十年一日
高 木  元 

 当時さほど珍しいことではなかったが、私は三十歳を過ぎてから、今はなき東京都立大学の大学院に入学した。一九八九年に「第十五回日本古典文学会賞」を頂いた。年齢制限ぎりぎりの博士課程三年の時であった。若手国文学者の登龍門と称せられていた古典文学会賞を頂戴できるとは想像だにしていなかった。

 江戸読本の実質的な板元は貸本屋であり、江戸読本の流行を演出したのは鶴屋喜右衛門であるという発見は、文化期の読本の書誌調査に基づくものであり、修士論文の柱でもあった。あれから十八年の歳月を経て、相変わらず読本の書誌調査を続けている。『読本出板年表』を完成させるためである。

 世の中には十年一日で良いことがある。地道な国文学研究もその一つだ。昨今の国文学研究の衰退は、主として外的な要因に拠るものだが、既に取返しが付かない事態に至ってしまったのかもしれない。

(たかぎげん・千葉大学)

# 「十年一日」(『日本古典文学会のあゆみ』所収)
# 日本古典文学会会報 別冊(終刊号)、財団法人 日本古典文学会、二〇〇六年十二月
# Copyright (C) 2006 TAKAGI, Gen
# この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNUフリー文書利用許諾契約書ヴァー
# ジョン1.3(もしくはそれ以降)が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変する
# ことを許可する。変更不可部分、及び、表・裏表紙テキストは指定しない。この利
# 用許諾契約書の複製物は「GNU フリー文書利用許諾契約書」という章に含まれる。
#               千葉大学文学部 高木 元  tgen@fumikura.net
# Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU
# Free Documentation License, Version 1.3 or any later version by the Free Software Foundation;
# A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".

Lists Page