二代目岳亭の遺業

高 木   元 

十九世紀末、すなわち幕末から明治初年に掛けての戯作者たちの動向に関する調査研究は等閑に付されてきた。その一因は、発展史観の桎梏から逃れられなかった日本文学史が、長年にわたって近世と近代とを明治維新で劃期してきたからである。文学的達成の発見とその顕彰とを自己目的化してきた国文学ゆえ、近代文学史の冒頭に名前が挙げられることの多い仮名垣魯文でさも、近世期における鈍亭時代の著述については充分な調査は備わっていない。このように、基礎研究すら着手されていないにもかかわらず、幕末明治初期の戯作類は〈文学的価値〉なる観点から低く見做され、いまだにその研究価値が見出されることは少ないようである。

しかし、大量の読み物が生産され消費されてきたという文化的プラチック▼1は、社会史的観点からも調査し検討すべき余地が充分に残されているものと思われる。この時期に読み捨てられてきた切附本(きりつけぼん)の調査を思い立ったのも、斯様な日本文学史の欠陥を、幕末から明治初年を通底する十九世紀という枠組みで捉え直すために有用な資料群であると愚考したからに他ならない。幸いにして、三十余年来蒐集してきた架蔵資料は、ほぼ切附本の全体像を知ることができる程度の規模になったので、立命館大学アートリサーチセンターの赤間亮氏の手を煩わせて全点全丁の撮影をお願いし、既にインターネット上で公開されている▼2

さて、幕末の戯作者でもあった初代岳亭(春信・定岡・五岳・丘山など)は、狂歌摺物の絵師としても多くの佳作を遺し、『画本柳樽』や、最長編の江戸読本『俊傑神稲水滸傳(しゆんけつしんとうすいこでん) (全二十九編、文政十一年〜明治二十年)初〜四編迄の画作者として知られているが、その研究は余り進捗していない。わずかに、伝記調査と資料蒐集とに永年の努力をされてきた小田島洋氏の一連の仕事▼3が備わるのみである。就中、氏は従来の文学史や辞典類の言説において、初代岳亭と二代目岳亭とが混同されていることを指摘し、さらに初代の没年が安政三年以前で在ることを示す新資料を提示されている。

この二代目岳亭については、切附本を調査してきた過程で少なからざる資料にその名を見出すことが出来ることに気付き、とりわけ「岳亭春信遺稿」とする『〈神稲徳次郎|木鼠孝蔵〉 武勇水滸傳』の序で、二代目岳亭が初代岳亭を「師翁」と記述していることを紹介したことがある▼4。また、鈍亭(仮名垣)魯文の遺した仕事を調査している最中にも、魯文と関係の深い二代目岳亭の名前が出てくる資料があるとメモしていた。この時期の戯作界では、作者だけでなく画工や音曲関係者、役者など広い人脈の中で活動をしていたために、その全体像を把握するためには、楽屋落ち的要素の強い細部の記述についても注意を払う必要があるからである。

しかるに最近になって、全南大学校文化社会科学大学の康志賢氏が二代目岳亭の調査を精力的に進めつつあり、その結果を「著編述作品年表」として発表する用意があることを知った。これ幸いと、取り敢えず手許の資料類を提供したので、二代目岳亭の全体像に関する研究については康氏の仕事を待ちたい。しかし良い機会なので、断片的ではあるが手許の資料などについて報告しておくことにする。

     ※

まず、切附本に作者や序者として記載のある「岳亭」は全て二代目岳亭のものと考えられる。以下、一点ずつ上げながら具体的な記述に拠り考証してみたい。

釋尊御一代記拾遺 (しやくそんごいちたいきしふゐ) 第四輯(芳宗画、安政五年、兵衛)

内題下「岳亭梁左 編次\鈍亭魯文 校合」。序末には「……綴(つゞ) る三編(さんぺん) 讀切(よみきり) も世(よ)ハ見限(みかぎ)らで暴病(ころり)にも。遁(のが)れて拾遺(しふゐ)三冊(さんさつ)を。委(ゆだね)られたる追加(おひかけ)注文(ちうもん)。筆硯(ひつけん)万福(まんふく)活業(よわたり)の。大吉(だいきち)利潤(りしゆん)早速(さつそく)と。早 (はや)呑込 (のみこみ)の安 (やす)請合 (うけあひ)も。五衰 (ごすい)三熱 (さんねつ)三十日 (みそか)(まへ)。借金 (おひめ)の苦患 (くげん)に間 (いとま)を得 (え)ざれば岳亭 (がくてい)大人 (うし)の助筆 (たすけ)を乞 (こふ)て。終 (つゐ)に至宝 (しいはう)成道 (じやうだう)の諸根 (しよこん)の稿 (かう)を脱 (だつ)するものから。題目 (だいもく)序品 (じよほん)の發語 (いとぐち)を。教主 (きやうしゆ)めかして説 (とく)になん。……\鈍亭魯文漫題」とあり、魯文作の三編読切完結後に、「拾遺」(三冊)として出されたもので、岳亭の助筆を受け「編次」としたことが分る。



釋迦御一代記拾遺第五輯 (しやかごいちだいきしうゐたいごしふ)(安政五年冬)

内題下に「岳亭梁左 編次\鈍亭魯文 校訂」とあり、序には「爰 (こゝ)に予が友 (とも)鈍亭 (どんてい)主人 (しゆじん)そが同盟 (どうめい)岳亭 (がくてい)(し)と倶 (とも)に計 (はかり)て釋尊 (しやくそん)御一代 (ごいちだい)の概畧 (あらまし)を綴 (つゝ)れり……是 (これ)に叙 (ぢよ)せんとする者 (もの)は、陸奥 (みちのく)の草深 (くさふか)き澤間 (さはま)より出 (いで)て今 (いま)東江 (とうこう)の都 (みやこ)に住 (すめ)る\□ ((虫損))凉亭臥□□ ((虫損))」とある。
また、口絵(三丁裏)に千社札の意匠で「〈岳|亭〉梁左」「〈鈍|亭〉魯文」「交來」「ホリ竹」「八九勝」等、提灯に「鶴亭秀賀・鈍亭魯文・万亭應賀・大黒屋歌雀・市川家橘」と見える。

架蔵本には板元名等の記載が見られないが、芳宗画の糸庄版だと推測される。また、管見に入った後印本として「御届明治十年五月\地本おろし 日本橋通四丁目 横町六番地 佐野金之助板」(見返「東都書林 積玉堂梓」)が在る。



釋迦御一代記 (しやかごいちだいき)第六編結局(安政七年、小田島洋氏蔵)

内題下に「岳亭梁左 編次\鈍亭魯文 披閲」とあり、序には「釋迦御一代記第六編結局大團圓前鈍亭魯文抄録後岳亭梁左編次故木合本全六巻至寶成道勧功徳佛法弘通偈仰信看官披閲讀誦經\魯鈍翁誌[印]」、下に「諸法(しよはふ)實相(じつさう)と説(とく)(とき)ハ峯(みね)の嵐(あらし)も法(のり)の音(こゑ)万法(まんはふ)一如と聽(きく)(とき)ハ谷(たに)の朽木(くちき)も佛(ほとけ)とかや爰(こゝ)に戀岱(れんたい)の鈍亭(とんてい)(しゆ)人釋尊(しやくそん)御一代の精訳(せいしやく)也墨硯(ぼくけん)の雲(くも)を發(おこ)し筆頭の雨を降して變化(くわ)(きはま)りなし故(ゆへ)に前編(ぜんへん)三帙(しつ)ハ尚(なほ)(おこなは)れて再ひ獅子(しゝ)の法座(はふざ)に居(なほ)り追加(ついか)の巻(まき)を説(とき)かけたり予(よ)ハ人通(じんつう)も得(え)(かね)たる魔神(まじん)に等(ひとし)き外道(げだう)の 俗夫(そくふ)具眼(ぐがん)の誹謗(そしり)も不顧視(かへりみず)香煙(かうえん)紫雲(しうん)に駕(またが)りて同(おな)じ霊臺(うてな)に騰(のぼ)らんと結帶(たすき)を頼(たの)みに廻(まは)らぬ筆(ふで)の戟(ほこ)(とり)のべて活地獄(くわつぢごく)の苦悩(くのう)を成(なし)て大尾(たいび)となしゝハ提婆達夛(だいばだつた)と可言(いふべく)(や)呵々(かゝ)\于時安政七庚申孟春 岳亭梁左戯題[印]」 「我(わが)(た)へも一鍬(ひとくわ)いれし作男(さくおとこ)釋迦(しやか)を菩薩(ぼさつ)にかゆる苗代(なはしろ) 秀賀\いにしへを忍(しのぶ)が岡(をか)そゆかしけれ見ぬ世(よ)も人(ひと)もまじる友達(ともだち) 露香\月花(つきはな)の外(ほか)にひとりの友垣(ともがき)や雪(ゆき)を灯(あかり)の枝折(しをり)たのめば 清沙\此(この)(みち)の大(おほ)あたまともなれかしとなまくら殿(との)の陰(かげ)に添(そゆ)めり 花流\蓮(はす)の葉(は)にのりの道(みち)をもまなびてや經(けう)よみ鳥(どり)に馴(かる)る蛙(かわづ)(ら) 一庭\つもりにし数(かず)かきつめて言(こと)の葉(は)の錦(にしき)の衣(ころも)(つゞり)あげけり 魯文」 外題「釋迦御一代記」、改印「申六改」、板心「釈迦六」、三十八丁、刊記「東都忍岡 岳亭梁左編次\仝 戀岱 鈍亭魯文披閲\仝 洛橋 一松齋芳宗画圖\仝 駒篭 椿園玄湖傭書\于時安政己未孟春結局\書房〈江戸日本橋|通第三坊〉糸屋庄兵衞・糸屋福次郎 梓」。 挿絵(36ウ37オ)に梁左・魯文・芳宗・一庭を描く。



