鈍亭時代の魯文−切附本をめぐって−

高 木  元 

 一 はじめに

 魯文の研究史に於ける興津要氏の業績▼1は先駆的な研究として、その功績を大としなければならないことは、今さら言を俟たない。しかし、興津氏は、習作期と位置付けられた「鈍亭」時代の魯文には、全くと云って良いほど関心を示されなかった。

 つまり、「鈍亭」時代における魯文の活動に関しては、ほとんど未開拓であったと云うことが出来るのである。その一つの理由としては、切附本きりつけぼんと呼ばれる大量消費され読み捨てられてきたジャンルに関する資料蒐集が困難であって、誰も手を付けなかったことにあるだろう。これは、所謂「実録体小説」と呼ばれるジャンルの研究が等閑に付されていたことと軌を一にする▼2。幕末から明治初期は軍談講釈が流行する時期であって、それまで写本として貸本屋等を通じて流布していた「実録体小説」は、切附本などを媒介にして広く流布し、明治期に入ると栄泉社の「今古実録」などを生み出すことになる。これら大量に流布して読まれたテキスト群を、前近代の遺物として無視することはできないのである。

 さて、江戸読本の範疇に「中本型読本」と呼ばれる、半紙本の本格的読本と草双紙合巻の中間に位置するジャンルがある。これを調べているうちに、文化期の中本型読本に、切附本の書型を先取りした例があることを知った▼3。この切附本は、中本型読本と合巻の折衷様式を持った書型で、中本型読本の末流に位置付けられると思われる。定義すれば、

 中本型読本の末期に位置付けられる小冊子。切附本という呼称は、綴代の反対側を折って残りの三方を裁った「切付表紙」を持つことに由来し、広告などに「切附類品々・武者切附本品々」という用例が見られる。合巻風摺付表紙に読本風の本文という様式を持つが体裁には揺れが見られ、文字題簽を持つ「袋入本」もある。弘化期以後、安政期を中心に明治初年にかけて、およそ二百種ほど出板された。多くは「読切」を標榜するが「続物」もある。内容的には講談に近く軍談や一代記物が多く、また実録や読本の抄録なども目に付く。鈍亭(仮名垣)魯文などを主たる作者として粗製濫造された廉価な大衆小説ではあるが、明治期の草双紙の板面を先取りしたもので、実録体小説や軍談の普及を担った一ジャンルである。▼4

と云うことになろう。

 この切附本を調べ始めたころ、偶然にも、向井信夫氏によって蒐集された大量の切附本を見る機会が得られた。それ以降、反古同然の扱いをされていて実に安価であった切附本の蒐集を意図的に進めるうちに、何とかこのジャンルの全体像を素描できるだけの資料や書誌情報が得られた▼5。現在の書目データの基礎が作られたのはこの時である。以降、切附本を調べていることが斯界に知れ、多くの方々の御架蔵本による御教示に縋って、管見に入った本をリストに加えつつ、何とか八九割は補足できたと愚考しているのであるが、現在に到っても未見だったものを知り得る機会があるので、やはり当面は書目を未定稿とせざるを得ない。また、完本に出会うことが少ないために、同一本であっても見ておく必要がある▼6

 さて、切附本史に於いて魯文は実に多くの著編作を残しており、ジャンルの展開に中心的な役割を果たした。特に安政期には全体の半数近くの標目に関わっていたと思われる。魯文が一般に知られている「仮名垣」を名乗り始めるのは安政六、七年(萬延元年)以降だと思われるが、以下、魯文の切附本を概観しつつ、切附本と云うジャンルを通じて「鈍亭」時代の魯文の活動をさぐってみたい。

 二 魯文切附本一覧(改印順)

嘉永七・安政元年(一八五四)年 甲寅

 平井権八一代記ひらゐごんはちいちたいき 鈍亭門人|編笠一界 芳宗(外) 寅七・改 鈍亭魯文序

 彦山権現利生記ひこさんこんけんりしやうき 十返舎一九鈔録|鈍亭魯文校合 寅九・改

 八百屋於七やをやおしち小姓吉三こしやうのきちざ當世娘評判記まのあたりむすめひやうばんき 鈍亭魯文被閲|門人編笠一界著述 芳宗 寅十・改 新庄堂

 神勇毛谷邑孝義傳しんゆうけやむらかうぎでん 野狐庵主人 芳宗(見返) 寅十・改

 甲越川中島軍記かうゑつかわなかじまぐんき 鈍亭魯文 芳直 寅十・改

 箱根霊応蹇仇討はこねれいおういざりのあだうち 鈍亭魯文 芳員 寅十一・改

 小栗一代記全傳をぐりいちだいきせんでん 鈍亭主人 芳直 寅十二・改

 英名八犬士ゑいめいはつけんし初編 鈍亭魯文 直政(外) 芳直 寅十二・改 公羽堂

 源平盛衰畧記けんへいせいすいりやくき 鈍亭魯文 芳員 寅十二・改 新庄堂

 西國順禮娘敵討さいこくしゆんれいむすめかたきうち (鈍亭魯文) 芳直 寅十二・改 公羽堂

嘉永八・安政二(一八五五)年 乙卯

 安達原黒塚物語あだちがはらくろつかものがたり全編  鈍亭魯文 芳員 卯正・改 〔新庄堂〕

 足利勲功記あしかゞくんこうき 鈍亭魯文 芳員 卯正・改 新庄堂

 成田山霊驗記なりたさんれいげんき 鈍亭魯文 直政(外) 改・卯二 公羽堂

 浪花男團七黒兵衛なにはをとこだんしちくろべゑ 鈍亭魯文 芳員 卯二・改 新庄堂

 朝倉當吾一代記あさくらたうごいちだいき 鈍亭魯文 芳幾(外) 卯二・改 公羽堂

 勧進調|蝦夷渡・弁慶一代記べんけいいちだいき 鈍亭魯文 芳員 卯三・改

 蝦夷錦源氏直垂ゑぞにしきげんじのひたゝれ 前編 鈍亭魯文 芳直(外) 卯三・改  〔伊勢久〕

 玉藻前悪狐傳たまものまへあくこでん 鈍亭魯文 芳直 卯四・改 新庄堂

父漢土ちゝはもろこし母和朝はゝはにつほん國姓爺一代記こくせいやいちだいき 前編 鈍亭魯文 芳直 卯五・改 錦耕堂

 小夜中山夜啼碑さよのなかやまよなきのいしふみ 鈍亭魯文 芳直 卯五・改 新庄堂

 英名八犬士ゑいめいはつけんし 二編 鈍亭魯文 芳直 卯六・改 公羽堂 将門一代記  鈍亭魯文 芳直 卯八・改

 鳴呼忠臣楠氏碑ああちうしんなんしのいしぶみ 鈍亭魯文 芳幾 卯八・卯九・改

 頼光大江山入らいくわうおほえやまいり 竹葉舎金瓶著|鈍亭主人校合 卯九・改 新庄堂

 雙孝美談曽我物語さうかうびだんそがものがたり 鈍亭魯文 芳宗(外) 卯九・改

安政三(一八五六)年 丙辰

 天明水滸傳てんめいすゐこでん 骨董菴主人(序) 芳宗(外) 安政三辰孟春(序)

 英名八犬士えいめいはつけんし 三編 鈍亭魯文 直政(外) 辰二・改 公羽堂

 拔翠三國誌ぬきがきさんごくし 初編 鈍亭魯文 芳宗 辰二・改 〔新庄堂〕

 拔翠三國志(かきぬきさんごくし) 二編 鈍亭魯文 芳宗 辰三・改 新庄堂

 英名八犬士えいめいはつけんし 五編 鈍亭魯文 辰三・改 伊勢屋久助

 英名八犬士えいめいはつけんし 六編 鈍亭魯文 辰三・改 伊勢屋久助

 英名八犬士えいめいはつけんし 四編 鈍亭魯文 直政 辰四・改 公羽堂

 輪廻りんゑ應報おうほう四家怪談よつやくわいだん(ぜん)讀切よみきり 鈍亭魯文 辰四・改 新庄堂

 正安太平記せいあんたいへいき第三輯 骨董屋雅樂(序) 丙辰初夏(序)

 佐野志賀藏さのしかざう一代 鈍亭魯文 とり女(登里女) 辰八・改 當世堂

 楠公忠義傳讀切(序) 栢亭金山 芳盛(外) 辰九・改 糸屋庄兵衛 骨董屋主人漫誌序

 英名八犬士第八輯結局ゑいめいはつけんしたいはちしうけつきよく 鈍亭魯文 辰九・改 〔公羽堂〕

 蝦夷錦源氏直垂ゑぞにしきげんじのひたゝれ 後編 鈍亭魯文 芳鳥 辰十・改 伊勢屋久助

 拔翠三國志かきぬきさんごくし第三輯 鈍亭魯文 芳宗 辰十一・改 新庄堂

安政四(一八五七)年 丁巳

 英名八犬士えいめいはつけんし 七編 鈍亭魯文 芳鳥女 巳二・改 伊勢屋久助

 拔翠三國誌ぬきがきさんごくし第四輯 鈍亭魯文 芳宗 巳四・改 〔新庄堂〕

 神稲黄金笠松しんとうこがねのかさまつ 菊亭文里編次|鈍亭魯文被閲 芳盛 安政四(序) 笹屋(序)

 繍像水滸畧傳しゆうぞうすゐこりやくでん前・後輯 鈍亭魯文 國久 巳七・改

織部武広三度報讐をりべたけひろさんどのあだうち 〓井こがねい北梅 巳九・改 品川屋朝次郎・當世堂

 摘要漢楚軍談てきようかんそぐんだん 前編 鈍亭魯文 芳宗 巳九・改 新庄堂

 釈迦御一代記しやかごいちだいき 鈍亭魯文 芳宗 巳十一・改 糸屋福次郎・新庄堂

 大日坊青砥政談 鈍亭主人 巳十二・改 當世堂

 天下茶屋復仇美談てんがぢややふくしうびだん 鈍亭魯文補綴|票瓜亭念魚被閲 芳直 巳十二・改 當世堂

 成田利生角仇討なりたりせうすまひのあだうち 鈍亭魯文暗記 芳鳥 巳十二・改 當世堂

安政五(一八五八)年 戊午

 岩見重太郎一代實記いはみぢうたらういちだいじつき 鈍亭魯文(芳幾) 午二 當世堂

父漢土ちゝはもろこし母和朝はゝはにつほん國姓爺一代記こくせいやいちだいき 弐編 鈍亭魯文 國明(見返) 午五 錦耕堂

 釈迦御一代記しやかごいちだいき 第二編 鈍亭魯文 芳宗 午五 新庄堂

 釈迦御一代記しやかごいちだいき 三編 鈍亭魯文 芳宗 午九 新庄堂

安政六(一八五九)年 己未

 釈迦御一代記しやかごいちだいき 拾遺第四編 鈍亭魯文 芳宗 未四改 新庄堂

執讐信太森かたきうちしのだのもり 前編 鈍亭魯文 國周 未五改 錦耕堂

報讐信太森かたきうちしのだのもり 後編 鈍亭魯文 國周 未五改 錦耕堂

 拔翠三國志かきぬきさんごくし 五編 鈍亭魯文 芳宗(外) 未六改 〔新庄堂〕

 釈迦御一代記拾遺第五輯しやかごいちだいきしうゐたいごしふ 〔岳亭梁左編次|鈍亭魯文校訂〕 未六改

俵藤太龍宮蜃話たはらとうだりうぐうしんわ 鈍亭(假名垣)魯文 芳幾 未八改 錦耕堂

平良門蝦蟇物語たいらのよしかどがまものがたり  鈍亭魯文 芳幾 未八改 錦耕堂

傀儡太平記あやつりたいへいき 假名垣魯文 芳幾 未十改 錦耕堂

忠勇景清全傳ちうゆうかげきよぜんでん 鈍亭魯文 惠齋 未十改 錦耕堂

安政七・萬延元(一八六〇)年 庚申

◇於登美|与三郎・氷神月横櫛むすびがみつきのよこぐし 前編 鈍亭魯文 芳幾 申五改 錦耕堂

 拔翠三國誌ぬきがきさんごくし第六輯 假名垣魯文 芳宗 萬延元孟穐(序)〔新庄堂〕

萬延二・文久元(一八六一)年 辛酉

 英雄太平記えいゆうたいへいき 假名垣魯文 芳年 改酉二

父漢土ちゝはもろこし母和朝はゝはにつほん國姓爺一代記こくせいやいちだいき 三編 鈍亭魯文 國明(見返) 酉五改 錦耕堂

不明(安政期カ)

 利生譽仇討りしやうほまれのあだうち 金屯道人謹述 芳幾(外) 當世堂

 静ヶ嶽七鎗軍記しづがたけしちそうぐんき 初編後編 骨董軒主人

 新書太功記しんしよたいかうき 初編全一巻 骨董屋雅楽題 芳宗(外)


◇は袋入本を示す。この袋入本とは、内容と版式は切附本と同様であるが、錦絵風摺付表紙を持たず、短冊形文字題簽を持つ本を指す。同じ本で双方の体裁を持つものも存在する。おそらく袋入本の方が値段が高かったものと思われる。

 この一覧表を見て気が付くことは、安政元年に開始された切附本の刊行が、萬延二年を境に途絶していることである。切附本自体は明治期まで続けて刊行されているのであるが、魯文が萬延元年から刊行を始めた『滑稽富士詣』が評判に成って以降は、加賀屋吉兵衛(青盛堂)や山田屋庄次郎(錦橋堂)などの地本問屋から合巻の注文が増え、切附本より身入の良かった合巻へと執筆の主軸を移行したためと思われる。

 また、似た話柄の本を複数出しているのも気になる。特に安政二年刊『成田山霊驗記』と、刊年未詳の『成田利生角仇討』『利生譽仇討』とは標題から判る通り、同趣向を用いている。取り分け『利生譽仇討』は「成田御利生角仇討」「成田霊験記」「成田山御利生記」の三種を合綴したもので、各内題下に「金屯道人」と見える前述の切附本とは別本である。ただし、刊年未詳の一点は序文等を削った後印本しか管見に入っていない。

 もう一点、切附本は本来は「読切り」を標榜したものであったが、『國姓爺一代記』『英名八犬士』▼7『拔翠三國誌』などは続きものであり、これら長編小説を抄出したスタイルは、板元の要請を受けて魯文が始めたものである。

 同様に、『報讐信太森』『平良門蝦蟇物語』『俵藤太龍宮蜃話』『忠勇景清全伝』『傀儡太平記』『氷神月横櫛』は、安政七年(三月一八日改元、萬延元年)に森屋治兵衛(錦森堂)から刊行された特異な袋入本であった。同一意匠の表紙(藍白地に布目風空摺りを施し下に小さく竹をあしらう)を持ち、一丁当たり八行と、化政期の中本型読本を思わせる比較的大きな字が用いられている。また、口絵には濃淡の薄墨や艶墨、さらには空摺りなどが効果的に用いられ、大層美しい中本型読本である。このような本の格調の高さから見ても切附本とは比較にならないもので、おそらく値段も高かったものと思われる。『報讐信太森』が馬琴の読本『敵討裏見葛葉』によったものであること以外、それぞれの原拠については未詳であるが、『平良門蝦蟇物語』はその前半部で京伝の読本『善知安方忠義伝』(文化三年)を利用している。

 切附本という廉価な小冊子が流行しているこの時期に、同じ板元から同じ年に六種もまとめて袋入本を出板したのは一体何故であろうか。これらの本の見返しや序などには「假名垣魯文」と署名しており、「假名垣」号の早い使用例ではないかと思われる。また、この六作品は切附本としてではなく、明確に袋入本(中本型読本)としての意識によって執筆されたものと思われる。ならば、板元の思惑を反映した魯文には、何か期するものがあったのかもしれない。

 この切附本に関しては、まだ考究の及ばない問題が残されている。特に多くを出している新庄堂や錦森堂などの地本問屋との関係や、笠亭仙果など、切附本を多数執筆している他作家との関係などについて考えてみる必要があるし、未見である完本の博捜や、あまり残存していない袋についても蒐集に努める必要があろう。また、明治期の刊記を持つ改題後印本がもっと存するはずだと思われ、また活字翻刻本が存する可能性があるが、未見である。

