはからいしそやそれハともあれ年月の御苦労(くろう)ありしかひ有て御本望をとけ給ひいか斗か悦し此上わへんしもはやく御國元へいそかせ給へと進られ勘次郎ハ日比の情此場の時宜(しき)今更(さら)何と云へき言葉もなく只何事も國元へ立帰(たちかへり)(むかひ)の人を差(さし)(こす)へしといとま乞もそこ/\にして立別(わかれ)(なれ)し故郷(こきやう)へ立帰敵(かたき)(うち)の始終(はしめおはり)を太守(たいしゆ)へ申上しかハやかて本地に立かへり再(ふたゝひ)ひ宮津の家名(めい)を起(おこ)し秋篠事も身請をなし玉椿の八千代をかけて榮(さかへ)けり

烟華清談四目録

○ 化物(はけもの)(きり)や奇怪(きくわい)之事

○ 万(まん)(じ)や禿(かふろ)怪童(あやしきこともになれあそぶ)

○ 茗荷(めうか)や大岸(おゝきし)智防(ちをもつてそしりをふせぐ)

○ 三浦(みうら)や花鳥(かてう)(ひし)や通路(かよひぢ)全盛(せんせいをあらそふ)

○ 大上総(おゝかづさ)や常(とこ)(なつ)迷魂(ゆふれい)之事

○ 奈良(なら)や茂(も)左衛門欺(ともをたまかす)

○ 松(まつ)や八兵衛以戯奪(たはむれをもつてかねをうばふ)事」目オ〔白〕」目ウ

 烟華清談 化物桐屋怪異之事

今ハむかし。揚や町の河岸(かし)に桐(きり)や何某とかや云し娼家(ゆふしよや)ありける此(この)あるじ抱(かゝへ)の娼婦と密(ひそか)に通(つう)しけるか。初(はしめ)の程(ほと)ハかり初(そめ)の事(こと)なりしか。いつのほとより筑波(つくば)山の影(かけ)しけく。人目の関(せき)にもかゝるほとなれハ。女房もほと此(この)(こと)をしりて。しんゐのほむら胸(むね)を焦(こか)し。何かにつけて此遊女(ゆふしよ)を憎(にく)み。難波(なには)の浦(うら)ならぬよしあしに罵(のゝしり)はつかしめけるが。猶(なを)たらすや有けん。外(ほか)の娼家(ゆふしよや)へ賣(うり)やらんと云しを。あるしハ是(これ)を許(ゆる)〔ゞ〕れハいよ/\しんゐいやまして。後(のち)ハ此(この)遊女(ゆふしよ)を見る目もいふせき心地(こゝち)にて明(あか)し暮(くら)しけるか。いつのほどよりか思ひの火(ひ)に胸(むね)を焦(こか)し。人しらぬ病(やまい)の床(とこ)に打臥(うちふし)けるか。日」1オ 増思ひいやまし。あるしハ是を幸(さいわゐ)にいよ/\馴(なれ)むすひけれハ今ハ中/\たすかるへくもなく。終(つい)に無常(しやう)の道(みち)におもむきける。扨しもあるへきに非(あらされ)ハ野辺(のへ)の送(おく)りに人々袖(そて)をしほりけるあるしハ今更(いまさら)打驚(うちおとろ)き。仏前(ふつせん)にはみあかしをてらし閼伽(あか)の水(みつ)を妻(つま)の位〓(いはい)にそなへ香花を供(くう)し。念(ねん)(ふつ)いとまめやかに唱(となへ)つゝ手向(たむけ)し水をとりかえんとて。見れハ茶碗(わん)に水少しもなし。こハそも不思義(ふしき)と水を手向かへ其(その)(よ)ハ其(その)(まゝ)に休(やすみ)ぬ。夜明(よあけ)て又香(かう)(け)を手向水むけんとするに又水なし。人々いよ/\不思義(ふしき)をなす事初(しよ)七日まて毎夜(まいよ)かはる事なし。あるしも何とやみん氣味(きみ)わるく覚(おほ)へけれハ初七日の法事(ほうじ)もいと念比(ねんころ)(とむら)ひけりしかりしより後(のち)は」1ウ 夜更るにしたかひ。いつくともなく女のさめ/\と泣聲しきりにして声(こへ)もの悲(かな)しく。姿ハ更に見ゆる事なし。或(あるい)ハ座(さ)敷へ出せる盃硯蓋なと蝶(てう)(とり)なんとの如く中を舞(まい)ありく。ある時は銚子(てうし)かんなへのいつくともなく畳の上を走。いろ/\怪事(あやしき)を見なからも煩惱(ほんのう)の犬立さらす。終にかの遊女(ゆふしよ)を後妻になん定めける。然(しか)りしより猶さま/\の怪おゝきうち。水(み)(な)月の比(ころ)先妻(せんさい)の衣裳(しやう)を虫干(むしほし)せんと。箪笥(たんす)の引出(だ)しをぬかんとなしける折から。箪笥(たんす)の内よりも物悲(かな)しげなる聲にて我か衣裳(いしやう)は干(ほす)に及(およは)すと云へる聲(こへ)に。後妻(こうさい)ハ魂(たま)きへ打(うち)(たお)れしを。家内打寄(うちより)介抱(かいほう)してさま/\いたわるといへとも。」2オ(つい)に病(やまい)となりてほとなく果ぬ。夫より無程(ほとなく)身上(しんしやう)(おとろ)へぬ。是を揚屋町の化(ばけ)物桐(きり)やと其比人々云ぬ

 萬字や禿怪に馴(なるゝ)

今はむかし。なんならぬ京町に万字やと云娼家(〔ゆ〕ふしよや)ありける。かれかもとにかん竹と云禿あり。いつしか長月廾か比よの中物静(しつか)なる比。小雨(こさめ)しきり(ふり)。長き夜(よ)のいと淋(さみ)しく。客(きやく)壱人もなく。時雨(しくれ)をいそく風の音信(おとつれ)のみにて。夜も初更(しよかう)の比(ころ)。かん竹ハ用事(し)ありて二階(かい)へ行けるに。見馴(みなれ)さる十あまりなる禿(かふろ)。かん竹か袖を引て。奥座鋪(さしき)へともない行ぬ。かん竹(ちく)も何心なく行しに。」2ウ かの禿(かふろ)(たもと)より小(ちいさ)き石(いし)をとり出し。手玉(てたま)はしきなとするまゝかん竹(ちく)もとも/\遊戲(あそひたはむ)るゝうち。ほとなく見せよりかん竹(ちく)を呼(よひ)けるまゝ見せへ行て姉(あね)女郎の用事を弁(へん)し。又候二階(にかい)へ上けれハ。階子(はしこ)の口(くち)にかの禿(かふろ)(まち)(うけ)て。又々かん竹か袖をひかへて奥(おく)座敷(さしき)へともない行ぬ。只ものハいはすして。石なとをとり遊(あそ)ひ戯(たはむ)るゝ事毎夜(まいよ)なり。後(のち)ハかん竹も見せの出るを待(まち)て。かの禿(かふろ)と遊ん事を楽(たのし)み。見せ出ぬれハかの禿階(はし)子の口(くち)に待受(まちうけ)て居(いる)(こと)(つね)(なり)。あるし夫婦(ふうふ)かん竹か見せ出ぬると。外(ほか)の禿とかはり二階(かい)へ上る事をいとふしんにおもひ。或(ある)(ひ)かん竹にとひけれハ。二階へ玉(たま)(とり)に行とことふ。外の子供(とも)は」3オ(みな)/\下に居(ゐ)るに。だれを相手(あいて)にするやといへハ。過し比(ころ)よりのあらましを語(かたり)ぬ。夫婦(ふうふ)あやしみて鴇母(やりて)(わか)い者に付させ見するに。かの禿出る事なし。又々かん竹独(ひとり)いたれハ即(すなはち)出ぬ。客(きやく)(いた)れハ出る事なし。斯(かく)する事一とせ斗にして後(のち)。或(ある)(よ)かん竹かの禿か手をとらへ二階(かい)より引(ひき)おろさんとせしに。かの禿かん竹か襟(ゑり)へ〓付(くひつき)けるに。かん竹あつとさけび倒(たをれ)けるに。件(くだん)の禿いつちへ行けんかしらす。其(その)(こへ)におとろき人々立寄(たちより)見れハ。かん竹ハきをうしなひけるを介抱(かいほう)なして。よふ/\と人心地なりぬ。少(すこ)しのきずなれハほとなく快(こゝろ)よくなり。成長(せいてう)して猶(なを)(また)(つとめ)(お)れり。」3ウ