報讐信太森 (かたきうちしのだのもり)後編(袋入本、鈍亭魯文作、国周画、安政六年、兵衛)

岳亭梁左序「往昔 (そのかみ)の小説 (せうせつ)に、九尾 (きうび)の狐 (きつね)(け)して妲妃 (だつき)となると作 (つく)り、近衛 (こんゑの)(みかど)玉藻前 (たまものまへ)を愛 (あひ)しゝことハ、謡曲 (えうきよく)の滑稽 (こつけい)にして、信田 (しのだ)の森 (もり)の操觚 (かきかへ)は、妻恋 (つまごひ)稲荷 (いなり)の社 (しや)(へん)に棲 (すめ)る、此道 (このみち)の老狐 (らうこ)、鈍亭 (どんてい)長公 (あにき)の机上 (きしやう)に成 (な)れり。されバ紙上 (しじやう)の白面 (はくめん)と、九尾 (きうび)の管毛 (ふんで)に妖 (えう)をなし、善惡 (ぜんあく)邪正 (じやしやう)の教 (おしえ)を聡 (さとし)、勁松彰歳寒 (けいしやうせいかんにあらはれ)、貞臣見國危 (ていしんくにのあやうきにあらはるゝ)の語 (ご)となせり。故 (ゆへ)に勤蠢 (きんしゆん)の変化 (へんくわ)(あり)て、彼 (かの)清明 (せいめい)が三部 (さんぶ)の秘書 (ひしよ)に、綴目 (とじめ)ハ硬 (かた)き葛 (くず)の蔓 (つる)、編 (へん)を次 (つい)だる六冊 (ろくさつ)の、大尾 (たいび)の簡端 (はじめ)に駈者 (かけだしもの)が、緒 (いとぐち)ひらく文象 (もんざう)ハ、尾 (を)(ざき)(ぎつね)といふべきに哉\同 (おなじ)(あな)なる忍岡 (しのふがおか)に彼 (かの)蓮池 (はすいけ)の松 (まつ)(も)をかつぎて\己未孟夏\岳亭梁左述」。

この本は、安っぽい切附本流行の最中にあって豪華美麗な装丁が施された中本型読本に近いもので、同年に森治から同様の体裁でまとめて六点の魯文作が出されている▼5。魯文はこれらの本の見返や序などに「假名垣魯文」と記しており、「假名垣」号の早い使用だと思われるが、あるいは「鈍亭」から「假名垣」への転機となった袋入本と見做すことが出来るかもしれない。なお、その後同様の体裁の袋入本が出された形跡も見られないが、もしかしたら「假名垣」号の披露という意味合いがあったのかも知れない。

さて、魯文のことは措いて、この序文で二代目岳亭は自らを「駈者 (かけだしもの)」と称しているので、魯文の引き立てによって安政半ばから戯作を始めたものと考えても良いかも知れない。

なお、跋末には「清真堂 (せいしんだう)の菓舗 (くわしみせ)におゐて梅笠 (うめがさ)陳人 (ちんじん)\春亭京鶴誌」とある。


忠勇景清全傳 (ちうゆうかげきよぜんでん)(袋入本、鈍亭魯文作、惠齋画、安政六年、森治)

岳亭梁左の漢文叙「是歳 (コトシ)天〓雪飄リ春寒花遅シ。偶友生ヲ撩シテ向火夜話ス。坐隅ニ一客有リ、喃々トシテ景清全傳ヲ讀メリ。乃鈍亭魯文子カ著ス所也 (ナリ)。凡ソ柱ニ膠シ管ヲ観者ハ之ヲ叩テ将 (マサ)ニ劔ヲ按シテ目ヲ〓トス。儻 (モ)シ燭ヲ秉リ燈ヲ剪ル人之ヲ見ハ、節ヲ撃テ頭ヲ頷ス所有ン。略其微意ヲ跡ルニ、則忠義ヲ貴テ勧善懲悪之道ヲ述 (ノ)ヘ、人情ヲ冩シテ以伉儷愛慕之心ヲ著ス。維劇傀儡ノ曲胸ノ次ニ蟠リ、滑稽洒落ノ戯、毫ノ端ニ貫ク。糟粕敢テ嘗 (ナメ)ズ。狐ノ涎レ其レ舐ツベシ。若乃レ評林花ヲ攅テ、新鮮笑海人ヲシテ蜿シ轉ハ令ム。漢ヲ譯シテ俗ニ通シ、諺ヲ絢テ以テ詞ヲ隱。〓 (アヽ)魯文子ハ誰人也 (ナンソヤ)。蓋シ前身須狸奴白〓之精ナル應 (ヘキ)カ。啻 (タヽ)稗宦者流之知ラザル所ヲ知ルノミニ匪 (アラス)。况ンヤ又辧瀾夫 (カノ)慱問ニ答ベキ者ヲヤ。自在ナル矣哉 (カヤ)。此於テ興ニ乗シテ戯ニ之 (コレ)カ序ヲ為ス\〓安政庚申孟春小台麓且志菴之〓 (デコ)人〓ヲ忍川軒ニ〓ス\岳亭梁左識」(私意で書き下した)

この本も、前項『報讐信太森』と同様に豪華美麗な装丁が施された中本型読本に近い袋入本で、まとめて六点出されたものの一つである。

序文は二代目岳亭が漢文で書いている。斯様な中本型の大衆小説に「漢文序」とは、如何にも似つかわしくない。それも書き下してすらないのである。内容的には一般的な序文と同様であると思われるが、明らかに漢文体の戯文という風情であり、肩肘張った印象を受ける。また、序末で「〓山人 (でこさんじん)」と自称しているが、戯画化された二代目岳亭像を見ると額が高く出ている所謂オデコなので、それを踏まえた戯号だと思われる。「出子散人」と記すこともあった。



敵討腕野喜三郎一代記(かたきうちうでのき〔さぶろういちだい〕だいき)(岳亭春信作、芳春画、万延元年、田屋三郎)

内題下「東都忍川 岳亭春信 筆記」、自序「腕 (うで)の喜 (き)三郎後 (のち)に、晋子 (しんし)其角 (きかく)が門人 (もんじん)となりて、片枝 (へんし)と号 (がうす)と、山東庵 (さんとうあん)の翁 (おきな)、奇跡考 (きせきかう)にいへれども、其 (その)本傳 (ほんでん)を記 (しる)せし潔 (もの)なし。予 (よ)十年 (とゝせ)あまりの昔 (むかし)、艸紙 (さうし)の上 (うへ)に見 (み)(きゝ)たる、喜 (き)三郎が物語 (ものがたり)を、紙魚 (しみ)の住家 (すみか)となし客 (をき)しに、此 (この)ほど芸藁 (ぜんご)をあはせて、不足 (ふそく)を補 (おぎな)ひ、鎌倉 (かまくら)の地名 (ちめい)を借 (かり)て、一代記 (いちだいき)となし、紫式部 (むらさきしきぶ)が、石山 (いしやま)に源氏 (げんじ)の巻 (まき)を經文 (きやうもん)の、裏書 (うらがき)なせし古言 (ふること)に、聊 (いさゝか)血筋 (ちなみ)(ある)ものから、下書 (さうかう)さへも屑紙 (ほぐかみ)に、補修 (つゞり)(あはせ)し、事 (こと)にぞありける\此書 (このしよ)に管 (ふで)を取 (とる)(こと)三度 (みたび)。始 (はじ)めに冩本 (しやほん)にせよと直 (すゝむ)る者 (もの)ありて弘化 (かうくは)二巳年望 (のぞみ)にまかせしに。書 (しよ)も人 (ひと)も行方 (ゆくかた)しらず。其後 (そのご)嘉永 (かえひ)四亥年。合巻 (かうかん)にせまほしくと文屋 (ぶんや)の主人 (しゆじん)。好 (このみ)に二度 (ふたゝび)(ふで)をとりしが。家 (いへ)と共 (とも)に焼失 (やきうしな)ひ今 (いま)また此処 (こゝ)に其 (その)轉記 (でんき)を書 (しよ)す事 (こと)とハなりぬる\萬延はじめのとし初冬」。

この自序は「東都忍川」とあるので二代目岳亭のものだと思われるが、既に弘化嘉永頃に戯作者として活動していたということになろうか、不審である。襲名は何らかの方法で披露されていたはずであるから、この襲名時期を明らかに出来る書証の出現が望まれる。