 以下、切附本の序を抜書きしてみよう。もとより、近世期の板本に備わる序文は、極めて形式的な文章であることが一般的ではあるが、執筆態度が知れたり伝記事項などの情報を含んでいることが多い。と同時に、流布している大半の切附本は序文と口絵(一〜三丁表)を削り本文冒頭(三丁裏)を表紙の裏側に摺ると云う改変が加えられており、序文を欠く後印本が大多数であるので、此処に管見に入った序文を書き抜いておくのも、鈍亭時代の魯文の動静を考える上で意義なしとはしないものと思われる。

 なお、引用に際して句読点を私意によって補った。原本に句読が附されている場合は、大部分が句読点の区別なく「。」が附されている。この場合は原本の儘とした。

 三 切附本の序

平井権八一代記ひらゐごんはちいちたいき   江戸 鈍亭門人 編笠一界記録

平井ひらゐ權八ごんはち事跡じせき狂言きやうげん綺語きぎよにものし。謡曲やうきよくにあやつりて。その顛末てんまつのぶることやゝひさし。しかはあれど。雜劇ざつげき院本ゐんほんには。平井ひらゐをもて。一部いちぶ脚色しくみすなれば。かれ残刃ざんにん奸毒かんどくをおしかくして。さら忠孝ちうかう義士ぎし摸偽もぎせり。こはそのあくいみきらひて。ぜんしゆとする稗家はいか洒落さくらく作者さくしや用心ようじんなきにあらねど。いさゝか眞意しんゐうしなへり。柳下惠りうかけいあめをもておひやしなひ。盗跡とうせきこれをしてとざしをあけんことをはかる。其物そのものおなじく。そのひともちゆるところよつて。善悪ぜんあく左別さべつ如此かくのごとしひとあくおのれつゝしみ。ぜんこれならはゞ。看官かんくわんなにきよきすてけがれにのぞまん。こゝ刻成こくなる平井ひらゐ傳竒でんきは。稗官者はいくわんしやりう虚談きよだんはぶき。實記じつきあげて。童蒙どうまう婦幼ふやうが。懲勧くわんちやう一助いちぢよにそなふと云云しかいふ
 嘉永七甲寅林鐘稿成

談笑だんせう諷諫ふうかん滑稽こつけい道場どうぢやう 鈍亭魯文填詞

※編笠一界については、『當世娘評判記』の項を参照。


彦山權現利生記ひこさんこんけんりしやうき   江戸 十返舎一九抄録・鈍亭魯文校合

天道てんとう正路せうろなる、これにすぎたるはなく、日月じつげつくまなく照すこれに及べるはなし。しかれども浮雲うきくものかゝりをゝひて、一旦いつたんひかりをうしなふこと、悪人あくにんときて、善人ぜんにんかくるにひとしく、これなん禍福くわふく運動うんどうにして、清明せいめいときなんそなからん。そも/\此書このしよ縮綴しゆくてつなしたる、毛谷村けやむらの六助が、とみゆうにほこらず、芳岡よしをか姉妹をとゞい孝悌かうてい暁谷きやうこく残忍さんにんにして奸佞かんねいなる、積善せきぜん餘慶よけい積悪せきあく餘殃よわう遅速ちそくはあるとも、ちかきはかならずそのむくひ、とふきはかならず兒孫じそんにむくふ、應報をうほう天理てんり彰然せうせんたる鑒誡いましめを十返舎三世さんせのあるじ、倉卒そうそつあわひ鈔録せうろくして、童蒙どうもう婦幼ふやう勧懲くわんちやう一端いつたんとす。一日たま/\書肆ふみやかど音信おとづるるに草稿さうかうなついまだぢよなし。披閲ひゑつしてすみやかに一言いちげんせよとこふ同志とうし合壁かつへき老婆心ろうばしん禿ちびたるふでをくだすといへとも取□□□してはなびらをそこね、ゑだをたわめてみきをたふすの、すさみにやあらんかし
  嘉永七甲寅孟夏稿成發兌上梓

談笑だんしやう諷諫ふうかん滑稽こつけい道場どうしやう 鈍亭魯文填□

※挿絵内に「呂文」と見える。


八百屋於七やをやおしち小姓吉三こしやうのきちざ當世娘評判記まのあたりむすめひやうばんき   江戸 鈍亭魯文披閲・門人編笠一界著述

江湖よにいひもてつた八百屋やをや阿七おしち事跡ことのあと、きはめてさだかならず。傳奇綺語きやうげんきぎよにものすなる。その始原はじめは、宝永ほうえい年間ねんかん浪花なには西にし雜劇しばゐなるあらし三右衛門がありて、あらし喜代三がつとめしとぞ。もとよりもなくなきこと編述のべしるししは、に竹本の院本じやうるりぼん趣向しゆかうにして、出雲いづもふでに成れるものなり。一日いちじつ門人もんじん一界いつかいなるもの、戀岱れんたい草菴さうあんをおとづれ、いつ小冊せうさつをたづさへきたつて校訂かうていふ。すみやかに披閲ひえつするに、今年わづかに三五の黄口くわうこう、すこしく作意さくいありといふとも、齟齬そごおやまりなき事を不得えず。いさゝか寸暇いとまたらんをり、校訂かんがへたゞしてあたへんとおもふうちに、書肆ふみやがために催促うながされて、よくも見ずそのまゝあづさにものせしと、のちにきゝて嗟嘆さたんにたへず。ありのまゝをかいつけて序詞はしがきせめをふさぐと云云しか%\
  嘉永七甲寅季秋

鈍亭魯文記 

※三十四ウ三十五オに「談笑だんせう諷諫ふうかん滑稽こつけい道場どうじやう御誂案文著作所おんあつらへあんもんちよさくどころ\妻戀坂中程 鈍亭[ろぶん]」の看板と書斎内の「赤本作者鈍亭魯文」「門人編笠一界生年十五童」が描かれる。「事物糟粕\赤本の桃ならなくにわれはまた洗澤ものゝ名や流すらん\鈍亭」「手に汗をにぎりつめけり筆の軸\編笠外史」。


神勇毛谷邑孝義傳しんゆうけやむらかうぎでん    野狐菴主人著述

楠公くすのきしゝ太平記たいへいきくわ和尚おしやう悟道さとつ水滸傳すいこでん人間にんげん血気けつきおとろへて、分別ふんべつる時にいたれば、とく彼岸かのきしちかづくなり。萬物ばんもつ造化ざうくわ巧工たくみありて、情体じやうたいすべ如此かくのごとし年歳ねんさい稗史はいし流行りうこうして小説者流さくしや/\も夛かる中に、近頃ちかごろ著述家ちよじゆつか神仙しんせん曲亭きよくてい老翁ろうおうふで黄泉かうせんに捨しより、開巻かいくわん驚竒きやうき脚色しくみなく、湊川みなとがは嗚呼あゝ忠臣ちうしん古跡こせき梁山泊りやうさんはくに忠義堂の空居くうきようかゞふにて、さらことたらぬこゝちぞすなる。こゝに合壁かつぺきとも何某なにがしなる者、一日草堂さうたう音信おとづれいへらく、さきの日、書肆しよしまゝ彦山ひこさん霊驗記れいげんき抜翠ばつすいして、いさゝか愚意ぐいをまじへつゝ草稿さうかうだつす。といへどもいまだ序言じよげんなし。ねがはくは填詞てんしせよと、元来もとより市中しちう商個しようかみやびふみけみせざれば、法則ほうそくをかつてらず。こはるゝまに/\、其席そのせき談話だんわじよとして、せめふさぐといふことしかり
  嘉永七甲寅後名月

夢借舎主人筆記 

※序文の署名の下に「尚古」という印記がある。


英名八犬士初編ゑいめいはつけんししよへん   江戸 鈍亭魯文抄録

子夏しかゞ曰。小道せうとうといへとも。見るべき者あり。たん何そ。容易よういならん。げん里見さとみ八犬でんは文化甲戌の春。曲亭きよくていおう腹稿ふくかうなつて。書画しよくわ剞〓きけつこうを果し。世にあらはれし始より。看宦みるひと渇望かつもうせさるはなく。毎歳まいさい次編の出るをまちて。開巻かいくわんとる手をおそしとす。そも/\策子さくしかたり長編ちやうへん是に及へるはなく。二十年の春秋て。八犬英士えいし三世の得失とくしつかの延々かいなでの者といへとも。善悪せんあく邪正もらすことなく。團圓たんゑんまさに百六巻。すてに九しうきよくむすへり。言ても知るき事なから。新竒しんき妙案めうあん法則ほふそく隱微いんび。かくまで喝采めてたき物の本今昔こんしやく前後に有へからす。しつはい家のふつ菩薩ぼさつ神仙かみひしりとやたゝへなん。當時とうし机上きしやうに筆をとつて。作者と自称しせうともからおきな糟粕かすをねふる而巳のみかは。丸呑まるのみにして口をぬらす。やつかれことき者多かり。こもまた身すき世業よはたり烏滸をこなる所為わさを。黄泉くわうせんの翁ははなをつまみておはさん。しかはあれとも原本けんほん贏餘えいよした蝿頭しやうとう利。きん驥尾きひにつかまくほりすは。せんに組するなへての情體しやうたい菩提ほたいの道に入るに類ひとし釋迦旡二佛しやかむにふつ諸経しよきようをひさきてそく家を度する講談たんきそうか。布施ふせ物を得て今日の。火宅くわたく苦界くかいを安んせると又これ何そことならん雪梅せつはいほうたん假名かなよみ草史さうし後日のはなし數種すしゆせうろく皆悉こと/\たい分身。王とあさとはなしといへと抜象ぬきかき異姓ゐせいの兄弟。是宿因しゆくゑんいたすところ善果せんくわの成れる所ならんとみたりに筆をはせつゝも叙言しよけんをふさくになん。
  安政二乙卯新春發行

鈍亭のあるじ愚山人魯文記

源平盛衰畧記げんへいせいすいりやくき   鈍亭魯文抄録

みちのくのいわで忍ぶはえぞしらぬ かきつくしてよつぼの石ぶみ 頼朝

そも/\右大將うたいしやう頼朝よりともけうは、治國ちこく平天下へいてんが計策はかりことをめぐらし、平氏へいじうらみ舎弟しやてい義經よしつね一人にかふむらしめ、追討(ついとう)宣旨せんじを蒙り、ほろほされしことは、ふか思慮しりよある計畧けいりやくとそしられける。文道ふんとういちしるくして、なとか北條ほうてう梶原かちはらこときのさんもちひ給はんや。いま六百余歳よさいのち武門ふもん繁栄はんゑいこの將軍しやうくん胸中きようちうよりいてたるはかりことまたきとそおもはれける。

鈍亭魯文筆 

安達原黒塚物語あだちがはらくろつかものがたり全編   江戸著作郎 鈍亭魯文抄録

傀儡くわいらいきよく安達あたちか原は、宝暦十二壬午年の発行はつかうにして、ちか松半二か筆に成り、北総ほくそう後一こいち竹本三郎兵衛合作かつさくす。その曲、本はつ凡五段、丁數九十有余まい原文けんふん妙案いたれりつくせり。こたひ書肆ふみやもとめおうして、はつかにその大概おほむね畧抄りやくせうす。こは曲しやうと物の本、大同小異せういのけちめあつて、披閲ひえつ婦幼ふやうかわつらはしからんとおもへは、しけきをかるの老婆心ろうはしん而巳のみ
  安政乙卯新春吉旦

鈍亭魯文記 

足利勲功記あしかゞくんこうき全編   魯文作

あつめけるほとそかしこき和歌わかうら なみ/\ならぬたま数々かず/\ 尊氏

そも/\足利あしかゞ将軍しやうぐん尊氏たかうぢ朝臣あそんは、太平記たいへいきのするごとく、一生いつしやううちさま%\の戦場せんじやうにのぞみ、幾度いくたび身命しんめいうしなはんとし給ひしが、天運てんうんにかなひ、人和じんくわあつく、つひあめがしたを掌握しやうあくし玉へり。その一代いちだい闘場いくさばを、児童こどもたち見安みやすからしめんと倉卒そうそつ筆記ひつきして、書肆ふみやにあたふることしかり。
 安政二乙卯春新刻

鈍亭魯文記 

成田山霊驗記なりたさんれいげんき    江戸 鈍亭魯文謹述

ものついするに。和漢わかん両朝りやうてうといゝ。文武ぶんぶ両道りやうだうとなふ。往古いにしへ當時いまするは。てんにたくらぶるごとく。ぜんあくとを並言ならへいへは。くもどろとをろんずるなりされば相馬さうま舊事ふることを。きぬ川の新話あたらしきついし。乾坤けんこんくわんがつしたるは。泥亀すつぽんに月下駄げた焼味噌やきみそ。ふさはしからずといふもあらんが。時代じだい世話せわの一せき讀畢よみきり大小だいせう不同ふだう明王めうわうの。利益りやくは一たい 分身ぶんしんにて。前後ぜんご靈驗れいげん下總しもふさの。一國中こくちうことにしあれば。勸懲くわんちやう両全りやうぜんなるあじはひ。看官みるひとぶんつたなきを。あざけることなかれと云云しかいふ
 安政元甲寅晩冬
 同二乙卯新春上梓

 物の本作者 鈍亭魯文填詞 

浪花男團七黒兵衛なにはをとこだんしちくろべゑ   江戸 鈍亭魯文補綴

兼好けんこう徒然草つれ%\ぐさに。むくいぬおいたるとしるせしは。吾輩わがはい白癡しれものをやいふらん。やつがれ兒戯じげ策子さうしつゞりて。生涯せうがいれりとし。してすゞりうみすなどり。こゝろおりふでたがやし。虚名きよめいひさぎ野史やし自称じせうす。に著作郎さくごらうよばるれども種曲たねまくすべは不學しらずがほも。當世たうせい鉄面てつめん一家言いつかげんと。へらぐちさへ具眼ぐがんひとは。片腹かたはらいたくおもふなるべし。一日あるひ書肆ふみや新庄堂しんせうだう妻戀つまごひ稲荷いなり麓家まつしやなる。野狐菴やこあん音信おとづれて。浄瑠璃本じやうるりぼん夏祭なつまつりを。れい讀切よみきりにものせよとふ。余すみやかにうべなへば。梓主はんもとふたゝしめしいわくわれ新案しんあんんとほつせば。上手じやうづ作者さくしやはいくらもれど。看官けんぶつのおこのみにて。時代じだい世話せわの夏祭を。書作かきなをさずにと注文ちゆうもんあり。かに甲等かうらあなえらんで。足下そつかにはめた役割やくわりも。むね戯房がくや勘定かんぢやうづく。しかし紙數しすうかぎりがあり。縮綴つゞめてかく仕事しごとなれば。そこらのわざ承知しやうちならん何分なんぶんたのむとみづかとひ。自らこたへていそ/\さんぬ。
 安政二乙卯歳如月

鈍亭魯文筆記 

○此しよげん本は竹本が謡曲やうきよく直傳じきでんにして、延享えんきやうだい孟秋もうしう発行はつこうなり。作者は、並木なみき千柳三好みよし松路せうろ竹田小出雲いづもの三ひつに成り、章句しやうくあまねく人口に膾者くわいしやして、婦幼ふやうだもらざるものなし。こたび書肆ふみやもとめにおうじて、余が拙筆せつひつもて抄録せうろくをはんぬ。そが中に、きよく文のけちめあれば、煩多しげきかり簡要かんえうのこし、すこしく蛇足じやそくをそゆるといへども、いさゝかも旧意きういにたがはず。しかはあれど、ふみよみならふ幼童あげまきたらんには、えだをたはめてみきをたふすのわざなりとやあざけらんかし。

鈍亭主人再識 

朝倉當吾一代記あさくらたうごいちだいき全編   江戸 鈍亭魯文縮綴

ひろまなんきはめ真僞しんぎ穿鑿あなぐり考證かうしやうたゞすのしよは。生涯しやうがいはづか一二にさん ぼん。あるはいまだ草稿さうかうなかばに。作者さくしやぼつして匱中きやうちうひ て。紙蟲しみ住家すみかとなるものおほし。麁漏そろう〓誤たくごものほんは。書肆ふみや利潤りじゆんまくほつし。作者さくしや虚名きよめいうらまくほつせば。きよゑんかゝはらず。なすことすみやかなり。よつ脚色さくいふかからぬ。朝倉あさくら義民きみん一代記いちだいき九ツこゝのつ當吾とうご兒戲しげ物語ものかたり通天橋つうてんきやう礎趣どだいとして伊呂波いろはもみぢ假名かな策子さうし難波津なにはつなら童蒙わらべよましておとぎ夜話やわにかへつ。
 安政二乙卯新春發兌