 茗荷(めうか)や大岸(おほきし)智防(ちをもつてそしりをふせぐ)

今ハむかし。享保の比京町二丁目茗荷(めうか)やに。大岸(おゝきし)といへる遊女あり。つねに風流(ふうりう)を好(このみ)又酒宴(しゆゑん)を愛(めて)。つね/\客(きやく)の帰(かへり)を送(おくり)てハ中の町の茶(ちや)やに〓頭(たいこ)藝者(けいしや)を。集(あつめ)て相手(あいて)とし。夜(よ)(もすから)の酒宴(さかもり)に更(ふけ)(ゆく)(かね)を恨(うらみ)。月(つき)雪花(ゆきはな)の晨(あした)ハ更(さら)也。其(その)(み)の座敷(さしき)とても昼夜(ちうや)のわかちなく。茶や舟宿(やと)。又ハ。〓頭(たいこ)をまねき。夜(よ)とともの酒宴(さかもり)に。おのつからうはきの名(な)を立(たて)られ。五丁の口の葉(は)にかゝり。大岸(おゝきし)ハ色好(いろこのみ)にててれん女郎とハよびける。しかありしより。大岸に心易(こゝろやすき)(ちや)や。此(この)(こと)を告(つげ)てとり/\に」4オ 〓見(いけん)ましりに云きかせける。折(おり)から年(とし)の暮(くれ)なりけるか。來(く)る年(とし)の正月ハ跡着(あとき)も一しほさはやかに。下着(したき)は不残(のこらす)白無垢(しろむく)を着(ちやく)し。上着(うはき)ハ。白襦子(しろしゆす)に金糸(きんし)を以て卒土(そと)(は)としやれかふへ野(の)さらしの形(かたち)を縫(ぬは)せて着(ちやく)し。又(また)挑灯(てうちん)にハ大文字(おゝもし)にて。てれんいつはりなしと書(かゝ)せけり。茗荷(めうか)やのあるし鴇母(やりて)らハそもいかにと云けれハ。大岸言けるハ。我身(わかみ)をてれんのうはきものとの〓(うわさ)あるよし。此(この)(み)ハてれんうはきにてハなく。只(たゝ)(たのしみ)につとめのうさを忘るゝまてなり。訳しらぬ者の口の葉にかゝりしゆへ。かくハはからい侍ふと語(かたり)りつゝ。やはり挑灯(てうちん)4ウ の紋(もん)。てれんいつはりなしの文字(もし)ハ。其(その)まゝにてともさせけるに。物めづらしき評判(ひやうばん)いやまして。日に増(まし)全盛(ぜんせい)ならぶかたなく。終(つい)に浮氣(うはき)のあだ名(な)も云人なく今以其(その)膽量(たんりやう)を人々感(かん)じぬ。

 三浦や花鳥(くわてう)大菱(ひし)やかよひ路争(あらそふ)全盛(せんせい)

今ハむかし京町壱丁目。三浦や内に。花鳥といへる遊君(いふくん)あり。同し二丁目大菱やかもとに。かよひ路といへる娼君(ゆふくん)有。互(たかい)に全盛の身(み)なりしか。いかゝしけん花鳥か方(かた)(その)(とし)の暮(くれ)。客よりおくる仕(し)(まい)(かね)。いつかうに來らされハ。正月の跡着(あとき)の趣向(しゆこう)も心にうかます。かのかよひ路かよふ姿を聞合するに。下着ハ。なをりの紅(かう)羽二重(はふたえ)のむくに」5オ 上着ハ。緋(ひ)縮緬(ちりめん)にして。錦(にしき)あるひはから織(おり)。唐(とう)花布(さらさ)。蝦夷(ゑそ)にしきなとの。多葉古(たはこ)(いれ)。烟管袋(きせるふくろ)を。いとにて〓合(つなきあわせ)〔せ〕て鳥(とり)の羽(は)をかさねたるよふになし。是(これ)を模様(もよふ)につけ中の町へ出て。揚(あけ)屋へ赴んとする道中(とうちう)にて。袖(そて)(つま)を引ハ。烟袋(たはこいれ)きせるつゝの。手に随(したかつ)てとれるを趣向(しゆかう)となしぬるよしを。密(ひそか)に人の告(つげ)けるを聞とも。こなたには。せん方なく。下着は白むくにて。上に黒襦子(くろしゆす)の火打入たる紙衣(かみこ)をこしらへ。春を迎んとしけるに。大〓日明方。客のかたより金二百両を送りけれとももはや跡着の間にもあわす。せんなき事と思ふうちにほとなく年礼に中の町へ出ける。しかるにかよひ路ハ。新町より」5ウ 爰を晴(はれ)と出けれハ。茶やの下女若い者。或ハむすめ。むすこまて。御めてたふ御座りますと。袖つまを引て。たはこ入烟管袋(きせるふくろ)を。引とりけれハ揚屋町の角にてハ。帯つけ打かけの。たはこ入きせるつゝ一もなく。無地(むち)の緋(ひ)縮緬(ちりめん)となりけれハ。其儘(まゝ)帯つけのしこきをときて。下着(したき)斗となりて揚やへ入ぬ帯付打かけハ揚屋町の角に打捨置ぬ。人々其活達(くわつたつ)を感(かん)しけるに。花鳥ハ紙衣姿にて揚やを出。大門の茶やに至り。松やか見せにて五丁の藝者(けいしや)(たい)頭を集(あつめ)て酒宴をなし禿を呼(よひ)て何か秘語(さゝやき)けれハ。ほとなく禿ハ何か紫(むらさき)の服紗(ふくさ)に包し物を持來けるを花鳥ハてにゝもふれす。あるしによろしく頼とて渡しける」6オ
挿絵 【挿絵第五図】6ウ7オ

