草双紙の〈明治〉

高 木   元 

草双紙合巻の史的変遷については、早くに鈴木重三氏の提示された時代区分(「合巻について」、大東急記念文庫、一九六一年)が備わるが、これを要約しつつ多少修正を加えて、

 揺籃期 文化元年〜文化六年   短編読切
 定着期 文化七年〜文化十四年  短編読切
 発展期 文政元年〜文政六年   短編読切が中心
 転換期 文政七年〜天保十四年  短編長編の併存
 沈滞期 弘化元年〜明治九年   長編続物が中心
 終息期 明治十年〜明治二十年頃 新聞雑誌へ解消

という具合に整理できる。〈発展期〉が始まる文政元年や〈転換期〉が終わる天保十四年には刊行数が極端に減っていて、ジャンル変遷の劃期として政治改革や取締りの影響が見られる。さらに〈沈滞期〉は、天保改革により株仲間が解散された後、嘉永四年の仮組として新興地本問屋が多数開業し、その結果として長編合巻が陸続と出し続けられることになる。蔦屋吉蔵「明治七年甲戌陽春開板標目」には十一種の長編合巻が列挙されており、明治期後印本特有の黄色無地表紙を持つ辻岡文助求板『水鏡山鳥奇談』(秀賀作、國周画、元治二年原刊)の見返しには「假名垣魯文著\明治十四年四月新刻」と見え、〈終息期〉に入ってからも、長編合巻の続編のみならず旧作の後印本が出し続けられていたことがわかる。

さて、明治十年代に入ってから一編三冊(各冊九丁)という様式で刊行された草双紙については、佐々木亨氏の継続的な業績が備わり、「従来の〈江戸式/東京式〉合巻という呼称は文学史用語として相応しくない。すべからく〈明治期草双紙〉と称すべし」という提唱がなされており(早稲田大学モノグラフ21『明治戯作の研究―草双紙を中心として―』、早稲田大学出版部、二〇〇九年の序章参照、初出は「活版草双紙の誕生」、国文学研究資料館紀要32号、二〇〇六年など)一応は首肯すべき説だと思う。

以下、当時の資料に見られる言説を追いつつ検証してみたい。まず、梅星叟乙彦『新門辰五郎游侠譚(しんもんたつごらうをとこだてものがたり)』二編自序(明治十二年五月、聚栄堂・文栄堂合梓)を見ると

草双紙(くさざうし)を合巻(がふくわん)と稱(とな)ふるハ、原(もと)五枚(まい)一冊(さつ)を、二冊(さつ)(あは)して一冊とし、四冊を上下(しやうげ)二冊一帙(ちつ)に、製(せい)したれバ〓(しか)いふなり。然(しか)るを方今(いま)の草双紙(くさざうし)をも、書肆(ふみや)ハ是亦(やつぱり)合巻(がふくわん)と、稱(とな)ふるハ謂(いはれ)なし。(中略)文明(ぶんめい)の今日(けふ)に至(いた)り、九枚(まい)三冊(さつ)一帙(ちつ)の、製本(せいほん)と做(な)るを以(も)て、之(これ)をこそ九三(くさ)草紙(ざうし)の、稱(しよう)(ゐ)を得(ゑ)たれと云(い)ハまく耳(のみ)。(中略)遮莫(さばれ)傍訓(ふりがな)新聞(しんぶん)の、續雜報(つゞきばなし)を再綴(またがき)なる、世話(せわ)狂言(きようげん)の新奇(しんき)を競(きそ)ふ、少壮(わかい)編輯(へんしふ)先生(せんせい)(がた)にハ迚(とて)も及(をよ)ばぬ梅星叟(うめほしぢゞい)