魯文漁夫漫題 

勧進帳|蝦夷渡・辨慶一代記べんけいいちだいき全部   東武 鈍亭主人増補

勧進帳|蝦夷渡・辨慶記一代記全

自序じじよ 武蔵坊むさしばう辨慶べんけい事情ことのわけきはめてさだかならず。一本いつほん紀伊国きいのくにの住人ひと岩田いはた入道にふだう 寂昌じやくせうなんにして、叡山えいざん西塔さいたう櫻本坊さくらもとばう辨長べんちやう僧都そうづ徒弟とていにて幼名やうめう真佛丸しんぶつまるといへりとしるせり。あるひは熊野くまの別當べつたう辨正べんしやう幼名やうみやう鬼若おにわかとよび叡山えいざん西塔さいたう櫻本坊さくらもとばう昌慶しやうけい阿闍梨あじやり弟子でしともろくし、そのでん數種すしゆあつて各々おの/\ことなり。いづれの是非ぜひあげつろふは博識者ものしるひとうへにありて赤本あかほん作者さくしや僕等やつがれら辨知わきまへしるべきことにはあらず。たゞくわいきつえうつむ而巳のみ矣。
  安政二卯歳初夏

鈍亭魯文筆記 

蝦夷錦源氏直垂ゑぞにしきけんじのひたゝれ   東江 鈍亭魯文抄録

ゆきらんとして群鳥ぐんちやうあらそひてあさりかぜおこらんとして釜星かまほしはひこり。抜翠はつすゐ抄録せうろくおこなはれてごと拙筆せつひつなる。ものにはかならきざしあり。一日いちじつれい書肆しよし入来いりきたつて。義經よしつね朝臣あそん一代いちだい生立おひたちいふさらにて。蝦夷地ゑぞち渡海とかい顛末てんまつまで。小冊せうさつしるせよとふ。つら/\おもん見るに伽羅きやらたいはなおゝにらしよくして舌鼓したつゞみをうつも。おのれ/\がこのめるみちにて。また活業すぎはひにもよればなり。近頃ちかころものほんとしいへば。古人こしん糟粕そうはくならざるはなし。こゝもまた時運しうんるところ。つたなしとのみいふべからず。まい兒戲じげ策子さうしをや。われまたふかく懸念けねんせず。不日ひならずろくしてこれをあたふ。いと烏滸をこがましき所為わざにこそ。
  安政二乙卯孟春發兌

鈍亭魯文記 

玉藻前悪狐傳(たまものまへあくこでん)   鈍亭魯文抄録

自序
(きつね)千歳(せんさい)を経(へ)て美女(びぢよ)に変化(へんげ)すといへること、唐土(もろこし)の書(ふみ)に粗(ほゞ)のせたり。悪狐(あくこ)の人を魅(たぶ)らかすや其(その)(せい)なり。霊狐(れいこ)の人に感徳(かんとく)あるや、こも又(また)(せい)によるところ。人に善悪(ぜんあく)あるがごとけん。此書(このふみ)は前(さき)に妖婦傳(ようふでん)玉藻譚(ぎよくそうだん)あり。何(いづ)れも大同(たいとう)小異(せうい)にして、ことふり似(に)たる談柄(だんへい)なれども、名(な)だかき標題(げたい)ぞ好(この)ましと、書肆(ふみや)が需(もとめ)に止(やむ)ことを得ずそが侭(まゝ)に抄録(せうろく)して大関目(たいくわんもく)の利市(りし)にそなふ云云。
于時安政二乙卯初春人日

戀岱 鈍亭魯文漫題[文] 

玉藻前妖狐畧傳全(たまものまへようこりやくでんまつたし)   魯文記 芳直画
〇凡例附言 發客 新庄堂壽梓
一 此書(このしよ)は浪速(なには)の玉山(ぎよくざん)先生(せんせい)の著(あら)はされたる玉藻譚(ぎよくそうだん)五巻(いつまき)にもとづき、支那(から)印度(てんぢく)両界(りやうかい)の談話(はなし)の要(えう)を摘(つみ)て、吾(わが)皇朝(みくに)の事(こと)をのみもはらとし、童蒙(どうもう)婦女(ふぢよ)子の夜話(やわ)に換(かえ)てもて勧懲(くわんちやう)の一助(いちぢよ)とす。
一 假字(かんな)の遣(つか)ひざまの拙(つたな)きと、手(て)(に)(を)(は)のたがへるなど、元来(もとより)児戯(じげ)の策子(さうし)なれば、具眼(ぐがん)の嘲(あざけり)をかへりみず、諭(さと)し難(かた)きところは大かたに心(こゝろ)して看(み)給へかし。

於東都恋岱野狐庵 鈍亭再識 

父漢土(ちゝはもろこし)母和朝(はゝはにつほん)國姓爺一代記(こくせいやいちだいき)前編   江戸著作郎 鈍亭魯文縮綴

唐土(もろこし)の地外(ちぐわい)四夷(しい)八蠻(はちばん)、朝(あした)に服(ふく)し夕(ゆふべ)に違(そむ)く代々(よゝ)の帝王(ていわう)大臣(だいじん)胡國(ここく)を憂(うれひ)とせざるはなし。歴世(れきせい)は匈奴(けうど)胡虜(こりよ)より起(おこ)ッて中国(ちうごく)を掠(かす)め、中興(ちうこう)韃靼(だつたん)(みん)を廃(はい)して中華(ちうくわ)北虜(ほくりよ)のさまと変(へん)ず。そが中(なか)に一個(ひとり)國姓爺(こくせいや)成功(せいこう)而巳(のみ)。義(ぎ)を泰山(たいさん)に比(ひ)し智(ち)(じん)(ゆう)を兼備(けんび)して子孫(しそん)三世(さんぜ)東寧島(たかさごじま)に武威(ぶゐ)を逞(たくま)しうせる事(こと)、倭國(わこく)の膽氣(たんき)を得(え)たる猛雄(もさ)にて、是(これ)なん日本魂(やまとだましゐ)といふなるべきや。
  安政二乙卯仲夏

鈍亭魯文記 

小夜中山夜啼碑發端(さよのなかやまよなきのいしふみほつたん)   江戸 鈍亭魯文編

曲亭(きよくてい)(おう)の石言(せきけん)遺響(いきやう)は、古跡(こせき)を探(さく)り事實(ししつ)を尋(たつ)ね、日を重(かさ)ね月を經て、やゝ稿(かう)(な)れる妙案(めうあん)なりとそ。這(この)小冊(せうさつ)は彼(かの)(い)に習(なら)はす、古書(こしよ)にも寄(よ)らぬ自己(しこ)拙筆(せつひつ)。疾(はや)いが大吉(だいきち)利市(りいち)、發行(はつかう)二昼(しちう)一夜の戯墨(けほく)にして、勧善(くわんせん)懲悪(てうあく)應報(おうほう)の道理(たうり)を録(ろく)せし談笑(たんせう)諷諫(ふうかん)、更(ふけ)るを知(し)らぬ小夜中山。燈下(とうか)に綴(つゝ)る一夕話(いちせきわ)。無間(むけん)の鐘(かね)の曉(あかつき)かけて、夢(ゆめ)とうつゝに草稿(さうかう)(な)り、寢言(ねこと)に類等(ひとし)き業(わさ)くれながら、童蒙(おこ)さま方(かた)のお目(め)さまし。飴(あめ)の餅(もち)とも見(み)(な)し玉へや。
  安政二乙卯年新梓

戀岱野狐菴主 鈍亭魯文記 

英名八犬士二編(ゑいめいはつけんしにへん)   鈍亭魯文抄録

(それ)天狗(てんぐ)とは何(なん)の物(もの)ぞ。種類(しゆるゐ)(さは)にして和漢(わかん)(いつ)ならず。和名(わめう)に安麻通(あまつ)止菟袮(ととね)とよび。佛家(ぶつか)には魔羅(まら)波旬(はじゆん)と称(とな)へり。又(また)(ほし)なりとし夜(や)(しや)飛天(ひてん)。山(やま)の神(かみ)。あるは山魅(こだま)寃鬼(ゑんき)なりとす。物子(ぶつし)が天狗(てんぐ)の説(せつ)。諦(てい)(にん)が天狗(てんぐ)名義(めいぎ)(かう)。風来(ふうらい)が天狗(てんぐ)の辨(べん)の如(ごと)き。その文(ぶん)戯言(けげん)洒落(しやらく)に過(すぎ)て事実(しじつ)を撈(さぐ)るに足(た)らずとは。既(すで)に本傳(ほんでん)の作者(さくしや)もいへり。里(り)(ぞく)の謂(いわゆる)天狗(てんぐ)とは。佛説(ぶつせつ)の譬論(たとへ)と同(おな)じく。放漫(ほうまん)(ほこ)れる者をさして。天狗(てんぐ)とはいゝしならん。余(よ)は先誓(せんてつ)の佳作(かさく)をさらつて。慢(みだり)に愚(ぐ)(めい)を記(き)するの罪(つみ)。尤(もつとも)天狗(てんぐ)に類(るい)する業(わざ)にて。點愚(てんぐ)の所為(しよゐ)といはるゝ後(のち)に。未(いまだ)(たか)くもあらぬ鼻(はな)を。つまゝれなんと耻(はぢ)る而巳。
  安政二乙卯二月

鈍亭魯文漫記 

将門一代記〔外題〕   鈍亭魯文補綴

魯褒(ろほう)が神錢論(しんせんろん)に曰失之者(これをうしなふもの)は後に立(たつ)、得之(これをうる)者は前(まへ)に立。羽なくして能(よく)(とび)、足(あし)なくして能(よく)行と。予(よ)年来(としごろ)黄白(いびつな)老人に勘気(かんき)をうけ、孔方兄(あなあるあに)に離別(みはな)され、風雅(ふうが)でもなく、洒落(しやれ)でもなく、成業(せうこと)なしの戯作(けさく)者活業(とせい)も、根(ね)が微学(ほそもとで)のやりくり故(ゆへ)、道(みち)に依(よつ)て賢(かしこ)からず。老舗名家(おほだなむき)の請賣(うけうり)も、疾(とく)品切(しなぎれ)となりたれば、注文(ちゆうもん)(あつ)て才(さい)(た)らず。勘定(かんぢやう)あつて錢(ぜに)たらぬ心地(こゝち)ぞすなる。されば一日脚色(しろもの)の仕入(しいれ)(ママ)にまごつき、著作堂(ちよさくだう)主人(しゆじん)が質屋(しちや)の庫(くら)と訪(とむら)ひて利揚帖(りあげでう)を閲(けみ)するに、例(れい)の筆(ふで)を走(はせ)たる文(ふん)に家傳(かでん)の蔵書(ざうしよ)を一部(いちぶ)(うり)て三分なくなる智惠(ちゑ)を出し、經籍(けいせき)史傳(しでん)歌書(かしよ)(ざつ)書和漢(わかん)の珎(ちん)書、いたづらに紙魚(しみ)の肚(はら)を肥(こや)すのみと、此(この)一句(いつく)にて一句も出(いで)ず。机上(きしやう)に筆(ふで)を捨(すて)たりしが、また米櫃(こめびつ)のためを思(おも)ひて、此(この)小冊(さつ)を綴(つゞ)ると云々(しかいふ)
 安政二卯歳秋彫刻

戀岱魯文誌 

嗚呼忠臣楠氏碑(あゝちうしんなんしのいしぶみ)初編   荏土 鈍亭魯文縮綴

嗚呼忠臣楠氏碑(あゝちうしんなんしのいしぶみ)
(そも/\)軍法(ぐんほふ)の秘傳(ひでん)は、唐土(もろこし)軒轅(けんゑん)黄帝(くわうてい)に權輿(けんよ)して周(しう)の代(よ)の太公望(たいこいぼう)天地人(てんちじん)の理(り)にのつとり、三門(さんもん)四種(ししゆ)をたて、始(はじめ)て軍術(ぐんじゆつ)の要道(えうどう)をひらくといへり。吾朝(わがてう)には、仲哀帝(ちうあいてい)の御宇(きよう)にわづかに三畧(さんりやく)の書(しよ)(わた)ると雖(いへども)、永(なか)く世(よ)に絶(たえ)たり。其後(そのこ)吉備(きひ)大臣(だいじん)入唐(につとう)の時(とき)、三畧(さんりやく)一部(ぶ)の兵書(へいしよ)を傳(つた)へ、鞍馬寺(くらまてら)の宝蔵(ほうざう)におさめらる。又(また)延喜帝(ゑんぎてい)の御宇(ぎよう)、勅命(ちよくめい)に依(よつ)て大江(おほえ)維時(これとき)入唐(につとう)して、六〓(ろくとう)三畧(さんりやく)および孔明(こうめい)が四首(ししゆ)八尾(はちお)常山(じやうさん)の蛇勢(しやせい)奇正(きせい)の傳規(でんき)三十余(よ)(くわん)をつたへて帰朝(きてう)(あり)しとかや。
 嘉永八卯春

鈍亭魯文記 

頼光大江山入(らいくわうおほえやまいり)   東都 鈍亭主人校合・竹葉舎金瓶著

摂津(せつつの)(かみ)頼光(よりみつ)朝臣(あそん)は満仲(まんちう)(こう)一男也。冷泉院(れいせいいん)判官(はんぐわん)(だい)正四位(しやうしい)(じやう)昇殿(しやうてん)、伊豫守(いよのかみ)(とう)(しち)(か)(こく)受領(しゆれう)民部(みんぶ)大輔(たいふ)。戦功(せんこう)竒策(きしう)武畧(ぶりやく)通人(つうしん)(なり)。云々(しか%\)
  安政二乙卯年秋新刻

鈍亭魯文校合 

雙孝美談曽我物語(さうかうびだんそがものがたり)   東都戀岱 鈍亭魯文鈔録

報讐(ふくしう)曽我(そが)物語(ものがたり)序詞(じよし)
先師(せんし)(いへる)ことあり。わが聞(き)く處(ところ)は人(ひと)の聞(き)く處(ところ)(なり)。わが觀(み)る處は人(ひと)の觀(みる)(ところ)なり。わが考(かんがふ)る處は人の考(かんがふ)る處なり。かゝれば珍説(ちんせつ)異聞(ゐぶん)は酷(はなはだ)(え)(がた)く、况(まい)て新竒(しんき)妙案(めうあん)はあること稀(まれ)なり。今時(いまどき)の作者(さくしや)と称(しよう)する者(もの)、只(たゞ)(な)のみにて、意匠(ゐせう)を労(らう)せず、古人(こじん)の糟粕(かす)をねぶりて、以(もつ)て一口(いつこう)をぬらす而巳(のみ)。筆写(ひつしや)と呼(よば)んも羞(はぢ)たる業(わざ)(か)。余(よ)は此条(このでう)を知(し)るにあらねば、鈔録(しやうろく)(もの)を老舗(しにせ)として、爰(こゝ)に補集(まとめる)曽我(そが)物語(ものがたり)、冨士(ふじ)より高(たか)き兄弟(けうだい)が孝勇(かうゆう)の名(な)を礎(どだい)として五月雨(さみだれ)の徒然(つれ%\)なるまゝに、〓(かや)の裾野(すその)をかゝぐりて、燈下(どうだい)暗記(くらき)(いつ)小冊(せうさつ)を借宅(しやくたく)假舎(かりや)に筆(ふで)を採(と)る。
 安政二卯歳秋新鐫