なお、東大総合図書館に自筆稿本が所蔵されている由を康氏より教示された。稿本には「作者 岳亭春信\画師 一梅齋芳春」とあるが、板元名は記されてない。序文に貼紙訂正が在り「嘉永元年」を「嘉永四年」と、序末「萬延元」の「元」を消し、年記の「菊月」を「初冬」と訂してある。



青戸硯雲切仁左衞 (あをとすゞりくもきりにざゑもん) (岳亭春信作、芳春画、文久元年春、吉文)

内題下に「岳亭春信 文認」、序「天 (てん)をバ測 (はか)るべし天 (てん)をバ究 (きは)むべからずと、をさなきふみもて昔 (いにし)へのはなし艸 (くさ)に聞 (きこ)えたる、雲切 (くもきり)となん云 (いひ)けるしらなみの物 (もの)がたりを、文屋 (ふみや)の好 (このみ)に幸 (さち)を得 (え)て、わずかなる小冊 (せうさつ)の白帋 (はくし)につらね、考 (かんがへ)のくはしからず文 (ふみ)のうへをさなくて、言葉 (ことば)たらねバいふ事毎 (こと%\)に心 (こゝろ)(とほ)らず、景色 (けしき)をおしみて橋 (はし)の霜 (しも)を踏 (ふむ)がごときに似 (に)たれども、さらに虚名 (きよめい)の地 (ち)をまじへず穿鑿 (せんさく)をなせりけるも、管 (くだ)をもて天 (てん)を窺 (うかゞふ)の諺 (ことは)ざなりけれ\ひゑのやまの片邊 (かたほと)りに\文久元辛酉季春\狂作堂のあるじ述」。

この序文は自序として読めると思われるが、署名の下に印刻がないので「狂作堂主人」が二代目岳亭の別号であると断定はできない。また「文屋の好に幸を得て」などという口吻はそれかと思わせるが、東叡山下のことを「ひゑのやまの片邊りに」といったのであろうか、不審である。

末丁広告には「繪本 (ゑほん)勇士鏡 (ゆうしかゞみ) 初へんより十へんまで追々近刻 ・義士(ぎし)銘々傳 (めい/\でん) 初へんより十へんまで近刻仕候 \〈敵|討〉腕 (うで)の喜三郎 (きさふらう) 全冊 ・青戸硯 (あをとすゞり)雲切 (くもきり)仁左衛門 (にざゑもん) 全冊\日向 (ひゆうが)景清 (かげきよ)一代咄 (いちたいばなし) 全冊 江戸馬喰町四丁目 吉田屋文三郎板」と、近刻予告(縄張り)を含めた書名が見えている。



英雄成生功記 (えいゆうせいしやうかうき) 前輯(ぜんしう)(鈍亭魯文抄録、國周画、万延元年、糸庄)

岳亭主人序「余 (よ)か友 (とも)魯文 (ろぶん)なるものは。小男 (さを)鹿 (しか)の妻 (つま)ごひの里 (さと)にすめる遊民 (たはれびと)なるが。をさなき頃 (ころ)より物 (もの)の本 (ほん)(かく)わざを好 (このみ)て。終 (つゐ)に活業 (すぎはひ)とぞなせり。そハ唐土人 (もろこしびと)のいへる心 (こゝろ)に織 (をり)(ふで)に耕 (たがやす)の道 (みち)にしてなし。得難 (えがた)きのすさみなるを。〓 (はづか)に一本 (ひともと)のふんで。ひとひらの紙 (かみ)もて古 (いにし)へ今 (いま)の治乱 (ことのあと)を綴 (つゞ)り。善 (よき)に勧 (すゝ)め悪 (あしき)を懲 (こらす)の意匠 (むなだくみ)ぞ編 (さく)文漢 (をとこ)の功 (いさほ)にして。田をつくの労 (らう)にかも似 (に)たらまじやは\(しのぶ)が岡 (をか)の辺 (ほとり)にすめる 岳亭主人しるす」板心は「政清」、尾題は「佐藤成生功記前輯 」、巻末に糸庄の広告「一代記 (いちだいき)讀切冊 (よみきりもの)武者 (むしや)繪草史 (ゑざうし)(その)(よ)繪図 (ゑづ)一枚〓 (いちまいずり)端本 (はほん)横本 (よこほん)青標帋 (あをびやうし)の類 (たぐ)ひ且 (かつ)字引 (じびき)要文抄 (えうぶんせう)(とう)品物 (しなもの)澤山 (たくさん)所持 (しよぢ)仕候間御用向 (ようむき)被仰付可被下候」。



〈神稲徳次郎|木鼠孝蔵〉武勇水滸傳 (ぶゆうすいこでん)(岳亭春信作、芳春画、万延二年四月改)

内題下には「岳亭春信遺稿」とある。序文は、上部に「岳亭定岡」という堂号を揮毫した扁額を描き、その下に「師翁 (しをう)岳亭 (がくてい)定岡 (さだおか)神稲 (しんとう)徳次郎 (とくじらう)鼡小僧主 (ねづみこほうし)を始 (はじ)めとして猛賊 (がうどう)(ひやく)八人をあはせ俊傑 (しゆんけつ)神稲 (しんとう)水滸傳 (すゐこでん)と題 (だい)せしハ編 (へん)を次 (つき)て数 (かず)をかさね今亦 (いまゝた)書肆 (しよし)の好 (このみ)とて に徳治郎 (とくじらう)の傳 (でん)を操 (あめ)と索 (すゝめ)に筆 (ふで)を取 (とり)やへす七尺 (しやく)さつて師 (し)の影 (かげ)をわすかに因 (ちな)み燈火 (ありあけ)を挑 (かゝ)げながらに雑書 (ざつしよ)をひらき諸 (しよ)こくの疑團 (ぎだん)を集合 (しゆうがう)せりされとも國々 (くに%\)の物 (もの)がたりにいたりてさらに虚 (きよ)せつをまじへず見 (み)る人 (ひと)作者 (さくしや)の空言 (くうげん)としたもうな\萬延ふたとせ太郎月 東都忍川市隱 春信筆記」とある。

さらに口絵見開一図の次に
  蝶/\や何をたすねて水の上 一艸
  ふりあげた鞭にからまる小蝶哉 喜樂
  浪をおひ浪におはるゝ小蝶かな 一星
  蝶一ッ 廬生が窓を出しにや   露香
  是がマア毛虫の末か池のてふ  負(ママ)似彦
  水かみに影の流るゝ小蝶かな  可山介
  繪筆にも来て眠りけり 春の蝶 芳春
と追善句が並ぶ。つまり、初代岳亭の没年は本作の刊行から余り遡らない時期、それも二代目が「岳亭梁左」と名告っていた安政期以降ではなかったかと想像できる。

さらに巻末に「此書 (このしよ)(こと)(なが)くして神稲 (しんとう)(とく)次郎木鼡 (きねづみ)孝蔵 (かうそう)の行末 (ゆくすへ)まてをとき盡 (つく)せず。ゆへに母 (はゝ)おいね立山 (たてやま)なる文吉 (ぶんきち)の敵 (あだ)を討 (うつ)て一巻 (いつかん)の萬尾 (まんひ)となしぬ。諸子 (しよし)の好 (このみ)を待 (まち)て編 (へん)を次 (つぐ)べし。(さき)の年 (とし)神稲水滸傳 (しんとうすゐこでん)を合巻 (がうくわん)になをし宇治 (うぢ)拾遺 (じゆうい)を述 (のべ)たり。其 (その)(もの)がたりハ古事 (こじ)を引 (ひき)て著 (つくり)まうけしが近 (ちか)きに世 (よ)の中 (なか)に出 (いづ)べし。されどもこのものがたりと大 (おほ)いにたがひて同 (おな)じからず。是 (これ)は諸 (しよ)こくにありふれたる咄 (はな)し草 (ぐさ)を胸 (むね)としたり。板元 (はんもと)をたばかり人 (ひと)の作 (さく)せる物 (もの)を其 (その)まゝに認 (うつし)將禄 (しやうろく)なりとて出 (いだ)せるハなし。故 (ゆへ)に作 (さく)つたなくして巻中 (くわんちゆう)に出 (いで)たる國々 (くに/\)を圖 (づ)にあらわす。中 (なか)にも江 (え)の嶋 (しま)の龍穴 (りうけつ)ハ見 (み)さる人 (ひと)あり。是 (これ)なん彼地 (かのち)にいたりて尋 (たづ)ね索 (もとむ)るに安 (やす)し。右 (みぎ)りの方 (かた)へ五六間 (けん)岩屋 (いはや)の前 (まへ)より{)岩 (いは)の上 (うへ)をいたるなり。余 (よ)ハ本文 (ほんもん)にいでたり。画工 (ぐはかう)筆者 (ひつしや)も笑 (わら)ふべけれど此所 (こゝ)をもつて見 (み)ゆるしたまへ。」 などと、殊更に切附本というジャンルの本質が抄録であることを踏まえた上で、敢えて独自性を主張している。これらの言説を見るに、本作は「岳亭春信遺稿」と標榜しつつも、実質的には追悼作として二代目岳亭の手に成ったものであると考えられる。