とある。

九丁三冊だから「九三(くさ)草紙」だという与太話は措いて、合巻の原義に触れて「明治期の板元がいう合巻は本来の合巻ではない」という点は正論である。 現に、「今度(こんど)一帙(じつ)三冊(さつ)の合巻(がふくわん)に綴(つゞ)りなして、三編(へん)を以(も)て大尾(たいび)となし」(伊東専三『水錦隅田曙(みづのにしきすだのあけぼの)』、明治十二年、金松堂、三編自序)、 「是(これ)を晴着(はれぎ)の合巻(がふくわん)に……三袋(みふくろ)(ぞろ)ひ三枚(まい)(ぎ)に」(同『綾重衣紋廼春秋(あやがさねえもんのはるあき)』、明治十二年、金松堂、初編自序)、 「濱(はま)の真砂(まさご)のかず/\ある、合巻(がふくわん)ものゝ賣口(うれくち)よき二三の中(うち)へ算(かぞ)へられ」(久保田彦作『浪枕(なみまくら)(え)の嶋(しま)新語(しんご)』、明治十三年、延壽堂、三編自序)、 「巧妙(こうみやう)を得(え)し此(この)合巻(がふくわん)(武田交來『霜夜鐘十時辻筮(しもよのかねしふじつじうら)』、明治十三年、錦壽堂、四編芳川春濤序)、 「余(よ)が机下(きか)の壮史(さうし)渡邉(わたなべ)文京(ぶんきやう)(かの)顛末(てんまつ)を筆記(ひつき)して本社(ほんしや)新聞(しんぶん)毎號(まいかう)に掲載(けいざい)する処(ところ)書肆(しよし)金松堂(きんしようだう)(せつ)に乞(こふ)て別(べつ)に合巻(がうくわん)の小冊(せうさつ)に製(せい)し」(文京舎文京『名廣(なもひろき)澤邊萍(さはべのうきくさ)』、明治十三年、金松堂、二編金花猫翁序)、 「此(この)合巻(がふくわん)を綴(つゞ)れとある錦榮堂(きんゑいだう)が切(せつ)なる頼(たの)みにヲツト承知(せうち)ハするものゝ」(梅素薫『黒白論織分博多(こくびやくろんおりわけはかた)\色成楓夕栄(いろなるもみぢのゆふばえ)\僞甲當世簪(まがいかうたうせいかんざし)』、猿若座當狂言・三冊讀切、明治十五年、錦榮堂、自序)などという具合に「合巻(ごうかん)」の用例は枚挙に遑がない。

しかし、「一向(ひたすら)正史(せいし)にのみ因(よれ)バ、合巻(くさゞうし)の御花主(おとくい)にハ、倦(あか)れて不向(ふむき)なる故(ゆゑ)に」(桃川燕林編輯『賞集花之庭木戸(ほめつどふはなのにはきど)』、明治十三年、金松堂、二編轉々堂主人序)、 「此合巻(くさゞうし)(久保田彦作『荒磯烹割鯉魚腸(あらいそれうりこひのはらわた)』、明治十四年夏、青盛堂、叙)、 「河竹氏(かわたけし)が。新作(しんさく)の仕組(こんだて)を。そつくり其(その)(まゝ)やき直(なを)し。即席(そくせき)合巻(りやうり)の上下綴(おてがる)にと」(野久和橘莚『月梅薫朧夜(つきとうめかほるおぼろよ)』、明治二十一年、栗園堂、自序)、巻末「このきやうげんの合巻(くささうし)」(同前)というように「合巻(くさぞうし)」と訓む場合もあった。

ならば、武田交來の正本写に頻出する「演劇(しばゐ)とともに此(この)草双(くさそう)紙も瓢箪(ひやうたん)/\」(『鏡山錦〓歯(かゞみやまにしきのもみぢば)』、明治十二年、錦榮堂、自序)、 「世話(せわ)演劇(きやうげん)、其(その)脚色(すぢがき)に挿畫(さしゑ)をした、相(あひ)も変(かは)らぬ草双帋(くさぞうし)(『星月夜見聞實記(ほしづきよけんもんじつき)\霜夜鐘十時辻筮(しもよのかねしふじつじうら)』、新富座新狂言、明治十三年、錦榮堂、自叙)、 「舞臺(ぶたい)の形容(けいよう)(それ)を其侭(そつくり)復冩(かきぬい)て當今(たうこん)流行(はや)る草双紙(さうし)になさんと錦壽堂(きんしゆだう)の主人(あるじ)が目論見(もくろみ)(『霜夜鐘十時辻筮(しもよのかねしふじつじうら)』、歌舞伎新報抜萃、明治十三年、錦壽堂、初編自序)、 「初春(はつはる)きやうげん毎日(まいにち)(かは)る手習鑑(てならひかゞみ)、けいこがてらの草双紙(くさざうし)も源蔵(げんざう)ならぬ筆耕(ふでとり)の業(わざ)を兼(かね)たる吉書(きつしよ)(はじ)め」(『松梅雪花三吉野(あひじゆのゆきはなとみよしの)』、新富座新狂言、明治十四年、錦榮堂、自序)など、正本写に用いられている「草双紙(くさぞうし)」とも意味が通うものと考えられる。