鈍亭魯文填詞 

天明水滸傳(てんめいすゐこでん)   骨董屋主人

天明水滸傳(てんめいすいこでん)初編(しよへん)序詞(じよし) 筆硯萬福|大吉利市
白波(はくは)緑林(りよくりん)は家鹿(かろく)に等(ひとし)く、濱(はま)の真砂(まさご)のかず/\なるも、其(その)悪行(あくぎやう)は異(こと)なることなしと雖(いへども)、そが中(なか)に義賊(ぎぞく)あり。忠臣(ちうしん)孝子(かうし)の門(もん)に入(い)りて、その貧窮(まづしき)を窺(うかゞ)ふ物(もの)から、盗(ぬすみ)たくはへたる黄金(こがね)を分(わか)ち、貧(とぼ)しきに充(みて)るなど、今(いま)も昔(むかし)も猶(なほ)あるめり。こゝに何某(なにがし)が抄録(せうろく)しぬる神道(しんたう)徳司(とくし)も、そが類(たぐひ)にして、悪行(あくぎやう)に善志(ぜんし)あり。しかはあれども、天網(てんかう)は終(つひ)に洩(もる)ること能(あた)はず。児童(じどう)(ら)、盗跖(とうせき)がことを思ふて、浮(うかべる)雲の栄花(えいぐわ)を羨(うらや)むことなかれと云々(しか%\)
 安政三辰孟春

骨董屋主人即題 

天明水滸傳(てんめいすいこでん)第弍編(だいにへん)總括(そうくわつ)序言(じよし) 大吉|利市
羅本中(らほんちう)一百八個(いつひやくはつこ)の悪星(あくせい)が人化(じんくわ)して賊(ぞく)を成(なす)の事跡(じせき)を著述(もうけ)て、三世唖(をし)と生(うま)れたりとかや。紫姫(しき)は五十余(よ)(でう)の物語(ものがたり)に好色(こうしよく)艶言(えんげん)を編綴(あみつゞ)りて、随(だ)(ごく)の呵責(かしやく)をまぬかれずと、ある博識(ものしり)の大人(うじ)に聞(きゝ)にき。つら/\考(かんがふ)るに、羅氏(らし)が脚色(しくみ)も式部(しきぶ)が趣向(しゆかう)も、おもむく所(ところ)は勧懲(くわんちやう)の二ツにして、自(おのづ)ら其(その)(あく)を好(この)み、其(その)(いろ)を好(このむ)には有(ある)べからず。然(しか)らば、浮屠(ふと)の善行(ぜんかう)方便(はうべん)、何(なん)ぞ釋氏(しやくし)に耻(はづ)べけんや。本傳(ほんでん)の作者(さくしや)これを思(おも)ふて、賊傳(ぞくでん)を筆記(ひつき)し、書房(しよばう)の倉庫(そうこ)を賑(にぎ)はすこと、嗚呼(あゝ)(むべ)なる哉(かな)。稿(かう)(なつ)て余(よ)に序(ぢよ)を求(もと)む。再(ふたゝ)び題(だい)して責(せめ)をふさぐと云。
 安政三辰孟春

骨董屋主人試筆 

英名八犬士三編   江戸 鈍亭魯文抄録

 一犬當戸鼠賊不能進乎犬乎犬乎勝於猫兒似乕
 ぬは玉の夜をもる犬は猫ならて あたまのくろきねすみはゝかる

(あ)(ゝ)(めう)なるかも本傳(ほんでん)九集(くしう)局結(けつきよく)(まさ)に百六巻(もゝむまき)新竒(しんき)極至(こくし)の意味(いみ)深長(しんちやう)善惡(ぜんあく) 應報(おうほう)勸懲(くわんてう)のいたるところおよそ江湖中(かうこちう)許多(きよた)の稗史(はいし)八犬傳(はつけんでん)の右(みぎ)に出(いつ)るはあらしと思ふ。
  安政二乙卯夏

戀岱 愚山人筆記 

抜翠三國志(ぬきがきさんごくし)初編   東都 鈍亭魯文鈔録

梓主(はんもと)三度(みたび)(よ)が草盧(そうろ)を音信(おとづれ)て三国志(さんごくし)の稿(かう)を促(うなが)すとは虚(うそ)の皮(かは)、此方(こちら)から店(みせ)を訪(とふら)ひ書(かゝ)せて貰(もら)ふた初編(しよへん)一巻(いつさつ)、ところ斑(まだら)の抜翠(ぬきがき)ながら芳宗(よしむね)大人(うぢ)の高名(かうめい▼孔明)をたのみて画料(ぐわれう▼臥竜)先生(せんせい)と称(たゝ)ゆるにこそ
  安政三丙辰春

鈍亭魯文誌 

諸葛(しよかつ)(りやう)字孔明(あざなはこうめい)臥竜(ぐわりやう)先生(せんせい)と号(がう)

抜翠三國志(かきぬきさんごくし)二編   荏土 鈍亭主人再譯

序詞   利市發行
劉氏(りうし)沛公(はいこう)、貴坊(きばう)の名刀(めいたう)を傳(つた)へて白蛇(はくじや)の霊(れい)を伐(きつ)て漢室(かんしつ)を開(ひら)き玉ひ、四百余年(よねん)の静謐(せいひつ)も忽地(たちまち)かはる〓燈(がんだう)がへし、王莽(わうもう)が五枚(ごまい)草鞋(わらじ)も青龍刀(せいりうたう)の鐺返(こじりがへ)しに的身(あてみ)をくらひ、董卓(とうたく)が銅入(どういり)の寄太鼓(よせだいこ)は皮(かは)と共(とも)に破(やぶ)れ、桃園(とうゑん)に義(ぎ)を結(むす)ぶ本神樂(ほんかぐら)あれば、臥竜(ぐわりゆう)(こう)の雪(ゆき)おろし、親王(しんわう)(たち)の曹操(そう/\)を田樂(でんがく)にする司馬懿(しばゐ)かゞり、晋(しん)とする程(ほど)(ご)見物(けんぶつ)を希(こひねが)ふと云々(しか%\)

鈍亭魯文戯記 

英名八犬士五編(ゑいめいはつけんしごへん)   江戸  鈍亭主人鈔録

唐土(もろこし)訓蒙(きんもう)圖彙(づい)に云(いわく)、槃瓠(はんくは)は高辛(かうしん)の時(とき)の犬(いぬ)なり。その時(とき)犬戎(けんじゆ)より責(せめ)けり。其(その)(せう)の首(くび)を得(ゑ)ん者(もの)を婿(むこ)とせんと有(あり)けるに、犬(いぬ)(こ)将軍(せうぐん)の首(くび)を銜(くはへ)て来(きたり)ければ、帝(みかど)(ひめ)を与(あた)へらる。犬(いぬ)女を負(おふ)て南山(なんざん)に入(い)り、六人の子を生(うむ)。その子孫(しそん)滋蔓(はひこり)たるなり云々(しか%\)
  安政二卯初秋稿脱

鈍亭魯文抄録 

英名八犬士六編

英名(ゑいめい)八犬士(はつけんし)第六輯(たいろくしう)序詞(ぢよし)   筆硯萬壽
(これ)(この)稗史(そうし)(や)飯台(はんたい)の。彼(かの)稀翁(まれもの)が膏骨(かうこつ)にして。奴隷(やつがれ)なんどが禿(ちび)たる毫(ふで)もて。妙(いみ)じく竒(く)しき言(こと)の葉(は)を。漫(みだ)りに鈔録(ひろひかき)せるは。謂所(いはゆる)蚊虻(ぶんぼう)の大鵬(おほとり)あるを知(しら)ぬに等(ひと)し。冨(とみ)に栄(とみ)たる者(もの)は貧(まつし)きの乏(まつしき)を知(し)らず。卑(いやし)きの賤(いやし)き者(もの)は尊(たつと)きを知(しら)らす。孔子(こうし)は跖(せき)が憶(おもひ)を知(し)らず。喬(たか)きに上(のぼ)る〓猴(みこう)すら。白波(しらなみ)よする石川(いしかは)の心(こゝろ)を知(し)らず。然(さ)るからに天地(あめつち)の間(あはひ)に生(な)る者(もの)。一箇(ひとつ)として益(ゑき)ならざる者(もの)はなし。世尊(せそん)厩戸(うまやど)いへば更(さら)なり。提(だい)(ば)守屋(もりや)も造化(ぞうくわ)の要具(やうぐ)。偐(ことはざ)に曰(いはく)癡漢(ばか)は賢良(りこう)の定規(てほん)。拙案(へた)は高手(しやうす)鑑定(をりかみ)と。癖(ふ)理屈(りくつ)つける自己(てまへ)豆蒸(みそ)。囲(なれ)もせぬくせ脚色(すじ)文事理(もじり)平仄(ひやうそく)隠微(いんび)も合(あへ)ばこそ。一字(いちじ)の違(たが)ひに全巻(ぜんくわん)の義理(ぎり)(うしな)ふも知らずして。成刻(まにさへ)發兌(あへ)ば利(よき)事と。綴(つゞ)り寄(よせ)たる荒芽(あらめ)(やま)。破裂(ぼろ)はつゝめど耻(はづ)かしの面伏(おもてふせ)縫隠(ぬいかく)し針(ばり)。素針(しらいと)(だ)して顔(かほ)赤岩(あかいは)の。猫(ねこ)の針目(はりめ)(ど)(い)(あて)たる。犬(いぬ)の待針(まちばり)ねらひよく〓(あた)るといふを幸先(さいさき)に。第(だい)六編(ろくへん)の序(ぢよ)とはなしぬ。
  安政二卯秋稿晩

鈍亭魯文記 

英名八犬士(えいめいはつけんし)四編  江戸  鈍亭魯文鈔録

(いん)をおし果(くわ)を説(とく)こと走馬燈(まはりとうろ)の如(ごと)く人間(にんけん)万事(ばんじ)塞翁(さいをう)が馬(うま)に似(に)たり先(さき)に馬琴(ばきん)老翁(ろうをう)八犬士傳(はつけんしでん)の妙案(めうあん)ありそをそがまゝに抜翠(ぬきがき)して犬馬(けんば)の労(ろう)にも及(およ)ばねども梓主(ふみや)が為(ため)に筆記せる者は戀岱の愚山人なりけり。

正安太平記第三輯(せうあんたいへいきだい  しう)

古今(こゝん)の戯流(けりう)(つた)へて最(もつとも)(ひさ)しき物(もの)は碁(ご)に過(すぎ)たるはなし。その人を迷(まよ)はすこと酒色(しゆしよく)に並(なら)べり。故(ゆへ)に木野狐と名付たり。常悦(しやうえつ)周弥(しうや)が輩(ともから)、泰平(たいへい)の國恩(こくおん)を忘(わす)れ廣大(くわうたい)の仁慈(しんし)に叛(そむ)き、却(かへつ)て天下(てんか)を傾(かたむ)けんとす。蟷螂(たうろう)か斧(おの)をもて竜車(りうしや)に向(むか)ふの所意(しよい)、磐(いし)を抱(いた)いて淵(ふち)にのぞむが如(こと)く、いかでか天誅(てんちう)を免(まぬ)かるへき。終(つひ)に木野狐(もくやこ)の為(ため)にたぶらかされ、中途(はんと)にして大事をあやまつ。蒼々(さう/\)たる高天(かうてん)照々(せう/\)として、邪曲(しやきよく)をおほふ事、鏡面(けうめん)をかざすが如けん。前(さき)に田辺(たなへ)(それかし)両輪(りやうりん)の奸悪(かんあく)を小巻(しやうくわん)二輯(にしう)に録(ろく)して未(いまた)結局(けつきよく)に至(いた)らず。僕(やつかれ)三輯(さんしう)の次編(しへん)を乞(こは)れて、勧懲(くわんちやう)を全(まつた)うす。看官(みるひと)前後(せんこ)三巻(みまき)を合(かつ)して首尾(しゆひ)を調(とゝの)へ給ふて可(か)ならん。嗚呼(あゝ)
 丙辰初夏

骨董屋雅楽題[現金安賣]

輪廻(りんゑ)應報(おうほう)四家怪談(よつやくわいだん)全讀切(ぜんよみきり)   東都 鈍亭魯文抄録

輪廻|應報・四家(よつや)怪談(くわいだん)序詞
惡人則遠避之杜災殃於眉睫(あくにんすなはちこれをゑんへきしてさいおうをびせうにふさぐ)トハ。すこしき奸邪(かんじや)の人なり共(とも)。とをざくべしとのことにして。慎(つゝしみ)に慎を重(かさ)ねずんばあるべからず。伊東(いとう)秋山(あきやま)神谷(かみや)(ら)が如(ごと)きは。吾(われ)から招(まね)く禍事(わざはひごと)なり。於岩(おいわ)が生質(せいしつ)又妬(と)なり。石尊戻(やまがへり)てう曲節(ざれうた)に。輪廻(めぐり/\)て逢(あひ)たりしは。然(しか)も四谷(よつや)の縁(えん)による。因果(いんぐわ)同士(とうし)が貪慾(どんよく)と。色欲(しきよく)(む)慈悲(じひ)の交張(まぜばり)屏風(びやうぶ)。取集(とりあつ)めたる反古(ほうご)の中(なか)。掘出(ほりだ)しものゝ實説(じつせつ)(こ)写本(しやほん)。鼠(ねずみ)の喰(はみ)し所(ところ)をも。拾(ひら)ひ書(かき)した釘(くぎ)の折(をれ)。画組(ゑぐみ)をたよりに高看(かうかん)に。備(そな)へ侍(はんべる)(こと)(しか)り。
 安政三丙辰歳初夏新刻

鈍亭魯文述 

楠公忠義傳讀切   松亭門人 栢亭金山録

楠氏(なんし)湊川(みなとがは)に戦死(せんし)して、英名(えいめい)万天(ばんてん)に輝(かゞや)き、誉(ほま)れを千歳(せんさい)の後(のち)に傳(つた)ゆ。太平の徳択(とくたく)(み)におよんで、古戦(こせん)のさまを目下(まのあたり)に見るは、稗史(はいし)小説(せうせつ)のわざくれによれり。然(しか)りといへども、我等の作者(さくしや)古人(こしん)の傳(でん)を抜翠(ぬきかき)するに文法(ほふ)を知らず。手(て)(に)(お)(は)を弁(わきま)へす。嘲を遠近(ゑんきん)に傳(つた)へ、耻(はち)を千歳に残(のこ)す。是(これ)なん、楠氏の潔(いさきよ)きと黒白(こくひやく)の表裏(ひやうり)何ぞ異ならん。讀(よま)ぬ同士(とし)かゝぬ同士、又(また)これをして上梓(しやうせう)の發客(はつか)あり。金聾(かなつんほう)(かみなり)をこはからず、盲(めくら)(へひ)(もの)におぢざるの類(たくひ)とやいはまし。
  安政四丁巳孟春

骨董屋主人漫誌 

英名八犬士七編

およそ小説(せうせつ)を愛(めづ)るもの。馬琴(ばきん)を不識(しらざる)はなく。善(よく)馬琴(ばきん)をしるものに八犬士(はつけんし)を不言(いはざる)はなし。夫(それ)八犬士(はつけんし)の小説(せうせつ)たるや。駒谷(くこく)山人(さんじん)の合類(がうるい)節用(せつよう)に役名(やくめう)を出(いだ)せり。そのかみ犬士(けんし)の隆(さかん)なる事(こと)も亦(また)しるべし。然(しか)れども犬士(けんし)の名を見る事外(ほか)に所見(しよけん)なし。馬琴(ばきん)(ひとり)(はや)く見つけて。許多(あまた)の小説(せうせつ)に抄猟(わたり)。苦心(くしん)して一家(いつか)の大狂言(だいけうげん)と成(な)れり。馬琴(ばきん)の卓見(たつけん)(おも)ふべし。數種(すじゆ)の小説(せうせつ)なれる中に。先(まづ)八犬傳(はつけんでん)を第(だい)一とす。翁(おう)が性(せい)(すこぶ)る博聞(はくぶん)。強記(きやうき)にして。殊更(ことさら)(じゆ)も永(なが)く。八十有余(ゆうよ)(さい)を保(たも)てる事。幸福(かうふく)此上(このうへ)やあるべき。魯文(ろぶん)頃日(このごろ)八犬士(はつけんし)の鈔録(せうろく)數日(すじつ)ならざれども。既(すで)に結局(けつきよく)(ちか)しと聽(き)けり。此(この)根氣(こんき)をもて翁(おうな)が年まで出精(せい)なせば。眞(しん)の作者(さくしや)となる事(こと)。請合(うけあい)なり。嘆(あゝ)浦山(うらやま)しきかな。
  于時安政四丁巳春