また、末丁の広告に「青戸硯 (あをとすゞり)雲切 (くもきり)仁左エ門 (にさえもん)・敵討 (かたきうち)(うで)の喜三郎 (きさぶらう)・日向 (ひゆうが)景清 (かげきよ)一代咄 (いちだいばなし)・〈神稲徳次郎(しんとうとくじらう)|木鼠孝蔵(きねずかうぞう)〉廻國 (くわいこく)□□□ ((汚損))・石川 (いしかわ)五右衛門 (ごえもん)一代咄 (いちだいばなし)・〈岳亭春信作|一梅齋芳春画〉」とあるが、此処に列挙されている題名は他の切附本に付された吉田屋文三郎板と相似しているので、本作も吉文板ではないかと思われ、同時に原本に刊年が見られない『日向景清一代咄』『執讐海士漁舩』なども万延二年(文久元年)頃の刊行ではないかと推測できる。つまり、この頃の吉文と二代目岳亭の緊密さがうかがわれるのである。



日向景清一代咄 (ひゆうがかげきよいちだいばなし) (岳亭春信作、芳春画、吉文)

内題下に「岳亭春信筆記」、柳亭露香による序末に「……宝暦 (ほうれき)の昔 (むかし)より日向 (ひゆうが)景清といへる物 (もの)がたりあるをもて我友 (わがとも)岳亭 (がくてい)主人 (しゆじん)音和 (おとわ)の瀧 (たき)の長咄 (ながばな)しを一小冊 (いつせうさつ)に汲 (くみ)とりて硯 (すゞり)を混 (ひた)す事とハなりぬ\柳亭露香述」とある。



執讐海士漁舩 (かたきうちあまのつりふね) (岳亭梁左作、芳春画、吉文)

外題は『天竺徳兵衛一代話』、内題下「岳亭梁左著」。序文なし。京伝の合巻『敵討天竺徳兵衛』 (豊国画、文化五年)の抄録物であるが、登場人物名などが改変され、天竺徳兵衛の出自を純友の末流とはせずに、原話には見られなかった細川浪六の復讐譚を組み込み、〈堀川猿廻しの段〉を利用した箇所を〈水木辰之助舞扇遊里通住吉〉の趣きに変えるなど、それなりに作品構成にも手を加えている。



武者修行巡録傳 (むしやしゆぎやうくわいろくでん) (序題、芳宗画、万延二年正月)

見開き一図に、大宅太郎光國 (おほやのたらうみつくに)、宮本武蔵政名 (みやもとむさしまさな)、吉岡拳法 (よしおかけんほう)、佐々木巖流 (さゝきがんりう)、松井民次郎義仲 (まついたみじらうよしなか)以下の豪傑等を略伝事跡と共に描いた絵本。序末「文武 (ぶんぶ)の両道 (りやうだう)を摸 (うつ)せる哉 (かな)画筆 (ぐわひつ)の二道 (にだう)にも大平 (たいへい)の餘澤 (よたく)ならめや\時萬延二辛酉太郎月筆染\東叡山下北窓 岳亭春信記」と、画作であることを記している。



伊達黒白鑑』前傳 (岳亭春信補修、刊年未詳)

外題『伊達黒白論』(一本『仙代萩黒白論』)(七枚丁付が重複)計三十一丁。 巻末(丁付では23ウ)に「集言」として「此(この)評定(ひやうじやう)の巻(まき)ハ玉光齋(きよくこうさい)主の実傳(じつでん)を誌(しるし)たる成しが丁数の短文なれバ今予(よ)に仁木(につき)(だん)正左衛門の傳(でん)を述(のべ)よと在を幸(さいは)ひ其物語(がた)りを開(ひらく)にいたれり。されども本傳(ほんでん)を云にあらず拙(つたな)き筆(ふで)もて綴合(つゞのあはせ)たるにハ在ども虚(きよ)ハ實(じつ)に返(かへ)るの理言(ことわざ)二木(ふたき)が始(はじ)めの忠臣(ちうしん)も後にハ惡(あく)の為(ため)に惡(にく)まれるの事(こと)にして虚(うそ)も眞事(まこと)と見ゆるし給(たま)へ」と在るように、龍川漁者『伊達姿評定鑑』、玉光齋主人序、直政画、品川屋久助板と合綴されている。後印改修本か。



敵討高名録 (かたきうちかうめうろく) (岳亭春信作、玉櫻芳年画、文久二年二月改)

外題「芳宗画」。扉に「二本杉大明神」を描き「春 (はる)の色 (いろ)を見 (み)よとの舞は知 (し)らねどもこゝに忘 (わす)れし蝉 (せみ)の羽衣 (はごろも)\岳亭賛」とある。自序「序文 (じよぶん)に替 (かへ)て二本杉 (にほんすぎ)を出 (いだ)せしハ物 (もの)に勝 (かつ)を願 (ねが)ふ人の木 (き)の本 (もと)に来 (きた)りて気精 (きせい)を懸 (かけ)るゆへに記 (しる)せしなれバ巻中 (くわんちう)に在 (ある)にあらず。倶 (とも)に天 (てん)のいたゞかずと一心 (いつしん)(こ)めたる一筋 (ひとすぢ)の新古 (しんこ)を問 (とは)ず雑書 (ざつしよ)を開 (ひら)いて見出 (みいづ)るを其 (その)(まゝ)に集合 (しうがふ)せるのみなれバ拙 (つたな)きもまた多からめ\東都忍川赤本作者 岳亭春信傳」。

目録に相当する「巻中 (くわんちう)仇討 (あだうち)連名記 (れんめうき)・總數 (そうかず)貮拾八番 (にじうはちばん)」には「石井 (いしい)玄次郎 (げんじらう)(おとゝ)樊次郎 (ばんじらう)」以下「石井 (いしい)常右エ門 (つねゑもん)(むすめ)すて」までが列挙されており、全丁絵入りで簡潔に事跡が記述されている絵本。末丁には「四季ともに盛 (さか)りはつきぬ草双帋大吉利市いつもめでたし」とあり、広告「武者修行巡録傳\男達銘々傳\敵討高名録\怪談伽草紙\岳亭作芳年畫」が載る。このうち『怪談伽草紙』は未見。



敵討高名録 (かたきうちかうめうろく)』二編(岳亭春信作、一松齋芳宗画、文久二戌秋序)

自序「初編 (しよへん)の巻 (まき)にハ所有 (あらゆる)古今 (こゝん)の敵討 (かたきうち)を記 (しるし)けるに板元 (はんもと)の欲心 (よくしん)から二編 (にへん)の巻 (まき)の好 (このみ)を請込 (うけこみ)(これ)かあれかと雜書 (ざうしよ)を開 (ひらい)て見 (み)た處 (ところ)が腹 (はら)に工風 (くふう)の限 (かぎ)り在 (あれ)バ昔咄 (むかしはな)しに聞覚 (きゝおぼ)へて千艸袋 (ちぐさぶくろ)の抜書 (ぬきかき)から拾 (ひろ)ひ集 (あつめ)し怪談 (くわいだん)の咄 (はなし)の内 (うち)の仇討 (あだうち)と目先 (めさき)を替 (かゆ)る画工 (くわこう)ハおなじみ (ふで)の緑 (みどり)の一松齋 (いつしようさい)なを三編 (へん)ハ初春 (はつはる)の雪消 (ゆきげ)と友 (とも)にとく事 (こと)しかり\文久二 秋 岳亭主人記」。

口絵に田宮坊太郎の敵討を載せ、本文は全丁絵入りで累説話・越後万吉・間墨善之烝・大井美知丸の怪談をオムニバスする切附本。板心「高名二」、巻末に幣を持つ額の高い二代目岳亭春信像が描かれている。



山崎大合戦 (文亭春峩序、文久二年、糸庄、大阪府立中之島図)

序末「……長物語 (ながものがた)りを、夏 (なつ)の夜 (よ)の短夜話 (みぢかきやわ)に綴 (つゞ)れよと、新庄堂 (しんしやうだう)の軍配 (ぐんばい)に、童男 (どうなん)童女 (どうぢよ)押寄 (おしよせ)て、曳々声 (ゑい/\ごゑ)の御評判 (ごひやうばん)、机 (つくえ)に向 (むか)つて希 (こひねが)ふになん\文久二戌年菊月\東都忍川市隠 文亭春峩述」

この「文亭春峩」も「東都忍川市隠」とあるから二代目岳亭の別号であろう。



義勇八犬傳 (ぎゆうはつけんでん)』初編 (岳亭定岡作、芳宗画、元治元年春、糸庄)

外題「国周画」、扉に「犬も尾をふることの葉を今もなを実に八人の星まつりより 兵 (ママ)亭」とある。

自序「犬 (いぬ)は意懐 (いかい)を展 (の )(したが)ッて怨念 (おんねん)を散 (き)ずとかや。婦志姫 (ふしひめ)八ッ房 (ぶさ)に呼聞名 (いそな)はれて冨山 (とやま)に至 (いた)り帝 (て)より八犬士 (はつけんし)の銘々 (めい/\)傳記 (でんき)は蓑笠 (さりつ)(をう)を一世 (いつせ)お残 (のこ)す行末 (ゆくすへ)をしるせ出 (いだ)せり。草帋 (さうし)のはじめに引上 (ひきあげ)(その)面影 (おもかげ)を圖 (うつ)せよと問屋 (とひや)の好 (この)みに久 (ひさ)しぶりなまけた管 (ふで)を鳥 (とり)が啼 (なく)(しのぶ)(がは)の菴 (いほり)を出 (いで)て清水 (しみづ)が元 (もと)に轉宅 (てんたく)の八房 (やつぶさ)ならぬやつがれが犬 (いぬ)もあるけば棒 (ばう)とやら八犬士 (はつけんし)にはあらずとも八笑人 (はつせうじん)の友 (とも)まちて東叡山 (とうゑいざん)の森 (もり)かげなる南窓 (なんさう)に頬杖 (ほうづえ)しなから硯 (すゞり)を濡 (ぬら)す事 (こと)とハなりぬ\子初春\ 春信改 岳亭定岡述」。