ハ彼の百両のこかねにてそ有けるを。藝者〓頭下女若い者まてにとらせ終夜松やかもとに遊ひて帰ぬ

 奈良(なら)や茂(も)左衛門欺(ともをあさむく)

今ハむかし。奈良や茂左衛門と云し者あり専(もつはら)柳〓(くるわ)に遊ひ任〓(たてひき)を好。一時に千金をなけうちて快(こゝろよ)しとす。其比紀文(きふん)と一雙(いつそう)の大盡(たいしん)にして三浦やの。しか崎か方へかよひけり。或日尾張やの揚やに遊ひ居けるに。和泉やの揚やに念比なる友。五人遊ひ居けるか。奈良茂か事を何かあしさまに云けるよし。人の咄にほの聞けるか。奈良茂ハさはらぬていにてけんとん蕎麦(そはきり)五人前おくり遣しけるにそ。かの五人ハ。花やか」7ウ に遊(あそ)ひ居(ゐ)ける所なれハ。奈良(なら)(も)かいたつらにくさも憎しとて。こなたよりもけんとん。澤山(たくさん)に送(おく)りてこまらすへしとて。中の町の蕎麦(そは)やへ人を遣りて。出來(てき)次〓(したい)(ひやく)人前(まへ)。尾張(おはり)やの揚やへおくるへしと云へハ。こよひハ蕎麦(そは)を賣(うり)切たりと云。しからハとて。五丁の蕎麦(そは)やへあつらゆれとも。皆(みな)々賣切(うりきり)たりと答(こたふ)。五人の客(きやく)これハけしからぬ事なり。田(た)(まち)山谷(さんや)の蕎麦(そは)やへ人はしをかけけるに。是も賣切(うりきり)たりと云ゆへ。山(やま)の宿(しゆく)聖天(せうてん)(てう)。花(はな)川戸(かはと)材木(さいもく)丁へあつらへしに。是も今宵(こよひ)は賣切たりといへハ。今ハ是非(せひ)なく。箕輪(みのわ)金〓(かなすき)を尋(たつね)けるに。是(これ)も賣切(うりき)たりとこたゆ。今宵(こよひ)に限(かぎり)。けしからぬ事なりと使(つかい)の者(もの)ハ。小塚原(こつかはら)千住(せんじゆ)へむけ」8オ て行あつらゆれとも。是も賣切(うりきり)たりと云に。扨/\あやしき事と。是非(せひ)なく立返(たちかへつ)て。茶やの亭主(ていしゆ)へ斯(かく)と云けれハ。茶やの亭主(ていしゆ)もいつみやへいたりて。五人の客(きやく)にしか/\のおもむきを咄(はなし)。今宵(こよひ)ハ一向(いつかう)いつ方にも蕎麦(そは)(きり)きれるよし云へハ。然(しから)ハ何(なん)ぞ外(ほか)にかへしの工夫(くふう)もあらんと云折(おり)から。表(おもて)の方騒(そう)々敷(ぞうしく)。尾張(おはり)やよりの送(おく)りものなりとて。けんとん箱(はこ)をつむ事山のことし。千住(せんしゆ)小塚原(こつかはら)箕輪(みのわ)金〓(かなすき)。或ハ田町(たまち)(さん)(や)山の宿(しゆく)花川戸(はなかはと)材木(ざいもく)丁をはしめとして。五丁のけんとん箱(はこ)のあるかきり持(もち)はこひけるハ。目さましき有様(ありさま)なり。是(これ)ハかねて奈良茂(ならも)より蕎麦(そは)やへ人を〓(まは)し。賣切けるとかやしか崎(さき)か假筆(かりふて)にて。ゆる/\と御遊ひ候へかしと申越(こし)けるよし。扨(さて)いつみやにてハ。もらい」8ウ し蕎麦(そは)になんぎしけり。今芝居(しはゐ)にて。曽我(そかの)狂言(きやうけん)に。緞子(どんす)三本(さんほん)紅五疋(もみこひき)と云。又ハ大盡舞(たいしんまい)の言(こと)(は)に緞(どん)(す)三本(さんぼん)紅五疋(もみこひき)。綿(わた)の代(たい)まて添(そへ)られて。貮枚(にまい)五両(りやう)の小脇差(こわきざし)と唄(うた)ふハ。奈良茂(ならも)か。しか崎(さき)を身請(みうけ)のしらきに。尾張(おはり)やへ遣しける。おくりものゝ事なり

 大上總屋(おほかつさや)常夏(とこなつ)執念(しうねん)其巻(そのまき)か勇気(ゆふき)之事

今ハむかし正徳(しやうとく)の比かとよ。江戸町壱丁目。上總(かつさ)屋に。とこなつ其巻と云娼婦(ゆふくん)あり。互(たかい)に其(その)全盛(せんせい)を争ひて。其(その)(なか)(むつまし)からす。たとへハ両雄(りやうゆふ)の並(ならび)たゝさるかことし。然るに。いつの比よりかとこなつ。心地(こゝち)わつらはしく。病(やまひ)の床(とこ)に臥(ふし)けるか。遂(ひをおつて)顔色(かんしよく)おとろへ。醫療(ゐりやう)しるしなく。終(つい)に朝(あした)の露(つゆ)9オ ときへける。野邊(のへ)の送(おくり)いと念頃(ねんころ)にとりまかない。悔(くやみ)て帰(かへら)ぬ事(こと)を云あへりて。妹(いもと)女郎(しよろう)は。親(おや)はらからに別(わかれ)し思ひをハなしけり。扨(さて)其巻(そのまき)ハ。ありしにまさる全盛(せんせい)。日に増(まし)て。家内(かない)のもちひもいちるく。とこなつか。棲(すみ)し座(さ)敷を普請(ふしん)きよらかにして。其巻(そのまき)ハかしこへ移(うつ)りぬ。しかるに。其巻かかたへ客來(きやくきた)り盃(さかつき)はしまらんとする時(とき)。天井(てんしやう)よりはら/\と落(おつ)るものあり。禿(かふろ)若い者ハ立(たち)より見るにさしと云虫(むし)なり。是ハ。天井(てんしやう)に鼠(ねすみ)。又ハ猫(ねこ)なとの死骸(しかい)あるへしとて。明(あけ)の日人を登(のほ)せて。天井(てんしやう)を見さしめるに。かつて何の子細(しさい)もなし。又候。其(その)(よ)も客來(きやくきた)りけるに。銀燭(きんしよく)の光(ひかり)いと照(てり)わたる中へ。天井(てんしよう)より又。はら/\と落(おち)ぬ。彼是(かれこれ)よりて取捨(とりすて)ぬれハ。又しはら」9ウ く有(あつ)て落(おち)ぬるまゝ。翌日(よくしつ)ハ。天井(てんしやう)を取放(とりはな)し見れとも子細(しさゐ)なし。又の夜(よ)もけしからす落(おち)けるまゝ。今ハ〓方(せんかた)なく〓〓(きとう)の札(ふた)。鳴弦(めいけん)の守(まもり)を張置(はりおき)けれハ。其後(そののち)ハ子細(しさゐ)もなかりける。然(しか)ある後(のち)。水(み)無月(なつき)も過。文(ふみ)月もはや半(なかは)(すく)る比。雨(あめ)いと静(しつか)に降(ふり)ける夜。其巻(そのまき)かもとへ客來(きやくきた)りて。二(に)(かう)の頃(ころ)(かへ)りけれハ。座敷(さしき)もいと寂寞(せきばく)として。物淋(ものさみ)しく。独(ひとり)(ともし)火のもとに文したゝめて。夜の更(ふく)るをもしらす。四面(しめん)(むし)の声(こゑ)のみにして。窓(まと)(うつ)雨の音のみきこゆ。其巻(そのまき)ハふとかたはらを見れハ。過去(すきさり)しとこなつかおもかけ。忽然(こつせん)とあらはれ。其巻か顔(かほ)を。つく/\と打(うち)(まも)り居ける。其巻心におもふにハ。日比むつまじからざるとこなつか。忘執(もふしう)に引され來」10オ りしものならん。人の咄(はなし)つたふるハ。かよふなる物に負(まけ)るときハ。我(わか)命を失(うしな)ふと聞(きゝ)しやと文書(ふみかき)さしてこなたよりも。常夏(とこなつ)か顔(かほ)をつく/\と見詰(みつめ)(ゐ)けれハ。其(その)勇氣(ゆふき)にや氣を奪れけん次〓にとこなつハ。跡(あと)へしさりけるまゝ。其巻ハ段々と顔を見詰て。じり/\とつけて見けるまゝ。終(つい)に姿(すがた)ハ陽炎(かげろふ)の。幻(まぼろし)のことく消(きへ)ける。夫(それ)よりして後は怪事(あやしきこと)なかりける。