花笠文京誌 

英名八犬士第八輯結局(ゑいめいはつけんしはちしうけつきよく)  江戸  鈍亭主人鈔録

難津(なにはづ)浅香(あさか)山の幼(おさな)き筆(ふで)もて。原傳(げんでん)一百八十回(くわひ)の。一大(いちだい)竒書(きしよ)なる長編(ちやうへん)を小巻(せうくわん)(はづか)八冊に。鈔録(かきぬき)すなるは。鉄漿(かね)柄杓(びしやく)に東溟(とうめい)を干潟(ひがた)となし。衣納(きぬだち)裁刀(ほうちやう)に南山を平田(へいでん)に。なさまく欲(ほり)する業(わざ)に等(ひと)しく。管(くだ)をもて天を伺(うかゞ)ふのすさみにや有けめ。さりけれとも唯(たゞ)勧懲(くわんてう)の基(もと)つ意(ゐ)を失(うしな)はず。そが面影(をもかげ)はおぼろげながら。看官(みるひと)(うま)ざることを要(やう)とし。脚色(しくみ)のから組(くみ)たるを觧(とき)ほどき。軍旅(ぐんりよ)闘諍(とうそう)交戰(こうせん)を。細密(つまびらか)にせざる而巳(のみ)。抑(そも/\)里見(さとみ)十世の豊栄(ほうゑい)。總(ふさ)三州の安寧(あんねい)は。富山(とやま)に種(たね)を蒔(まき)伏し。姫(ひめ)が芽(め)ぐみの發生(はつせい)し。花(はな)(さき)(み)のる八犬具足(ぐそく)。異胸(ゐせいの)因同(はらから)(ね)に帰(かえ)る。牡丹(ぼたん)の痣子(あざ)も鮮(あざや)かに。消(きゆ)る竒玉(きゝよく)の仁義(じんき)八行(はつかう)。八法(はつほう)永字(えいじ)の初點(しよてん)の。ヽ大(ちゆだい)(ご)を示す神通(しんつう)遊仙(ゆうせん)。其跡(あと)(した)ふ狗児(ゑのこら)も。功成(こうなり)名遂(なとげ)て退隱(たいいん)幽栖(ゆうせき)(きよく)を結びし八巻(やまき)の讀切(よみきり)。稿(かう)成名を賣(うる)(ゑせ)作者。古人の糟粕(かす)を〓〓(まるのみ)に口を粘(のり)する門辺の痩犬(やせいぬ)。影(かげ)を形體(かたち)と吠(ほへ)つゞく。御高評(ごかうひやう)を尾を振(ふつ)て願奉(ねぎまつ)るになん。
  安政三丙辰年暮秋

鈍亭魯文敬白 

蝦夷錦源氏直垂後編(ゑぞにしきげんじのひたゝれこうへん)   東江 鈍亭魯文編次

蝦夷錦源氏直垂後編序(ゑぞにしきげんじのひたゝれかうへんのちよ)
夫子(ふうし)(いわく)危邦(きほう)には入(いら)ず。乱邦(らんほう)には居(をら)ず。天下(てんか)(みち)(ある)ときは見(あらは)れ。道(みち)なきときは隱(かく)る。抑(そも/\)(げん)廷尉(ていゐ)義經(よしつね)。才(さい)管仲(かんちう)樂毅(がくき)に及(をよぶ)へく。智(ち)呂尚(りよしやう)子房(しぼう)を極(きわ)め。功(かう)天下(てんが)を蓋(おほ)ふ。然(しか)れども運(うん)(び)にして志(こゝろさし)を得(う)る事能(あた)はず。遠(とほ)く夷島(ゐとう)に屈(くつ)すと雖(いへども)。更(さら)に披髪(ひはつ)左社(さしん)の後(うしろ)に立(たつ)ことなく。幾久(きく)留美王(るみわう)の英名(ゑいめい)。万古(ばんこ)不易(ふゑき)にして。神洲(しんしう)の武威(ぶゐ)外島(ぐわいとう)に輝(かゝや)かせり。余(よ)(すで)に前巻(せんくわん)にその首(しゆ)を録(ろく)し。次(つい)で後輯(かうしう)に尾(ひ)を記(き)して以(もつて)。結局(けつきよく)とす。判官(はんくわん)贔屓(びゐき)の童等(わらはへら)書舗(しよほ)に往(ゆつ)て求(もと)めよや云々。
  于時安政三丙辰初夏

鈍亭魯文記 

抜翠三國誌第三輯(ぬきがきさんごくし だいさんしう)   戀岱 鈍亭魯文編次

(むかし)(か)の桀王(けつわう)その力(ちから)。鈎索鉄(とうさくてつ)を伸(ひきのべ)。重金(くろがね)の椎(つち)を揉〓(もみひろげ)たり。又(また)(いんの)討王(ちうわう)は。猛獣(もうじう)を挌殺(うちころし)。梁(うつばり)を擧(あげ)て取換(とりかゆる)の大力(だいりき)なり。しかれども是(これ)勇力(ゆうりき)は。寔(まこと)天下(てんか)を持(たもち)。四海(しかい)(をさま)るの用(よう)にたらず。唯(たゞ)道徳(だうとく)仁義(じんぎ)の政令(せいれい)にしくことなし。呉魏蜀(ごきしよく)の比(ころ)劉備(りうび)。孔明(こうめい)を得(え)て漢中王(かんちうわう)にすゝめ玉ふも。諸葛亮(しよかつりやう)が智(ち)。雲長(うんちやう)が青龍刀(せいりうたう)。翼徳(よくとく)が蛇棒(じやぼう)の功(いさほし)。これらのあらましを書(かき)あつめて。通俗(つうぞく)三国志(さんごくし)の草雙紙(くさざうし)につゞることさのごとし〓。
(みぎ)に述(のべ)たる一章(いつしやう)は鱗形屋(うろこがたや)の蔵板(ざうはん)黒本(くろほん)の通俗(つうぞく)三國志(さんごくし)簡端録(かんたんにろく)せしものなり。時(とき)に抜翠(かきぬき)三國誌(し)三輯(さんしう)の稿(かう)(なつ)て未(いまだ)(じよ)なし。以是(これもつて)(それ)に換(かゆ)
  安政四丁巳初春

鈍亭魯文識 

抜翠三國誌(ぬきがきさんごくし)第四輯   江戸 鈍亭魯文抄録

博陵(はくりやう)の崔州平(さいしうへい)。劉皇叔(りうくわうしゆく)に語(かたつ)て曰(いはく)。古(いにしへ)より治(ぢ)(きはま)る時(とき)は乱(らん)を生(しやう)じ。乱極る時は治を生(しやう)じ。暖(だん)(つく)れば寒(かん)。寒(かん)(つく)れば暖(だん)。四時(しじ)の相傳(あいつたは)るが如(ごと)し。天生(てんせい)天殺(さつ)いづれの時かこれ尽(つき)ん。人(にん)(ぜ)人非(ひ)いづれの日に歟(か)(やすま)んといへり。是(これ)三国(ごく)の興(おこ)るゆゑん説(とき)(え)て可(か)なり。以(もつ)て序(じよ)に換(かゆ)云々。

鈍亭魯文識 

※安政四年四月改

神稲黄金笠松(しんとうこがねのかさまつ)前編   東都 鈍亭魯文披閲|菊亭文里編次

神稲黄金笠松序(しんとうこがねのかさまつじよ)
杜鵑(とけん)(はじめ)て告(つぐ)る旦(あした)。戀岱(れんたい)の鈍亭(どんてい)に一樽(ひとたる)をひらき。初枩魚(はつがつほ)の美味(うまみ)にはからずも。七拾五日命(いき)(のび)たる醉(ゑひ)まぎれ。末代(まつだい)に名(な)を殘(のこ)さんと。戯(たは)ふれて笑談(しやうだん)ずるに。先生(せんせい)(わら)ふて曰ク。犬(いぬ)は夜(よる)を守(まも)り鶏(にはとり)は晨を司(つかさど)る。蠶(さん)は糸(いと)を吐(は)き蜂(はち)は蜜(みつ)を醸(じやう)す。人(ひと)(まな)ばざればものにしかず。しかあれば学(まなん)で而て。時(とき)にこれを習(ならふ)てもて善(よ)き名(な)を後(のち)に殘(のこ)すべしと。一ッの短所(たんしよ)を取出(とりいだ)し。再(ふたゝ)び示(しめ)していへるやう。大都會(おほえど)の書肆(ふみや)平林館(へいりんくわん)主人(しゆじん)は。活業(なりわひ)の間(ひま)(ある)(をり)。鬻(ひさ)ぐところの和漢(わかん)の書(しよ)に眼(まなこ)をさらし。戯(たはむれ)に稗史(はいし)を綴(つゞり)て。行(かう)餘力(よりよく)の樂(たのしみ)とせられぬ。此(この)一種(ひとくさ)の小説(せうせつ)は。神稲(しんとう)(なに)とかやいふ記(き)にして。則(すなは)ち主人(しゆじん)が旧作(きうさく)なり。しかるに彼人(かのひと)(さき)つ年(とし)。長(なが)き旅路(たびぢ)におもむかれぬ。その彫板(ゑりいた)の半(なかば)なるを。笹屋(さゝや)の主人(あるじ)が購(あがな)ひ得(え)たれば。是(これ)に尾(び)を増(まし)全部(ぜんぶ)となしなば。〓江(みんこう)入楚(につそ)に至(いた)るべしと。噛(かん)でくゝめる言葉(ことば)の枝折(しをり)。おつときたりでのみこむすゞめ子(こ)。舌(した)をきられぬ用心(ようじん)して。空云(うそ)をつくばの山風(やまかぜ)に。とんで寐所(おやど)へ蛙(かいる)の哥(うた)も。みずに聞(きか)ずに灯(ともし)をてらし。夢中(むちう)に文面(ふみづら)よごすのみ。
  安政四丁巳夏

菊亭文里まじめに誌 

神稲黄金笠松(しんとうこがねのかさまつ)

(ほん)(ち )が三世(さんせ)の唖(をし)。紫式部(むらさきしきぶ)が未來(みらい)の堕獄(だごく)。倶(とも)に妄語(もうご)の罪(つみ)(つく)りと。誰彼(たれかれ)も知(し)ることながら。蓼(たで)(くふ)(むし)の好々(すき%\)は。虚(うそ)といふ字に戈(ほこ)を添(そへ)たる戯(け)の字(じ)を冠(かふ)れる作者(さくしや)にならむと。余(よ)が茅屋(ぼうおく)を屡(しば/\)(と)ふは文花(はな)の賢弟(おとゝ)の菊亭(きくてい)(し)なり。此頃(このごろ)書房(ふみや)が肆(いちぐら)に。初(うい)見参(げんざん)の手はじめとて。古人(こじん)の遺稿(いかう)に編次(かきつぎ)なしゝ。大吉(だいきつ)利市(りし)の黄金(こがね)の笠松(かさまつ)。題号(げたい)も縁喜(えんぎ)の名詮(めうせん)自性(じしやう)。當(あた)りを請合(うけあふ)(はな)の兄(あに)とは。烏呼(をこ)がま識者(しきしや)の嘲(あざ)けりも。かへりみざる(  ▼三猿)の物(もの)の本(ほん)(ばつ)。今板(こんはん)は是(これ)ぎりと。結局(くゝり)を一寸(ちよつ)と合(あは)すになん。
  安政丁巳初夏

鈍亭魯文誌 

繍像水滸畧傳(しゆうぞうすゐこりやくでん)前編   東都 鈍亭主人標記

繍像水滸畧傳序[義發勸懲]
書房新庄堂主人、偶々来訪之次て、僕に謂曰く、江湖上水滸畫傳之新編有と雖も惜い哉數巻にして利市成す可(べから)ず。是を以て足下之鈔録を得て再び之を刻せんと欲す。屡辭して屡請ふ。是に於て、要を摘て繁を刪り、不日にして稿を脱し、遂に國久畫才をして之を圖せ令(し)め、凡二巻八拾頁、此の書全く畫を以て主爲(なす)、予は惟其の概略を標記する而巳(のみ)。畫成て其簡端に序す。皇〓安政丙辰仲夏皐月雨夜、研に呵して戀岱野狐菴南〓燈下に書す。

鈍亭魯文題 

※原漢文

織部武廣三度報讐(をりべたけひろさんどのあだうち)   東都 〓井北梅著

忠孝三度報讐記序
織部廣武事實傳于世矣今温其志考其旨計其事觀其功可謂至矣經不言乎立身行道揚名於後世以顕父母忠孝之終也既遂其終自暦應之古及安政之今而揚名於後世可謂義士也明矣聖人之道及于海内義士之功満於宇宙如此可謂為人子仁者之道至功名不朽于載而巳。

東都戀岱 鈍亭魯文題 
安政五戊午初夏

摘要漢楚軍談前編(てきようかんそぐんだんぜんへん)   東都 鈍亭魯文標記

摘要(てきえう)漢楚軍談(かんそぐんだん)前輯(せんしう)(くわん)序 [靜中一業]
蒲衣(ほい)八歳にして舜(しゆん)の師(し)たり。〓子(こし)五歳(さい)にして禹(う)の佐(たすけ)となる。伯益(はくゑき)五歳火を掌(つかさとり)、項〓(こうたく)七歳孔子(こうし)の師(し)たり。古(いにしへ)の聖賢(せいけん)(うまれ)ながらにして神〓(しんれい)(ちやう)じて狗齋(くせい)(まこと)に夙惠(しゆくけい)の列(れつ)にあらず。しかして史傳(しでん)(のする)ところ幼(いとけなく)して賢(けん)なるも老(おい)て甚(はなはだ)(せい)ならず。白絲(はくし)の染(そめ)(やす)き孟母(もうぼ)(しは/\)(きよ)を移(うつす)が如き是(これ)也。若(もし)(いとけなく)して古(いにしへ)をしらずんはその迷(まよひ)(おい)て觧(とけ)ず。此頃(ごろ)書肆(しよし)何某(なにがし)画者(ぐわしや)をして古今(こゝん)の智將(ちしやう)勇夫(ゆうふ)を圖(づ)せしめ以黄童(くわうどう)の観(くわん)に備(そな)へんとす。因(よつ)て筆(ふで)を簡端(かんたん)に走(はし)らす。 右題(だいす)の序詞(じよし)は往時(いんじ)享和(きやうわ)二歳上春著作堂(ちよさくだう)主人(しゆじん)が述誌(のべしるし)たる舊(きう)文なり。そが遺稿(いこう)(ひさ)しく余(よ)が家(いへ)に蔵(ざう)せり。空(むなし)く紙虫(しみ)の住家(すみか)とならんをいと惜(をし)みて急筆(きうひつ)の序(じよ)に換(かゆ)と云々(しか%\)
  于時安政丙辰秋稿成\同乙巳秋彫刻同戊午春発市

鈍亭魯文記 

摘要漢楚軍談後輯(てきえうかんそぐんだんこうしう)   東都 鈍亭魯文標記

摘要(てきえう)漢楚軍談(かんそぐんだん)後輯(こうしう)序 [義發勸懲]
孟賁(もうふん)は生(いき)たる牛(うし)の角(つの)を抜(ぬき)、烏獲(うくわく)は千鈞(せんきん)をあぐ。倶(とも)に力量(ちから)は至(いた)れども、軍術(ぐんじゆつ)の智謀(ちばう)ある沙汰(さた)に能(あたは)ず。夏育(かいく)大史(たいし)(けき)叱咤(しつた)が勇力(ゆうりき)、三軍(さんぐん)を驚(おどろ)かし、終(つひ)に一夫(いつふ)の為(ため)に殺(ころ)さる。こは其(その)力量(ちから)を用(もちゆ)る所(ところ)(たが)ふ故也。かつて聞(きく)、楚王(そわう)項羽(こうう)は山(やま)を抜(ぬき)、鼎(かなへ)をあぐる勇猛(ゆうもう)、古今(こゝん)獨歩(どくほ)といひつべし。しかはあれども、智慮(ちりよ)(うす)く、笵増(はんぞう)鐘離昧(しやうりまい)が謀計(ばうけい)を容(いれ)ずして、劍(けん)に伏(ふし)たり。夫(それ)より以前(さきに)、漢王(かんわう)と鴻門(こうもん)に會(くわい)して宴(えん)せし時(とき)、樊〓(はんくわい)(けん)を抜(ぬい)て肉(にく)を切(きり)(くら)ひ、數斗(すと)の酒(さけ)を呑(のみ)て、項王(こうわう)を白眼(にらむ)目觜(まなじり)(こと%\)く裂(さけ)て猛勢(もうせい)(すさま)じき。時(とき)に項王(こうわう)樊〓(はんくわい)をとりひしがざるは、日頃(ごろ)の大勇(ゆう)に似合(にあは)ぬ事(こと)にて、こは樊〓(はんくわい)に先ンじられたる気おくれならん〓(か)、将(はた)樊〓(はんくわい)が主の危急(ききう)を救(すく)はんとて、必死(ひつし)を極(きは)めたる忠心を、天も感應(かんのう)まし/\て、大(だい)威力(ゐりき)を添(そえ)させ玉ひしものならん〓(か)、推量(おしはかり)(し)るべくもあらされど、此(この)一条(ひとくだり)を論(あげつらふ)は、後輯(こうしう)稿(かう)(なり)、序跋(しよばつ)なきものから、填詞(うめくさ)をものせんとてのわざくれなりかし。