全丁挿絵入り、『南総里見八犬伝』の抄録切附本。巻末に「是 (これ)より左母 (さぼ)二郎 (じらう)がすり替 (かへ)たる村雨丸 (むらさめまる)を出 (いだ)すくだりは二のまきに書入 (かきい)れ引つゞき出板 (しゆつはん)仕候\文亭鈔録・一松齋工筆」とあり、この「文亭」も二代目岳亭の別号であろうか。なお、本作は二編と併せて、拙稿「義勇八犬傳 −解題と翻刻− (「人文研究」第三十五号、千葉大学文学部、二〇〇六年三月)で紹介した。



義勇八犬傳(ぎゆうはつけんでん)』二編 (岳亭定岡作、文久三年十月改、糸庄)

扉に自画像を描き「江柳 (えやなぎ)に釣 (つ)り上 (あ)げられな浮氷 (うきごほり)\文廼屋仲丸賛\春峩自画」とある。この「春峩」も二代目岳亭の別号であることになる。

自序「師克在和不在衆 (いくさにかつことはくわにあらずしゆうにあり)と犬塚 (いぬづか)信乃 (しの)森高 (もりたか)古賀 (こが)の城内 (じやうない)に數千 (すせん)の討手 (うつて)を切抜 (きりぬけ)て宝龍閣 (ほうりうかく)に登 (のぼ)り玄八 (げんはち)と綬合 (くみあひ)て戸根川 (とねがは)に落 (おち)たるを渡 (わた)るに舩 (ふね)と三編 (へん)に残 (のこ)しぬ。本 (もと)より其 (その)筋書 (すじがき)にもたらぬ事 (こと)を書入 (かきいれ)にして新庄堂 (とんや)の催促 (さいそく)を防 (ふせ)ぐのみなれば、うれるは画工 (ぐわこう)が手柄 (てがら)にして馬琴 (ばきん)(おう)の世 (よ)にあらば、さぞ嘆 (なげ)かはしく思 (おも)はんとつぶやき/\文 (ぶん)を捨 (す)て繪を切 (き)り抜 (ぬ)きし戯作 (げさく)の道 (みち)草如是畜生 (ちくしやう)菩提 (ぼだい)〔心〕仁 (じん)義礼 (れい)(ち)の、たま/\に人の畑 (はたけ)に鍬 (くわ)を入 (い)れる谷中 (やなか)の〔道〕の片邊 (かたほと)り清水 (しみづ)が元 (もと)に筆 (ふで)を染 (そめ)ぬ。」 (〔 〕内は推読)

架蔵本は序末の年記と序者名とを削った痕跡が見えることから後印本だと思われる。また、十丁以下破損しているため、巻末の署名も未見である。また、予告されている三編も未見。早印完本の出現を待ちたい。



河中島両將傳記 (かはなかじまりやうしやうでんき) (岳亭定岡作、慶応二丙寅夏序、山口屋)

内題下に「岳亭定岡 文記」。自序「夫 (それ)大将 (たいしやう)たる人 (ひと)大國 (たいこく)を保 (たも)ち大勢 (たいぜい)を持 (もち)て武勇 (ぶゆう)(すぐ)れたりといふとも合戦 (かつせん)を好 (このむ)(とき)ハ必 (かなら)ず亡 (ほろ)ぶ。木登 (き ほり)ハ木 (き)に果 (はて)水練 (すゐれん)ハ水 (みづ)に果 (はつ)る理言 (たとへ)天下 (てんか)太平 (たいへい)たりとも備 (そな)へ無 (なき)ハ士卒 (しそつ)(あなど)り國 (くに)を奪 (うばはん)(こと)を欲 (ほり)す。文武 (ぶんぶ)ハ鳥 (とり)の翼 (つばさ)にひとしく車 (くるま)の両輪 (りやうわ)にして両方 (りやうはう)か長短 (ちやうたん)あらバ全 (まつた)からず。左傳曰師克在和 (いくさにかつことハくわにありしうにあらず)君臣和合不成 (くんしんわがふならず)バ十万 (じうまん)の勢 (せい)あり共 (とも)(たの)むべからず。今 (いま)河中島 (かはなかじま)武將 (ぶしやう)傳記 (でんき)と題号 (だいがう)して天文 (てんぶん)十四年を始 (はじめ)として同二十三年 (ねん)までの合戦 (かつせん)を述 (のべ)て信 (しん)謙謙信 (けんしん)をもて此 (この)双紙 (さうし)の翼 (つばさ)とする而巳 (のみ)\慶應二 寅夏\岳亭定岡述」

上中下二冊。錦耕堂の軍談シリーズ。



繪本太閤記 (ゑほんたいかうき)』初編 (岳亭定岡作、芳盛画、慶応二年三月改、吉文)

内題下「岳亭定岡文巻」、自序「輕虜 (けいりよ)の者 (もの)ハ不可以治國 (くにをおさむべからず)、獨智 (とくち)の者ハ不可存君 (きみをぞんずべからず)とや。熟 (つら/\)(おも)ひ審 (つまびらか)に處 (しよ)せざれバ、生得 (しやうとく)の智 (ち)を自 (みづから)(たれ)りとす。日吉丸ハ吾身 (わがみ)を顧 (かへりみ)ることを知 (し)り、宜 (よく)人を知 (しる)の才 (さい)智在て、おのづから其 (その)(しよく)に登 (いたり)、桐樹 (とうじゆ)の長 (ちやう)ずる縡 (こと)、一歳 (ひとゝせ)丈余 (じやうよ)萬木 (ばんぼく)(これ)に〓 (およ)ぶ者なし。宜 (むべ)なるかな、豐太閤 (ほうたいかう)が花號黙 (もんじころ)とする〔瓢箪の図〕 (もの)、是 (これ)に寄 (よる)ものならん\丙寅初秋\岳亭定岡文記」。

袋入本、上下二冊。挿絵 (三十四表)には「岳亭画」とある。板元「吉文」は後印版か。



繪本太功記 (ゑほんたいこうき)』巻之二 (岳亭定岡作、芳盛画、慶応二年、文江堂)

内題下「岳亭定岡文案」、自序「天 (てん)に時 (とき)あり人に時 (とき)あり文江堂 (ぶんこうだう)の主人 (しゆじ )秀吉 (ひでよし)の出世 (しゆつせ)物語 (ものがた)りを認 (したゝ)めよと好 (このみ)も時 (とき)に幸 (さいは)ひの久 (ひさ)しく病 (やま)ひにおかされて休作 (きうさく)なせし才 (さい)(さき)(よし)と日吉丸 (ひよしまる)誕生 (たんじやう)より書 (かき)つゞめたる二編 (にへん)の巻 (まき)画工 (ぐわこう)も作者 (われ)も出氣物 (しゆもつ)の出来 (でき)(あき)延引 (えんいん)なせし云分 (いひわけ)も早 (はや)霜月 (しもつき)の寒夜 (かんや)をいとはず引書 (いんしよ)をひらきて筆鳥 (ふでとり)が啼 (なき)つれ渡 (わた)る東雲 (しのゝめ)(ごろ)二階 (にかい)の初声 (うぶごゑ)外事 (よそ)ならず編 (へん)を重 (かさね)し長 (なが)天窓 (あたま)(いま)二の巻 (まき)に二代 (にだい)の出子助 (でこすけ)初湯 (うぶゆ)さはぎの其 (その)(なか)に硯 (すゞり)の水 (みづ)をつぎさして在 (あり)のまんまを記 (しるし)おはんぬ\岳亭定岡述」

袋入本上下二冊。



繪本太功記 (ゑほんたいこうき)』巻之三 (岳亭定岡作、芳盛画、慶応三年正月改)

内題下「岳亭定岡文按」、自序「四海 (しかい)(なみ)(しづか)に、諫鼓 (かんこ)(こけ)(ふか)ふして、八荒武徳 (はつくわうぶとく)に靡 (なびき)、風雨 (ふうう)(えだ)をならさず、月雪花 (つきゆきはな)を弄 (もてあそ)び、見 (み)ぬ世 (よ)の人 (ひと)を友 (とも)とする、作者 (さくしや)は元 (もと)より、童毛 (どうもう)(しゆう)ハ、芳盛 (ぐわとう)が毫 (ふんで)の武者人形 (むしやにんぎやう)、目 (め)も鼻 (はな)もなき草藁 (したがき)から、鎧兜 (よろひかぶと)の筋 (すじ)(ほね)に、強弱 (つよいよわい)の結目 (けじめ)をわかち、善惡 (ぜんあく)ともに髪 (かみ)かたち、作 (つくり)ばへせぬ書抜 (かきぬき)も、是 (これ)太平 (たいへい)の物語 (ものがたり)にこそ\于時 (ときに)慶應 (けいおう)元年 (ぐわんねん)仲夏 (ちうか)中の日忍川 (しのぶがは)の草菴 (さうあん)に豊村 (とよむら)ぬしの軍用 (ぐんよう)(ぐすり)を手傳 (てつだい)ながら\岳亭定岡記」