 松屋(まつや)八兵衛欺客之奪(きやくをあざむきかねをうはふ)

今はむかし。松や八兵衛と云〓頭(たいこもち)有。或日。揚や海老やにて。何(なに)(かし)とかや云し客。末社(まつしや)〓頭(たいこもち)大勢(おゝせい)(あつめ)て遊ひけるか。酒(さけ)(たけなは)なる比。大成」10ウ 水鉢出(いて)けるを。客(きやく)ハこの鉢の水をこほさせ。水油を八分(ふん)目入させ。扨(さて)金子百両(りやう)を。かの鉢(はち)へ入(いれ)。勝(かつ)手より。俎(まな)(はし)を取寄(よせ)。茶や舟宿(ふなやと)ハ云(いふ)に不及(およはす)。〓頭(たいこもち)。若(わか)い者に至(いたる)まて呼集(よひあつめ)。まな〓(はし)にて。件(くたん)の小判をはさみ取へし。取得(ゑ)さるものハ。罸(はつ)(しゆ)を飲(のま)しめ。取得(とりゑ)し者ハとく分(ふん)と云わたし。皆々(みな/\)喜悦(えつ)の眉(まゆ)をひらき。我(われ)とらん。人取(と)らんとて。挾とも。はさめとも。水際(きわ)(ちか)くなるまゝに。小判ハすへり落(おち)。皆々(みな/\)(ゑ)つほに入にける。客(きやく)ハ是(これ)を肴(さかな)に一しほ興(きやう)に乗(しやう)しける。松八は。何卒(なにとそ)これを挾取(はさみと)らんと工(たくめ)とも。手震(ふるひ)(こふし)も定す。其内壱両。よふ/\取得(ゑ)し者有(あり)。小判を紙に包(つゝみ)。なをも取らんと挾ける。松八は。未(いまた)一両(りやう)も取得(とりゑ)されハ。いとゝ思(おも)ひを焦(こか)しつゝ。とやせんかく」11オ かくやと。心をくるしめるを。客(きやく)ハいよ/\ゑつぼに入て。酒(さけ)(たけなは)に及(およひ)ける。松八ハ無念(むねん)さあまり。腹(はら)(たち)(かほ)に座を立(たつ)しを。座中ハとつと興(きやう)しつゝ。猶々(なを/\)(きやう)を催(もよを)す折(おり)から。〓(ふすま)障子(せうし)にわかに響(ひゝき)。震動(しんどう)する事(こと)おひたゝし。人々ハ肝(きも)を消(けし)。こハけしからぬ事と思(おも)ふうち。家鳴(なり)しきりにして。怪しき姿そ顕(あらは)れける。惣(そう)(み)ハ。真黒(まつくろ)にして。眼(まなこ)ハ星(ほし)のことく。〓(ゑん)の下(した)より〓出(はいいて)つゝ。座中(ちう)を白眼(にら〔め〕)ハ。人々わつとたまきるうち。我(われ)ハ是(これ)。松八(まつはち)か忘執の金ゆへ迷(まよ)ふ一念(いちねん)そと。件(くたん)の鉢(はち)へ。両手(りやうて)を入(いれ)。金子を不残(のこさす)奪取(うはいとり)。〓(ゑん)の下(した)へそ入にける。有合(あるあふ)(もの)ハ云(いふ)に不及(およはす)。たれ壱人起(おき)(ゐ)る者もなく。皆々(みな/\)(はら)をかゝへ笑(ゑ)つほの會(くわい)に入にける。」11ウ

烟花清談之五目録

○ 女衒(ぜげん)又七幽魂(ゆふこんと)(ちきる)

○ 雁金屋(かりかねや)采女(うねめ)貞操(ていそう)之事

○ 角山口(かとやまくち)香久山(かくやま)(さかつきをおくる)付リ 月見(つきみ)盃之権輿(さかつきのはしまり)之事

○ 橋本(はしもと)や紅(くれない)横死(わうし)之事 付リ 雲中(うんちう)因果(いんくわをさとる)

○ 総角(あげまき)新造(しんそう)(へ)教訓(きやうくん)之事

○ 巴屋(ともへや)(かほる)金魚弄(きんきよをもてあそふ)事」目オ〔白〕目ウ

 女衒(せけん)亦七(またひち)(ゆふ)(こん)に契(ちきる)