 于時(ときに)安政(あんせい)(さん)丙辰(ひのへたつ)(あき)文月(ふみづき)星合(ほしあひ)の夜(よ)
 妻戀岱(つまごひざか)の戯作舎(けさくしや)に毫(ふで)を採(と)

談笑(だんしやう)諷諫(ふうかん)滑稽(こつけい)道場(だうじやう)  鈍亭魯文漫題 

釋迦御一代記(しやかごいちだいき)初編   鈍亭魯文抄録

前に浪花(なには)なる山田の叟(おきな)。舊本(きうほん)を参考(さんかう)して。もて六冊に編輯(へんしう)せられし。釋尊(しやくそん)御一代記てふ物の本。江湖(よのなか)に流布(るふ)してより。大恩(だいおん)教主(きやうしゆ)の忝辱(かたじけなき)を。末法(まつほう)有縁(うえん)の宗俗(しうぞく)(ら)。稍(やゝ)概略(おほむね)を味(あぢは)ふ物から。楞伽經(れうがきやう)を讀誦(よむ)にあらねど。無常(むじやう)(ぼん)の趣意(おもむき)を悟(さと)り。大乗(だいじやう)(きやう)は繙(ひもとか)ねど。未来記(みらいき)の説(せつ)を自得(じとく)す。嗚呼(あゝ)この功徳(くどく)幾許(いくばく)ぞや。偏(ひとへ)に佛意(ぶつゐ)にかなはん歟(か)。將(はた)近来(ちかごろ)万亭(まんてい)の主人(あるじ)なる個(もの)。倭文庫(やまとぶんこ)と標目(げだい)して。意齋(いさい)大人(うし)の顰(ひそみ)に效(なら)ひ。画(ゑ)を大皇國(おほみくに)の風俗(ふう)に摸(うつ)し。小稗史(くさざうし)に飜訳(ほんやく)なししに。時行(じかう)に協(かな)ふて今(いま)に至(いた)り。年歳(ねんさい)時々(じゝ)に編(へん)を次(つぎ)。巻(まき)を重(かさ)ねて未(いまだ)(つく)せず。さるからに童蒙(どうもう)婦幼(ふやう)も。八相(はつさう)成道(じやうだう)の謂(いひ)に濟(わた)れり。余(よ)おもへらく此(この)両氏(りやうし)は。將(まさ)に彼岸(かのきし)の舩長(ふなをさ)にて。水莖(みづぐき)の水馴(みなれ)(ざほ)。能(よく)四等(しとう)の舩(ふね)を漕(こき)て。終(つひ)に八苦(はつく)の海(うみ)を渡(わた)さん。于時(ときに)書肆(しよし)新庄堂(しんしやうだう)茅舎(ぼうしや)を訪来(とひき)て。かの書等(ふみども)に伯仲(はくちう)すべき。小冊(ものゝほん)を約倹(つゞまやか)に綴(つゞ)りて頓(とみ)に投(あた)へよと乞(こふ)。他(た)の見識(けんしき)ある著述家(さくしや)なりせば。糟粕(さうはく)の譏(そし)りを愧(はぢ)て。屡(しば/\)(これ)を推辞(いなむ)べきに。余(よ)は元来(もとより)蛇足(じやそく)に臆(おく)せぬ。文盲(もんもう)不学(ふがく)の白癡(しれもの)なれば。世(よ)の胡慮(ものわらひ)となるを思はず。速(すみやか)に毫(ふで)をとつて。釈尊(しやくそん)御降誕(ごかうたん)の起源(きげん)を録(ろく)し。稿(かう)を脱(だつ)して初輯(しう)一帙(ぢつ)(わが)物顔(がほ)に授(あた)へ遣(やり)つ。遮莫(さは)數編(すへん)に及(およ)べるは。鬻(ひさ)ぐために妙ならずと。新庄堂(しんしやうだう)の注文(ちうもん)あれば。僅(わつか)に三輯(さんしう)にして局(きよく)を結(むす)ばん。看官(みるひと)(のち)の二帙(ぢつ)を等(まち)て。五妙(ごめう)神力(じんりき)涅槃(ねはん)の終(つひ)に念(ねん)を全(まつた)く断(たち)玉ひなば物(もの)本末(ほんばつ)ある花主(とくい)と称(たゝへ)ん。且(かつ)錯失(あやまり)を考訂(たゝす)とも。杜撰(づさん)を嘲弄(あざけり)て捨(すつ)ること勿(なか)れ。
  安政丁巳秋

東都妻戀里人 鈍亭魯文記 

天下茶屋復仇美談(てんがぢややふくしうびだん)   江戸作者 鈍亭魯文補綴|票瓜亭念魚被閲

百行(ひやくこう)の中(うち)(かう)をもて。元(もと)とし次(つい)で。忠臣(ちうしん)節婦(せつぷ)。信義(しんき)仁智(じんち)禮悌(れいてい)も其(その)本店(ほんたな)は。孝行(かう/\)子路(しろ)。孔子(かうし)(たま)へと。魯國(から)の大聖人(せわやき)また。正直(せうぢき)の頭上(かうべ)にはかみの青(あを)ざし。孝子(かうし)へ賜(たま)もの忠孝(ちうかう)(また)き衆生(もの)ならば。寂光(ごくらく)浄土(せかい)の成佛(ながたび)は。引導(あんない)すると。支那(てんぢく)の世尊(おせう)が金言(ちかひ)むなしからず。是(こゝ)に戲友(げゆう)鈍亭(どんてい)魯文(ろぶん)(し)早志(はやし)兄弟(けうだい)が事跡(じせき)を詳(つばら)にしるし名(なづけ)て天下(てんが)茶屋(ちやや)復仇(ふくしう)美談(びだん)と謂(いふ)。此閲(これをけみ)するに一々(いち/\)金玉(きんぎよく)の聲(こへ)(あり)(かつ)空言(くうげん)を省(はぶき)(ママ)。實傳(じつでん)を鈔録(せうろく)して。兒女童蒙(ひめわらはたち)の為(ため)に。しかも見安(みやす)く早(はや)わかり。詞(ことば)(すく)なに鶏(とり)がなく。吾夫(あづま)(そだ)ちの江戸紫(むらさき)。式部(しきぶ)が源氏(げんじ)は五十四帖。そは石山(いしやま)の施無畏(せむい)(かく)。こは小男鹿(さをしか)の夫乞(つまこひ)の。作者(さくしや)は口(くち)もまた黄(あを)き。廿五さいの本(ほん)全部(ぜんぶ)卅丁の讀切(よみきり)に勸善(くわんぜん)懲惡(てうあく)首尾(しゆび)(とゝのひ)。其(その)(もと)(みだれ)ず末(すへ)(ひろがり)に賣(うれる)を請合(うけあふ)證文(せうもん)の端書(はしがき)
 [改][巳十二]歳早春

文友 票瓜亭念魚戲題 

成田利生角仇討(なりたりせうすまひのあだうち) 鈍亭魯文暗記 芳鳥画

成田山利生角力仇討なりたさんりせうすもふあたうち序詞

物の本の脚色きやくしきたるや。たとふれハ相撲すもふひとしく。腹に趣向しゆかう土俵とへうをつかせ筆墨ひつほく紙硯しけんの四本柱に。引書いんしよの水引かけわたし時代したいと世話を東西の力士になそらへ入替/\年々變る勝負しやうぶ附成田の利益りやくを取組て。丁数てうすう爰に四十八手心をくたき手を碎けとまた番附の端にものらぬ。作者の中の鼻褌かつき字取の稽古けいこつまぬ上。不かくの非力をいかにせん然ハあれとも先哲せんてつの。糟粕かすをねふり趣向しゆかううはひ人の妙として」角力を取やうやくお茶をにこすものから勧進かんしん元のはん元か。贔屓ひゐきを力にうてを張。肩をいからしりきんて見ても合手のあらぬひとり角力。兼好けんこう法師に見せたなら馬鹿/\しうこそ然狂しけれと。笑はれやしつへからむ。さりとて此儘止なんも本意ほゐならす。〓江入楚みんこうにつそ功つもりて。上の口から這上り。大関とハなるなれと。知音ちいんのすゝめに鉄面皮あつかましく。場所をふんたる角力の仇討。力一杯ゑいやつと。暗記あんきの儘に稿かうたつし。若看官けんふつの評判をとる事あらハほこりかに。ひくい」はなさへ高御坐みくら團扇うちわの上つた勝角力。よしそれ迄にゆかすとも。根か草角力の作者なれハ。よいほどにあしらひ給ひて。よはひとてなけ付給はるなと。おそれみ/\あやまつてまうすになん

東都戀岱つまこひたか野狐やこ菴東をみわたまとの前  
草木の花一時に開きてかほり深き処に採毫ふてをとり

  安政三\丙辰弥生某日

鈍亭魯文誌[文]


つけいはく、天道ハ善にくみす。善ハ天理のおほやけなり。人善をよろこ所以ゆゑハ天理の自然なれバなり。人善悪邪せうを見れバ彼是とわきまへ知る。しかるをおのが上に在りてハ是非のさかひにさまよふハ所謂燈臺とうたいもとくらきたくひとやいはまし。そも/\仏の方便ほうへん通ひたるハ物のほん趣向しゆかうにてそ事を勸懲くわんてうにたくして至善をむねとしその團圓たんゑん結局をはりにいたれバ悪人あくにんほろひて善人さかへかならす道にたがふことなし。今や成田山の利生記一巻を暗記そらおほへまゝ綴して孝心かうしんたん亀鑑きかんとす。その文甚だそくにして且あやまりも少からす。しやく者のよむへきものにあらねと童蒙とうもう婦女子ふちよしまきひらかバ善をすゝめ悪をこらすの一ちよともなさバなりなんかし。

   ふでくさをつみて こゝろをつく%\し
      よしあしのみちわかんと おもへば

本傳作者再識[呂]文]

成田利生角力仇討なりたりしやうすもふあだうち大尾

品川屋久助板

國姓爺一代記(こくせいやいちだいき)二編   荏土 鈍亭魯文抄録

(ゆた)けく納(おさ)まれる皇(すめ)神國(みくに)のいさを灼然(いやちこ)に最(いと)もたうとくぞありける。看(み)ぬ異邦(ことくに)の事をしも坐(ゐ)ながらにして手(て)に採(とる)ごとにしる。そも又(また)漢書(からふみ)にあれば童部(わらはべ)姫達(ひめたち)の讀(よみ)(う)かりければ皇朝史(みくにもじ)にものして、そをしもまた鄙(ひな)ぶりにとき和(やわ)らげて國姓(こくせい)将軍(しやうぐん)(てい)成功(せいこう)の誠心(まめやか)に中花(ちうくは)を補(たすけ)もとつ明朝(みん)の末(すへ)を闢(おこし)てんものと仁慈(いつくし)みを布(ほどこ)し蒼生等(あをひとくさら)を撫教(なでさと)し且(かつ)は策(はかり)て北(きた)のゑびすらを屠(ほう)り義(ぎ)を重(おも)ふして名(な)を汚(けが)さず。然(しか)はあれど栄(さか)へては必(かなら)ず枯(かる)るの理(ことはり)を悟(さと)り東濘(たかさご)てふ孤島(はなれじま)の高峰(たかね)に身(み)を遁(のが)れて其(その)(をは)るところをしらず。此(この)猛者(もさ)が奇(くし)き美事(うまごと)を衆幼(わこさまがた)にしらせまほしくて、野末(のずへ)の爺(ぢゝ)が懇意(まこゝろ)をしるす事しかり
  ■■■■■■■

鈍亭嵜魯文填詞 

釋迦御一代記(しやかごいちだいき)第二編   江戸 鈍亭魯文抄録

釋迦御一代記第二輯自叙(しやかごいちだいきだいにしふじぢよ)
天地(あめつち)(すで)に開闢(ひらけ)。陰陽(いんやう)の氣(き)凝結(こりむす)んで。世界(せかい)各國(かくこく)(まつた)く成(な)り。日月(じつげつ)の明(あきら)かに照(てら)し。花咲(はなさき)みのれる地(ち)。互(かたみ)に千里(ちさと)八千里(やちさと)を隔(へだ)ち。あるは遠津(とほつ)(うみ)の外(そと)なるも。人情(にんじやう)世態(せたい)の趣(おもむ)きは。異(ことな)る事(こと)(ある)べうもあらずかし。今(いま)(はた)(こゝ)に綴(つゝ)りなす。世尊(せそん)(ご)一代(いちだい)の顛末(もとすへ)も。事(こと)を印度(ゐんと)に設(もう)けて。文(ぶん)を和漢(わかん)相半(あいなかば)し。形相(かたち)を画(ゑ)がゝしむるに。専(もつぱ)ら皇國(みくに)の情景(じやうけい)に摸(も)すも。所謂(いはゆる)稗官者(はいくわんしや)(りう)の。用意(ようい)にこそありけれ。
  安政戊午夏新刻

戀岱 鈍亭魯文誌 

釋迦御一代記(しやかごいちだいき)三編   東都 鈍亭主人編次

悉達(しつた)太子(たいし)城門(じやうもん)を顧(かへり)みて獅子(しし)(く)して誓(ちかつ)て曰(いは)
(われ)(も)し生(しやう)(らう)(ひやう)(し)憂悲(ゆうひ)苦惱(くのう)を斷(たゝ)ずんば、宮(きう)に還(かへ)らじ。又復(また/\)、法輪(はふりん)を轉(てん)ずること不能(あたはず)んば、要(かならず)、父王(ちゝわう)と相見(しやうけん)せず。若(も)し當(まさ)に恩愛(おんあい)の情(しやう)を尽(つくさ)ずんば、終(つゐ)に還(かえつ)て母(はゝ)夫人(ふじん)(およ)び耶輪陀羅女(やすたらによ)を見(み)じと云々