袋入本上下二冊。



繪本太功記 (ゑほんたいこうき)』巻之四 (岳亭定岡作、芳盛画、慶応二年秋、吉文)

内題下「岳亭定岡文記」、自序「呉漢 (ごかん)の代 (よ)の左慈 (さじ)(あざな)ハ元放 (げんはう)、経学 (けいがく)を好 (このみ)て天柱山 (てんちうざん)に入、道を学 (まな)び石室 (しつ)の間 (あひだ)に秘書 (ひしよ)をいよ/\神異 (しんい)の術 (じゆつ)を鍛錬 (たんれん)なし、銅 (あかゞね)の盃 (ぼん)に釣 (つり)をたれて鱸魚 (すゞき)を求め、山林 (さんりん)に入て〓 (ひつじ)となる変化 (へんくわ)きはまりなし。今 (いま)太閤記 (たいかうき)(し)の巻 (まき)にいたりて秀吉 (ひでよし)栗原 (くりばら)山に分入 (わけいり)、竹中 (たけなか)重治 (しげはる)を師 (し)と頼 (たの)み、後 (のち)軍学 (くんがく)の道廣 (ひろ)く変化 (へんくは)の術をきわめて向 (むか)ふに敵 (てき)なく、天下 (てんか)の武将とあをがる。師 (し)なくして大家 (たいか)をなすものハ破 (やぶる)るの道 (みち)ありて久しからず。同僚 (ほうゆう)といへとも其 (その)(なす)ことの宜 (よろし)きを眞似 (まね)る時 (とき)ハ幸 (さい い)をなすことあり。孝 (かう)の眞似して孝子 (かうし)とよばれ、惡のまねして惡 (あく)人となる。交定猶杵舂間 (まじはることハしよきうのあいだにさだむ)といへるも、道 (みち)を学 (まなぶ)に上下 (しやうげ)のへだてあらずして、宜 (よ)きを取 (と)り惡 (あし)きを捨 (すて)なバ其 (その)(とく)を得 (う)る事 (こと)(おほ)からんと、老婆心 (らうばしん)を序文 (じよぶん)にしるすも、元 (もと)より伽草紙 (とぎさうし)の心意 (しんい)ならん哉 (か)\丙寅の秋\岳亭定岡述」

袋入本上下二冊。挿絵 (十八裏)には「岳亭自画」とある。板元「吉文」は後印版か。



繪本太閤記』五之巻 (岳亭定岡作、芳盛画、慶応三年九月改)

内題下「岳亭山人定岡 文記」、自序「今太閤記の六 ((ママ))の巻 (まき)にいたりしハ、是 (これ)さいはい、せんなり匏瓜 (いさご)、駒 (こま)をいださん巧 (く)風ハなけれど、雜書 (さつしよ)を開 (ひら)ひて、あとさきを合すも、むかしの種 (たね)ふくべ、ひやうたん川へうちこんだ、と笑 (わら)ひ給ふかしらねとも、轉 (ころん)でけがのないまじない。まん尾 (び)となるまで、のう/\と鯰 (なまづ)をおさへる酒 (さけ)ひやうたん、葫蘆 (ふくべ)あたまは作者のあざな、うつた中間の一光齋 (くわうさい)、酒はやめたと水入に、つかふふくべも一升の、徳 (とく)をそなへし壷蘆 (ひさご)にありける \夕顔 (かほ)(だな)の下谷にすめる\岳亭定岡しるす」

袋入本上下二冊。序文中で「葫蘆 (ふくべ)あたまは作者のあざな」と例のオデコを上げ、同時に画工の芳盛についても「中間の一光齋」とある。巻頭「集意」と巻末に「次の巻」の予告があるが、刊否は未詳。



諸國大合戦 (しよこく  かつせん)』二編 (序題、岳亭定岡作、芳幾画、慶応二年六月改、當世堂)

自序「師克在和不在(いくさにかつことハくわにありしうにあらず)と勝負 (せうぶ)を論 (ろん)ぜず。耳 (みゝ)なれたる一孤 (いつこ)の豪傑 (がうけつ)をゑらみて少 (わづか)に傳 (でん)を記 (しるし)、童毛 (だうもう)の急 (はやく)(わか)り安 (やす)く、弁慶 (へんけい)の大力 (たいりき)、義經 (よしつね)の利發 (りはつ)なるも、古 (いにし)への繪巻物 (ゑまきもの)もて御伽 (おとぎ)ばなしの便 (たより)とせり、と好 (このみ)を得手 (ゑて)に帆 (ほ)かけ船 (ぶね)、管 (ふて)左楫 (とりかぢ)に雑書 (ほんばこ)の港口 (みなと)をひらく初霞 (はつがすみ)、岸 (きし)に當 (あたり)の當世堂 (とうせいだう)。切 (きり)はなしたる艫縄 (ともづな)が、丁度 (てうど)人氣 (じんき)に相生 (あいおい)の七五三錺 (しめかざり)なり。画工 (ぐわかう)の若松 (わかまつ)(ふね)に美 (み)よしと評判 (ひやうばん)を希 (ねが)ふ。御岸 (われら)も胴 (だう)の間 (ま)に、はなれな道 (みち)の海 (かい)とにこそ\岳亭定岡 文記 」

外題「武勇競」。全丁絵入りで「鎌倉の権五郎景政 (かげまさ)・鳥海弥三郎、桃井直常、菊地武光、足利高經、小山悪四郎隆政、殿法印良忠、佐々木三郎盛綱、野木入道ョ玄」を略伝と共に描いた絵本。初編は未見。



宮本無三四實傳記 (みやもとむさしじつでんき) (岳亭定岡作、芳盛画、明治二年正月改、山口屋)

内題下「忍川市人 岳亭定岡文案」。自序「孝 (かう)ハ百行 (ひやくかう)の本 (もと)にして忠臣 (ちうしん)ハ孝子 (かうし)の門 (もん)より出 (いづ)ると仁義 (じんぎ)五常 (ごじやう)も唯 (たゞ)(かう)(まつたく)なるが故 (ゆへ)におこる。是 (これ)を真似 (まね)て孝 (かう)となり是 (これ)を似世 (にせ)て臣 (しん)となる。其 (その)(とく)(あま)り有 (あり)。爰 (こゝ)(よ))が友 (とも)一光齋 (いつかうさい)ハ宮本 (みやもと)無三四 (むさし)にあらねども繪 (ゑ)と筆校 (ひつかう)の両刀 (りやうたう)を以 (もつ)て書坊 (しよはう)が需 (もとめ)の早藝 (はやわざ)に我流 (がりう)作者 (さくしや)の数 (かづ)ならねど巌流 (がんりう)氣取 (きどり)の受込 (うけこみ)ハ傳記 (でんき)につゞる草藁 (したゑ)の出句助 (でくすけ)(かの)白倉 (しらくら)といわれんにこそ。

集意 白倉 (しらくら)源吾 (げんご)右衛門の娘 (むすめ)糸萩 (いとはぎ)といへるハ本傳 (ほんでん)ならねと此 (この)(しよ)無三四 (むさし)を一(ひとすじ)にして他 (た)を除 (のぞ)き文 (ぶん)を詰 (つめ)て見安 (みやす)からんを専 (もつぱ)らとなしけれバ帆掛舩 (ほかけぶね)の風 (かぜ)なきが如 (ごと)く所謂 (いわゆる)(つや)のあらざれバ中 (なか)の巻 (まき)なるひとくだりハ編者 (へんしや)の余晴 (よせい)と知 (し)り給へかし \丙寅の春日\忍川の市人/岳亭定岡記」

上中下二冊。錦耕堂の軍談シリーズ。一光齋芳盛が画工と筆耕とを兼ねていたことが記されており興味深い。



伊賀水月録 (いがすゐげつろく) (岳亭定岡作、芳盛画、明治二年正月改、山口屋)

内題下「岳亭定岡 文案」。自序「水 (みづ)の月 (つき)(て)にも取 (と)れぬを書 (かき)とりて御兒童様 (おこさま)がたの御伽 (とぎ)にもせよと錦耕堂 (はんもと)の主人 (あるじ)の乞 (こ)はるゝに任 (まか)せ廻 (まは)らぬ毫 (ふんで)の鹿 (しか)の毛 (け)(も)て羊 (ひつじ)の紙 (かみ)に書綴 (かきつゞ)らんと幾度 (いくたび)か机 (つくへ)に向 (むか)へど元来 (もとより)(あさ)き智惠袋 (ちゑぶくろ)(おも)はす過 (すごせ)し月日 (つきひ)の數 (かず)に催促 (さいそく)の早馬 (はやうま)ハ日々 (ひゞ)に来 (きた)るに詮方 (せんかた)なけれバ馬鹿 (ばか)おし強 (つよ)しと御笑 (わら)ひも顧 (かへり)みず起原 (おこり)ハ政宗 (まさむね)河井 (かはゐ)(こ)ゆへに母 (はゝ)の入 (い)れ智惠 (ぢゑ)荒木 (あらき)の義気 (ぎゝ)を櫻井 (さくらゐ)が櫻木 (ぎ)にものして仇討 (あだうち)の名高 (なだか)きを伊賀 (いが)の上野 (うへの)のうへまでも美名 (びめい)を末世 (まつせ)に知 (し)らせんといふものハ\慶應四 夏\岳亭主人述」

