戯作者たちの天徳
高木 元 

文化元(一八〇四)年に初演された『天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)』は、蝦蟇の妖術を用いた謀反人劇として好評を博し、後の江戸戯作に大きな影響を与えました。しかし残念なことに、四代目鶴屋南北の台帳(シナリオ)は残っていないので、初演時の様子は良く分かりません。『鶴屋南北全集』第一巻に収まる『天竺徳兵衛万里入船(てんじくとくべえばんりのいりふね)』は、天保十二(一八四一)年のもので、その内容は、役者評判記や『歌舞妓年代記』などの記述によると、初演時とは大きく様子が違うのです。ただ幸いなことに、文化三年に市村座で上演された『波枕韓聞書(なみまくらいこくのききがき)』の台帳が残っていました。これは南北のものではないのですが、初代尾上松助自身による天竺徳兵衛の再演であるため、初演時の様子を知るための貴重な資料となっています(鵜飼伴子「蝦蟇の妖術考」)

〈絢交(ないま)ぜ〉と呼ばれる、別の話を強引に付会する作劇法を得意とした南北は、文化五年上演の『彩入御伽艸(いろえいりおとぎぞうし)』では皿屋敷や小幡小平次怪談と、文化六年上演の『阿国御前化粧鏡(おくにごぜんけしようのすがたみ)』では、累の怪談と付会した兵衛物を書いています。以下、これらの南北劇に影響を受けて作られた戯作小説を紹介してみましょう。

南北とも影響を与えあった山東京伝(さんとうきようでん)の草双紙合巻『敵討天竺徳兵衛(かたきうちてんじくとくべえ) (文化五年)は、天徳が肉芝道人から授かった蝦蟇の妖術を駆使して御家再興足利家滅亡の陰謀を企てるが、妖術封じの蛇によって失敗するという筋立てです。また、同じく京伝が〈徳兵衛〉という名から連想して曾根崎心中に付会した『天竺徳兵衛/お初徳兵衛・ヘマムシ入道昔話(にゆうどうむかしばなし) (文化十年)や、世界を鏡山に求めて小紫権八譚と絢交(ないま)ぜにした『尾上岩藤/小紫権八/天竺徳兵衛・草履打所縁色揚(ぞうりうちゆかりのいろあげ) (文化十二年)があります。ちなみに、岳亭梁左の切附本『報讐海士漁船(かたきうちあまのつりふね) (安政期)は、京伝の『敵討天竺徳兵衛』に別趣向を加えて書き換えたものです。

草双紙の一種として〈正本写(しようほんうつし)〉と呼ばれる歌舞伎の筋書き合巻があります。『天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし) (天保四〈一八三〇〉年)は、天保三年に河原崎座で上演された『天竺徳兵衛韓噺』を、配役通りの役者似顔を用いて紙上に再現したものです。また、安政四 (一八五七)年春の森田座上演『入船曾我倭取舵(いりふねそがにほんのかじとり)』を綴った「狂言堂如皐原稿・柳水亭種清綴合、梅蝶楼国貞画図・国綱補助」という『入艤倭取楫(いりふねにほんのとりかぢ) (安政四年)も同様です。これらの正本写からは、当時の舞台風景を垣間見ることがができます。

一方、本格的な小説ジャンルであった読本(よみほん)では、為永春水の『天竺/徳瓶・仙蛙奇録(せんけいきろく) (嘉永四〈一八五一〉〜安政五〈一八五八〉年)くらいのもので、天徳を扱った作品は多くはありません。ただし、蝦蟇の妖術を趣向として利用したものには、京伝読本『桜姫全伝曙草紙(さくらひめぜんでんあけぼのぞうし) (文化二年)や、同『善知鳥安方忠義伝(うとうやすかたちゆうぎでん) (文化三年)があります。京伝は特に天徳が気に入っていたとみえて良く使っていまして、『曙草紙』の蝦蟇丸が鷲尾義治の首級を口にくわえて水門より逃走する場面の挿絵などは、南北の舞台 (吉岡宗観邸裏手水門の場)を思い起こさせるものがあります。式亭三馬による唯一の読本である『流転/数回・阿古義物語(あこぎものがたり) (文化七年)でも、蝦蟇の妖術が趣向化して用いられています。

これらの作品群からは、南北の天徳物が近世後期の戯作に与えた影響の大きさを知ることができるでしょう。天徳という蝦蟇の妖術使いが反逆者として形象化されていく背景として、天草四郎の幻影が垣間見えることについては、すでに指摘がありますが、式亭三馬の『戯場訓蒙図彙(しばいきんもうずい) (享和三〈一八〇三〉年)「蝦蟇」の項には、印を結ぶ男と巨大な蛙が描かれていて、蝦蟇のイメージが良く分かります。この天徳物は、さらに〈自来也(児雷也)物〉という蝦蟇文学を代表する作品群へと継承されていくことになるのでした。


# 「十一月花形歌舞伎〈特別版〉通し狂言・天竺徳兵衛韓噺」(番付)
# (2004年11月8日、大阪松竹座)
# Copyright (C) 2004 TAKAGI, Gen
# この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNUフリー文書利用許諾契約書ヴァー
# ジョン1.3(もしくはそれ以降)が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変する
# ことを許可する。変更不可部分、及び、表・裏表紙テキストは指定しない。この利
# 用許諾契約書の複製物は「GNU フリー文書利用許諾契約書」という章に含まれる。
#               千葉大学文学部 高木 元  tgen@fumikura.net
# Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU
# Free Documentation License, Version 1.3 or any later version by the Free Software Foundation;
# A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".

Lists Page