傭書 鶴田真容 
  于時皇朝戊午
鈍亭魯文記 

※見返に原漢文。序は「釋迦御一代記第参輯序/安政五戊午初冬刻成/鶴亭秀賀識」。

釋尊御一代記拾遺(しやくそんごいちだいきしふゐ)第四輯   東都 岳亭梁左編次\鈍亭魯文校合

釋迦御一代記拾遺第四編自叙(しやかごいちだいきしふいだいしへんじぢよ)
正覚(せうがく)真正(しんせい)の如来(によらい)。一切(いつさい)衆生(しゆじやう)濟度(さいど)の爲(ため)に。普(あまね)く四(し)天下(てんが)を經廻(へめぐ)り。三世(さんぜ)因果(いんぐわ)の理(り)を示(しめ)し。説法(せつぱふ)し玉ふ事(こと)四十九年。万亭(まんてい)(おきな)。童蒙(どうもう)婦女子(ふぢよし)の為(ため)に。倭文庫(やまとぶんこ)を編輯(へんしう)して。勧善(くわんぜん)懲惡(てうあく)の道(みち)を諭(さと)し。撰擇(せんちやく)(なる)こと四十餘編。渠(かれ)は浮屠家(ほとけ)の方便(はうべん)(ぼん)。是(これ)は稗家(はいか)の譬諭(たとへ)(くさ)。獅子(しゝ)の高坐(かうざ)の法談(はふだん)ならねど。机上(きしやう)に毫(ふで)をとりが鳴(なく)。東訛(あつまなま)りの國字(かな)法談(はふご)も。看官(みるひと)聽衆(きゝて)の里耳(みゝ)に協(かな)へば。則(すなはち)教化(きやうげ)の一端(いつたん)ならむ〓(か)。されば草(くさ)双史(ざうし)を披閲(けみする)(もの)。釋迦(しやか)といへば應賀(おうが)と思(おも)ふも。團粉(だんご)を喰(くひ)て彼岸(ひがん)とおぼゆる。入滅(にうめつ)涅槃(ねはん)の因縁(いんえん)に。似(に)たりや似多山(にたやま)〓〓(まる)(のみ)の。譏謗(そしり)も儘(まゝ)の革(かわ)財布(ざいふ)。腹(はら)を瀉(くだ)さぬ用心(ようじん)に。綴(つゞ)る三編(さんへん)讀切(よみきり)も世(よ)は見限(みかぎ)らで暴病(ころう)にも。遁(のが)れて拾遺(しふゐ)三冊(さんさつ)を。委(ゆだね)られたる追加(おひかけ)注文(ちうもん)。筆硯(ひつけん)万福(まんふく)活業(よわたり)の。大吉(だいきち)利潤(りしゆん)早速(さつそく)と。早(はや)呑込(のみこみ)の安(やす)請合(うけあひ)も。五衰(ごすい)三熱(さんねつ)三十日(みそか)(まへ)。借金(おひめ)の苦患(くげん)に間(いとま)を得(え)ざれば岳亭(がくてい)大人(うし)の助筆(たすけ)を乞(こふ)て。終(つゐ)に至宝(しいはう)成道(じやうだう)の諸根(しよこん)の稿(かう)を脱(だつ)するものから。題目(だいもく)序品(じよほん)の發語(いとぐち)を。教主(きやうしゆ)めかして説(とく)くになん。
于時(ときに)安〓(あんせい)(いつゝ)のとし。戊午(つちのへうま)の時雨月(しぐれづき)(すへ)の四日(よつか)愚息(くそく)誕生(たんじやう)の際(きわ)に臨(のぞ)み。てつぺんかけし産声(うぶこゑ)を。書齋(しよさい)の中(うち)に聞(きゝ)ながら。心約(こゝろせわし)く採毫(ふでをとる)

天上(てんじやう)天下(てんが)唯我(ゆいが)孤獨(こどく)の青戲個(なまけもの) 鈍亭魯文漫題 

※序文の筆耕は岳亭だと思われる。三丁裏「戀岱(つまごひ)野狐庵(やこあん)に於(おい)て魯鈍(ばか)孩児(おようい)降誕(かうたん)の圖(づ)

報讐信太森(かたきうちしのだのもり)前編 東都 鈍亭魯文縮編

報讐信太森前編自序(かたきうちしのだのもりぜんへんじじよ)
(きつね)五百(ごひやく)(さい)にして、能(よく)(しやう)を換(かゆ)ると雖(いへども)、鼠(ねずみ)の油揚(あぶらげ)に獵夫(かりうど)の〓(わな)を脱(のが)れず。作者(さくしや)年歳(ねんさい)(おもむき)を異(こと)にすれども、糟粕(そうはく)の譏(そしり)をひけり。倶(とも)に香味(かうみ)と潤筆(じゆんひつ)の、嗜慾(ぎよく)に耽(ふけ)る有非(うひ)の情(じやう)、爰(こゝ)に著(あらは)す野干(やかん)の一話(いちわ)も、余(よ)は化(ばけ)たと思(おも)へども、原稿(もとより)(うそ)の革衣(かはごろも)、彼(かの)讀本(よみほん)の抄録(せうろく)とは、看官(けんぶつ)以前(せんこく)承知(しやうち)なるべし。遮莫(さばれ)石佛(せきぶつ)を美女(びぢよ)と紛(みせ)、馬糞(ばふん)を牡丹餅(ぼたもち)と変(なす)なんどの、意匠(てぎは)は此方(こつち)の肝要(もちまへ)なれど、發端(しよて)から眉毛(まゆげ)に唾(つば)を濡(ぬる)、書房(とひや)が〓(わな)の油揚(あぶらげ)に、喰(くひ)つきやすき安物(やすもの)ぞ。やつぱり歯(は)に合(あふ)(しよく)なるべし。
 于時(ときに)安政(あんせい)己未(つちのえひつじの)(はる)如月(きさらぎ)古歌(こか)に縁(えにし)の妻恋(つまごひ)の里人(さとびと)野狐庵(やこあんの)主人(あるじ)

稗官 鈍亭魯文戯誌 

報讐信太森(かたきうちしのだのもり)後編   東都 鈍亭魯文縮編

報讐信太森(かたきうちしのだのもり)後編序
往昔(そのかみ)の小説(せうせつ)に。九尾(きうび)の狐(きつね)(け)して妲妃(だつき)となると作(つく)り。近衛(こんゑの)(みかど)玉藻前(たまものまへ)を愛(あひ)しゝことは。謡曲(えうきよく)の滑稽(こつけい)にして。信田(しのだ)の森(もり)の操觚(かきかへ)は。妻恋(つまごひ)稲荷(いなり)の社(しや)(へん)に棲(すめ)る。此道(このみち)の老狐(らうこ)。鈍亭(どんてい)長公(あにき)の机上(きしやう)に成(な)れり。されば紙上(しじやう)の白面(はくめん)と。九尾(きうび)の筆毛(ふんで)に妖(えう)をなし。善惡(ぜんあく)邪正(じやしやう)の教(おしえ)を聡(さとし)。勁松彰歳寒(けいしやうせいかんにあらはれ)、貞臣見國危(ていしんくにのあやうきにあらはるゝ)の語(ご)となせり。故(ゆへ)に勤蠢(きんしゆん)の変化(へんくわ)(あり)て。彼(かの)清明(せいめい)が三部(さんぶ)の秘書(ひしよ)に。綴目(とじめ)は硬(かた)き葛(くず)の蔓(つる)。編(へん)を次(つい)だる六冊(ろくさつ)の。大尾(たいび)の簡端(はじめ)に駈者(かけだしもの)が。緒(いとぐち)ひらく文象(もんざう)は。尾(を)(さき)(ぎつね)といふべきに哉。

 同(おなじ)(あな)なる忍岡(しのふがおか)に彼(かの)蓮池(はすいけ)の松(まつ)(も)をかつぎて
  己未孟夏

岳亭梁左述 

(ばつ)
何某(なにがし)が妻(つま)(し)を譜(ふ)して猿(さる)となり。童子(どうじ)が母(はゝ)和歌(わか)を詠(えい)じて狐(きつね)となりしは。和漢(わかん)同日(どうじつ)の談(だん)にして彼(かの)茂林寺(もりんじ)の文福(ぶんぶく)。茶釜(ちやがま)。麥搗(むぎつき)老婆(ばゝ)の狸(たぬき)となると。綴(つゞ)る作者(さくしや)の虚實(きよじつ)の腹稿(ふくかう)。虚(うそ)から出(で)たる實(まこと)もあれば誠(まこと)から出(で)た妄(うそ)もあり。一日(いちじつ)戀岱(れんたい)に上(のぼ)りて野狐(やこ)(あん)を訪(とふら)ふに。信田森(しのだのもり)と題号(だいがう)せる。脱稿(だつかう)の小冊(せうさつ)机上(きしやう)にあり。是(これ)を採(とり)て披閲(ひえつ)するに。其(その)(だん)虚忘(きよもう)に出(いづ)れども。其(その)(こと)(まこと)に誠實(せいじつ)たり。抑(そも/\)(ぜん)に善報(ぜんほう)あり。悪(あく)には必(かならず)悪報(あくほう)あり。然(さ)れども善悪(ぜんあく)に新古(しんこ)なく。勧懲(くわんてう)に虚實(きよじつ)なし。架空(かくう)の書(しよ)。兔園(とゑん)の冊(さつ)。はかなき草紙(さうし)物語(ものがたり)も。童蒙(どうもう)婦幼(ふえう)に可(か)ならしめば。不讀(ふどく)の正史(せいし)に勝(まさ)りつべく。不悟(ふご)の聖語(せいご)におとらまじや。
 清真堂(せいしんだう)の菓舗(くわしみせ)におゐて梅笠(うめがさ)陳人(ちんじん)

春亭京鶴誌 

抜翠三國誌(ぬきがきさんごくし)五編   東都戀岱 鈍亭魯文鐸

銅雀臺賦曰(どうじやくたいのふにいはく)
明后(めいこう)に從(したが)ふて嬉遊(きゆう)す。層臺(そうたい)に登(のぼ)りて以(もつ)て情(じやう)を娯(たの)しむ。太府(たいふ)(の)廣開(ひろくひらけ)たるを見(み)る。‥‥略‥‥ 願(ねがは)くは斯(この)(だい)(の)(えい)。固(かたう)して樂(たのし)み終古(しうこ)にして央(おへ)ざらんことを。
  于時皇朝安政己未初夏

日本江都民 鈍亭魯文識 

※原漢文

釋迦御一代記拾遺第五輯(しやかごいちだいきしうゐだいごしふ)   東都 岳亭梁左編次\鈍亭魯文校訂

三聖(さんせい)一瓶(いつべい)□□酒(さけ)を嘗(□□)て其味(そのあぢは)ふところ一(いつ)ならず。
世尊(せそん)苦酸(くさん)の湖(よ)上に因果(いんぐわ)の理(り)を解(とい)て甘(あま)きに諭(さと)し曽(かつ)て王舎城(わうしやしやう)に佛敵(ぶつてき)する者(もの)自己(みづから)劍刀(けんとく)を投捨(なげすて)て自(おの)(づから)如来(によらい)の光明(くわうめう)に靡(な□く)こと廣大(くわうだい)無量(むりやう)の法徳(はふとく)ならめや。
(こゝ)に予が友(とも)鈍亭(どんてい)主人(しゆじん)そが同盟(どうめい)岳亭子(がくていし)と倶(とも)に計(はかり)て釋(しやく)(そん)御一代(ごいちだい)の概畧(あらまし)を綴(つゞ)れり。鎖(さ)々たる小冊(せうさつ)と雖(いへとも)顛末(もとすへ)の霊説(れいせつ)(じつ)に如来(によらい)を拝(はい)すが如(ごと)し大哉(おほいなるかな)世尊(せそん)。大哉(おほいなるかな)世尊(せそん)。予(よ)元来(もとより)(ふで)を採(とる)の才(さい)なけれど此冊(このさつ)を披(ひら)き感得(かんとく)の余(あまり)に、世(よ)の笑(わらひ)を厭(いと)はず是(これ)に叙(ぢよ)せんとする者(もの)は、陸奥(みちのく)の草深(くさふか)き澤間(さはま)より出(いで)て今(いま)東江(とうこう)の都(みやこ)に住(すめ)る。
  于時□□□戊午

□凉亭臥□ 

※大虫損。[改・未・六]。三丁裏に千社札の意匠で「交來」「梁左」「魯文」「ホリ竹」等。提灯に「鶴亭秀賀・鈍亭魯文・万亭應賀・大黒屋歌雀・市川家橘」。「ふだらくや枯たる木にも帰り花 京寉」

俵藤太龍宮蜃話(たはらとうだりうぐうしんわ)   江戸 鈍亭魯文編

俵藤太龍宮蜃話自序(たはらとうだりうぐうしんわじぢよ)
秀郷(ひでさと)朝臣(あそん)の龍宮(りうくう)(いり)は。粟津(あはづ)の冠者(くわんじや)が晴嵐(せいらん)の誉(ほまれ)に。本据(もとづく)奪體(たつたい)換骨(くわんこつ)。所(ところ)も近江(あふみ)の瀬田(せた)の橋(はし)。夕照(ゆふぐれてら)す蜈蚣(むかで)の眼光(がんくわう)。弯(ひき)しぼつたる弦(ゆみづる)に。刻(つがふ)矢橋(やばせ)の帰帆(きはん)に臨(のぞみ)て。龍神(りうじん)よりのかづけ物(もの)。巻絹(まきぎぬ)(たわら)太刀(たち)(よろひ)。彼(かの)三井寺(みゐでら)の晩鐘(ばんしよう)も。その一種(ひとくさ)の中(うち)になん。されば此話(このわ)を父母(ふぼ)として。新(あらた)にものせし小説(ものがたり)は。唐嵜(からさき)の雨夜(あまよ)の徒然(つれ%\)。比良(ひら)の高峰(たかね)の暮雪(ゆき)ならで。意(こゝろ)につもるよしなしごとを。堅田(かただ)に落(おつ)る雁(かりがね)の文字(もじ)につらねて三巻(みまき)とし。刻成(こくなり)發兌(はつだ)は石山(いしやま)の。秋(あき)の月(つき)見る頃(ころ)なりけり。
  棹鹿(さほしか)の妻戀(つまごひ)の里人(さとびと)

鈍亭魯文戯誌 
  安政六稔龍集己未
整軒玄魚書 

平良門蝦蟇物語(たいらのよしかどがまものがたり)   東都 鈍亭魯文著

平良門蝦蟇物語叙(たいらのよしかどがまものがたりのぢよ)
(たい)は人(ひと)にして首(かしら)は狗(いぬ)なる槃瓠子(はんくはし)の事(こと)に基(もとづ)き、新(あらた)に作設(つくりまうけ)たる物(もの)の本(ほん)や、変化(けんげ)の妙(めう)、宛轉(えんてん)の奇(き)、文章(ぶんしやう)一家(いつけ)をなして、万犬(ばんけん)(かたち)の影(かげ)に吼(ほゆ)。此編(このへん)三帙(さんぢつ)(ぜん)一部(いちぶ)、上巻(かしら)は猿島(さるしま)の内裏(たいり)に起(おこ)り、中巻(からだ)は山東(さんとう)が乕(とら)の意(い)を假(かり)、下巻(しつぽ)は蛇足(しやそく)の愚案(ぐあん)に出れは、鵺(ぬえ)物語(ものがたり)とも号(なづ)くべきを、蝦蟇(がま)物語(ものがたり)と題(だい)しつゝ、名詮自性(みやうせんじしやう)の自作(じさく)めかして作名(さくめい)を記(き)する事(こと)、盲蛇(めくらへび)(もの)に畏(おそれ)ざる、〓蜍(かひる)の面(つら)にむかふみづの所為(しよゐ)なりかし。
(とき)は安政(あんせい)の七(なゝ)とせ睦月(むつき)七日(なぬか)妻戀坂(つまごひざか) の鈍亭(どんてい)

假名垣魯文しるす 

傀儡太平記(あやつりたいへいき)   東都 假名垣魯文編

古人既(すで)にいへることあり。悉(こと%\)く書(しよ)を信(しん)せば書なきに不如(しかず)と。それ物の本の成れるや事を虚(きよ)に設(まうけ)て義(ぎ)を實(じつ)に演(のべ)もて勧懲(くわんちやう)の一助(いちちよ)とす。遮莫(さばれ)(きよ)は實(じつ)の器(うつは)にして、惡(あく)は善(ぜん)の鑑(かゞみ)たり。虚(きよ)もまた採(とる)べき所(ところ)あり。實(じつ)も容(いる)ると容(いれ)ざるあり。善惡(ぜんあく)輪廻(りんゑ)の両車録(りやうしやろく)。そを脚色(きやくじき)の小説(せうせつ)は、唯(たゞ)に晝夜(ちうや)の急筆(きうひつ)にて、趣向(しゆかう)を案(うむ)に間(いとま)なければ、虚實(きよじつ)の境(さかひ)を論(あけつ)らはで、そがまゝ傀儡(あやつり)太平記(たいへいき)と号(なづけ)ぬ。