今ハむかし。揚や町に又七と云る女衒(せけん)ありける。もと京町二丁目に住(すみ)し比(ころ)。年季(ねんき)の明(あけ)ける遊女(ゆふしよ)有けるか。かの女子遠國(ゑんこく)の者にや有(あり)けん。親(おや)兄弟(はらから)も無かりけるや。誰(たれ)世話(せは)する人もなく。又七か方に居ける。いつくへも相應ならん方へ嫁し遣はさんと思ふうち。又七も独身(ひとりみ)の閨(ねや)(さみ)しく。いつとなく人しらぬ中に。雲(うん)(う)の情(しやう)をこめ忍(しの)ひ/\にかたらひける。然(しか)るに此女ふと煩出(わすらひいた)せしか。終(つい)にはかなくなりにける。又七も今更(いまさら)不便(ふびん)におもひて。無骸(なきから)ハ自(みつから)の寺(てら)へ送(おく)り。一掬(いつきく)の塚(つか)のぬしとハなしぬ。誰(たれ)(とむらふ)人もなけれハ。跡(あと)念比(ねんころ)に〓(とむら)ひ。初七日の法事(ほうし)もまめやかに勤遣しける。去る者ハ」1オ 日にうとき習(なら)ひにて今ハ思(おも)ひも出(いた)さす。日数(ひかす)へけるにある夕暮(ゆふくれ)の事(こと)なるに。亦七ハ轉寐(うたゝね)の夢(ゆめ)をむすひ少しまとろみしか。しきりに悪寒(おかん)の氣味(きみ)つよく。ふと目(め)を覚(さま)して見けるに。枕元(まくらもと)に忽然(こつぜん)と件(くたん)の女。世(よ)にありし姿(すかた)にて居(すは)り。又七か顔(かほ)つく/\打守(うちまもり)(なみた)くみてぞ居(ゐ)けり。又七ハもとよりも剛(かう)(き)の生質(むまれつき)にて。狐(きつね)(たぬき)の所為(しよい)ならん。よきなくさみと思ひ。煙艸(たはこ)くゆらせて詠居(なかめゐ)けるに。少しも構(かま〔は〕)はす終夜(よもすから)(たかい)に向居(むかいゐ)けるか。暁(あかつき)(ちか)くなる比(ころ)。勝手(かつて)の方(かた)へ出(いて)しか。いつち行(ゆき)けん見へすなりぬ。又七も終夜(よもすから)(ね)もやらされば。其日は労れ終日(しうじつ)(やすみ)て。暮比(くれころ)(おき)出て心(こゝろ)さす用事(よふし)とりまかなひつゝ。初更(しよかう)の比(ころ)(わか)宿(やと)へ帰(かへ)り。戸(と)ほそ押(おし)(あけ)見てあれハ。いつの比來(きた)けん。又件(くたん)の」1ウ 女來(きた)(ゐ)ける儘(まゝ)。今宵(こよひ)ハ是非(せひ)(きつね)(たぬき)の正躰(しやうたい)を見顕(みあらは)しみんと思ひ。何(なに)(こゝろ)なき躰(てい)にて内(うち)へ〓入(はいり)ハ。女ハさしうつむきて居(ゐ)けるまゝ。こなたへ來(きた)候へとて。手(て)を取(とり)けるに。其(その)(て)の冷(ひやゝか)なる事(こと)。玄(けん)(とう)に氷(こほり)を握(にきる)かことし。さしもの又七も心おくれて。持所(もつところ)の手(て)を放(はな)し。色々(いろ/\)と様(ためし)見るに。外(ほか)に可怪(あやしむへき)事も見へす。食〓(しよくし)を進(すゝめ)るといへとも。手(て)にもふれす。もの云(いゝ)挨拶(あいさつ)するも平日(へいしつ)のことく。變(かはる)る事なし。其(その)(よ)も暁(あかつき)(ちか)くいつちへか出けん。姿(すかた)を見失(みうしな)ひけるまゝ。來(く)る夜(よ)ハ宵(よひ)より待(まち)けるか。又二(に)(かう)の比(ころ)(きた)れり。今宵(こよい)ハ魚物(きよるい)油揚(あふらけ)の類を多(おゝく)(やき)て。鉢(はち)に入(いれ)。酒(さけ)なとあたゝめてもてなすといへとも。一向(いつかう)口もとへも寄(よせ)す。せん方なきまゝ。捕(とらへ)んとする」2オ に。煙(けふり)をつかむか如(こと)く。其(その)姿(すかた)(きへ)もやらす。端然(たんせん)として在(あり)。今(いま)ハます/\〓方(せんかた)なく。社家(しやけ)山伏(やまふし)を招(まねひ)て。盤若(はんにや)理趣分(りしゆふん)のくり。或(あるひ)ハ鳴絃(めいけん)の札(ふた)。陀羅尼(たらに)の神(しん)(しゆ)を唱(となふ)れと。露(つゆ)しるしもなし。後(のち)ハ隣(となり)の人々も是(これ)を知(し)りて。或(あるひ)ハ壁(かへ)を〓(うかち)て。覗見(のそきみ)れとも。曽(かつ)て容(かたち)を見る事なく。亦七のみ独(ひとり)燈火(ともしひ)の本(もと)にて。人にむかいて咄(はな)せる容(かたち)(はかり)にて。更(さらに)一物(いちもつ)の眼(まなこ)にさへきるものなし。斯(かく)毎夜(まいよ)(きた)る事(こと)一月ほとにて。祈念(きねん)〓〓(きとう)も更(さらに)(しる〔し〕)なし。しかるに或(ある)老女(ろうしよ)のおしえけるハ。幽魂(ゆふこん)の罪障(さいしやう)ふかきには。智識(ちしき)の十念(しうねん)又ハ。血脉(けちみやく)なとこそしるしハあるものなり。我方(わかかた)に祐天(ゆふてん)和尚(おしやう)の名号(めいかう)一幅(いつふく)あり。是(これ)をかしまいらせんまゝ。今(こ)(よひ)(こゝろみ)給へとてあたへけるまゝ。又七ハ是を授(さつか)り。日(ひ)の暮(くれる)をまちけるに。又」2ウ(れい)の女来りける儘(まゝ)。又七ハ件(くたん)の名号(かう)を紙よりにて紐(ひも)を付。首(くひ)へかける様にこしらへ置けるを。彼(かの)女か襟(ゑり)へかけけれハ。姿は煙の散(さん)せる如彷彿として忽消(きへ)ぬ。明(あけ)の夜ハ来るかと思へハ来らす。あまりの不思義さに。翌朝(よくてう)旦那寺に至(いたり)。和尚(おしやう)に右之あらまし物語をなし。塚を見れハ。石塔(せきとう)に件(くたん)の名号を懸(かけ)て有けるまゝ。其(その)(まゝ)に葬(ほうむり)(あと)念比(ねんころ)に〓(とむら)ひ遣しける夫よりして何の怪(あやしき)事も無かりけり。人々又七を呼(よん)で。幽霊(ゆふれい)又七と異名(いめう)なしけり

 (かり)(かね)や采(うね)女貞操(ていそう)之事

今ハむかし厂かねや云へる娼家(ゆふしよや)に。采女(うねめ)と云遊女あり。或僧(そう)の馴(なれ)(そめ)て通(かよ)ひけるか。嚢(のふ)中おのつから空(むな)しく厂かねやの家内あや」3オ
挿絵 【挿絵第六図】3ウ4オ