一方、『新門辰五郎游侠譚』の叙で「傍訓(ふりがな)新聞(しんぶん)の、續雜報(つゞきばなし)を再綴(またがき)なる、世話(せわ)狂言(きようげん)の新奇(しんき)を競(きそ)ふ、少壮(わかい)編輯(へんしふ)先生(せんせい)(がた)」という部分は、「草双紙(くさぞうし)の趣向(しゆかう)に於(おけ)るや、黄表紙(きびやうし)の滑稽(こつけい)(その)(いろ)と共(とも)にさめ、覆討(かたきうち)流行(りうかう)せしが、其後(そのご)竒術(きじゆつ)の賊話(ぞくばな)しも、柯空(かくう)を論(ろん)じて幼稚(こども)(しゆ)も手(て)にとらず。依(よつ)て繪入(ゑいり)新聞(しんぶん)の内(うち)、人情(にんじやう)ものハ箱田(はこだ)の大人(うし)が、妙筆(めうぴつ)を抄録為(かきぬく)ものハ月兎(つきと)泥亀(すつぽん)(ち)の編輯(へんしう)人」(篠田仙果『藻汐草近世竒談(もしほぐさきんせいきだん)』、明治十一年、青盛堂、初編自序)とあるように、新聞記事の抄録(再綴)をすることを「編輯」と称している。また、岡本起泉の「兼(かね)て東京新聞(ぶん)にて御評判(ひやうばん)に預(あづか)りし毒婦(どくふ)お竹(たけ)が來歴(らいれき)を幻阿竹噂聞書(まぼろしおたけうはさのきゝがき)と題(だい)し三編(べん)讀切(よみきり)の古今(こゝん)無類(むるゐ)(ごく)面白(おもしろ)き冊子(さうし)に綴(つゞ)り引つゞき出板(しゆつばん)仕り升れバ高覧(かうらん)の程(ほど)を願(ねが)ひ上升」(『澤村田之助曙草紙(さはむらたのすけあけぼのさうし)』、明治十三年、島鮮堂、五編巻末)という自作の予告が見られ、同様に新聞記事を「近頃(ちかごろ)流行(はやる)三編(べん)讀切(よみきり)(久保田彦作『浪枕(なみまくら)(え)の嶋(しま)新語(しんご)』、明治十三年、延壽堂、初編自序)にして出すといっている。

この「三編讀切」という明治期草双紙の新形式は久保田彦作『鳥追阿松海上新話(とりおひおまつかいじやうしんわ)(三編、明治十一年、錦榮堂)を濫觴とするといわれてきた如く、「鳥追(とりおひ)阿松(おまつ)の新作(しんさく)から、稗史(くさざうし)の廢(すた)れを興(おこ)し、當今(いま)流行(りうかう)の讀法(よみふり)に、折衷(とりあはせ)たる功績(いさほし)ハ、是(これ)なん久保田(くぼた)先醒(せんせい)が、假名讀(かなよみ)記者(きしや)の繁机(はんき)の餘暇(いとま)、硯(すゞり)の海(うみ)の干潟(ひかた)を開墾(ひら)き、鋤鍬(すきくは)ならぬ筆頭(ふでさき)もて、耕(たがや)す文(ふみ)の熟實(みのり)よけれバ」(同『菊〓延命嚢(きくがさねえんめいぶくろ)』、明治十一年、錦榮堂、三編、岡丈紀序)とあり、さらに同四集自序に「亦(また)(だい)四編(へん)を版元(はんもと)の、錦栄堂(きんえいだう)が頻(しき)りと催促(さいそく)。是(これ)も昨年(さくねん)鳥追(とりおひ)於松(おまつ)が、稀(まれ)の當(あた)りの味(あぢ)をしめ、再(ふたゝ)び苗字(めうじ)の大倉(おほくら)(いり)、利潤(まうけ)を得(え)んとの結構(けつこう)なれど、あれハ所謂(いはゆる)僥倖(まぐれあたり)、决(けつ)して僕(ぼく)が功(こう)にハあらずと思(おも)へど%聊(いさゝ)か己惚(うぬぼれ)て、扨(さて)此編(このへん)の筆(ふで)を執(と)り、調度(てうど)九月(ぐわつ)の發兌(うりだし)に、大吉(たいきち)利市(りし)の斧(よき)(こと)を、きくを力(ちから)と有(あり)の侭(まゝ)」などと述べている。この「稗史(くさざうし)の廢(すた)れ」は、江戸期からの所謂合巻の衰退を謂っているのである。