假名垣魯文誌 

忠勇景清全傳(ちうゆうかげきよぜんでん)   東江戀岱 鈍亭魯文著

忠勇景清傳 叙
是歳(コトシ)天〓雪飄リ春寒花遅シ。偶友生ヲ撩シテ向火夜話ス。坐隅ニ一客有リ、喃々トシテ景清全傳ヲ讀メリ。乃鈍亭魯文子カ著ス所也(ナリ)。凡ソ柱ニ膠シ管ヲ観者ハ之ヲ叩テ将(マサ)ニ劔ヲ按シテ目ヲ〓トス。儻(モ)シ燭ヲ秉リ燈ヲ剪ル人之ヲ見ハ、節ヲ撃テ頭ヲ頷ス所有ン。略其微意ヲ跡ルニ、則忠義ヲ貴テ勧善懲悪之道ヲ述(ノ)ヘ、人情ヲ冩シテ以伉儷愛慕之心ヲ著ス。維劇傀儡ノ曲胸ノ次ニ蟠リ、滑稽洒落ノ戯、毫ノ端ニ貫ク。糟粕敢テ嘗(ナメ)ズ。狐ノ涎レ其レ舐ツベシ。若乃レ評林花ヲ攅テ、新鮮笑海人ヲシテ蜿シ轉ハ令ム。漢ヲ譯シテ俗ニ通シ、諺ヲ絢テ以テ詞ヲ隱。〓(アヽ)魯文子ハ誰人也(ナンソヤ)。蓋シ前身須狸奴白〓之精ナル應(ヘキ)カ。啻(タヽ)稗宦者流之知ラザル所ヲ知ルノミニ匪(アラス)。况ンヤ又辧瀾夫(カノ)慱問ニ答ベキ者ヲヤ。自在ナル矣哉(カヤ)。此於テ興ニ乗シテ戯ニ之(コレ)カ序ヲ為ス。
  時安政庚申孟春小台麓且志菴之〓山(  ▼デコ)人〓ヲ忍川軒ニ〓ス

岳亭梁左識 

※原漢文

於登美与三郎氷神月横櫛(むすびがみつきのよこぐし)前編   江戸 鈍亭魯文

氷神月横櫛(むすびがみつきのよこぐし)前編序
婦女(をんな)の髪(かみ)に撚(よれ)る綱(つな)には、大象(だいざう)もよく〓(つな)がれ、ぞつと素顔(すがほ)の洗髪(あらひがみ)には、爺(おぢ)坊主(ばうず)もうつゝをぬかして、蹇車(いざりぐるま)をもとむるならん。女子(によし)は自己(おのれ)を愛歓(よろこぶ)ものゝ、為(ため)にしも容色(かたち)を作(つく)れど、浮(うき)たる性質(さが)の水鏡(みづかゞみ)、遂(とげ)ぬ契(ちぎり)の薄化粧(うすげしやう)。假(かり)の色(いろ)(か)はさめるに疾(はや)く、西〓(せいし)が顰(ひそみ)貴妃(きひ)が笑(ゑみ)、うちに隱(かく)せる絡刀(かみそり)に、外面(げめん)菩薩(ぼさつ)の長髢(ながかもじ)は、内心(ないしん)夜叉(やしや)の蛇(へび)とや見ん。爰(こゝ)に著(あらは)す浪花江(なにはえ)の、よしなし言(こと)は横(よこ)に行(ゆく)、芦間(あしま)の蟹(かに)の横櫛(よこぐし)音海(おとみ)が、曲(まが)れる心(こゝろ)の黒髪(くろかみ)も、むすぼれたる思(おも)ひ寝(ね)の、夢(ゆめ)は實(まこと)(か)虚説(そらごと)も、採混(とりまじへ)たる蚤(のみ)の跡(あと)。蚊(か)の口觜(くちばし)の細筆(ほそふで)に、つゞまる一部(いちぶ)の狂言(きやうげん)綺語(ぎご)(すゞり)の海(うみ)の淺(あさ)くとも、悪縁(えにし)は深(ふか)き向疵(むかふきつ)。与三(よさ)(こひ)こいの童謡(どうえう)も、時行(じかう)に叶(かな)ふ錦森堂(ほんや)が注文(ちうもん)、縺(もつれ)て解(とけ)ぬ長譚(ながものがたり)も、二編(にへん)で局(きよく)をむすびがみ。その〓畧(おほむね)を児女(ひめ)君子(との)(がた)へ、つげの小櫛(をぐし)と序(じよ)するになん。
  于時文久元辛酉

東都妻戀の里人 鈍亭魯文誌 

抜翠三國誌(ぬきがきさんごくし)第六輯   東都 假名垣魯文鈔録

曹操(そう/\)(ほこ)を横(よこた)へて詩(し)を賦(ふ)す以(も)て序(じよ)に換(か)ゆ酒(さけ)に對(たい)して當(まさ)に歌(うた)ふべし。人生(じんせい)幾何(いくばく)ぞ、譬(たとへ)ば朝露(ちやうろ)の若(ごと)し。‥‥略‥‥ 水(みづ)は深(ふか)きを厭(いと)はず。周公(しうこう)吐哺(とほ)、天下(てんか)(こゝろ)を帰(き)す。
  于時萬延元孟穐

糟粕外史記 

※原漢文

英雄太平記(えいゆうたいへいき)

英雄太平記(えいゆうたいへいき)叙言(ぢよげん)
(それ)(へい)は凶器(きやうき)なり。然(しか)りと雖(いへども)。これをもて朝敵(てうてき)を平(たいら)げ逆賊(ぎやくぞく)を征(せい)す。天下(てんか)國家(こつか)を治(をさむ)るの用(よう)。先(まづ)(ぶ)を前(さき)にして文(ぶん)を後(のち)とす。抑(そも/\)此書(このしよ)の意(い)たるや。國(くに)(みだ)れて忠臣(ちうしん)(あらは)れ。家(いへ)(ほろ)びて孝子(かうし)(いづ)。忠孝(ちうかう)(とも)に國家(こくか)の大倫(たいりん)(たと)はゝ車(くるま)の両輪(りやうわ)に等(ひと)し。故(かるがゆゑ)に治乱(ちらん)失得(とくしつ)の興廃(こうはい)は其(その)(きみ)とその臣(しん)にあるべく。覆(おゝつ)て外(ほか)なきは天(てん)の徳(とく)なり。明君(めいくん)これに體(てい)して國家(こくか)を保(たもつ)。載(のせ)て棄(すつる)ことなきは地(ち)の道(みち)なん。良臣(りやうしん)これを則(のつとつ)て社稷(しやしよく)を守(まも)る。その徳(とく)(かく)るときは位(くらゐ)ありと雖(いへども)(たもた)ず。所謂(いはゆる)夏桀(かけつ)は南巣(なんさう)に走(はし)り。殷(いん)(ちう)は牧野(ぼくや)に敗(はい)す。其(その)(みち)(たがふ)ときは。威(ゐ)ありといへども久(ひさ)しからず。曽(かつて)(きく)。趙(てう)(かう)は咸陽(かんやう)に刑(けい)せられ。祿山(ろくざん)は鳳翔(ほうしやう)に亡(ほろぶ)。前車(ぜんしや)の覆(くつがへる)を見て後車(かうしや)の誡(いましめ)とし。治世(ぢせい)に乱(らん)を忘(わすれ)ざらしむ。彼(かの)入道(にうだう)常久(じやうきう)が書名(しよめい)を改(あらた)め。号(なづけ)て天下(てんか)太平記(たいへいき)とするものは。當代(たうだい)を賀(が)し奉(ていまつ)るの深意(いんい)にして。僕(ぼく)が英雄(えいゆう)の二字を冠(かうふら)せしは。後昆(こうこん)(かへりみ)て既往(きわう)にいましめをとらせ。童蒙(どうもう)田夫(でんぶ)をして。勧懲(くわんちやう)の微意(ひい)をさとさんとおもふ。れいの老婆(らうは)(しん)にこそありけれ。
于時(ときに)萬延(まんえん)二ツの年(とし)辛酉(かのとのとり)の睦月(むつき)下旬(げじゆん)東都(とうと)妻戀岱(つまこひたい)の南窓(なんさう)に毫(ふんて)を採(とり)て繍像(さしゑ)に填詞(てんし)するものは鈍亭主人(どんていのあるし)

假名垣魯文題 

※外題「繪本大功記」(外題芳宗画)、改印「酉二改」。全丁に一魁齋芳年の絵がある。

國姓爺一代記三編(こくせいやいちだいきさんへん)大尾   江戸 鈍亭魯文記

國姓爺(こくせいや)一代記三編序     錦森堂壽梓
古語(こご)に曰(いはく)。虎(とら)は死(しゝ)て皮(かわ)を止(とゞ)め、人(ひと)は死(しゝ)て名(な)を止(とゞ)むと。宜(むべ)なる哉(かな)。延平王(えんへいわう)、國朝(こくてう)の爲(ため)に、生涯(しやうがい)(その)忠義(ちうぎ)の節(せつ)を改(あらた)めず。威武(ゐぶ)にも屈(くつ)せず、富貴(ふうき)にも蕩(とらか)されず、南海(なんかい)の孤島(こたう)に、兵(へい)を煉(ねり)(ぶ)を講(かう)じ、猛威(もうゐ)逆浪(げきらう)の崖(きし)を崩(くづ)すが如(ごと)く、百度(もゝたび)(たゝか)ふて百度(もゝたび)(かつ)。勇名(ゆうめい)四海(しかい)に轟(とゞろ)き、小兒(せうに)の啼(なき)を止る(とゞむ)も理(ことはり)なる哉(かな)。以(もつ)て結局(けつきよく)の簡端(かんたん)に題(だい)す云々(うん/\)

鈍亭魯文記

※萬延二年五月改


静ヶ嶽七槍軍記(しづがたけしちそうぐんき)

(それ)(へい)は神速(しんそく)を尊(たうと)む。故(かるがゆへ)に先(さき)んずれば人(ひと)を制(せい)すと。就中(なかんづく)真柴(ましば)大領(たいれう)、兵道(へいだう)武事(ぶじ)に於(おけ)るや、機(き)に望(のぞ)み変(へん)に應(おう)じて、進退(しんたい)の指揮(しき)、猿猴(ゑんこう)の梢(こずへ)を傳(つた)ふよりも速(すみやか)也。一代(いちだい)の勲功(くんこう)しば/\なるそが中(なか)に、静(しづ)が峯(たけ)の一戦(いつせん)は、天下(てんか)分目(わけめ)の争闘(そうたう)にして、名将(めいしやう)の下(した)に弱卒(じやくそつ)なく、七鎗(いちさう)三刀(さんたう)の勇臣(ゆうしん)(ら)が働(はたら)きを筆記(ひつき)して、睡眠(すいみん)に換(かゆ)ると云々(しか%\)
  于時春陽吉旦
骨董軒主人 

新書太功記(しんしよたいかうき) 初編全一巻 骨董屋雅楽題

(わが)皇国(すめくに)六十余(よ)(しう)武門(ぶもん)に帰(き)せしより六百年来(ねんらい)、頼朝(よりとも)(きやう)父子(ふし)三代(さんだい)、五代(ごだい)將軍(しやうぐん)尊氏(たかうじ)(きやう)十三世、天下(てんが)(あさ)の如(ごと)くみだれ、英雄(えいゆう)(はち)の如(ごと)く起(おこ)り、兄弟(きやうだい)鉾楯(ぶじゆん)し、君臣(くんしん)そむけること、古(ふる)き書(ふみ)どもにのせたる處(ところ)(あき)らかにして見るべし。爰(こゝ)に豊(ほう)殿下(でんか)久吉(ひさよし)(きやう)は、卑(ひ)賤より生出(なりいで)給ひ、中興(ちうかう)一統(いちどう)の治(ぢ)(てん)にせさせ給ひしかば、四夷(しゐ)(しづか)に、八蠻(ばん)(おさま)り、國風(こくふう)(ゆたか)に、万民(ばんみん)(やわ)らぎて、戸々(こゝ)に千秋樂(せんしうらく)を唱(とな)え、家々(いへ/\)に万歳樂(ばんせいらく)をうたふこと、偏(ひとへ)に天(てん)に禀(うけ)、(ち)に封(ほう)せる、明將(めいしやう)の神武(しんぶ)なりと、その成長(ひとゝなり)給ふ始(はじめ)より、大器(たいき)を録(ろく)して童蒙(どうもう)(ら)に智(ち)を導(みちび)くの一端(いつたん)とするものならじ。
 初夏卯月仲旬
 市中商家 骨董屋雅楽題 [京][尚]


 四 抄録家魯文

 序文を通覧していくと「糟粕」が鍵語となっていることに気が付く。先行する浄瑠璃や小説実録類の抄出縮約(ダイジエスト)を目的としたものが切附本であった。やや自嘲に過ぎる行文が目に付くが、長編を摘要するのには、まず原作を読み通さなければならず、たとえ切り貼りであっても、それなりに能力が必要であったと思われる。また、序文自体が近世的な「戯文」と成っていて、それなりに趣向を凝らしているとも考えられる。

 このダイジェストを意味する「鈔録」「抄録」「縮編」「抜翠」「縮綴」などと云う語句は、草双紙でも見られるものであり、読本等のダイジェスト合巻も少なくない。しかし、草双紙は五丁一冊全丁絵入であり、切附本とは異なった企画であると思われる。つまり、切附本は漢字混じりの本文で「早わかり」と云うのが目的であると考えるべきであろう。

 また、「披閲」「増補」「校合」と云うのも一体どの程度の関与実態を表したものであるか甚だ心許ない。取り敢ずは魯文が関わったものとして扱っておく方が無難であろう。

 いずれにせよ、鈍亭時代の魯文は抄録家として側面を強く持っていたことは疑いなく、特に曲亭馬琴を強く意識した行文が目に付いた。鈍亭時代が魯文にとっての習作時代であったことは間違いないが、もう少し積極的に「抄録」と云う行為を見直すべきではないだろうか。



▼1.「仮名垣魯文年譜」(「早稲田大学教育学部学術研究」二、一九五四年)、「仮名垣魯文の研究−開化期戯作の展開と変遷−」(「明治大正文学研究」一六、一九五五年五月)、『転換期の文学』(一九六〇年、早稲田大学出版部)、『明治開化期文学の研究』(一九六八年、桜楓社)など。
▼2.国文学研究が「文学的価値」なるものに呪縛されていた時代であったから、やむを得ない事情ではあった。
▼3.例えば、『熊坂伝記東海道松之白浪』二編二冊(五十丁、文化元年)は黄表紙風の貼題簽が施されて合巻されている。板面は一丁当たり十二行で比較的挿絵は少なく挿絵中に本文はない。この本には被せ彫りにより改題再刻され『熊坂長範一代記』(三代豊国画の合巻風摺付表紙、安政期刊カ)という切附本になっている。このように、切附本の様式や内容を先取りした合巻風中本型読本は、十返舎一九の『相馬太郎武勇籏上』二編二冊(文化二年序)ほか、零本ではあったが、もう一点管見に及んだ。
▼4.拙稿「切附本」(『日本古典籍書誌学辞典』、一九九三年、岩波書店)
▼5.一九八五年秋の日本近世文学会で口頭発表、「末期の中本型読本−所謂「切附本」について−」(「近世文芸」四十五号、日本近世文学会、一九八六年)、「末期中本型読本書目年表稿−弘化期以降−」(「近世文芸」四十六号、日本近世文学会、一九八七年)。後に増補し拙著『江戸読本の研究(一九九五年、ぺりかん社)に所収。
▼6.最新情報は拙サイト「切附本書目年表稿」参照。
▼7.拙稿「英名八犬士(一)−解題と翻刻−(「千葉大学人文研究」三四、二〇〇五年三月)参照。

【付記】本稿は二〇〇四年九月十三日に国文学研究資料館で開催された「魯文プロジェクト」の研究会で口頭発表したものに基づいている。会場で御示教賜った佐藤悟氏、佐々木亨氏をはじめとする方々に心より感謝致します。


# 「鈍亭時代の魯文−切附本をめぐって−」
# 「千葉大学 社会文化科学研究」第11号(千葉大学大学院社会文化科学研究科)所収
# 2005-12-26 追補
# 2006-06-15 追補
# Copyright (C) 2005-2006 TAKAGI, Gen
# この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNUフリー文書利用許諾契約書ヴァー
# ジョン1.3(もしくはそれ以降)が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変する
# ことを許可する。変更不可部分、及び、表・裏表紙テキストは指定しない。この利
# 用許諾契約書の複製物は「GNU フリー文書利用許諾契約書」という章に含まれる。
#               千葉大学文学部 高木 元  tgen@fumikura.net
# Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU
# Free Documentation License, Version 1.3 or any later version by the Free Software Foundation;
# A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".

Lists Page