しみて。心えなく覚へけれハ。云紛かして〓(あは)せさりしかハ此そう思ひに堪(たへ)かね厂かねや格子(かうし)の中にて。或夜自害(しかい)して果(はて)ぬ。采女ハこの有様を聞て悲(かなしみ)の泪(なみた)。腸断(はらはたをたつ)思ひ。炎(ほむら)(むね)をこかしあるにもあられす。いかゝして紛(まきれ)出けん或夜密(ひそか)に。花街(くるは)を忍出。近きほとり。浅茅(あさち)か原なる。梅若の母公妙亀尼の身を投し。鏡池(かゝみかいけ)へ身を投(なけ)むなしく成ぬかたはらの松にうつなる衣を懸置(かけおき)うらに一首(いつしゆ)の和哥(わか)有   名をそれと知(し)らすともしれ猿沢(さるさは)の跡(あと)をかゝみか池にしつめバ 治〓(ちしやう)のいにしへ妙音院(めうおんゐん)大政(たいしやう)大臣(たいしん)師長(もろなか)(かう)尾州(ひしう)へ左遷(さすらひ)給ひ。謫居(てききよ)の寂(つれ)(つれ)に。たへ給わす。ある女を召(めさ)れ愛し給ひしか。帰洛(きらく)の時琵琶(ひは)一面(いちめん)を与(あた)へ。」4ウ 給ふ。かの女別離(へつり)を悲(かな)しみ。渕(ふち)に身(み)を投(なけ)(ほつ)す。其(その)(とき)和哥(わか)一首(いつしゆ)を詠(えいす)
  四ッの緒(お)のしらへにかけて三瀬川(みつせかは)(しつ)み果(はて)しと君(きみ)につたへよ
(これ)より此所(このところ)を。琵琶(ひは)(しま)と号(かう)するよし是(これ)采女(うねめ)と同日(とうしつ)の談(たん)

 (かと)山口(やまくち)香久山(かくやま)瓜生野(うりうの)へ盃(さかつき)を贈(おくる)付リ 月見盃(つきみさかつき)之権(はし)輿(まり)

今ハむかし。宝永(ほうゑい)の比(ころ)。角(かと)山口(やまくち)に香久山(かくやま)と云へる遊君(ゆふくん)あり。都(みやこ)嶋原(しまはら)の遊君(ゆふくん)。瓜生野(うりうの)といへる者かたより。客(きやく)の縁(ゑん)によりて銀(きん)の煙管(きせる)を文して贈(おくり)けるか。火皿(ひさら)の穴(あな)を中(なか)にてつめ。きせるの通(とを)らさる様(よう)に工(たくみ)なして。贈ける。香具山(かくやま)返事(へんし)に。大盃(おゝさかつき)のいとそこ」5オ を圓(まとか)にして。下(した)におくときハころ/\ところれる様(よう)にこしらへ。其(その)(な)を白菊(しらきく)と書付(かきつけ)。嶋原(しまはら)へ贈(おくり)ける。是(これ)ハおきまとはせる〔と〕いへる。和哥(わか)の言葉(ことは)に託(たく)して名付(なつけ)侍る。比しも八月半比(なかはころ)なりける。是よりして月見(み)の客(きやく)へ。盃(さかつき)を贈事(おくること)とハなりぬ

 橋本(はしもと)や紅(くれない)か横死(わうし)之事 雲中子(うんちうし)因果(ゐんくわ)を悟(さとる)

今ハむかし。享保比角町橋本やに。紅と云し娼婦(ゆふくん)あり。かれか方へ何某(なにかし)とかや云しものゝふの。深(ふかく)馴染(なしみ)。陌頭(はくとう)の楊(よう)(りう)も。日毎(ひこと)に折(おり)(つく)す斗(はかり)にかよひ。互(たかい)に膠漆(かうしつ)の契ふかく。末(すへ)の松山(まつやま)5ウ 波こさしと。月(つき)雪花(ゆきはな)の夕(ゆふへ)にも。比目(ひもく)鴛鴦(ゑんおう)を羨(うらやみ)。年(とし)を重(かさね)て通ふほとに。父(ちゝ)か筐(きや)(うり)をも〓(むなしく)するに至(いた)り。終(つひ)に二人の進退(しんたい)も〓方(せんかた)なく。今(いま)ハ黄金(おうこん)(もちひ)盡て。後(のち)。交(ましはり)うとき世の習ひ。鴇(やりて)(わか)い者(もの)に至(いたる)まて。疎々敷(うと/\しき)挨拶(あいさつ)に。二人はいよ/\。ます花(はな)の散(ちり)ての名(な)こそかうはしと。よしなき若氣(わかけ)の不了簡(ふりやうけん)に。未来(みらい)の契(ちきり)を誓(ちかひ)つゝ。利剱(りけん)(そく)(せ)弥陀号(みたかう)と。紅(くれなひ)か胸(むね)のあたりを刺通(さしとを)し。南無(なむ)と斗を此(この)(よ)の名残(なこり)。終(つひ)にはかなくなりにけり。何某(なにかし)ハ紅(くれない)か死顔(しにかほ)つくり。枕(まくら)に臥(ふさ)せ。我身(わかみ)も共(とも)に一蓮(いちれん)侘生(たくしやう)。南無阿弥陀仏(なむあみたふつ)と刃(やいは)逆手(さかて)に取直(とりなを)し。咽(ふへ)のあたりを掻切(かきゝり)しか。愛着(あいちやく)の念(ねん)にや。心(こゝろ)おくれけん。手(て)の内(うち)(くる)ひて突(つき)そんしける。折(おり)から寐(ね)すの番(はん)。行燈(あんとう)の油つき足(た)さんと来るゆへ手早(てはや)く懐釼(くわいけん)とりかくし。」6オ 酒一ッたへんまゝ。