上中下三冊。錦耕堂の軍談シリーズ。



山崎大合戦 (やまさきおうかつせん) (岳亭定岡作、芳春画、明治二年八月改、山口屋)

内題下に「岳亭定岡 文記 (文意)」。自序「夫 (それ)日吉丸 (ひよしまる)の昔 (むかし)より桐樹 (とうじゆ)の長 (ちやう)する縡 (こと)一歳 (ひととせ)丈余 (しやうよ)萬木 (ばんぼく)(これ) (およ)ぶものなし。豊太閤 (ほうたいかう)が馬印 (うましるし)千成 (せんなり)ひさご花 (はな)(ちり)より此巻 (このまき)の前後 (せんご)の作者 (さくしや)仙果 (せんか)大人 (うし)ハ先 (さき)の柳亭 (りゆうてい)種彦 (たねひこ)の畑 (はた)より出 (いで)たる蔓 (つる)壺廬 (ひさご)(よ)もまた柳 (やなぎ)の影 (かげ)うつす同 (おな)じ流 (なか)れの腰葫蘆 (こしひやうたん)(ひさ)しく作 (さく)を延引 (たへたり)しが明地 (あきち)の在 (ある)に種 (たね)ひたせと朝香樓 (てうかうろふ)の進 (すい)に元 (もと)づき蔓 (つる)とつたの結 (むす)び附 (つけ)まき散 (ちら)したるひと袋 (ふくろ)(おり)も幸 (さいは)ひ日吉 (ひよし)まる朝鮮 (てうせん)までの長 (なが)物語 (ものかたり)をひさこのつると希ふなん\時 )明治二巳年孟夏\岳亭定岡」

上中下三冊。錦耕堂の軍談シリーズ。



     ※

ここまで切附本について見てきたが、次に草双紙に触れておきたい。幕末に広く読まれた合巻は所在の知れないものも少なくないが、基本的に板本は多数摺られたものなので何処かには残存しているものである。その出現を気長に待つしかないのであるが、気にしていると入手できる機会に恵まれることもある。以下の管見に入ったものと架蔵本とについて紹介しておこう。

伊賀越誉仇討 (外題、岳亭梁左序、安政六年九月改)

二編各二巻合二冊 (各冊十三〈六+七〉丁)、錦絵風摺付表紙二枚続き、前編序はオデコの作者自画像の上に「姑々 (むかし/\)の書出 (かきだし)善悪 (せんあく)邪正 (じやせう)を込 (こめ)たるハ當世風 (たうせいふう)の夜咄 (よはなし)に等 (ひと)しく此所 (こゝ)で〓點 (くぎり)て次 (つぎ)の巻 (まき)へ後 (あと)ハ翌晩 (めうばん)の語 (ものかたり)と遺紙 (のこをし)(かう)を待宵 (まつよひ)の月 (つき)の出 (で)(まで)と限 (かぎ)りあれハ前後 (ぜんご)二冊 (にさつ)を中入 (なかいり)(まへ)とし伊賀 (いが)の上野 (うへの)の仇討 (あたうち)ハ篇 (へん)を替 (かへ)てと扇 (あふき)ハチ/\巡 (まはら)ぬ舌 (した)に述 (のぶる)(こと)しかり\岳亭梁左\安政七己未春脱稿\[未九改]」

後編序「抑 (そも)(この)草紙 (さうし)ハ常 (つね)に聞 (きく)伊賀上野 (いがのうへの)の仇討 (あたうち)にことなる所 (ところ)ハ何故 (なにゆへ)ぞや。鈍亭 (とんてい)(うし)が影 (かげ)を踏 (ふみ)(なに)か紙候 (しかう)と机 (つくへ)に直 (なほ)り雑書 (ざつしよ)を開 (ひらい)て繰返 (くりかへ)せど差當 (させる)工夫 (くふう)も非 (あらざ)れバ子幽 (こみ)田に遺 (のこり)し桃 (もゝ)太郎鬼 (おに)が嶋 (しま)なる宝 (たから)の政宗 (まさむね)(さる)と蟹 (かに)との争 (あらそひ)より靱負 (ゆきへ)が討 (うた)れる土船 (つちふね)に松之烝 (まつのじやう)が舌切 (したきり)(すゞめ)(おもき)葛籠 (つゞら)の中 (なか)から出 (で)る見越 (みこし)にあらぬ悪四郎 (あくしらう)枯木 (かれき)に花 (はな)(さく)伊賀上野 (いがのうへの)於房 (おふさ)が鼡 (ねづみ)の娘入 (よめいり)と一 (いち)が華 (さかへ)て目出度 (めでたし)/\\于時安政己未孟春\[未九改]\忍川 (しの かは)の流 (ながれ)を硯 (すゝり)に満 (たゝえ)て\岳亭梁左述」。板心「いがこへ前上 (下)」「いがこへ後上 (下)」。

板元も画工も記載がない。五丁の倍数になっていない変則的な丁数構成である。(偶然見かけた一冊本の外題「芳宗画」)


伊賀

伊賀


天竺徳兵衛蟇夜話 (てんぢくとくべゑがまのよばなし) (序題、出子散人作、歌川國久画、文久元年)

四巻合一冊 (二十丁)、外題「天竺徳兵衞\芳宗画」、序「古池 (ふるいけ)や蛙 (かはず)飛込 (とびこ)む水 (みづ)の音 (おと)とハ桃青翁 (とうせいおう)が一代 (いちだい)の名吟 (めいぎん)。それに因 (ゆかり)の此稗史 (さうし)は世 (よ)にも名高 (なだか)き天竺 (てんぢく)徳兵衛 (とくべゑ)。是 (これ)(や)戯場 (げじやう)の一番 (いちばん)目幾 (いつ)も替 (かは)らぬ評判 (おほいり)をはづさぬ春信が管 (ふで)のあや。去年 (こぞ)の作意 (しくみ)を再案 (かきかへ)し廻 (まは)り舞臺 (ぶたい)に趣向 (めさき)を替 (かへ)しハふるいけならぬ新奇 (しんき)妙算 (めうさん)。さるを (やつかれ)短才 (たんさい)もて此 (この)半丁 (はんてう)へ填詞 (うめくさ)ハさりとハ押 (おし)の蹲踞 (つくばった)蝦蟇 (かえる)の面 (つら)へ水 (みづ)の音 (おと)。いけしやあ/\と述 (のぶ)るになん\文久元辛酉初冬\忍川の北窓に 山亭秋信」、板心「がま」、巻末「出子散人作\歌川國久画」、この末丁に文机に両肘を付いたオデコの作者像が描かれている。

なお、序者「山亭秋信」は梁左の別号か。あるいは仲間であろうか。

架蔵の比較的早印と思しき一本は二十丁一冊。もう一本は改装された明治期の後印本で上下二分冊され十ウと十一オの絵柄が繋がっていない。外題は明治期特有の化学染料を用いた上下続きの絵柄で「天竺 (てんぢく)徳兵エ一代記\上ノ巻\下ノ巻」とある。序末の年記を削った板木の磨り減った後印本で、上巻奥目録に「錦繪圖扇問屋〈日本橋区|本銀町二丁目角〉澤村屋清吉」とある (下巻の後ろ表紙欠)


天竺     天竺
      早印本表紙                     巻末


天竺
                 明治期後印分冊本表紙


以下は錦絵の填詞などであるが、偶然見かけたものを記録するしか方法がないので上げておく。

英名二十八衆句 (錦絵、芳幾・芳年画、錦盛堂、慶応二年十二月改)