さて、衰退の原因については、「疾(はやい)が勝(かち)の今(いま)の世(よ)の中(なか)。合巻(がうくわん)もまた時世(じせい)に連(つ)れ初編(しよへん)を出(だ)せバ引續(ひきつゞ)いて、二編(へん)三編(へん)結局まで、間(ひま)なく出(だ)さねバ看客(かんかく)(かた)が、飽(あき)て後(あと)さへ見(み)たまはず」(伊東専三『月雲鳫玉章(つきのくもかりのたまづさ)』、明治十五年春、青盛堂、初編自序)とあるように、長編合巻の冗長な筋立てと長期にわたる刊行が時勢に合わない上に、平仮名ばかりの表記にも起因していたものと思われる。となると、川上鼠邉序「流行(りうかう)の三冊(さんさつ)合巻(もの)の讀切(よみきり)に著(はめ)たる趣向(しゆかう)(春亭史彦『白糸主水・戀情縁橋本(こひとなさけゑんのはしもと)』三冊、明治十四年、金永堂)などの謂いから、「草双紙(くさざうし)類一代記(いちだいき)讀切(よみきり)本類品々」(明治十一年『五人殲苦魔物語(ごにんぎりくまものがたり)』初編、延壽堂、奥目録)の「草双紙」は(江戸から続く)合巻を、「讀切本」は明治期草双紙(切附本)を意識した謂いであると考えて良いのかもしれない。

しかし、明治期草双紙を意味する用例としては、「講談(かうだん)に演(ゑん)ずる群馬縣(ぐんばけん)の新説(しんせつ)を繪入(ゑいり)讀本(よみほん)に編輯(へんしふ)せよと需(もとめ)に應(おう)じて」(松林伯圓『新編伊香保土産(しんへんいかほみやげ)』二編、明治十二年一月、松延堂、自叙)や、 「此(この)稗史(はいし)は奇(き)中の奇(き)を示(しめ)して」(岡本起泉『花岡奇縁譚(はなをかきえんものがたり)』初編、明治十五年二月、嶋鮮堂、芳川春濤序)、 「今(いま)流行(りうかう)の三冊(さつ)(もの)に、……繪草紙(ゑざうし)の、趣向(しゆかう)ハ實(み)ある花(はな)(くれな)ひ」(川上鼠邊『腕競心三俣(うでくらべこゝろのみつまた)』三編、明治十三年四月、金松堂、初編魯文序)等が見い出せ、「絵入読本」「稗史」「絵草紙」等ということもあった。(ちなみに『腕競心三俣』三編下冊(八ウ九オ)に金松堂(辻岡文助)の店頭が描かれている。)