燗(かん)して給へと望(のそみ)けるに不寐(ねす)の若い者ハ銚子(てうし)(たつさ)へ座敷を立ハ。又々死んと思ひしか。紅か死顔を見れハ見るほときみわるく。其上〓前(さいせん)(つき)そんせし。咽(のんと)の痛(いたみ)つよく。今ハ中々死氣も失(うせ)しかきほとひて咽(のんと)をつゝみ此(この)(は)を何卒(なにとそ)立退(たちのか)んと。心遣る其折から。門の戸けわしく打敲(うちたゝき)。奥座敷(おくさしき)へ舟宿よりの迎(むかい)(きた)りけるに。大勢(せい)一座の客一群(ひとむれ)に帰(かへ)る様子なれハ。是(これ)(さいわひ)身拵(みこしらへ)して。其中へまきれ入。早々立出(たちいて)我家(わかや)へ帰(かへ)りける。橋本やにてハ夜明て是を見付。夕部の客ハ何某(なにかし)様。茶やへ人を走(はし)らせ茶やよりは客(きやく)の方(かた)へ人を遣し届(とゝ)けるに。屋敷(やしき)にてハ何某(なにかし)は夜前(やせん)出奔(しゆつほん)のよしを答(こた)へけれハ。〓方(せんかた)なく。請人人置方へ紅か死骸ハ渡しけり。然(しか)るに何某ハ」6ウ 人をあやめし身なれハ。世(よ)を忍(しの)ふ身のたつきなく。旦那寺へ至(いた)てかしらを〓(そり)煩惱(ほんのふ)(そく)菩提(ほたい)と容(かたち)を替(かへ)。世に墨染(すみそめ)の姿(すかた)にて。雲中子(うんちうし)と改名(かいめい)して近郷(きんかう)近在(きんさい)修行(しゆきやう)しける月日に関(せき)もあらされハ。けふと暮(くれ)昨日(きのふ)と過(すき)て。ほとなく件(くたん)の女郎の一周忌(いつしうき)になりにける。其日ハ千住(せんしゆ)の在辺(さいへん)へ修行(しゆきやう)に至(いた)りけるに。賎(いや)しき家居(いへゐ)より。老女(ろうしよ)たち出。心さしの日なれハ手の内しんせまいらせんとこなたへはいらせ給へといへハ。忝(かたしけな)しと内へ入其時(とき)老女(ろうしよ)茶を〓(くみ)(さし)出し。今日はこゝろさしの候へハ。日暮(ひくれ)も近(ちか)くなりまいらせしまゝ。御宿(おんやと)の御心あてもなく候は御宿申さふらはんと。いと念比(ねんころ)にもてなしける。雲中子(うんちうし)ハかたしけなしと。いと念比に謝(しや)し。艸鞋(わらんつ)ときて休息(きうそく)なす内。老女ハ仏間へ燈明(とうめう)ともし。御〓向(ゑかう)あれと」7オ 云にまかせ。雲中(うんちう)子ハ仏間(ふつま)に向見てあれハ。刃誉妙釼(はよめうけん)信女(しんによ)と戒名(かいめう)あり雲(うん)(ちう)心に思ふハ。いかなれハ去年の今月今日ハ。女の刃(やいは)に死(しす)る日そ。橋本やの紅(くれない)も今日ハ一周忌(いつしうき)此家(いへ)の仏(ほとけ)も一周忌このやの仏もいかなる因果(ゐんくは)に釼(けん)(なん)にて死したりけん。いふかしさよといとゝ哀(あはれ)を催(もよほ)して。しやしこをならし念仏(ねんふつ)となえ〓向(ゑかう)をなせは。いつくともなく女の声(こへ)にて念仏(ねんふつ)す聲きこへけるまゝ。不思義(しき)におもひ振返(ふりかへ)て見れハ。去年(こそ)(しせ)し紅(くれない)におもかけ似(に)たる女。雲中(うんちう)か後(うしろ)に居(すはり)(ともに)称名(せうめう)(となへ)けるにそ。雲中(うんちう)ハ膽(きも)(きへ)(たましい)(とふ)心地にて。能々(よく/\)見れハ姿(すかた)ハ田舎(いなか)の女なから顔ハ過(すき)つる紅なり。いと恨(うらめ)しけに雲中か顔打詠(うちなかめ)。扨うらめしきぬし様や。御見忘なされしか。みつからハ紅か妹にて。幼ときハにしきとて橋本や」7ウ に雇(〔や〕とひ)禿(かふろ)をつとめ侍りしか。後(のち)故郷(ふるさと)へ帰居(かへりゐ)しに去年のけふ姉様ハ客(きやく)に殺され給ひしと。告(つけ)しに悲(かなしみ)の泪(なみた)(はらはた)を断(たち)。何の意趣(いしゆ)にて何者に殺れ給ひしと。様子(〔よ〕ふす)を聞ハ何某(なにかし)とかや云し客と聞(きく)とひとしく無念(むねん)の泪(なみた)我身(わかみ)おとこの身にしあらハ敵(かたき)をうたて置(おく)へきかと思ふに甲斐(かい)なき女の身母様に力(ちから)をつけよふ/\月日を送(おく)るうち。こよひ不思義(ふしき)に御(おん)宿(やと)申と云(いふ)事も〓(めく)る因果(ゐんくわ)の車(くるま)の輪(わ)。むかしの姿(すかた)にましまさハ。我身女のみなりともいたし方も有へきに。御姿(おんすかた)もかへ給ひ仏(ほとけ)の道(みち)に入給へハ今ハ恨(うらみ)もつき弓(ゆみ)の。矢たけ心も墨染(すみそめ)に。御身(おんみ)をかへさせ給ふ上(うへ)ハ。よきに御〓向くたさるへしさるにても母人には。其事もしらせ給はぬ事なれハ。御心置(おき)なく終夜(よもすから)(なき)あね様の」8オ 御〓向(ゑかう)を御つとめくたさるへしとてあやしの調度(てうと)とゝのへて其夜をあかし。又々修行(しゆきやう)に出にける