二十八枚組の最初に「目録」が附され、上に「勝間源五兵衛」以下「濱島正兵衛」まで二十八人が上げられ、下に「繍像略傳」の担当者として順に「假名垣魯文・岳亭定岡・山々亭有人・爲永春水、瀬川如皐・河竹其水、一葉舎甘阿・巴月庵紫玉・井雙菴笑魯・可志香以」が並べられ、「傭書 松阿弥交來」「彫工 清水柳三」「慶応三丁卯秋\梓客 錦盛堂」とある。二代目岳亭は、このうち「天日坊法策」 (芳幾画)の填詞を担当。「梅折てあたり見まはす野中哉 一髪」、填詞「翼 (つばさ)あるものハ高 (たか)きを畏 (おそ)れず鰭 (ひれ)あるものハ深 (ふか)きに喜游 (きゆう)す。仁義 (じんぎ)の道 (みち)に才 (さい)なく惡意 (あくい)に翼 (つばさ)(ひれ)あるハ其 (その)(み)を亡 (ほろぼ)す劔 (つるぎ)なり。四海 (しかい)を呑 (のむ)毒蛇 (どくしや)法策 (ほうさく)ハ師 (し)大日坊 (たいにちばう)が教 (をしへ)にもとり観音院 (くわんおんゐん)の門 (もん)に花賣 (はなうり)の老婆 (らうば)於三 (おさん)を殺 (ころ)して墨附 (すみつき)短刀 (たんとう)をうばい鎌倉山 (かまくらやま)の星月夜 (ほしづきよ)を望 (のぞ)み自己 (おのれ)頼朝 (よりとも)の落胤 (らくいん)天日坊 (てんにちばう)と名 (な)のりて竹川 (たけかは)伊賀之助 (いがのすけ)等を始 (はじ)め一味 (いちみ)の惡意 (あくい)に兵法 (ひやうほう)一偏 (いつへん)の力 (ちから)(こう)(ほう)万戸 (ばんこ)の栄 (さかえ)その功 (こう)半途 (はんと)にして大江 (おほえ)廣元 (ひろもと)が智個 (ちしや)の鑑 (かゞみ)に見やぶられ天網 (てんかう)(つひ)に洩 (も)らすことなく由比ヶ濱 (ゆゐがはま)にひかれて命 (いのち)ハ潮 (うしほ)の泡 (あは)ときえ汚名 (をめい)を太平 (たいへい)の物 (もの)がたりに残 (のこ)せり\忍川の水下に流を汲て\岳亭定岡記」。



芋喰僧正魚説法 (いもくひそうじやううをせつはう) (錦絵、芳幾戯画、山本平吉、安政六年十二月改)

「填詞 (てんし)\此 (この)入道 (にうだう)の漢名 (かんめう)を。絡蹄 (こくてい)といひ形容 (かたち)をさして海藤花 (かいとうげ)と称 (となふ)。花洛 (みやこ)にてハ十夜鮹 (じゆうやだこ)。又海和尚 (かいおしやう)ともいふといへり、然 (しか)るに當時 (たうじ)人界 (にんかい)に。持 (もて)(はやさる)ると聞 (きく)ものから、許夛 (あまた)の魚類 (うろくず)(これ)をうらやみ。龍宮城 (りうくうじやう)に集會 (あつまり)て蛸魚 (たここ)に對 (むかひ)て故 (ゆへ)を問 (とふ)、入道 (にうたう)(れい)の口を鋒 (とがら)せ。渠 (かれ)(ら)に答 (こたへ)て説 (とけ)るやう。善哉々々 (ぜんざい/\)(われ)ハ乍麼 (そも)藥師 (やくし)如来 (によらひ)の化身 (けしん)にして圓頂 (ゑんてう)赤衣 (しやくえ)ハ即身即佛 (そくしんそくぶつ)八足 (はつそく)に八葉 (はちえう)の蓮華 (れんげ)をかたどり八功 (はつく)徳水 (とくすい)自在 (じざい)を行 (ぎやう)とす、智力 (ちりき)を論 (あけ)なバ但馬 (たじま)の大鮹 (おほたこ)(まつ)に纏 (まとひ)し巴蛇 (うはばみ)を。根 (ね)ぐる蒼海 (うみ)へ引汐 (ひきしほ)の。調理 (ちやうり)ハ御身 (おみ)(ら)が腹 (はら)にほふむり、万葉集 (まんえうしう)の妹 (いも)(がり)も芋 (いも)を堀 (ほる)との雅言 (みやひこと)(はた)近来 (ちかごろ)の童謡 (こうた)にも。蛸 (たこ)の因縁 (いんえん)(むくひ)きて。おてらがならてと唄 (うたひ)しハ欲 (よく)を離 (はなれ)た悟 (さとり)にして。足袋 (たび)八足 (そく)の入費 (いりめ)を厭 (いとは)ぬ。珎宝 (ちんぼう)休位 (きうゐ)清淨 (しやう%\)無垢 (むく)。しかハあれども折々 (をり/\)ハ浮気 (うはき)の浪 (なみ)に乗 (のり)がきて生 (うま)れながらに酢 (す)いな身 (み)と。我 (われ)から身 (み)を喰 (くひ)(あし)をくふ。破戒 (はかい)の罪 (つみ)を侵 (をか)せしゆへ此程 (このほど)市場 (いちば)辻街 (つぢ/\)に、身 (み)を起臥 (をきふし)の優 (うき)つとめ火 (くわ)宅の釜 (かま)にゆであけられ。煮 (に)られて喰 (くは)るゝ堕獄 (だごく)の苛責 (かしやく)。必 (かなら)ずうらやむことなかれと。床 (ゆか)を叩 (たゝひ)て諭 (さと)せしハ實 (げ)に百日の説法 (せつはう)も。芋 (いも)の放屁 (はうひ)にきゆるといへる。電光 (でんくわう)朝露 (ちやうろ)のお文 (ふみ)さま。あら/\ゆで蛸 (たこ)、疣 (あな)かしこ/\\作者卵割\二代の蘖\ 忍川市隠 岳亭春信戲誌」

「天蓋を身の\袈裟ころも八葉の\蓮華に坐せる\蛸の入道」「みなそこに\こそりてありか鯛ひらめ\すくひ給へや\南無あみの目に\ 假名垣 魯文」

蛸入道の周囲に「あまだい・かつを・みのがめ・まご九郎・ふぐ・あんかう・なまづ・たい・人魚・めばる・おとひめ・いなせ」が集まって説法を聞いている様子が描かれている。



この外にも雑書や引き札類にも名前が見られ、また『都々逸うかれ駒 (ごま)(中本一冊、十丁)の口絵に「ころ/\とかめハころげて日のながき\恩愛のきづなをかけし三味線に娘の所作を引語りせり\岳亭梁左賛\作者六馬」、巻末には「都々逸仕立所\汗亭六馬、よしもり門人盛みつゑがく\めてたし\大當り、岳亭校合」などとあるように、都々逸など音曲本にも魯文などと共に加わっている▼6。 さらに、見立番付集「新会あづまの寿」(東京誌料 四四八−一三)に入っている「似た物くらべ」(三枚)は末尾に「岳亭(定岡)戯作\光齋(芳盛)図画」とある。「駒沢の朝皃\植木屋の朝顔」は浄瑠璃『生写朝顔話』を踏まえ、「親父のかんき\五将軍のかんき」は親父の「勘気」と『国性爺合戦』の「甘輝」との洒落、「曾我のたいめん\大平のたいめん」は曾我の「対面」と大平の「鯛麺」(鯛素麺=祝言用の料理)とを掠めるなど、演劇に基づく絵入りの見立戯文である。

以上、片々たる資料を紹介してきたが、ことは二代目岳亭のみならず、幕末開化期の戯作者については今後とも資料の蒐集が不可欠である。彼等の活動の幅の広さもあり、都々逸などの歌謡や狂歌俳諧のみならず、引き札や他作の序跋などの調査は容易ではないと思われるが、斯様な作業の蓄積によって近世近代の狭間における戯作者達の遺した仕事が明らかに成ると思われる。また、それは近世近代文学史の連続性と差異性とを検証するために必要な作業なのである。



▼1. 山本哲士『プラチック理論への招待』(三交社、一九九二) 参照。
▼2. http://www.dh-jac.net/db1/books/search.html
▼3. 科研報告書『岳亭八島五岳基礎的研究 その一(〜二)(一九七七〜八)、室蘭市教員特別研究報告書『岳亭八島五岳基礎的研究 その三(一九八〇)、「岳亭の基礎的研究 −岳亭活動年表−(第六回 国際浮世絵学会〈二〇〇一年十一月〉の口頭発表資料に別稿を添えた私家版) など。集大成したものの早期公刊が待ち望まれる。
▼4. 高木元「切附本瞥見 −岳亭定岡の二作について−(「近世部会会報」八号、日文協近世部会、一九八六夏 )
▼5. 高木元「末期の中本型読本 −いわゆる〈切附本〉について−(『江戸読本の研究』第二章第五節、ぺりかん社、一九九五) 所収。
▼6. 高木元「魯文の売文業(「国文学研究資料館紀要」第三十四号、国文学研究資料館、二〇〇八)


附言 康志賢氏よりは資料の所蔵機関などに就き多くの教示を得、また小田島洋氏は御架蔵の資料の借覧を許された。お二方から蒙った学恩に深く感謝致します。


# 「二代目岳亭の遺業 The Works of Gakutei Ryousa
# 千葉大学大学院「人文社会科学研究」 (23号、2011年9月30日)所収
# Web版では字体や表記レイアウト等を変更してあります。
# 『天竺徳兵衛蟇夜話』の項、増補改訂(2012年5月28日)
# Copyright (C) 2011-2012 TAKAGI, Gen
# この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNUフリー文書利用許諾契約書ヴァー
# ジョン1.3(もしくはそれ以降)が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変する
# ことを許可する。変更不可部分、及び、表・裏表紙テキストは指定しない。この利
# 用許諾契約書の複製物は「GNU フリー文書利用許諾契約書」という章に含まれる。
#               千葉大学文学部 高木 元  tgen@fumikura.net
# Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU
# Free Documentation License, Version 1.3 or any later version by the Free Software Foundation;
# A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".

Lists Page