様式的には切附本が先行する明治期草双紙(拙稿「草双紙の十九世紀」、『江戸読本の研究』所収、ぺりかん社、一九九五年)の発生に関して、佐々木亨氏は明治十年に集中的に刊行される西南戦争ものの影響を明証している(早稲田大学モノグラフ21『明治戯作の研究―草双紙を中心として―』、早稲田大学出版部、二〇〇九年参照、初出は「西南戦争と草双紙」、「近世文藝」69、一九九九年)が、一方で江戸以来の伝統を持つ正本写の系譜も考慮に入れる必要があるかもしれない。例えば、「狂言(きやうげん)の筋書(すぢがき)ハ歌舞伎(かぶき)新報(しんぱう)の株(かぶ)に等(ひと)しく尚(なを)(また)目今(もつこん)賣出(うりだ)しの諸藝(しよげい)新報(しんぱう)の社(しや)に於(おい)ても活版(くわつぱん)を以(もつ)て直(たゞち)に摺立(すりたて)遅速(ちそく)を争(あらそ)ひ刊行(かんかう)なせバ今(いま)の世界(せかい)に劇場(げきぢやう)の合巻(がふくわん)(なぞ)ハ因循(いんじゆん)ならんと版元(ふみや)の主人(あるじ)に断(ことは)りしも是(これ)ハ子供(こども)(しゆ)のお眠気(ねむけ)(ざま)しに御覧(ごらん)に入(いれ)る草紙(さうし)なれバ画組(ゑぐみ)ばかりで苦(くる)しからずと再應(さいおう)の依頼(いらい)に任(まか)せ聊(いさゝか)餘白(よはく)の埋草(うめくさ)に荒筋(あらすぢ)のみを綴合(つゞりあは)せ……」(竹柴琴咲『御殿山桜木草紙』、明治十四年、榮久堂、自序)とあるが、「劇場の合巻」とは市村座の正本写で十丁二冊もののことである。江戸時代の正本写は台帖風であったが、次第に筋書風に変遷することになるが、紛れもなく合巻体裁(十丁一冊)を継承しているのである。

実際のところ十丁一冊を単位とする明治期の合巻も少なくないのである。『大久保仁政談』(第一〜四号、各八丁、明治十一年、紅木堂)、『時代模様鼠染色(じだいもやうねずみのそめいろ)(二十丁二冊、明治十四年、松延堂)、『心筑紫博多今織(しんちくしはかたいまをり)(十丁三冊、後補奥目録に宮田伊助)、『筑紫潟箱崎文庫(つくしがたはこざきぶんこ)(二十丁二冊、永島孟齋畫、松延堂)、『梅加賀金澤實記(うめのかゞかなざはじつき)(二十丁二冊、松延堂)、『伊達評定奥之碑(だてひやうぢやうおくのいしぶみ)(二十丁二冊、松延堂)、『大久保政談 松前屋五郎兵衛一代記』(二編二十丁、明治十四年、宮田孝助)、『おしゆん傳兵衞・赤縄(ゑにし)の猿曳(さるひき)(上下二冊各十丁、國政画、明治十六年、関根孝助。後印「明治二十年一月\沢久次郎」)等々、赤色を基調とする安っぽい摺付表紙を備えた草双紙で、多くは大西庄之介(松延堂)板である。これら文字通りの合巻に関しては調査が充分に及んでおらず、今後の精査が必要である。

新しい様式の明治期草双紙が明治十年代に大量に出され、京阪の活字版や、轉々堂主人『巷説兒手柏(かうせつこのてがしは)(二編四冊、明治十二年、文永堂)や同『松之花娘庭訓(まつのはなむすめていきん)(全三冊讀切、明治十二年、具足屋)等を先駆として、二十年代に入ると次第に活版化してゆくことになるが、活版のものは全丁に絵が入っているわけではなく、最早〈草双紙〉とは呼べない。つまり、固より〈東京式合巻(活版草双紙)〉など存在し得なかったのである。その一方で、萬亭應賀の美麗な新刊合巻と平行して、全丁絵入の切附本の如き廉価な合巻が出し続けられていたことも忘れてはならない。

なお、本稿の主旨については拙稿「十九世紀の草双紙―明治期の草双紙をめぐって―(隔月刊「文学」第10巻第6号、二〇〇九年一一・一二月号)に具体的に展開したのでご参照いただきい。

(たかぎ げん・千葉大学教授)


#「草双紙の〈明治〉」(日本古典文学大系《明治編》『明治戯作集』月報 2010年2月)
# 活字版と違い可能な限り原本に近似する旧漢字を使用し総ルビにしてある。
# Copyright (C) 2009 TAKAGI, Gen
# この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNUフリー文書利用許諾契約書ヴァー
# ジョン1.3(もしくはそれ以降)が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変する
# ことを許可する。変更不可部分、及び、表・裏表紙テキストは指定しない。この利
# 用許諾契約書の複製物は「GNU フリー文書利用許諾契約書」という章に含まれる。
#               千葉大学文学部 高木 元  tgen@fumikura.net
# Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU
# Free Documentation License, Version 1.3 or any later version by the Free Software Foundation;
# A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".

Lists Page  )