 三浦や総角(あけまき)新造(しんそう)へ教訓(きやうくん)の事

今ハむかし。三浦やの総角ハ。海内(かいだい)の名娼(めいしやう)にして。五代目の高尾(たかお)を出せしせんせいの君なり。ある時新造へかたつていわく。遊(ゆふ)(くん)のせんせいにならんとおもわハ。よく人の心に叶(かなふ)事を心にかくる事なり。〓一(たいいち)(よ)は寐(ね)る事なく。其上客のいね給ふをこよりなとして耳鼻(しはな)をこそくりおこし。其人の好給ふ咄なそし。又ハ香道(かうとう)(ちや)(のゆ)(あるひ)ハ哥(うた)はいか」8ウ い。琴三絃(さんけん)なそよく心かけて。知りたるていにあまり顔に出さす。初會(しよくわい)に來給ふ客なそハつきなきものにていね給ふ時にも。女郎の來るを待遠(まちとを)くおもひ。或(あるい)は狸(たのき)寐入をし給ふ者まゝあり。誠(まこと)にいね給ふとおもひ。外々の座敷へ遊ひあるき。上るり小唄(こうた)おとりなとに我を忘おそく座敷(さしき)へ來し上を。長/\とたはこをのみたるていに御客(きやく)は狸寐も今はあたとなり。まし/\としておきもやらす。又ハ帰(かへり)かけにも。はしこの口まてよふ/\送(おく)なからわきをむいて居(い)てのあいさつ其上若い者の門口を」9オ 出給ふ客を出すやいなや。から/\とくゝりをしめびんとおろしたる夜更(よふけ)の錠(しやう)の音(おと)も又すけなく義理(きり)にも二度とこられぬしかた是(これ)なとの心を能おもひやり。とりあつかうへき事なり。客の帰(かへり)給ふ時ハ其行方をおもてまて出てじつとうしろをみつめいるおりハ。おもてまで送られしに心よく。ふりかへり見れハ女郎の立姿(たちすかた)に心うかれて。帰給ひても目につく思ひにて。ほとなくうらに來給ふものなり人のつたなき事を云ても。ていよくとりあつこふ事也。或人のはなし給ふにハ。太夫部屋持(へやもち)新造(しんそう)の駒(こま)9ウ 下駄の音(おと)に。見すしてそれ/\に聞わけ給ふ。太夫女郎の駒(こま)下駄(けた)の音は。おのつからひやうしありて。からり/\からり/\と。ほとよくあゆむ音おなしうしてやまず。しせんと其かたち見ることく。部屋持(へやもち)女郎ハからり/\と行てハとまり。からり/\と行てハ音おなしからす。新造(しんそう)ハたゝから/\と色も拍子(ひやうし)もなく行なり。かやハかくるゝと詠(ゑい)せしことく。闇(やみ)の夜(よ)に梅花(はいくわの)さかりをしるかことく。おなし流(なかれ)にすみなから。はすかしきものにそありける。又女郎に我(われ)とおもはぬ拙(つたな)きかたちあり心得たし」10オ 御客を送(おく)りて。はしこの下へおりなから。暇乞(いとまこひ)して御客のふれんを出(いて)給ふをまたすして。ばた/\/\とうは草(そう)りの音(おと)つよく。二階(にかい)へ上りたる。拙(つたな)きしかたには。又來(く)る人の道(みち)をうしなひしもまゝあり。しかはあれとも。おさへところなきものゆへに其身もしらすして。わかまゝに心を持ても。同しつとめの身とのみ心得てくらし。年(ねん)の明(あけ)るにて。まはり女郎にておいつかはれ。ほうはい女郎にあけらるゝも。はすかしきをしらす年明て片付(かたつき)てもしこき帯(おひ)をつねとして。夫婦(ふうふ)さしむかいの暮(くら)しに。くるしき」10ウ 事を見るめさへいやましくおもふなり。是に引かへ。座敷持女郎の心遣ひハおゝかたならす。いやとおもふ事。顔(かほ)へ出さす。或(あるひ)はすいつけたはこまてに心をつけ。連(つれ)の御きやく外の女郎。中宿。茶や舩宿。藝者(げいしや)。下女(けぢよ)下男(げなん)まての心をつけ。紋日(もんひ)物日もの前は苦(く)のたへまなく。借金(しやくきん)のふち深(ふか)くて。かくまてにやるせなき身も。太夫女郎座敷持。部屋持も。それ/\に上と中とへ片(かた)付行(ゆく)そかし。まことに公界の身の本意なるへけれ。我もなを御客の心をよく知らんと。たへす心かくるに。ある朝(あさ)中の町の茶やに遊ひ居し折(おり)から。雨(あめ)しきりに降(ふり)11オ(いた)し。折(おり)から二丁目のかたより。軒(のき)つたへに來(きた)給ふ。御客のともとてもなく。茶(ちや)や舟(ふな)宿(やと)もなく只(たゞ)ひとり。雨具(あまく)のよふゐもなけれハ。手拭(てぬくひ)にてかしらをつゝみ。裾(すそ)まくりて雨(あめ)もやまねハ。ひしよ/\とあちらをつたへこちらをつたい來給ふありさま。いときのとくにもいわんかたもなく。かゝる姿にてハかへられましと心ならすみるうち。ほとなく大門へ出給ひてハ。甲斐(かひ)/\敷(しく)羽織(はをり)をたゝみてくわいちうし。もすそをからけはきものぬきてこしにはさみ。はしり行(ゆき)給ふてい。はしめの姿にことかはり。いとおかし。青(くる)(は)のうちにてハ色をふくみ。其所(そのところ)をはなれてはじぬけしき」11ウ ハ。人の心そかし又朝かへり給ふ御客の道すから遊ひの〓し給ふをきかまほしくおもひて心得(こゝろへ)し人にとひけるに我も此事心つきたりと咄しけるハ。朝(あさ)かえり給ふ御客の。三人(みたり)四人(よたり)つゝ。上中下の人の遊ひの咄も又。定木(てうき)をかけたることくかわりあるなり。上の人ハ。酒(さけ)をすこし給ふ事。たいこ藝者(けいしや)のおかしき事のみをはなして。其夜(よ)の女郎の〓(うわさ)をいはす。中の人ハ。江(ゑ)の嶋(しま)目黒(めくろ)の土産(みやけ)ものを買寄(かいよせ)て。いつつけに居たる事のみを咄つゝ行ハ。むすこていなり。又中の内にも中の下あり。茶や女郎の意氣(いき)地しうち悪敷」12オ 事。あるハ座敷夜具(やく)なとこしらへしはなし。又ハ。ねころしにしてかえりたる事。二所(ふたところ)三所(みところ)遊ひあるきしを手柄(から)に咄(はな)すてい。下の人の咄しにハ。其夜(よ)の女郎にふられたると云。もてたると云て。高(たか)/\と下かゝりの咄して行(ゆく)も。六七町にハ過(すき)す。はずかはしきものハ人の心。たとへバ傾城(けいせい)にかきらす。よきかたによりたきものぞかし。色も香(か)も知(し)る人ぞ知(しる)と詠(よみ)し哥の心も実その心一ッにあるべけれと。終夜(よもすから)その新造(しんそう)へつね/\におしへける

 (ともへ)や薫(かほる)弄金魚(きんきよもてあそふ)事」12ウ

今わむかし。江戸町巴屋に。かほると云る遊君あり。一たひ笑(ゑめ)ハ。人の國をも傾(かたむ)〔く〕ると云けん。俤(おもかけ)にもかよひて。見ぬ唐毛〓(もうしやう)西施(せいし)はいさしらす。時めきける。有様又たくひなし。或日馴染(なしみ)の客來て。其比流行(はやり)しらんちうと云。金魚を四ッ五ッおかもちていの物に入。水舟をしつらはせ。水石を弄(もてあそへ)ハ炎暑(ゑんしよ)を忘(はす)れるに能けんとて。持せ來けるを。かほるをはしめ。新造禿茶やの娘をにいたるまて。金魚にかゝりて。客の方を後になし。たはこの火或ハ酒の燗にもかまふ者なく。金魚の舩を取まはし。詠(なかめ)居けるゆへ。客もあまり座敷のてれるゆへ。新造の後より我かもたせ來し金魚をのそき見るに。我かあい」13オ かたの女郎ハ。新造に云つけて。金魚をこと/\く蓋の上へとり出させ置(おき)けるに。客もふしんにおもひ。おちもせぬ金魚をなせ外へとりいたせしと問(とへ)ハ。女郎こたへて云。あまり皆/\かいじりしゆへ少し草臥(くたひれ)て見へ候まゝ。休せ侍(はべ)るとのあいさつに。客もおもわす吹出しける。さすかよし原の遊君の。利口にあらすして。あとけなき心入こそよけれとて。いよ/\馴染をかさねける


 安永五年

耕書堂藏板 

〔艶花〕清談之終12ウ


【巻末】
巻末

美人合(びじんあわせ)姿(すがた)(かゞみ)    箱入 全三冊

此書は當時よし原の名君の姿を 北尾勝川の両氏筆を揮れにしき 繪に〓たて居なから粉黛のおもかけ を見るか如くに出板仕候御求御覧 可被下候

       日本橋萬町  上總屋利兵衞
東都書林                  梓
       新吉原大門口 蔦 屋 重三良 」後表紙見返

(たかぎ げん・文学部教授) 


#「人文社会科学研究」第18号(千葉大学大学院人文社会科学研究科、2009年3月)所収
# Copyright (C) 2009-2012 Gen TAKAGI
# この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNUフリー文書利用許諾契約書ヴァー
# ジョン1.3(もしくはそれ以降)が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変する
# ことを許可する。変更不可部分、及び、表・裏表紙テキストは指定しない。この利
# 用許諾契約書の複製物は「GNU フリー文書利用許諾契約書」という章に含まれる。
#               千葉大学文学部 高木 元  tgen@fumikura.net
# Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU
# Free Documentation License, Version 1.3 or any later version by the Free Software Foundation;
# A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".

Lists Page